Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

ソーシャルゲームコンサル

ソーシャルゲームコンサル

Download to read offline

スマートフォンソーシャルゲームコンサルを行います。KPI分析/運営改善でプロダクトの売上増を達成します。

スマートフォンソーシャルゲームコンサルを行います。KPI分析/運営改善でプロダクトの売上増を達成します。

More Related Content

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

ソーシャルゲームコンサル

  1. 1.    1.  ゴール 2.  コンサルティング内容 3.  プランとフロー ソーシャルゲーム企画・分析を徹底⽀支援 ソーシャルゲーム  企画/開発/運営サポート
  2. 2. 1.  ゴール ソーシャルゲームの企画/開発/運営を成功させ安定的収益構造を作る しかし現実は *  どのようなゲームを作ればいいかわからない(いわゆる単なるカードゲームに...) *  作ったもののユーザーが集まらず収益がたたない(他プロダクトを参考にしたのに...) *  そこそこ売上はあるが爆発的なヒットになっていない(できることは全部したのに...) 当初の予定との乖離離をどうすれば埋められるか ユーザーの集客と活性化 ユーザーがコミットする仕組み PDCAサイクル 企画→施⾏行行→分析→調整 ゲームモデルの精査 マネタイズの流流れを明確に 世の中にある「ヒットタイトル」をコ ピーして成功する時代はもう終わり。 ユーザーのプレイ⽬目的や達成感を得られ るポイントを設計しモチベーションを⾼高 めプロダクトの熱量量を⾼高めると同時に課 ⾦金金転換させるフローを整備することでマ ネタイズが完成する。 ゲームを出せば⾃自然にユーザーが集まる というのは幻想。ユーザーをいかに集め るかを事前に戦略略⽴立立てておく必要がある。 ユーザーが「そのゲームを紹介したくな る仕組み(仲間要請など)」を⽤用意するとと もにコアになるユーザーが毎⽇日ログイン してゲームをプレイし活性化させる仕組 みを作る。 リリースした後も改善が可能である特性 を活かして「常にブラッシュアップす る」という意識識を持つ。様々なシミュ レーションを⾏行行い仕様や施策を実施する ものの必ず当たるわけではない。なぜう まくいかないか/さらにうまくいかせるに はどうすればよいか分析を⾏行行い迅速に改 善を⾏行行うことが重要。
  3. 3. 2.  サポート内容 運営段階 プロダクトの最⼤大化を達成する 企画/開発段階 ゲームモデルの精度度を⾼高める •  ゲーム企画レビュー •  ゲームモデルを精査:ユーザーモチベーション設計/マネタイズモデルをブラッシュアップ •  マーケティング戦略略レビュー •  ユーザー集客に関する施策を精査:初動のユーザー獲得に関する施策をブラッシュアップ •  ゲーム改善/イベント施策レビュー •  KPI分析:プロダクト状況を把握し注⼒力力が必要な指標の明確化とKPI向上施策を⽴立立案 •  短期/中⻑⾧長期戦略略のレビュー •  事業計画策定:事業成⻑⾧長/ビジョンを明らかにしチーム⼀一丸となる体制を作る * 企画領領域以外のサポート •  エンジニアリング/デザイン・アートサポート •  協業パートナーと連携して企画外のサポートも実施
  4. 4. 3.  プランとフロー ベーシックプラン:300,000円/⽉月 プロダクトを成功させる プレミアムプラン:500,000円/⽉月 早急にプロダクト⽴立立ち上げる ライトプラン:200,000円/⽉月 現状を把握する •  週1MTG実施 •  内容問わず/最⼤大3時間想定 •  プロダクト企画/分析レポート(⽉月次) •  週1-‐‑‒2MTG実施 •  内容問わず/最⼤大5時間想定 •  オンライン対応 Chatwork/Skype/slackなどを想定 基本常時対応 •  プロダクト企画/分析レポート(⽉月次) •  週2-‐‑‒MTG実施 •  内容問わず/週最⼤大10時間想定 •  オンライン対応 Chatwork/Skype/slackなどを想定 基本常時対応 •  プロダクト企画/分析レポート(⽉月次) お問い合わせ NDA締結 ヒアリング 初回レ ビュー フィードバック (内容限定) お申込み 開始 MOST  POPULAR ここまで費⽤用0 プラン フロー ご契約は1ヶ⽉月単位のご契約とさせていただきます
  5. 5. ALVAファウンダー紹介 川森  拓拓⼰己(@Kawamori):Founder/CEO •  グリー株式会社  2010年年04⽉月 - 2014年年01⽉月 ◇ソーシャルゲームパブリッシャー部⾨門のシニアマネージャー ⽉月次合計30億円のスタジオ管理理/管轄プロダクト20超/正社員+派遣社員あわせて50⼈人規模組織 ◇ソーシャルゲームパブリッシャー部⾨門のプロダクトマネージャー パブリッシャー部⾨門の⽴立立ち上げに従事。組織作りと同時に⾃自らも有名版権タイトルのリリースを⾏行行っ た(バンダイナムコ/スクウェア・エニックスなど)各タイトル⽉月次で億単位の売上を記録し会社貢献。 ◇ソーシャルゲーム「探検ドリランド」  運営およびゲームリニューアルに従事 探検ドリランドのゲームディレクターとして従事。2010年年10⽉月にリニューアル企画を⽴立立案しカード ゲームシフトとそれに伴う素材調達/ゲームバランス設計を⾏行行った。⽉月次2桁億円の売上を⽣生み出す ベースサイクルを構築。 •  株式会社アイディアクト(代表取締役/PHPエンジニア)  2006年年11⽉月 - 2010年年04⽉月 ⼤大学在学中にベンチャーキャピタルにビジネスプレゼンを⾏行行い出資を獲得/その後Webサービスの提 供を経てWebコンサルティング業務を⾏行行う。組織が脆弱であったためスキルとキャリアを積む必要 を実感しMBOによりベンチャーキャピタル保持株を買い戻したうえで組織解体。 •  フィールズ株式会社(プロデューサー)/株式会社フューチャースコープ(取締役) 2014年年02⽉月 - 2015年年08⽉月   ゲーム事業部の組織強化および開発会社の⽴立立て直しに貢献。既存運営タイトルの整理理とリソースの選択 と集中を⾏行行い3期連続⾚赤字のゲーム事業部を通年年⿊黒字化を達成。 ⼈人の⼼心を掴むプロダクト提供を⾏行行います

×