Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
未来のブラウザゲーム市場を戦い抜くために
デベロッパーが持つべき3つの事業の考え方
copyright © gloops, Inc. 3
本日の内容
 自己紹介
 gloopsのご紹介
 gloopsブラウザゲームの過去・現在
 gloopsの考えるモバイルブラウザゲーム市場
 モバイルブラウザゲームにおける事業機会
copyright © gloops, Inc. 4
自己紹介
copyright © gloops, Inc. 5
自己紹介
 発表者
株式会社gloops
マーケティング本部プロダクトマーケティング部 部長 小池光
 略歴
・2012年にgloopsに入社
・プロモーション部門の戦略担当を経て、20...
copyright © gloops, Inc. 6
gloopsのご紹介
copyright © gloops, Inc. 7
gloopsのご紹介
To LOVEる-とらぶる- ダー
クネス -Idol Revolution-
※2
(2014 Mobage&Ameba)
(2015 DMM)
スカイロック
※1
...
copyright © gloops, Inc. 8
gloopsのご紹介
欧州クラブチームサッカー
BEST☆ELEVEN+
(2013)
App Store
Google Play
Amazon App Store
Rakuten
SKYL...
copyright © gloops, Inc. 9
gloopsブラウザゲームの過去・現在
copyright © gloops, Inc. 10
gloopsブラウザゲームの過去・現在
2010年のゲーム事業参入以来、Mobageを中心に
これまで46タイトルのブラウザゲームを提供
 Mobage:39タイトル
 GREE:3タ...
copyright © gloops, Inc. 11
gloopsブラウザゲームの過去・現在
現在の主力タイトル
大戦乱!!三国志バトル
(2012 Mobage)
スカイロック
(2013 Mobage)(2014 GREE)
リリースから...
copyright © gloops, Inc. 12
gloopsブラウザゲームの過去・現在
現在の主力タイトル
GREE版『スカイロック』が
「GREE Platform Award 2014」で
「RPG最優秀賞」を受賞
『大戦乱!!三国...
copyright © gloops, Inc. 13
gloopsブラウザゲームの過去・現在
本日のお話は過去・現在を踏まえて
をお話しさせていただきます
gloopsブラウザゲームの「未来」
copyright © gloops, Inc. 14
と、その前に…
copyright © gloops, Inc. 15
gloopsの考えるブラウザゲーム市場
copyright © gloops, Inc. 16
gloopsの考えるブラウザゲーム市場
市場規模
gloops独自調査
0
50
100
150
200
250
300
350
1Q 2Q 3Q 4Q 1Q 2Q 3Q 4Q 1Q 2Q...
copyright © gloops, Inc. 17
gloops独自調査
Native Browser
市場規模
copyright © gloops, Inc. 18
gloopsの考えるブラウザゲーム市場
アクティブユーザー数
gloops独自調査
Nativeアプリ
アクティブユーザー
約2,000万人
ブラウザゲーム
アクティブユーザー
約200万人
copyright © gloops, Inc. 19
gloops独自調査
Native Browser
アクティブユーザー数
copyright © gloops, Inc. 20
gloopsの考えるブラウザゲーム市場
4:1市場規模
10:1
Native Browser
アクティブユーザー数
ブラウザゲームの特徴
プラットフォームが構築してきた
モバイルゲーム文...
copyright © gloops, Inc. 21
gloopsの考えるブラウザゲーム市場
 3rdパーティ市場規模はピーク時の約1/2の規模に
 コンテンツ提供者は減少し新作ゲームは激減
 ブラウザゲームは非注力事業に 撤退する企業...
copyright © gloops, Inc. 22
gloopsの考えるブラウザゲーム市場
時代を築いてきたプレイヤー達が事業縮小・撤退する中
ブラウザゲーム事業に取り組む各社の動向は以下に大別される
 運営リソース縮小または委託による利...
copyright © gloops, Inc. 23
gloopsの考えるブラウザゲーム市場
本題
1.事業運営の適正判断による利益貢献
2.ワンソース・マルチユースでの効率的な展開
3.ブラウザゲームを進化させるチャレンジ
未来のブラウザゲ...
copyright © gloops, Inc. 24
ブラウザゲームにおける事業機会
copyright © gloops, Inc. 25
 発表者
株式会社gloops
ソーシャルゲーム事業本部 Webアプリケーション部 部長 夏賀丈
 略歴
・2012年、プランナーとしてgloopsに入社
・入社後、「大召喚!!マジゲ...
copyright © gloops, Inc. 26
ブラウザゲームの事業機会
1.事業運営の適正判断による利益貢献
2.ワンソース・マルチユースでの効率的な展開
3.ブラウザゲームを進化させるチャレンジ
未来のブラウザゲーム市場を戦い抜くた...
copyright © gloops, Inc. 27
ブラウザゲームの事業機会
事業運営の適正判断
ゲーム
クリエイター 予算
「ゲームのクオリティ=提供したいUXが担保できるか」を
クリエイター・予算の定点観測を行い判断する
提供UXは担保...
copyright © gloops, Inc. 28
ブラウザゲームの事業機会
事業運営の適正判断
判断指標 クリエイター・予算に対して策を講じて
「ゲームのクオリティ」が担保できるか?
 クリエイター
人員・スキルの配置は適正か=「No」...
copyright © gloops, Inc. 29
ブラウザゲームの事業機会
長期運用タイトルの運用人員最適化
運用が長期化し、通常人員規模の運用にて売上/コストバランスが
見合わなくなってきた場合、運用全般を効率化し少人数運用を行う
対策...
copyright © gloops, Inc. 30
ブラウザゲームの事業機会
運営移管のポイント
 パートナーとコンテンツのマッチング
→移管先パートナーの実担当者との事前コミュニケーション
 想いや文化の共有
→ 1~2ヶ月間、社内執...
copyright © gloops, Inc. 31
ブラウザゲームの事業機会
対策例②
0.0%
20.0%
40.0%
60.0%
80.0%
100.0%
120.0%
140.0%
160.0%
売上 MAU
某タイトルにおける移管2...
copyright © gloops, Inc. 32
ブラウザゲームの事業機会
1.事業運営の適正判断による利益貢献
未来のブラウザゲーム市場を戦い抜くために
デベロッパーが持つべき3つの事業の考え方
→長期運用タイトルに対する適切な投資対効...
copyright © gloops, Inc. 33
ブラウザゲームの事業機会
1.事業運営の適正判断による利益貢献
2.ワンソース・マルチユースでの効率的な展開
3.ブラウザゲームを進化させるチャレンジ
未来のブラウザゲーム市場を戦い抜くた...
copyright © gloops, Inc. 34
ブラウザゲームの事業機会
展開例①
既存ブラウザゲームのマルチPF展開
gloopsの場合
MobageヒットコンテンツをGREE・DMM・Amebaなどへ展開
Mobage版
「スカイロ...
copyright © gloops, Inc. 35
ブラウザゲームの事業機会
展開例
事例[1] Mobage版「スカイロック」のGREE展開
マルチPF展開に際して実施したこと
・UIや演出面の強化
・トレンドであったゲーム内通貨「ジュエ...
copyright © gloops, Inc. 36
ブラウザゲームの事業機会
展開例
事例[2] Mobage版
「To LOVEる-とらぶる- ダークネス -Idol Revolution-®」の
DMM・Ameba展開
マルチPF展開に...
copyright © gloops, Inc. 37
ブラウザゲームの事業機会
2. ワンソース・マルチユースでの効率的な展開
未来のブラウザゲーム市場を戦い抜くために
デベロッパーが持つべき3つの事業の考え方
→マルチPF展開時、提供環境に...
copyright © gloops, Inc. 38
ブラウザゲームの事業機会
1.事業運営の適正判断による利益貢献
2.ワンソース・マルチユースでの効率的な展開
3.ブラウザゲームを進化させるチャレンジ
未来のブラウザゲーム市場を戦い抜くた...
copyright © gloops, Inc. 39
ブラウザゲームの事業機会
Nativeアプリ全盛の今、
ユーザーはこれまでの常識を覆すような
「新しいブラウザゲーム」「ブラウザゲームの進化」
を求めているのだろうか?
Yes / No
copyright © gloops, Inc. 40
ブラウザゲームの事業機会
・アプリストアからDLしたゲームを利用する人々が多くなったことは事実
・ブラウザゲームのマーケティング活動は非常に困難になってきている
しかし、
ブラウザゲームの...
copyright © gloops, Inc. 41
ブラウザゲームの事業機会
真に価値のあるブラウザゲーム
 独自性のあるコンセプト
 コンセプトと密着したゲームデザイン
 モバイルデバイスや通信/ブラウザの発展に伴う表現追求
必要な...
copyright © gloops, Inc. 42
ブラウザゲームの事業機会
 独自性のあるコンセプト
 コンセプトと密着したゲームデザイン
 モバイルデバイスや通信・ブラウザの発展に伴う表現追求
必要な要素
 ブラウザゲーム黎明期...
copyright © gloops, Inc. 43
ブラウザゲームの事業機会
ここ10年ほどで様々な企業が参入したモバイルブラウザゲーム業界
あまりにも急激に拡大したため、
市場が踊り場になったタイミングでは各社の事業の判断基準において、
...
copyright © gloops, Inc. 44
ブラウザゲームの事業機会
3. ブラウザゲームを進化させるチャレンジ
未来のブラウザゲーム市場を戦い抜くために
デベロッパーが持つべき3つの事業の考え方
→ユーザー視点ではブラウザ環境かN...
copyright © gloops, Inc. 45
本日のまとめ
copyright © gloops, Inc. 46
本日のまとめ
1. 事業運営の適正判断による利益貢献
ゲームのクオリティが最重要
クリエイター・予算を定点観測し適正判断を行えば事業貢献可能(工数最適化・運営移管など)
2. ワンソース・...
copyright © gloops, Inc. 47
現在
完全新作のブラウザゲームを開発中
copyright © gloops, Inc. 48
10/29(木) 19:00~ @DeNA
DeNAさんとセミナーを開催します
「ブラウザゲームの革新」
~先進技術とマルチデバイス展開~
新作の企画開発におけるチャレンジ内容をご紹介
参...
copyright © gloops, Inc. 49
未来のブラウザゲーム市場を戦い抜くためにデベロッパーが持つべき3つの事業の考え方
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

未来のブラウザゲーム市場を戦い抜くために デベロッパーが持つべき3つの事業の考え方

5,632 views

Published on

2015年10月21日(水)開催 gloops×DeNA×DMMセミナー「ブラウザゲームの未来を考える」のgloopsプレゼンテーション

Published in: Business
  • Follow the link, new dating source: ❤❤❤ http://bit.ly/2Q98JRS ❤❤❤
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Dating direct: ❤❤❤ http://bit.ly/2Q98JRS ❤❤❤
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

未来のブラウザゲーム市場を戦い抜くために デベロッパーが持つべき3つの事業の考え方

  1. 1. 未来のブラウザゲーム市場を戦い抜くために デベロッパーが持つべき3つの事業の考え方
  2. 2. copyright © gloops, Inc. 3 本日の内容  自己紹介  gloopsのご紹介  gloopsブラウザゲームの過去・現在  gloopsの考えるモバイルブラウザゲーム市場  モバイルブラウザゲームにおける事業機会
  3. 3. copyright © gloops, Inc. 4 自己紹介
  4. 4. copyright © gloops, Inc. 5 自己紹介  発表者 株式会社gloops マーケティング本部プロダクトマーケティング部 部長 小池光  略歴 ・2012年にgloopsに入社 ・プロモーション部門の戦略担当を経て、2013年現部署を立ち上げ ・現在に至る  プロダクトマーケティング部って何をやっているの? ・経営意思決定の判断材料とするための市場分析 ・開発中/運営中のコンテンツに対する製品マーケティング側面でのフォロー
  5. 5. copyright © gloops, Inc. 6 gloopsのご紹介
  6. 6. copyright © gloops, Inc. 7 gloopsのご紹介 To LOVEる-とらぶる- ダー クネス -Idol Revolution- ※2 (2014 Mobage&Ameba) (2015 DMM) スカイロック ※1 (2013 Mobage) (2014 GREE) 大連撃!!クリスタルクルセ イド (2013 Mobage) (2015 GREE) 大激突!!ガーディアンブレ イク (2012 Mobage) (2015 GREE) 大戦乱!!三国志バトル (2012 Mobage) 大熱狂!!ダービーカード (2012 Mobage) 大連携!!オーディンバトル (2011 Mobage) 大熱狂!!プロ野球カード (2011 Mobage) 大争奪!!レジェンドカード (2011 Mobage) 大乱闘!!ギルドバトル (2010 Mobage) 提供中のブラウザゲーム 大進撃!!ドラゴン騎士団 (2011 Mobage) ※1 ©Exys ※2 ©矢吹健太朗・長谷見沙貴/集英社・とらぶるダークネス製作委員会
  7. 7. copyright © gloops, Inc. 8 gloopsのご紹介 欧州クラブチームサッカー BEST☆ELEVEN+ (2013) App Store Google Play Amazon App Store Rakuten SKYLOCK - 神々と運命の五つ子 - ※1 (2014) App Store Google Play Rakuten トイズドライブ ※2 Published by Bushiroad Developed by gloops (2014) App Store Google Play 提供中のNativeアプリ ※1 ©Exys ※2 ©ミルキィTD製作委員会 ©bushiroad
  8. 8. copyright © gloops, Inc. 9 gloopsブラウザゲームの過去・現在
  9. 9. copyright © gloops, Inc. 10 gloopsブラウザゲームの過去・現在 2010年のゲーム事業参入以来、Mobageを中心に これまで46タイトルのブラウザゲームを提供  Mobage:39タイトル  GREE:3タイトル  Ameba:2タイトル  DMM:1タイトル  mixi:1タイトル  海外:1タイトル Mobage Award 2011 Partner of the Year 2011 過去の実績 47
  10. 10. copyright © gloops, Inc. 11 gloopsブラウザゲームの過去・現在 現在の主力タイトル 大戦乱!!三国志バトル (2012 Mobage) スカイロック (2013 Mobage)(2014 GREE) リリースから2~3年が経過したタイトルにおいて コアユーザーの継続プレイを意識した運用を続け売上を維持 2015年から 売上は再びアップトレンドに リリース当時に近い 売上規模を2年間維持 ©Exys
  11. 11. copyright © gloops, Inc. 12 gloopsブラウザゲームの過去・現在 現在の主力タイトル GREE版『スカイロック』が 「GREE Platform Award 2014」で 「RPG最優秀賞」を受賞 『大戦乱!!三国志バトル』が 「Mobageオープンプラットフォーム 5周年AWARD」で 「ベストバトルゲーム賞」を受賞 多くのユーザー様にご支持いただき 主力タイトルがプラットフォームアワード各賞を受賞 ©Exys
  12. 12. copyright © gloops, Inc. 13 gloopsブラウザゲームの過去・現在 本日のお話は過去・現在を踏まえて をお話しさせていただきます gloopsブラウザゲームの「未来」
  13. 13. copyright © gloops, Inc. 14 と、その前に…
  14. 14. copyright © gloops, Inc. 15 gloopsの考えるブラウザゲーム市場
  15. 15. copyright © gloops, Inc. 16 gloopsの考えるブラウザゲーム市場 市場規模 gloops独自調査 0 50 100 150 200 250 300 350 1Q 2Q 3Q 4Q 1Q 2Q 3Q 4Q 1Q 2Q 3Q(E) 4Q(E) 2013 2014 2015 日本のモバイルゲーム市場規模(単位:十億円) ブラウザゲーム Nativeアプリ
  16. 16. copyright © gloops, Inc. 17 gloops独自調査 Native Browser 市場規模
  17. 17. copyright © gloops, Inc. 18 gloopsの考えるブラウザゲーム市場 アクティブユーザー数 gloops独自調査 Nativeアプリ アクティブユーザー 約2,000万人 ブラウザゲーム アクティブユーザー 約200万人
  18. 18. copyright © gloops, Inc. 19 gloops独自調査 Native Browser アクティブユーザー数
  19. 19. copyright © gloops, Inc. 20 gloopsの考えるブラウザゲーム市場 4:1市場規模 10:1 Native Browser アクティブユーザー数 ブラウザゲームの特徴 プラットフォームが構築してきた モバイルゲーム文化 決済インフラ ソーシャルインフラ によって下支えされる アクティブユーザーのARPUポテンシャルの高さ
  20. 20. copyright © gloops, Inc. 21 gloopsの考えるブラウザゲーム市場  3rdパーティ市場規模はピーク時の約1/2の規模に  コンテンツ提供者は減少し新作ゲームは激減  ブラウザゲームは非注力事業に 撤退する企業も コンテンツ提供者の状況 一方でNativeアプリ市場は国内外のプレイヤーで大混雑 ブラウザゲームは競争相手が少なく 強みを生かせばチャンスになりえる市場 ※gloops独自調査
  21. 21. copyright © gloops, Inc. 22 gloopsの考えるブラウザゲーム市場 時代を築いてきたプレイヤー達が事業縮小・撤退する中 ブラウザゲーム事業に取り組む各社の動向は以下に大別される  運営リソース縮小または委託による利益確保  既存タイトルのマルチPF展開による利益確保 一方で 本来「ゲーム開発」が持つ「創造性」や「革新性」を追求することは ブラウザゲーム事業では難しい状況になってしまったのだろうか? コンテンツ提供者の状況
  22. 22. copyright © gloops, Inc. 23 gloopsの考えるブラウザゲーム市場 本題 1.事業運営の適正判断による利益貢献 2.ワンソース・マルチユースでの効率的な展開 3.ブラウザゲームを進化させるチャレンジ 未来のブラウザゲーム市場を戦い抜くために デベロッパーが持つべき3つの事業の考え方
  23. 23. copyright © gloops, Inc. 24 ブラウザゲームにおける事業機会
  24. 24. copyright © gloops, Inc. 25  発表者 株式会社gloops ソーシャルゲーム事業本部 Webアプリケーション部 部長 夏賀丈  略歴 ・2012年、プランナーとしてgloopsに入社 ・入社後、「大召喚!!マジゲート」プランナー及びディレクター ・2013年より「ドラゴンエクリプス」プランナー及びディレクター ・2014年よりWebアプリケーション部のマネージャー ・同年11月よりWebアプリケーション部の部長、現在に至る  Webアプリケーション部って何をやっているの? ・gloopsの全てのブラウザゲームの開発&運営 ・事業統括/今後の事業計画検討・実行/事業機会の模索/なんでも 自己紹介
  25. 25. copyright © gloops, Inc. 26 ブラウザゲームの事業機会 1.事業運営の適正判断による利益貢献 2.ワンソース・マルチユースでの効率的な展開 3.ブラウザゲームを進化させるチャレンジ 未来のブラウザゲーム市場を戦い抜くために デベロッパーが持つべき3つの事業の考え方
  26. 26. copyright © gloops, Inc. 27 ブラウザゲームの事業機会 事業運営の適正判断 ゲーム クリエイター 予算 「ゲームのクオリティ=提供したいUXが担保できるか」を クリエイター・予算の定点観測を行い判断する 提供UXは担保できてる? ユーザー満足度は? 黒字?赤字? 広告費かけすぎ? 適正人数? スキルは足りてる?
  27. 27. copyright © gloops, Inc. 28 ブラウザゲームの事業機会 事業運営の適正判断 判断指標 クリエイター・予算に対して策を講じて 「ゲームのクオリティ」が担保できるか?  クリエイター 人員・スキルの配置は適正か=「No」だった場合 ・人員/スキルセットの投入/削減 ・社内で実現が難しければ外部パートナーへの委託という手段も  予算 売上/コストバランスは妥当か=「No」だった場合 ・アセットにかける費用の調整 ・プロモーション費用の調整
  28. 28. copyright © gloops, Inc. 29 ブラウザゲームの事業機会 長期運用タイトルの運用人員最適化 運用が長期化し、通常人員規模の運用にて売上/コストバランスが 見合わなくなってきた場合、運用全般を効率化し少人数運用を行う 対策例① 運営体制変更月の売上を100%とした時の月次推移 0.0% 50.0% 100.0% 150.0% 200.0% 1ヶ月目 7ヶ月目 13ヶ月目 19ヶ月目 25ヶ月目 31ヶ月目 タイトルA タイトルB タイトルC タイトルD
  29. 29. copyright © gloops, Inc. 30 ブラウザゲームの事業機会 運営移管のポイント  パートナーとコンテンツのマッチング →移管先パートナーの実担当者との事前コミュニケーション  想いや文化の共有 → 1~2ヶ月間、社内執務室で同一チームとして共同運用を行う 対策例② 自社リソース運用から他社リソース運用への運営移管 社内の人的リソースでは提供UXを維持することが困難と判断した場合 運営体制をパートナーへ移管し、クリエイター・予算のバランスを取る
  30. 30. copyright © gloops, Inc. 31 ブラウザゲームの事業機会 対策例② 0.0% 20.0% 40.0% 60.0% 80.0% 100.0% 120.0% 140.0% 160.0% 売上 MAU 某タイトルにおける移管2ヶ月前を100%とした時の月次推移実績 自社リソース運用から他社リソース運用への運営移管
  31. 31. copyright © gloops, Inc. 32 ブラウザゲームの事業機会 1.事業運営の適正判断による利益貢献 未来のブラウザゲーム市場を戦い抜くために デベロッパーが持つべき3つの事業の考え方 →長期運用タイトルに対する適切な投資対効果判断ができれば 売上のシュリンクしているタイトルでも十分収益貢献が可能 →適正判断において「ゲームのクオリティ担保」が最重要指標 それが採算ライン内で実現できなくなった場合の手段は 「クリエイター・予算」への各種対策を行うことで事業貢献可能
  32. 32. copyright © gloops, Inc. 33 ブラウザゲームの事業機会 1.事業運営の適正判断による利益貢献 2.ワンソース・マルチユースでの効率的な展開 3.ブラウザゲームを進化させるチャレンジ 未来のブラウザゲーム市場を戦い抜くために デベロッパーが持つべき3つの事業の考え方
  33. 33. copyright © gloops, Inc. 34 ブラウザゲームの事業機会 展開例① 既存ブラウザゲームのマルチPF展開 gloopsの場合 MobageヒットコンテンツをGREE・DMM・Amebaなどへ展開 Mobage版 「スカイロック」の GREE展開 Mobage版 「To LOVEる-とらぶる- ダークネス -Idol Revolution-」の DMM・Ameba展開 事例[1] 事例[2] ©Exys ©矢吹健太朗・長谷見沙貴/集英社・とらぶるダークネス製作委員会
  34. 34. copyright © gloops, Inc. 35 ブラウザゲームの事業機会 展開例 事例[1] Mobage版「スカイロック」のGREE展開 マルチPF展開に際して実施したこと ・UIや演出面の強化 ・トレンドであったゲーム内通貨「ジュエル」の追加実装 ・ヤリコミ要素として武器へのレアリティ&強化概念追加実装 ・展開先PFのSNS機能(API仕様)に合わせたソーシャル機能実装 単純ヨコ展開ではなくPFの特性やトレンドに合わせたアレンジが重要 結果 Mobage版の約7割の売上を上乗せし事業貢献
  35. 35. copyright © gloops, Inc. 36 ブラウザゲームの事業機会 展開例 事例[2] Mobage版 「To LOVEる-とらぶる- ダークネス -Idol Revolution-®」の DMM・Ameba展開 マルチPF展開に際して実施したこと ・ターゲットに沿ったPFの選定 ・PF特性に合わせたデバイス選定(DMMはPCで展開) ・デバイスを活かした追加仕様の投下(モバイルとPCの差) ・共通アセット活用と共通運用人員の配置 IPの保有するターゲットとPF特性のマッチング・最適化が重要 その分、アセットや運営人員を大胆に共通化する 結果 総売上をMobage版単体の約2倍に伸ばし事業貢献
  36. 36. copyright © gloops, Inc. 37 ブラウザゲームの事業機会 2. ワンソース・マルチユースでの効率的な展開 未来のブラウザゲーム市場を戦い抜くために デベロッパーが持つべき3つの事業の考え方 →マルチPF展開時、提供環境に合わせたアレンジが必須 マルチユースできるアセットが何なのかを見極めて、 PF選定・アレンジ範囲決定を行うことが最重要 →逆に言えば、手間はかかるがしっかりとした準備で望めば 十分な事業機会が存在する
  37. 37. copyright © gloops, Inc. 38 ブラウザゲームの事業機会 1.事業運営の適正判断による利益貢献 2.ワンソース・マルチユースでの効率的な展開 3.ブラウザゲームを進化させるチャレンジ 未来のブラウザゲーム市場を戦い抜くために デベロッパーが持つべき3つの事業の考え方
  38. 38. copyright © gloops, Inc. 39 ブラウザゲームの事業機会 Nativeアプリ全盛の今、 ユーザーはこれまでの常識を覆すような 「新しいブラウザゲーム」「ブラウザゲームの進化」 を求めているのだろうか? Yes / No
  39. 39. copyright © gloops, Inc. 40 ブラウザゲームの事業機会 ・アプリストアからDLしたゲームを利用する人々が多くなったことは事実 ・ブラウザゲームのマーケティング活動は非常に困難になってきている しかし、 ブラウザゲームのアクティブユーザーは200万人超でARPUポテンシャルも高い 真に価値のあるコンテンツ提供ができれば十分な事業機会となり得る Yes 新しいゲーム体験は求めている No Nativeとかブラウザはユーザーからしたら関係ない つまり「ブラウザゲーム」に規定して求めてはいない
  40. 40. copyright © gloops, Inc. 41 ブラウザゲームの事業機会 真に価値のあるブラウザゲーム  独自性のあるコンセプト  コンセプトと密着したゲームデザイン  モバイルデバイスや通信/ブラウザの発展に伴う表現追求 必要な要素 PC・モバイル共に ブラウザゲームで真に価値のあるコンテンツを提供し ヒットにつながったゲームは上記要素を 結果的に満たしている
  41. 41. copyright © gloops, Inc. 42 ブラウザゲームの事業機会  独自性のあるコンセプト  コンセプトと密着したゲームデザイン  モバイルデバイスや通信・ブラウザの発展に伴う表現追求 必要な要素  ブラウザゲーム黎明期から培った運用力(=PDCA) →長く愛されるゲームを運営する実績  現在gloopsのブラウザゲームを遊んでくれているユーザー →現在も70万MAUがアクティブで存在  PFとのリレーションシップ →チャレンジを後押ししてくれるPF企業との協力 +gloopsの強みで成功確度を高める
  42. 42. copyright © gloops, Inc. 43 ブラウザゲームの事業機会 ここ10年ほどで様々な企業が参入したモバイルブラウザゲーム業界 あまりにも急激に拡大したため、 市場が踊り場になったタイミングでは各社の事業の判断基準において、 ビジネス的側面による判断が優先されたのではないかと考えています 市場の状況に左右されず「ブラウザゲームを進化させる」 という課題にチャレンジしてきた企業は少なかった(と感じています) そこにgloopsはチャレンジを続けていきたいと考えています そして、皆さんと一緒にブラウザゲームをもう一度盛り上げたい チャレンジに向けた想い
  43. 43. copyright © gloops, Inc. 44 ブラウザゲームの事業機会 3. ブラウザゲームを進化させるチャレンジ 未来のブラウザゲーム市場を戦い抜くために デベロッパーが持つべき3つの事業の考え方 →ユーザー視点ではブラウザ環境かNative環境かは関係ない 提供される場所の違いや供給者目線で表現できる幅が異なるだけ →真に価値のあるコンテンツの提供によって市場は生み出せる そこに自社の強みをかけ合わせ、成功確度を高めていく →進化を追い求めチャレンジし続ける
  44. 44. copyright © gloops, Inc. 45 本日のまとめ
  45. 45. copyright © gloops, Inc. 46 本日のまとめ 1. 事業運営の適正判断による利益貢献 ゲームのクオリティが最重要 クリエイター・予算を定点観測し適正判断を行えば事業貢献可能(工数最適化・運営移管など) 2. ワンソース・マルチユースでの効率的な展開 マルチPF展開を検討する上でマルチユースできるアセットが何なのかを見極めて、 PF選定・アレンジ範囲を決定することが最重要 手間はかかるがしっかりとした準備をして望めば十分な事業機会が存在する 3. ブラウザゲームを進化させるチャレンジ 真に価値のあるコンテンツの提供によって市場は生み出せる そこに自社の強みをかけ合わせ、成功確度を高めていく 進化を追い求めチャレンジし続ける 未来のブラウザゲーム市場を戦い抜くために デベロッパーが持つべき3つの事業の考え方
  46. 46. copyright © gloops, Inc. 47 現在 完全新作のブラウザゲームを開発中
  47. 47. copyright © gloops, Inc. 48 10/29(木) 19:00~ @DeNA DeNAさんとセミナーを開催します 「ブラウザゲームの革新」 ~先進技術とマルチデバイス展開~ 新作の企画開発におけるチャレンジ内容をご紹介 参加申し込み・詳細はgloopsHPのNEWSから! http://gloops.com/news/
  48. 48. copyright © gloops, Inc. 49

×