Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Hyper-V 虎の巻

2,569 views

Published on

  • Be the first to comment

Hyper-V 虎の巻

  1. 1. Tech・Ed Japan 2010 T2-402 番外編 / Hyper-V Tips 虎の巻 作者:奥主 洋(Hiroshi Okunushi) http://blogs.technet.com/b/hirookun 更新日:2010年09月03日最初にチェックすること(1) 最初にチェックすること: 最初にチェックすること:Hyper-V データ(VHDやスナップ 複数のゲストの同時起動は避ける。 VHDフゔ゗ルをホストしているボ ショットなどなど)が入っているボ I/Oの集中により極度に起動に時間が リュームを定期的にデフラグする。 リュームのゕンチウゖルス監視を無 かかる。デモとかで焦ってもやらな VHDフゔ゗ル内のフラグメントを解 効にする。 い、やってはいけない。 消するためにVHDのコンパクト処理 を定期的に行う。 #1 #2 #3サーバーの基本リソースの状態を知る Hyper-V パフォーマンス プロセッサ比率を検討!こと! カウンターの活用! 1対1の原則からスタート ¥Processor (*) ¥% Processor Time> 75%  ¥Hyper-V Hypervisor Logical Processor (*) 実際には1対1以上にしないとサー ¥Memory¥Available MBytes <100 MBs ¥% Total Run Time ¥LogicalDisk (*) ¥Avg Disk sec/Read|Write> 15 ms  ¥Hyper-V Hypervisor Virtual Processor (*) バーの集約にならない ¥Network Interface (*) ¥Output Queue Length> 2 ¥% Guest Run Time #4 #5 #6 Phenom Nehalem Opteron統合サービスは必ずインストール! Windows Server 2008/R2 SLAT 対応マシンを使用しよう! 飛躍的に総合的なワークロード パフォーマンス向上 をゲストで使用しよう! これからマシンを準備するなら デバ゗ス マネージャーで仮想マシン バス を確認  メモリ管理などの OS 機能を利用する 仮想環境にハードウェゕが最適化 Windows Server 2008 R2 をゲストで使用する場 コストを最小化できる  AMD:Rapid Virtualization Indexing 合は゗ンストール不要 Service Pack 1に合わせて IS も更新されるよ  ハ゗パーバ゗ザーへの直接 HyperCall  Intel: Extended Page Tables (EPT) #7 #8 #9 ホスト親パーティションでウィンドウ ホストでベーシックなビデオ ドライ 親パーティションは軽く!をきちんと閉じておこう! バーを使用しよう!  Hyper-V 以外のサービスを運用環境のホ馬鹿にしないでリソースを使ってい  ハ゗エンド ドラ゗バー (WDDM) は仮想 ストでは適用しない ることを忘れない ⇔ 物理間のゕドレス変換を多発  ワークロードの最適化の観点でも煩雑にな  RemoteFX を使う場合はやむを得ない り、物理マシン全体に影響を与えるのです特に接続セッションは閉じること べきではない #10 #11 #12 SSDディスク レスポンス タイムが大事なの Solid State はやはり速い! スナップショットを控える!は仮想環境でも同じ! 耐久年数とか色々な検討要素はある 原理的には可変 VHD を利用してい ¥LogicalDisk (*) ¥Avg. Disk が、価格の下落に伴い、使えるシナ るのと変わりない Sec/Read|Write > 10ms が基準閾値 リオもある 運用環境では使用することを最初か 大事なのはこのタ゗ムであって、実際の装 高速処理を要求されるエリゕにぜひ ら除外して考えよう! 置が遠隔にあることは問題にならない どうしても利用するなら R2 で! #13 #14 #15パススルー ディスク (SCSI) は最速! 仮想環境の利点(可搬性など)を重視 リムーバブル メディアをなしに!SQL Server や Exchange Server の なら固定サイズ VHD を使用! リムーバブル メデゖゕ は定期的に ような高 I/O 処理に最適な設定 パフォーマンス上はよいが可変VHD ポーリングされるのでパフォーマンI/O を直接 親パーテゖションのスト よりも多くのデゖスク容量を使用 スに影響あり レージスタックに渡す 容量が第一要件なら可変を採用 意外とマウントしっぱなしにする
  2. 2. Tech・Ed Japan 2010 T2-402 番外編 / Hyper-V Tips 虎の巻 作者:奥主 洋(Hiroshi Okunushi) http://blogs.technet.com/b/hirookun 更新日:2010年09月03日#16 #17 #18親パーティションにメモリを! 子パーティションにも十分なメモリを! ネットワークの集中を防ぐ! 最低でも 512 MB メモリは親パーテゖ  ¥Memory¥Available Mbytes > メモリの10%以  ¥Network Interface (*) ¥Output Queue 上になっていることをチェック Length < 1 (平均) ション用に確保する ※推奨は 1 GB 以上  ¥Memory¥Committed Bytes を使用して統合する  ネットワーク リソースの枯渇が顕著であれば物理 Server Core ゗ンストールでも同様 的なネットワーク ゕダプターを増やす 前のワークロードをきちんと把握しておく Dynamic Memory とともにさらに重要に  Live Migration には 専用の 1 Gb 物理 NIC を割 り当てることが推奨#19 #20 #21 netsh int tcp set global chimney=automatic http://pal.codeplex.comレガシ アダプターを控える! Windows Server 2008 R2 PAL v2. 0 ツール (Beta) のご紹介! IS で利用できるのは統合ゕダプター の NIC 機能を使用する!  パフォーマンスカウンタの見える化! 金色のプラグ ゕ゗コン  Virtual Machine Queues (VMQ) はオーバーヘッ  CodePlex で入手できて無償 互換性が必要な時にレガシ ゕダプターは最適 ドを削減する効果  HTML ベースのレポートを生成し、 PXE ブート、対応する IS がない など  チムニー オフロードは長く使われる接続に有効 診断がしやすい パフォーマンスでは不利  ハードウェゕが対応している必要あり  Hyper-V カウンターにも対応御礼とこの虎の巻に関してセッション T2-402 を受講いただいた皆様、朝早い時間に開催されたにも関わらずのご来場、本当にありがとうざいました。セッション中にも申し上げましたが補足情報のリンクはブログにも掲載がありますのでご活用ください。このセッションはおかげ様でご好評いただいたようなので、日頃の皆様にお役に立てばと思い、さらに虎の巻形式のA4表裏一枚で要点を整理したこの書式も提供させていただくことにいたしました。皆様の Hyper-V 生活の一助となりましたら幸いです。 講師:奥主 洋 ご参考:Linux 用 統合サービス のバージョンと機能差

×