Tokai Ulib Conference(20070307)

489 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
489
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Tokai Ulib Conference(20070307)

  1. 1. Web2.0 時代の図書館 -大学図書館にとっての Web2.0 2006 年度第 2 回 東海地区大学図書館協議会研修会 日時: 2007 年 3 月 7 日( 水 ) 会場: 名古屋大学附属図書館 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  2. 2. 0. 本日の構成 -2つのキーワード <ul><li>Web2.0 </li></ul><ul><ul><li>オライリーによる提唱と様々な解釈 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>トレンド型 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>サービス型 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>テーゼ型 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>「 Web2.0 」という時代認識 </li></ul></ul><ul><li>図書館 </li></ul><ul><ul><li>様々な館種 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>国立図書館 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>公共図書館 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>専門図書館 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>大学図書館 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>大学図書館にとっての「 Web2.0 」という問題設定 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  3. 3. 1-1. Web2.0  -オライリーによる原則 <ul><li>ティム・オライリーによる提唱 </li></ul><ul><ul><li>サービス提供者である。 </li></ul></ul><ul><ul><li>データソースをコントロールできる。 </li></ul></ul><ul><ul><li>ユーザーの無意識な参加を促す。 </li></ul></ul><ul><ul><li>集合知を利用する。 </li></ul></ul><ul><ul><li>ロングテールを理解する。 </li></ul></ul><ul><ul><li>プラットフォームを選ばない。 </li></ul></ul><ul><ul><li>リッチで軽い。 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>O'Reilly, Tim. &quot;What Is Web 2.0 Design Patterns and Business Models for the Next Generation of Software&quot;. 2005-09-30. </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>http://www.oreillynet.com/lpt/a/6228 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  4. 4. 1-2. Web2.0 -様々な解釈(1) <ul><li>小川浩 </li></ul><ul><ul><li>「インターネット上でこの数年間に発生した Web の環境変化とその方向性(トレンド)をまとめたもの」(『ウェブ 2.0 ブック』インプレス、 2006 年、 18 頁) </li></ul></ul><ul><li>梅田望夫 </li></ul><ul><ul><li>「ネット上の不特定多数の人々(や企業)を、受動的なサービス享受者ではなく能動的な表現者と認めて積極的に巻き込んでいくための技術やサービス開発姿勢」(『ウェブ進化論』ちくま新書、 2006 年、 120 頁) </li></ul></ul><ul><li>大向一輝 </li></ul><ul><ul><li>「 2006 年現在にうまくいっているサービスをまとめたもの」(国立情報学研究所 平成 18 年度市民講座「 8 語で談じる情報学」 第 2 回「次世代ウェブ」、 2006-07-12 ) </li></ul></ul><ul><li>岡本真 </li></ul><ul><ul><li>「過去 10 年に対する建設的なアンチテーゼ」(「 Web2.0 時代の図書館 - Blog, RSS, SNS, CGM 」 2006 年) </li></ul></ul><ul><li>森健 </li></ul><ul><ul><li>「「ユーザー参加型」であり、ユーザーが提供したデータに基づく「膨大なデータベース」によって構成されるサービス」(『グーグル・アマゾン化する社会』光文社新書、 2006 年、 60 頁) </li></ul></ul><ul><li>佐々木俊尚 </li></ul><ul><ul><li>「 Web2.0 というムーブメントは九〇年代に失われつつあったインターネットの理想を取り戻そうという、ひとつの復古運動」(『次世代ウェブ』光文社新書、 2007 年、 81 頁) </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  5. 5. 1-3. Web2.0 -様々な解釈(2) http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/ <ul><li>「 Web の環境変化とその方向性(トレンド)をまとめたもの」(小川) </li></ul><ul><li>「うまくいっているサービスをまとめたもの」(大向) </li></ul><ul><li>「~の技術やサービス開発姿勢」(梅田) </li></ul><ul><li>「~よって構成されるサービス」(森) </li></ul><ul><li>「建設的なアンチテーゼ」(岡本) </li></ul><ul><li>「ひとつの復古運動」(佐々木) </li></ul>トレンド型 サービス型 テーゼ型
  6. 6. 1-4. Web2.0  -「 Web2.0 」という時代認識 <ul><li>変化・変容・変革 </li></ul><ul><ul><li>サービスの変化 </li></ul></ul><ul><ul><li>利用者の変容 </li></ul></ul><ul><ul><li>ウェブの変革 </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  7. 7. 2-1. 図書館 -様々な館種と大学図書館の位置 <ul><li>様々な館種 </li></ul><ul><ul><li>国立図書館 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>関西館の躍進 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>公共図書館 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>地域格差の顕在化 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>専門図書館 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>再編の流れ </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>大学図書館 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>右項参照 </li></ul></ul></ul><ul><li>大学図書館の位置 </li></ul><ul><ul><li>比較優位 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>サイトの開設率 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>90.5% </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>OPAC の公開率 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>76.5% </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><li>試行錯誤 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>電子図書館の迷走 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>機関リポジトリへの傾斜 </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  8. 8. 2-2. 図書館 -大学図書館にとっての「 Web2.0 」( 1 ) <ul><li>大学図書館の関心対象としての「 Web2.0 」 </li></ul><ul><ul><li>3類型の適用 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>トレンド型 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>サービス型 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>テーゼ型 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>浮かび上がる疑問 </li></ul></ul><ul><li>3 つの問いかけ </li></ul><ul><ul><li>トレンド型 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>うまくいっているものがあるのか? </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>サービス型 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>ユーザー参加はあるのか? </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>テーゼ型 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>思想が育まれているのか? </li></ul></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  9. 9. 2-3. 図書館 -大学図書館にとっての「 Web2.0 」( 2 ) <ul><li>一つの提案 </li></ul><ul><ul><li>これまでの歴史を踏まえ、それを乗り越える意思を持ち(テーゼ型)、 </li></ul></ul><ul><ul><li>ユーザー参加によって、ユーザーが提供するデータに基づく「膨大なデータベース」をつくり(サービス型)、 </li></ul></ul><ul><ul><li>Webの環境変化とその方向性(トレンド)をとらえた、うまくいっている(トレンド型) </li></ul></ul><ul><li>大学図書館(サイト)をつくりませんか? </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  10. 10. 2-4. 図書館 -「 Web2.0 」な大学図書館に向かって <ul><li>Explicit なユーザー参加(案) </li></ul><ul><ul><li>利用者によるデータ生成 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>様々なコメント </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>様々なリンク </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>蔵書データの開放 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>OPAC の書誌データ </li></ul></ul></ul><ul><li>参考: </li></ul><ul><li>「『 Web2.0 』時代に対応する学術情報発信へ -真のユーザー参加拡大のためのデータ開放の提案」(『情報管理』 49-11 、科学技術振興機構、 2007-02-01 ) </li></ul><ul><li>Implicit なユーザー参加(案) </li></ul><ul><ul><li>利用者履歴(ログ)の活用 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>貸出記録 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>貸出の回数 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>同時の貸出 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>推薦記録 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>講義指定 </li></ul></ul></ul></ul><ul><li>参考: </li></ul><ul><li>「 Web2.0 時代の図書館 - Blog, RSS, SNS, CGM 」(『情報の科学と技術』 56-11 、情報科学技術協会、 2006-11-01 ) </li></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  11. 11. ご清聴ありがとうございました。 岡本真 ACADEMIC RESOURCE GUIDE ( ARG ) 編集長 http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
  12. 12. [PR]著書紹介 <ul><li>『これからホームページをつくる研究者のために -ウェブから学術情報を発信する実践ガイド』 </li></ul><ul><ul><li>築地書館 </li></ul></ul><ul><ul><li>2800 円 + 税 </li></ul></ul><ul><ul><li>A5 並製 288 頁 </li></ul></ul><ul><ul><li>2006 年 8 月発行 </li></ul></ul><ul><ul><li>ISBN4-8067-1335-X </li></ul></ul><ul><li>書評・紹介 </li></ul><ul><ul><li>「読売新聞」 </li></ul></ul><ul><ul><li>「出版ニュース」 </li></ul></ul><ul><ul><li>「漢字文献情報処理研究」 </li></ul></ul><ul><ul><li>「情報管理」 </li></ul></ul><ul><ul><li>「コンピュータ&エデュケーション」 </li></ul></ul><ul><ul><li>「レコード・マネジメント」 </li></ul></ul><ul><li>大学図書館での蔵書率 </li></ul><ul><ul><li>約 25%... </li></ul></ul>http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/

×