ネットで個人はどこまで追われているかTOKYO WEBMINING #23TOMI YOICHI @TOMIYOICHI
自己紹介   最近まで某アクセス解析ツールのプロダクトマネージャ   現職は、パイプドビッツ社で自社PaaSの技術支援部門   Webマーケ系のシステム構築支援が得意分野   過去にはリモートセンシング、GIS、気象などで、手広く   ...
今日の主な話題   Webマーケティング方面のトレンド   トラッキング技術の限界   アクセス解析ツールの利用目的   サードパーティーのデータソース   「特定しました」系   法的なポイント
Webマーケティング方面のトレンド   ”マーケティング・データベース”・・・CRMとの連携   リード・ナーチャリング   マーケティング・オートメーション   進む行動ターゲティング広告   オフラインのデータとの統合(O2O)
進化する広告効果分析   アトリビューション分析       過去に接触した各広告などの貢献度の分析   第三者配信アドサーバー       広告主が独自にクリエイティブを配信       サイト外でアドネットワークに接触した履歴がデ...
アクセス解析   ビジネスとしては、オワコン化が進む。   役割が低くなったわけではなく目的が変化   「交通量調査」から「どんな人が歩いているか」に焦点   セグメントされた訪問者別の行動傾向の分析
傾向としてはユニークユーザーの識別・特定   訪問者(お客様、見込み客)の理解       より効果的なオファーの提示のため       行動履歴から属性を推定する。
個人を特定しようと必死な例          示談相談や解約のために          「連絡くれ」という          大量のスパムメール
サードパーティーのデータソース   ツールバーログ             ECサイトの購買ログ   スマートフォン・アプリケー       実店舗でのPOSデータ    ションログ                        その...
「特定しますた」系   見事なソーシャルハッキングの例   オンライン/オフラインの断片情報をつなぎ合わせれ    ば、大抵の個人は特定される。   そしてインターネットは「忘れてくれない機械」               2012年10...
ネットとリアルの非対称性   リアルでは顧客理解は「美談」   ネットで同じことを追及すると「プライバシー問題」
日本の法律では?   個人情報保護法(個人情報の保護に関する法律)   個人情報個人情報とは、生存する個人の情報であって、特定の個人を識別できる情報(氏名、生年月日等)を指す。これには、他の情報と容易に照合することができることによって特定の...
EUの動向   1995年 EUデータ保護指令(95/ 46/ EC)       日本に個人情報保護法を成立させた契機(1997)   2012/5/25 Cookie法 Opt-in必須   2012/1/25制定 新しいデータ保護...
まとめ   データ分析の大きな目的は「人間の理解」   顧客理解の努力の結果、個人を特定してプロファイリン    グし、より販売機会を増やし、LTVを上げていく方向に動    いています。   その一方で、プライバシー侵害に近いレベルまで...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

ネットで個人はどこまで追われているか

5,758 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
6 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
5,758
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3,804
Actions
Shares
0
Downloads
21
Comments
0
Likes
6
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ネットで個人はどこまで追われているか

  1. 1. ネットで個人はどこまで追われているかTOKYO WEBMINING #23TOMI YOICHI @TOMIYOICHI
  2. 2. 自己紹介 最近まで某アクセス解析ツールのプロダクトマネージャ 現職は、パイプドビッツ社で自社PaaSの技術支援部門 Webマーケ系のシステム構築支援が得意分野 過去にはリモートセンシング、GIS、気象などで、手広く データ分析やアルゴリズム研究に従事 前回の発表:アクセスデータの収集と解析 #8 http://www.slideshare.net/YoichiTomi/ss-5774686
  3. 3. 今日の主な話題 Webマーケティング方面のトレンド トラッキング技術の限界 アクセス解析ツールの利用目的 サードパーティーのデータソース 「特定しました」系 法的なポイント
  4. 4. Webマーケティング方面のトレンド ”マーケティング・データベース”・・・CRMとの連携 リード・ナーチャリング マーケティング・オートメーション 進む行動ターゲティング広告 オフラインのデータとの統合(O2O)
  5. 5. 進化する広告効果分析 アトリビューション分析  過去に接触した各広告などの貢献度の分析 第三者配信アドサーバー  広告主が独自にクリエイティブを配信  サイト外でアドネットワークに接触した履歴がデータ化
  6. 6. アクセス解析 ビジネスとしては、オワコン化が進む。 役割が低くなったわけではなく目的が変化 「交通量調査」から「どんな人が歩いているか」に焦点 セグメントされた訪問者別の行動傾向の分析
  7. 7. 傾向としてはユニークユーザーの識別・特定 訪問者(お客様、見込み客)の理解  より効果的なオファーの提示のため  行動履歴から属性を推定する。
  8. 8. 個人を特定しようと必死な例 示談相談や解約のために 「連絡くれ」という 大量のスパムメール
  9. 9. サードパーティーのデータソース ツールバーログ  ECサイトの購買ログ スマートフォン・アプリケー  実店舗でのPOSデータ ションログ  その他、多種多様なデータ ソーシャルグラフ SNSのプロフィールデータ 検索サイトのサーチワードログ IPアドレスー組織・企業名オンラインの活動はどこかで誰かにログられている 個人のプロファイリングがさらに容易に
  10. 10. 「特定しますた」系 見事なソーシャルハッキングの例 オンライン/オフラインの断片情報をつなぎ合わせれ ば、大抵の個人は特定される。 そしてインターネットは「忘れてくれない機械」 2012年10月20日09時07分 読売新聞
  11. 11. ネットとリアルの非対称性 リアルでは顧客理解は「美談」 ネットで同じことを追及すると「プライバシー問題」
  12. 12. 日本の法律では? 個人情報保護法(個人情報の保護に関する法律) 個人情報個人情報とは、生存する個人の情報であって、特定の個人を識別できる情報(氏名、生年月日等)を指す。これには、他の情報と容易に照合することができることによって特定の個人を識別することができる情報(学生名簿等と照合することで個人を特定できるような学籍番号等)も含まれる(2条1項)。「管理元で容易に照合できて特定個人が識別されない限り該当しない説」が有力
  13. 13. EUの動向 1995年 EUデータ保護指令(95/ 46/ EC)  日本に個人情報保護法を成立させた契機(1997) 2012/5/25 Cookie法 Opt-in必須 2012/1/25制定 新しいデータ保護規則法案  「データ主体」IPアドレスやCookieを含む「オンライン 上の識別子」や「位置データ」など  データ利用に明示的な同意が必要  「忘れられる権利」「データポータビリティ」  「自動処理でのプロファイリング拒否の権利」 日本の法整備が遅れ過ぎ
  14. 14. まとめ データ分析の大きな目的は「人間の理解」 顧客理解の努力の結果、個人を特定してプロファイリン グし、より販売機会を増やし、LTVを上げていく方向に動 いています。 その一方で、プライバシー侵害に近いレベルまで個人の オンラインでの行動が追われ、さらに、オフラインの情 報と関連づけられようとしています。 現状でこれらに制限を加える法整備や規制は十分とは言 えない。個人レベルで注意深く情報をコントロールする 必要があります。 逆に事業者は、個人情報保護に関する規制に関しては十 分注意が必要。特に海外展開をする場合。

×