Sentokyo(20061012)

658 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
658
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Sentokyo(20061012)

  1. 1. ウェブで広がる図書館サービスの可能性 - Web2.0 時代に向けて 専門図書館協議会 ホームページリニューアル特別セミナー 日時: 2006 年 10 月 12 日( 木 ) 会場: 日本図書館協会会館 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  2. 2. 0-1. 本日の構成 <ul><li>報告 </li></ul><ul><ul><li>最初に思考の枠組みを提案します。 </li></ul></ul><ul><ul><li>次いで、考え方を順々に述べていきます。 </li></ul></ul><ul><ul><li>適宜具体例を交えます。 </li></ul></ul><ul><ul><li>最後にあらためて思考の枠組みを振り返ります。 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>目標: 60 分間 </li></ul></ul></ul><ul><li>質疑・討論 </li></ul><ul><ul><li>報告に関するご質問にお答えします。 </li></ul></ul><ul><ul><li>報告に直接関係しない疑問もお気軽に。 </li></ul></ul><ul><ul><li>質問者と報告者の一対一のやりとりに終始せず、全員で考えていきましょう。 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>目標: 60 分間 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  3. 3. 0-2. 自己紹介 <ul><li>岡本真(おかもと・まこと) </li></ul><ul><ul><li>1973 年生まれ。 1997 年、国際基督教大学卒業。 </li></ul></ul><ul><li>ACADEMIC RESOURCE GUIDE 編集長 </li></ul><ul><ul><li>情報科学技術協会評議員 </li></ul></ul><ul><ul><li>情報ネットワーク法学会メールマガジン編集 WG 座長 </li></ul></ul><ul><li>著書『これからホームページをつくる研究者のために』(築地書館、 2006 年) </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  4. 4. 0-3. 図書館関係の著作 <ul><li>「個人ユーザーから見たデジタルアーカイブの利用方法」(『デジタルアーカイブ白書 2004 』、デジタルアーカイブ推進協議会、株式会社トランスアート発売、 2004-03-31 ) </li></ul><ul><li>「国立国会図書館への評価と期待」(『ず・ぼん』 11 、ポット出版、 2005-11-05 ) </li></ul><ul><li>「大学図書館のホームページを「再」設計しよう - OPAC を中心に-」(『 How to Find?  -変わりつつある情報探索-』(大図研シリーズ 21 、大学図書館問題研究会第 14 回オープンカレッジ報告集)、大学図書館問題研究会、 2005-12-03 ) </li></ul><ul><li>総論「価値観の交差点」(「情報の科学と技術」 56-9 、情報科学技術協会、 2006-09-01 ) </li></ul><ul><li>「 Web2.0 時代の図書館- Blog 、 RSS 、 SNS 、 CGM 」(『情報の科学と技術』 56-11 、情報科学技術協会、掲載予定) </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/help.html
  5. 5. “ 5W1H ” で考える <ul><li>Where </li></ul><ul><li>Why </li></ul><ul><li>How </li></ul><ul><li>What </li></ul><ul><li>Who </li></ul><ul><li>When </li></ul>            図書館サービス http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  6. 6. 1-1. Where  -多様なネットの世界 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ インターネット <ul><li>ウェブ </li></ul><ul><li>( World Wide Web ) </li></ul><ul><li>ウェブサイト </li></ul><ul><li>ウェブログ </li></ul><ul><li>メール </li></ul><ul><li>( E メール) </li></ul><ul><li>メールマガジン </li></ul><ul><li>メーリングリスト </li></ul><ul><li>その他 </li></ul><ul><li>掲示板( BBS ) </li></ul><ul><li>チャット </li></ul><ul><li>FTP </li></ul>
  7. 7. 1-2. Where -不易流行 <ul><li>ウェブとインターネットの関係 </li></ul><ul><ul><li>ウェブ ≠ インターネット </li></ul></ul><ul><ul><li>ウェブ < インターネット </li></ul></ul><ul><li>ウェブの隆盛 </li></ul><ul><ul><li>ウェブ ≒ インターネット </li></ul></ul><ul><li>技術の革新と時代の要請 </li></ul><ul><ul><li>パソコン通信の衰退 </li></ul></ul><ul><ul><li>ネットワークと不易流行 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  8. 8. 2-1. Why -何のために、誰のために <ul><li>ウェブでの展開 - For What? </li></ul><ul><ul><li>原則:自分(自館、自社)のため </li></ul></ul><ul><ul><li>「ウェブサイトは何よりもまず、 制作者の役に立つツールとして発生するのが自然なのである。 わがまま? いいえ、ちっともわがままではない。 ひとりの人間にとって心から役立つものを作れたら、それはきっとほかの人が使っても役立つ、必ず役立つ。 これは一種の逆説であるけれど、インターネットにはいつもこの逆説がついてまわる」。 </li></ul></ul><ul><ul><li>(二木麻里「情報発信基地としてのウェブサイト構築」、『情報管理』 44-8 、 569 頁、 2001 年、科学技術振興機構) </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  9. 9. 2-2. Why -ウェブに存在する意味 <ul><li>ウェブの普及 </li></ul><ul><ul><li>7000 万人の利用者 </li></ul></ul><ul><li>その意味 </li></ul><ul><ul><li>ウェブに存在しないことは、この世界に存在しないことに等しい。 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>対抗策 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>ウェブに対するビジョンの必要性 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><ul><li>ウェブへの自由 </li></ul></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><ul><li>ウェブからの自由 </li></ul></ul></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  10. 10. 2.3 Why -リアル vs. バーチャル? <ul><li>一つの虚構 </li></ul><ul><ul><li>「バーチャルな仮想世界」 </li></ul></ul><ul><ul><li>「リアルな現実世界」 </li></ul></ul><ul><li>一つの現実 </li></ul><ul><ul><li>「リアル」対「バーチャル」図式の崩壊 </li></ul></ul><ul><ul><li>ネットワーク化された社会の到来 </li></ul></ul><ul><ul><li>図書館の役割 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>ネットワークのノード(結節点)としての歴史 </li></ul></ul></ul><ul><li>自らの存在根拠としてのウェブ発信 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  11. 11. 3-1. How -具体的な手法 <ul><li>ウェブ </li></ul><ul><ul><li>ウェブサイト(サイト) </li></ul></ul><ul><ul><li>ウェブログ(ブログ ) </li></ul></ul><ul><ul><li>RSS </li></ul></ul><ul><li>メール </li></ul><ul><ul><li>メールマガジン </li></ul></ul><ul><ul><li>メーリングリスト </li></ul></ul><ul><li>その他 </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 図書館 利用者
  12. 12. 3-2. How -プルとプッシュ、そして … http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ コンテンツを発信 コンテンツを受信 コンテンツを発信 コンテンツを受信 能動的 受動的 プル型 プッシュ型 利用者 図書館 サイト 利用者 図書館 メルマガ
  13. 13. 3-3. How -サイトによる発信 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) のサイト サイトの特徴 形態 プル型 メリット 豊かな表現力 情報の一覧性 高度な汎用性 デメリット html 、 FTP の知識 更新の手間
  14. 14. 3-4. How -メールマガジンによる発信 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) のメールマガジン メールマガジンの特徴 形態 プッシュ型 メリット 保存性の高さ デメリット 作業の手間 メールの信頼性低下
  15. 15. 3-5. How -ブログによる発信 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) のブログ ブログの特徴 形態 プル型/プッシュ型 メリット 利用の簡易さ 更新の容易さ 言及・被言及の容易さ デメリット 情報の一覧性 限定的な機能
  16. 16. 3-6. How - RSS による発信 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の RSS (表示例) RSS の特徴 形態 プル型/プッシュ型 メリット 配信の容易さ デメリット 普及の足踏み
  17. 17. 3-7. How -ニーズによる使い分け <ul><li>ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の場合 </li></ul><ul><ul><li>メールマガジン( 1998 年~) </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>情報を定期的に発信したい。 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>サイト( 1998 年~) </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>情報を継続的に発信したい。 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>ブログ( 2004 年~) </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>情報を断続的に蓄積したい。 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>RSS ( 2005 年~) </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>情報を再利用可能な形で発信したい。 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  18. 18. 4-1. What -では何を? <ul><li>発信する素材を探る </li></ul><ul><ul><li>原則:自分(自館、自社)のため </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>図書館員にとって役に立つ </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>来館利用者にとって役に立つ </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>遠隔利用者にとって役に立つ </li></ul></ul></ul><ul><li>具体例 </li></ul><ul><ul><li>蔵書検索( OPAC ) </li></ul></ul><ul><ul><li>新着図書 </li></ul></ul><ul><ul><li>リンク集 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  19. 19. 4-2. What -自ずと持つ価値 <ul><li>自負と自信 </li></ul><ul><ul><li>情報の価値 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>当事者ならではの価値 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>専門家(館)ならではの価値 </li></ul></ul></ul><ul><li>具体例 </li></ul><ul><ul><li>蔵書検索( OPAC ) = 専門分野の書誌データ </li></ul></ul><ul><ul><li>新着図書 = 専門分野の新着図書情報 </li></ul></ul><ul><ul><li>リンク集 = 専門分野のリンク集 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  20. 20. 5-1. Who -誰が担うのか <ul><li>バルネラブルとインタラクティブ </li></ul><ul><ul><li>レスポンスとフィードバック </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>収集、保存、提供と「発信」の違い </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>図書館員中心志向からの脱却 </li></ul></ul></ul><ul><li>図書館員の多様化 </li></ul><ul><ul><li>若年層の登用 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>例:国際交流基金 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>外部人材の登用 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>司書資格、給与待遇 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  21. 21. 6-1. When -いつ始めるのか <ul><li>Right </li></ul><ul><li>Now! </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ 明日は、まだ金曜日 (勤務日、開館日、営業日) ですよね?
  22. 22. “ 5W1H ” で考える図書館サービス <ul><li>Where </li></ul><ul><li>Why </li></ul><ul><li>How </li></ul><ul><li>What </li></ul><ul><li>Who </li></ul><ul><li>When </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  23. 23. [ PR ] さらなる一歩に向けて <ul><li>討論 </li></ul><ul><ul><li>「研究のより良いウェブ情報発信に向けて」(仮題) </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>催し:サイエンスアゴラ 2006 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>日時: 11 月 26 日(日) </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>場所:日本科学未来館 </li></ul></ul></ul><ul><li>記事 </li></ul><ul><ul><li>「 Web2.0 時代の図書館- Blog 、 RSS 、 SNS 、 CGM 」 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>媒体:『情報の科学と技術』 56-11 (情報科学技術協会) </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>日時: 2006 年 11 月 1 日 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  24. 24. ご清聴ありがとうございました。 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/

×