Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Nutanix Community Edition 技術解説

6,703 views

Published on

Nutanix Community Edition 技術解説@Community Meetup #2

Published in: Technology

Nutanix Community Edition 技術解説

  1. 1. Community Meetup #2 Nutanix Community Edition 技術解説 ニュータニックス・ジャパン合同会社 シニアシステムズエンジニア 島崎 聡史(Tw:@smzksts)
  2. 2. 4 Please tweet with #nutanix Thank you for your registration!! 3200+
  3. 3. 5 Please tweet with #nutanix ご注意 Community Meetup への参加(Connpassへの登録) ≠ Community Edition Public Beta への登録
  4. 4. 7 Please tweet with #nutanix Agenda • システム要件 • 事前準備 • インストール • Web UI へのログインと初期設定 • 仮想マシンの作成 • Tips
  5. 5. システム要件
  6. 6. 9 Please tweet with #nutanix 構成イメージ Nutanix Community Edition(KVM)の起動イメージを USBメモリから読み込む CVM CVM CVM KVM KVM KVM VM VM VM VM VM VM
  7. 7. 10 Please tweet with #nutanix Community Edition 最小システム要件 MinimumRequirements Servers 1, 3 & 4 servers CPU Intel CPUs, 4-cores minimum, with VT-x support Memory 16GB minimum Storage Subsystem RAID0 (LSI HBAs) or AHCI storage sub-systems Hot Tier (SSD) One SSD per node minimum, ≥ 200GB per node Cold Tier (HDD) One HDD per node minimum, ≥ 500GB per node Networking Intel NICs
  8. 8. 11 Please tweet with #nutanix Example Systems Cisco Cisco UCS C220 M3 CPU: Intel Xeon E5-2609v2 2.5GHz, RAM: 24GB DDR3 SSD: Cisco Enterprise Value SSD - 240 GB, HDD: Cisco - 500 GB - 2.5" SFF - SATA 6Gb/s - 7200 rpm NIC: Broadcom NetXtreme II 5709 Dell Dell PowerEdge R220 CPU: Intel Xeon E3-1220v3 3.1GHz, RAM: 32GB DDR3 SSD: Kingston SSDNow E50 - 480GB, HDD: 7.2k RPM SATA 3Gbps 2.5in - 1TB NIC: On-Board LOM 1GBE (LAN on Motherboard) HP HP ProLiant DL320e Gen8 v2 CPU: Intel Xeon E3-1220v3 3.1GHz, RAM: 32GB DDR3 SSD: Kingston SSDNow E50 - SSD - 240 GB, HDD: HP Midline HDD - 500 GB - SATA 6Gb/s - 7200 rpm NIC: HP Ethernet 1Gb 2-port NC332i Adapter SuperMicro SuperMicro SuperServer 1018D-73MTF CPU: Intel Xeon E3-1220v3 3.1GHz, RAM: 32GB DDR3 SSD: Seagate Pulsar.2 Enterprise SAS SSD - 200GB, HDD: Seagate Constellation.2 SATA 6Gb/s 7.2K RPM 64M - 500GB NIC: Intel I210AT - Dual Gigabit Ethernet LAN
  9. 9. 12 Please tweet with #nutanix / ̄ ̄\ / _ノ \ | ( ●)(●) . | (__人__)____ | ` ⌒/ ─' 'ー\ . | /( ○) (○)\ . ヽ / ⌒(n_人__)⌒ \ ハードル高すg ヽ |、 ( ヨ | / `ー─- 厂 / | 、 _ __,,/ \
  10. 10. 13 Please tweet with #nutanix 自宅でやるなら(例) 物理4コア以上のベアボーン • GIGABYTE BRIX Pro Nested環境 • Intel VT-x Passthroughできるもの • VMware Player, Workstation, Fusion, ESXi • KVM? • メモリ • 16GB程度 • 少ない場合にはページングファイルのサイズを増やす
  11. 11. 事前準備
  12. 12. 15 Please tweet with #nutanix ブートUSBの準備 1. Community Edition Public Betaに登録 2. ご案内のメールが届く 3. ダウンロードしたバイナリを解凍 4. ~.img ファイルをUSBメモリに書き込み • Windowsユーザー:USBWriter(フリーウェア)など  http://sourceforge.net/projects/usbwriter/ • MacOSユーザー:ddコマンド
  13. 13. 16 Please tweet with #nutanix Nested環境の設定例 – OSタイプ OSタイプの選択 • CentOS 64ビット
  14. 14. 17 Please tweet with #nutanix Nested環境の設定例 – プロセッサ プロセッサ • コア数:4 • 仮想化エンジン • Intel VT-x/EPT または AMD-V/RVI を仮想化
  15. 15. 18 Please tweet with #nutanix Nested環境の設定例 – ディスク • SATA • ~.imgを “ce-flat.vmdk” にリネーム • 同一フォルダに “ce.vmdk” を作成  http://www.virtuallifestyle.nl/2015/06/nextconf-running-nutanix-community-edition-nested-on-fusion/ • SCSI • 0:0 - 200GB • 0:1 - 500GB # Disk DescriptorFile version=4 encoding="UTF-8" CID=a63adc2a parentCID=ffffffff isNativeSnapshot="no" createType="vmfs" # Extent description RW 14540800 VMFS "ce-flat.vmdk" # The Disk Data Base #DDB ddb.adapterType = "lsilogic" ddb.geometry.cylinders = "905" ddb.geometry.heads = "255" ddb.geometry.sectors = "63" ddb.longContentID = "2e046b033cecaa929776efb0a63adc2a" ddb.uuid = "60 00 C2 9b 69 2f c9 76-74 c4 07 9e 10 87 3b f9" ddb.virtualHWVersion = "10"
  16. 16. 19 Please tweet with #nutanix Nested環境の設定例 - BIOS SATAの起動順序を上に
  17. 17. インストール
  18. 18. 21 Please tweet with #nutanix 起動開始
  19. 19. 22 Please tweet with #nutanix ログインプロンプト
  20. 20. 23 Please tweet with #nutanix 【Nested環境のみ】HDDをSSDとして認識させる 1. ユーザー名:root パスワード:nutanix/4u でログイン 2. デバイス名の確認 3. パラメータの変更 4. ログアウト
  21. 21. 24 Please tweet with #nutanix インストーラーの開始 &キーボードレイアウトの設定 1. ユーザー名:install パスワード:なし でログイン 2. キーボードレイアウトを 指定
  22. 22. 25 Please tweet with #nutanix インストーラーの開始 &キーボードレイアウトの設定 1. Host(ハイパーバイザー)とCVMの IPアドレス、サブネットマスク、 ゲートウェイを指定 2. Create single-node cluster? • 1ノード構成の場合はチェックを入れると Cluster作成とDNSの設定が自動で行われる • HostとCVMが 192.168.X.Y のセグメントの場合は 動作しないため、チェックは入れず、後で手動設定 3. EURAを最後まで読む(スクロール) 4. License Agreementに同意
  23. 23. 26 Please tweet with #nutanix インストール完了 & CVMへのログイン 1. インストールが正常に完了 し、Success! と表示された のを確認 2. Enterキーを押してログイン プロンプトに戻る 3. CVMのIPアドレスが表示さ れたのを確認し、SSHクラ イアントで接続する • ユーザー名: nutanix • パスワード: nutanix/4u
  24. 24. 27 Please tweet with #nutanix Clusterの作成 DNSの設定 Clusterの作成 & DNSの設定(未作成の場合のみ) $ ncli ncli> cluster add-to-name-servers servers=“<DNS Server>" $ cluster –s <CVM IP Address> -f create
  25. 25. Web UI へのログインと初期設定
  26. 26. 29 Please tweet with #nutanix 初回接続 & adminパスワード初期化 1. https://<CVM IP>:9440/console/ にブラウザで接続 2. adminユーザーのパスワードを設定 3. adminユーザーでログイン 4. Next Community(Nutanixのポータル)の アカウント(メールアドレス、パスワード)で認証 5. 成功するとDashboardが表示される
  27. 27. 30 Please tweet with #nutanix
  28. 28. インストール完了後、最初にすべきこと
  29. 29. 32 Please tweet with #nutanix
  30. 30. 33 Please tweet with #nutanix Storage Pool & Container の作成 • Storage Pool – 物理ディスクを束ねたもの • Container – 論理ストレージ(データストア)
  31. 31. 34 Please tweet with #nutanix
  32. 32. 35 Please tweet with #nutanix
  33. 33. 36 Please tweet with #nutanix
  34. 34. 37 Please tweet with #nutanix
  35. 35. 38 Please tweet with #nutanix
  36. 36. 39 Please tweet with #nutanix
  37. 37. 仮想マシンの作成
  38. 38. 41 Please tweet with #nutanix 仮想マシンの作成の流れ 1. ISOイメージのアップロード(必要に応じて) 2. 仮想ネットワークの作成(未作成の場合) 3. 仮想マシンの作成 4. ゲストOSのインストール
  39. 39. 42 Please tweet with #nutanix ISOイメージのアップロード • CIFS / NFS によるアップロード • Filesystem Whitelists にアクセス元端末のIPアドレスを登録 • 接続時のパスはContainer名まで指定(例:¥¥<IPADDR>¥ISO) • 認証なし • SFTPによるアップロード • SFTP で CVMの2222ポートにアクセス • Web UI のユーザーで認証  Cluster Administrator 権限が必要 • Tips • ISOイメージ専用のContainerを作ると整理しやすい
  40. 40. 43 Please tweet with #nutanix
  41. 41. 44 Please tweet with #nutanix
  42. 42. Tips
  43. 43. 46 Please tweet with #nutanix Windows Guest OSのインストール • インストール時 • VirtIO SCSIドライバーを読み込ませる必要あり • インストール後 • VirtIO BalloonとVirtIO NICドライバーを 読み込ませる必要あり • VirtIOドライバの入手元 • Fedora Project  https://fedoraproject.org/wiki/Windows_Virtio_Drivers
  44. 44. 47 Please tweet with #nutanix 正しいシャットダウンの手順 1. Guest VM をすべてシャットダウン 2. Clusterを停止 • CVM上で cluster stop を実行 3. CVM をシャットダウン 4. Hypervisorをシャットダウン
  45. 45. 48 Please tweet with #nutanix KVM環境におけるストレージの使われ方 • virsh dumpxml <vm-id> の実行結果(抜粋) <disk type='network' device='lun'> <driver name='qemu' type='raw' cache='none' error_policy='stop' io='native'/> <source protocol='iscsi' name='iqn.2010-06.com.nutanix:vmdisk-c3588f8c-611a-46a5-9403-0aaf008fa955/0'> <host name='127.0.0.1' port='3261'/> </source> <backingStore/> <target dsev='sda' bus='scsi'/> <alias name='scsi0-0-0-0'/> <address type='drive' controller='0' bus='0' target='0' unit='0'/> </disk> • KVMに対しては、NutanixはiSCSIストレージとして動作 • ただし、KVM Hypervisor自身はNutanixのiSCSI Targetにアクセスしてはいない • QEMUのBuilt-in iSCSIイニシエータ機能で、 CVMが生成した仮想ディスク(iSCSI-LUN)に対してVMが直接アクセス(1仮想ディスク=1 iSCSI LUN)
  46. 46. 49 Please tweet with #nutanix Guest VMを起動した際に OS not found だと...
  47. 47. 51 Please tweet with #nutanix 今後のスケジュール Nutanix Community Edition ブログコンテスト 開催中!7/20(月) 23:59まで & Nutanix Community Meetup #3 2015年7月22日(水) 詳細は nutanix.connpass.com にて!
  48. 48. Thank You

×