スクラムの心(公開用)

8,133 views

Published on

スクラムギャザリング

Published in: Technology, Business
0 Comments
14 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
8,133
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4,922
Actions
Shares
0
Downloads
75
Comments
0
Likes
14
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • \n
  • 今日はクリエイティブにいろいろ遊んでみましょう。\nどんな人がきてるの?\n スクラムをよくわかている方、わかっていなかた、\n \n\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • ア\n
  • ア\n
  • ア\n
  • ア\n
  • ア\n
  • ア\n
  • ア\n
  • ア\n
  • ア\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • ソフトウェア開発プロジェクトという現場を人生の時間を過ごすのに、ふさわしい有意義な場所にしたい。\n\n
  • ソフトウェア開発プロジェクトという現場を人生の時間を過ごすのに、ふさわしい有意義な場所にしたい。\n\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • なんのために、いまより良くするために。\n\n
  • 健康をやると言わないように、健康にやる。\n
  • ソフトウェア開発プロジェクトという現場を人生の時間を過ごすのに、ふさわしい有意義な場所にしたい。\n\n
  • \n
  • \n
  • 私は、人がいきいきとしてない会社や社会が本当の意味で競争力を\nもてるとは思えないんです。\n仮に、うつ病と自殺者を量産しながら、競争に勝ったとしても\n意味はなさないし、続くことはないでしょう。\n\nだから、アジャイルに限らず、それとは反対の人やチームの活性化を活かした方法論は有望な選択枝にはなるはずです。\n\nそこに関わる人が活き活きとしていて、彼らの工夫のモチーべーションを活かした物作りから、組織を力づけることはとても有効な戦略の一つになりうると思います。\n\nそこに必要なのは、スキルとしてはファシリテーション、チームビルディング、コーチング系スキル。関係としては、相互信頼、権限委譲、オープンな文化などのよい関係を積み上げていくことです。\n\nそれなしで、アジャイルをプロセスの視点だけで、やろうと思っても\nそこそこまでで、あまりうまくいかないと思うんです。\n逆に上記の環境がとても成熟していれば、アジャイルである\n必要すらないでしょう。\n\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • しっかり一つづつ行程を踏んでいったほうが、よかった。\nというよりそれしかできなかった\n\n
  • しっかり一つづつ行程を踏んでいったほうが、よかった。\nというよりそれしかできなかった\n\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • 88000人の作業いんを作らなければならなかった。\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • 責任と意思決定を、できる限り最下層に移動 すること\n\n
  • PMBOKにもフィッシュボーンダイアグラムや石川のQCがのっている。\nアジャイルレトロスペクティブにも載ってる\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • コンポーネントチームからファンクションチームへ\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • 自分がチームに対してどうゆうコミュニケーションをとってるかを分析してみました。\n
  • 自分がチームに対してどうゆうコミュニケーションをとってるかを分析してみました。\n
  • 自分がチームに対してどうゆうコミュニケーションをとってるかを分析してみました。\n
  • 自分がチームに対してどうゆうコミュニケーションをとってるかを分析してみました。\n
  • 自分がチームに対してどうゆうコミュニケーションをとってるかを分析してみました。\n
  • \n
  • 多様性大事\n未熟な人も成長させなければならない。\nそこにいる人で成果をださなければならない。\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • みなさんで作っていきましょう。\n
  • 555のカードをつかってやる。\n単に、改善しようではなく、アジャイルを使って変えていこう。\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • スクラムの心(公開用)

    1. 1. 心                                                                       一
    2. 2.
    3. 3. 自己
    4. 4. 自己    父          目
    5. 5. 子 行 大 方 大音  
    6. 6. 入支   ÉÊ0Ë_0•Ì••Í•x2-·uwÎuÏ+•Ð½   ••Í•oÑÒ1Óa()Ô••Í•1ÕÖ×ÔD••Í•x21Ø×Ù ÚÛD6Ü()jÝÞÙßà6á0•/_T>TâX@S1ãäå1æç !"#$%& ñò•ó ÃègXén1êëË_0•6çìT>?-í.[+îïð¨- !"#$%&()*+,-./012030456789&:;<=>?@ABCD1EFGHIJKL;>MN@OPQRST )BTUVWX&YZ.[+]+$^_`abT>?@cde6ef$gh&BTijAklmVno$Pp>?@qT)S1r6s pjtuvwx+./06yzT)aIno&{|6ef>?@ •nNÁÇ>ô- õö÷ø1Øj••Í•$b 789 >()aVØjùB$úp ØjÝÞPûno$L(bØ í[0üýþjÿ!"I;&W }~•€ Vcdej#$e1l%j[ ò-&•ýþjõö÷øl%j •‚ ƒ „ …†‡†ˆ ‡ ‰ Š‡ ‚ ‚‹‚ X()*j+n;,-Ì./ D1ýþ$01Pp>?@ ‡Œ„‡• sŽ ‡Œ„Š† •]+• ‡‘„†† ’“ •Ž ” „ •]•–—+`~•˜!" ™š›~•œ•~•#$%&$# (()*++,,,-.(/012$3204-526+ •ž~•Ÿ•ž~•*77869› ¡¢£Ÿ~••¤*:;869<=9¥žŸ¡¦§*>;86 •¨ © „ …•ª«¬¨-®¨©&;¯°±U²gM)ab³p>?@´µ¶·¸¹jº+5&)»´TµiI³¼a½ •!"¾ * Š¿†††À+Á …ÂÃÄÅ!"# …¿•††À+Á ®Æ‚ÇÈ !"#$"%&()*+,-./01234,5,67!8/9 ./0123456 !" !"#"$$#$ %&($)*$+,--&.. ()*+,%-% %&()*+,% -.)%&/ %&($)*$+,--&.. !"#"$"%0123456789:;01<=>?@AABCD0 12E45;FGCBHIDJKL;MNOCBPQRS@8T &()**+++",-./"-01  UVWCXYZ[+]^_`ab+cdb+eafghi+JK Ljklmnh;op;.q)%WB012E45=rs8 tuvw-5C?xyz:{R| &()*+),!-)./ !"#~•€•€‚ƒ„•…†ƒ
    7. 7.                 人        自己   行   入門 大 入門     山 入    入門   入門自己 心
    8. 8. 心 手 入 入 十音 牛         比己       大         一       羽 龍  
    9. 9. 月月 月 月 戸   月   大   月   9
    10. 10. – 月 日      一 – 月 日                   一氏 氏 – 月 日   自己   一 – 月 日      力氏 – 月 日                    氏 – 月 日                    氏 – 月 日                    氏 – 月 日                            氏 田 人氏• – 月 日                      一氏  10
    11. 11. – 月 日      人 人   氏 – 月 日           氏 – 月 日            一氏 – 月 日      角   氏 – 月 日         二氏 – 月 日     大 一   一 氏 大 – 月 日      穴  西 氏 氏 – 月 日     大   一 氏 大 – 月 日      行   氏 – 月 日       一 – 月 日       氏 – 月  日        一 氏 – 月 日    一   田氏•   – 月 日      口 一 11
    12. 12. – 月 日         一– 月 日 日   – 月 日       氏– 月 日       田氏– 月 日  –   入門     一–   氏–   一 12
    13. 13. 大      月   日      一  大 戸      月   日                     一 氏 氏 一                 氏   月   日   身                   氏  月 日         一 戸       月 日        山   力氏       入門    氏   13
    14. 14. 14
    15. 15.         人 日   人   人     立  入    立                   大   長 立   自立 行
    16. 16. 比 欠 立
    17. 17. SMPO
    18. 18. SMPO
    19. 19. SMPO
    20. 20. SMPO
    21. 21. 人人面
    22. 22. 20
    23. 23. 21
    24. 24. 22
    25. 25. 自 長自 心 方
    26. 26.
    27. 27.
    28. 28.
    29. 29.
    30. 30.
    31. 31.
    32. 32. ✤✤
    33. 33. ✤✤
    34. 34.
    35. 35. 言 35
    36. 36. 36
    37. 37. 方 39
    38. 38. 40
    39. 39. 心 41
    40. 40. 42
    41. 41. 力 43
    42. 42. 行 44
    43. 43. 口 45
    44. 44. 46
    45. 45. 言 人 47
    46. 46. 48
    47. 47.   文   入       入 比   49
    48. 48. 心 - 11/09/29 20:32Silverlight Japan | !Power to the PROPower to the PRO ?5 IT !! !"!"#$%&()*+,-./*01.234-5.6789:6:8;0; ( ) <=>?@ABC#DEFGHIJ#$%&KDA%$LM#NOPQRSTUDVWXNYZ!I[]G!^ _`QaIbcdef<@gRSGDhiNjklDmgnopqr!IspNtupvwxy!^ z{|}Q~•€•D‚Qƒ„…†G‡ˆvwxw‰Š‹}Q~•|Œ•mD}pv#Ž••‘’“’N”•wxy!^ –—˜QFxw "#$#$%&()*+,-.&/0123456789:;.<=8>:< ?@ABC DEFGHIJKLM+NOP<:QRGSTUV1W+X<YX:KV&Z @#C [5]^_`(ab>;c#8d&WNefKghWiKab5j<2LMkX <Y8&lYm@#C W#>;"nLMopq%&(r(Xst<34+u1Nvw6kxyz.&#8r(XT{RQkx8345<2 >.2BW#C iBX/(5vw6kx8X>WNe|W}~_•8d&k:K€&KLM•‚5ƒk.m$&lYm@#C abK„…+Ni:i:†‡_ˆ<W:LM<2&(‰Š_N‹>?ˆX>?Œ.m8:KV&Z@#C i?k•ŽF••NDEK‘’5“;?`‚W”X>.2yN•Y;?X–—k˜X.mLM<r(&#;Z™X$X. m<@.m8bškx8KW+XW<-(>C e›+œQ+•ž_LM<2Ÿ”•V&Z(KW#C 50 "#$#$J ¡¢%&(34+Nopq5£™8¤mK„¥kN¦§;?Xk;"#$#$%¨©5ª«<m$d& _¬.m3-1@<2C
    49. 49. 心®¯V1W+°;?XN–—FQ±²³U´>;<>°;?Xµ¶+OPxy@#CXKWN·5®¯¸_¹F#2ºV1K‘ª5+APN[5»_‚><m®¯k"¼5½,8%¾² ¿ÀRGKr(XÁÂ_úm@#C¾² ¿ÀRG5r.mNÄÅi?Æ?K†‡5x™A"xxNd(#?Ç>:<?X%&(NÈÉÈÊ!»—_<m 人 自Ë18r(̺m@#C 行d(<m8ÍÎ+N®¯_ÍÏ&<mÍÐ<m8V1W+efKghWÅÑKabK†‡5x.2ÁWÒÓ#8d&+ 力Ô<d&>;NÕ<ÍÏFÖ×_ÒÓØY#?ÇÐÙ#8N™Ú8ÛKÜÝV&Z.m<@(Þß&àáWÅÑW†‡5x™AmlY8d&k&m:˜‰XKV&lYm8>;W#C"#$#$J ¡¢%W+Nâãäåæ!GHIJK!ç!è"J ¡¢%_é5X8:K&<mê.m+@#këŽK9×ÏkìBXbš5W:NiK@@WíÖ$$&+î;X&(d&_opq_ï7mð¯NÍÐ<mË$r(ñò<m     心@#CJ ¡¢+&BW:X$póXôõW#C<><NiK@@ìdW:öY8zì÷øW+XKW#Cùú5X.m2V$9+Nûü5èmž45ý,š™AFþÿ_<m2Vm@#C!U"U#+$¥J%R&&Ký,š™A_ï<m].m$r(Xº9_&.m@#C,=B&(•:W”@#CW#>;N)>*èÅÑK°g_Œ.m89X;+W:#$#$J ¡¢Kùú5X.mË18KW#C,-Nùú&<mâ.%K/0_/1>A2Ø3âãäåæ!GHIJ+ÅÑ2,WLM<41NFyk_67Xk;5žkW”867_ÅÑ¥Wè$.m$d&k8e5xy@#CœQ+NÅÑK`‚5r.m67k•9<X&:©ó_;BW<@@#C<5ÅÑK`‚k67LM5=>#8d&_[6#8&ryG¡JKc?F`‚kŸ@?m$”@#Cd?;Kd&+@Í;W:™>.m8i(W#CAB²"{UCDEFE!IG´BUHIã"{J@Í;K"#$#$J ¡¢%+dKr(XNrL6_]yM#2ºK`‚_Nd#ORPQ5X8d&_¬.m@#C 51
    50. 50. WG54
    51. 51. WG54
    52. 52. WG54
    53. 53. WG54
    54. 54. WG54
    55. 55. WG54
    56. 56. WG54
    57. 57. WG54
    58. 58. WG54
    59. 59. WG54
    60. 60. WG54
    61. 61. WG54
    62. 62. ↓ ↓ WG 55
    63. 63. ↓ ↓ WG 55
    64. 64. ↓ ↓ WG 55
    65. 65. ↓ ↓ ↓ ↓ WG 55
    66. 66. ↓ ↓ ↓ ↓ WG 55
    67. 67. ↓ ↓ ↓ ↓ WG 55
    68. 68. ↓ ↓ ↓ ↓       WG 55
    69. 69. ↓ ↓ ↓ ↓       WG 55
    70. 70. ( )( ) ( ) WG 56
    71. 71. 2010/6/9
    72. 72. :;<=>! ?,@AB-$C0DECFG &(%)*$$ 67!289:" !"#$% ,- ./ %0 45 123 45 )*+$#&,!-(
    73. 73. WG59
    74. 74. / ( 100 / ) WG 59
    75. 75. WG61
    76. 76. / ( 100 / ) WG 61
    77. 77. 2010/6/9
    78. 78. 63
    79. 79. •••
    80. 80. 日 生 方 67   氏 一 用
    81. 81.   68   氏 一 用
    82. 82.   68   氏 一 用
    83. 83.  石       文 言  生    自      見 69   氏 一 用
    84. 84.  石 自己 力自己 力 力 70   氏 一 用
    85. 85. 71
    86. 86. 示 一 72  
    87. 87. 示 一 72  
    88. 88. 73
    89. 89. 人  目
    90. 90.
    91. 91. 日 生
    92. 92. 力人 工 高小
    93. 93. 78
    94. 94. ✤✤✤✤
    95. 95.
    96. 96. ••
    97. 97. •••
    98. 98.  
    99. 99.  
    100. 100.  高 目 目 目 目 目 目 目 目 目
    101. 101.  高 目 目 目 目 目 目 目 目 目
    102. 102.  高 目 目 目 目 目 目 目 目 目
    103. 103.  高 目 目 目 目 目 目 目 見 目 手 目 見 見
    104. 104.  
    105. 105.  目目目目目目目目目
    106. 106.  目目目目目目目目目
    107. 107.  
    108. 108.  
    109. 109.  
    110. 110. 日 文
    111. 111. 日 米• • • • • • • •
    112. 112.
    113. 113. 自己
    114. 114.
    115. 115.  
    116. 116. 示長 力
    117. 117. 長力
    118. 118. 長力
    119. 119. 長力
    120. 120. 長 長 長 長
    121. 121. 矛 
    122. 122. 長力
    123. 123. 長力
    124. 124. 長力
    125. 125. 長力
    126. 126. 長力
    127. 127. 長音 力
    128. 128. 氏人人
    129. 129. 氏 文 方 心方
    130. 130. 氏 人 工一人 人 心人 心
    131. 131. 文
    132. 132.   長力 力 高 高 力 力高
    133. 133.   長
    134. 134.   長
    135. 135. 自 132
    136. 136. 133
    137. 137. 134
    138. 138. 立 立 135
    139. 139. 140
    140. 140. 141
    141. 141. 142
    142. 142. 143
    143. 143. 144
    144. 144. 145
    145. 145. 146
    146. 146. 147

    ×