Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

WEB制作現場のボトムアップ

2,590 views

Published on

2016.8.31 UX JAMで登壇したスライド。
WEB制作現場のボトムアップについて。

Published in: Internet
  • Be the first to comment

WEB制作現場のボトムアップ

  1. 1. デザイナー上がりのマネージャがUX不毛の地を開拓するために始めたこと WEB制作現場のボトムアップ 2016.08.31 UX JAM
  2. 2. 自己紹介 市川 吾郎 好きなものはバンドと釣り(エサ釣り) 二児のパパでございます photos.by:Who are U?co.澪 制作一課 (クリエイティブチーム)
  3. 3. 経歴 現場のあり方について考えだす代理店さんの下にも8年未経験で業界入って、必死で覚える 受託WEB制作10年
  4. 4. この中で、受託WEB制作やってる方 どれくらいいますか?
  5. 5. こういうイベントであんま同業の人に 会わないんです。 内容的にいそうなのに。。。 何で?
  6. 6. 忙しいんじゃボケー 修正が終わんないんす(泣) だよねー、僕もそうだったしー。
  7. 7. 何で? 何でみんなあんなに忙しいんだろ? 僕、何であんなに必死だった?
  8. 8. 原因その1 風習
  9. 9. 受託だから 赤って思ったけど やっぱ青かな? 明日までにチェック バック対応よろしく ら、らじゃ。。。 お客さまは神、いいからやっとけ
  10. 10. 原因その2 組織
  11. 11. 縦割りだから アカウントな人たち ディレクションな人たち デザインな人たち 実装な人たち お客さまー! それ利益でる? イエッサー! 進捗進捗ぅ! 上が言ってるし ま、いっか。 ばっちこいやー! 効率化命! か べ か べ か べ 自分たちの範囲しか見えてない
  12. 12. 原因その3 教育
  13. 13. 未経験者を受け入れているけど 教育体制が作れない クリエイティブってこうしたら よくなるよねって話ができてない。 WEBデザインで 人の役に立つお! OKもらうのが命 とにかく早く 作業覚えて ミス減らして 作業に没頭する のが幸せー!
  14. 14. あれ?
  15. 15. この人たち、考えること放棄しちゃった 最終的なアウトプット作ってるのに
  16. 16. 現場に聞いてみた。 おいデザイナー ぶっちゃけ どう思ってんの?
  17. 17. だってデザインのゴールなんて お客さん次第じゃないですか。。。 本当はもうつらいんですよね。。 何のためにデザインしてるか よくわかんないし、 人によって修正内容変わったり、 何回も同じことやったり。。。 作ったものに思い入れもないし。。。 お前このままでいいの?
  18. 18. そうか、僕らの世界って 誰もが納得できるゴールがなかったんだ たくさんの色々な主観が飛び交う 決済者 担当者 営業 P CD AD IA D PM それをただ待って受け止めるだけの現場
  19. 19. あかん、あかーん! また、業界のダークサイドに行ってまう そうだ、キラキラ業界は どうしてるんだ?外に出てみよう
  20. 20. 写真はイメージです。 © MINER STUDIO, Inc. All rights reserved.
  21. 21. ん、何か見えた。
  22. 22. ユーザー中心設計 他のデザイン哲学との大きな違いは、ユーザー中心設計ではユーザーがシステムや機能に慣れること を強いるのではなく、人々が欲しいと思っていることが何であるかを中心としてインタフェースを最 適化しようとするという点にある。 ユーザーエクスペリエンス ユーザーエクスペリエンス(UXと略記されることが多い)は、ISO 9241-210[2]において「製品、システム、サービスを使用した、 および/または、使用を予期したことに起因する人の知覚(認知)や反応」と定義されており[3]、 ユーザーがある製品やシステムを使ったときに得られる経験や満足など全体を指す用語である。 Wikipediaより抜粋 ※UXについては、この会場には、僕なんかよりUXの専門家がたくさんいるので、他の方に任せます!
  23. 23. ゴールあったんちゃう? ねえ、これゴールちゃう?
  24. 24. ユーザのために作るんや! ユーザが喜ぶもの作れば、 クライアントも儲かるやろ!
  25. 25. 知ってるよ、そんなこと。。。 そうだよね、 仮にも受託のクリエイターだもんね。 ユーザビリティとか アクセシビリティとか ずっと前からあるしー
  26. 26. じゃー
  27. 27. 知ってて、言われたことしかやらん お前が悪いんやんけー(自分含む)!
  28. 28. ということで 現場から意識を変えましょう
  29. 29. そのプロジェクトが 何のために、誰のために行われるのか 腑に落ちるまで聞こう そりゃ、変なことも聞いちゃうだろうし しつこいと思われるかもね
  30. 30. でも、それで作る意味を知れるなら、 君にとっても、プロジェクトにとっても 前進といえるんじゃないかな? ここは制作現場だよ 課題が起こっている現場は ここじゃない お客さんのところだろ?
  31. 31. 社内の他の職種の人や 外に出て違う業種の人と会話してみよう そりゃ、自分の専門外の人の話なんて 直接参考になるかわかんないよ
  32. 32. でも、それで客観的な頭が育ったり チームワークが良くなるなら、 君にとっても、チームにとっても 前進といえるんじゃないかな? Google先生は、 自分の質問できる範囲のことしか 教えてくれないよ!
  33. 33. そして自分なりの意見を持とう どんどん発言しよう! そりゃ、意見が合わなかったり、 言い方が悪くて、怒られるかもね
  34. 34. でも、それでコミュニケーションの仕方を 覚えていけるなら、 君は、作る以外の方法で人に伝えられる 素晴らしい能力を得られるんじゃないかな? 脱コミュ症! これで仕事もはかどるね!
  35. 35. 他にも、変に言い訳作って やってない基本的なこと いっぱいあるでしょ?
  36. 36. だから、チーム作りの メディア作った。 発信していく以上 やんなきゃいけないので(笑) がんばろーね! http://creative.j-creativeworks.co.jp/
  37. 37. UX xX
  38. 38. xXvar x = user var x = client var x = creator
  39. 39. そのクリエイティブに関わる すべての人の体験が 素晴らしいものになりますように ご清聴ありがとうございました Special thanks 2ちゃんねる にゅー速 やる夫 やらない夫

×