2012.07.28 - Python Developers Festa 2012.078ヶ月間、勉強会を開催してみて IT系コミュニティ1年生からの勉強会運営∼        @tmmkr
自己紹介 • Tomomi Kurigeno  • twitter / @tmmkr  • 普段は、とあるWebサービス    の開発をしています  • アジャイルサムライ読書会      新宿道場を主催してます
アジェンダ•   どういう勉強会を開催したのか•   そもそも開催することにしたきっかけ•   企画から開催までの流れ    •   企画    •   開催前の準備    •   開催日に実施したこと    •   開催後•   勉強会を開催...
どういう勉強会を開催したのか•   『アジャイルサムライ』という書籍に関する、読書会スタ    イルの勉強会•   2011.10から企画。•   2011.12  から、月に1回開催•   平均12人。8回で延べ100人くらい•   読書会で...
勉強会をはじめたきっかけ•   アジャイルサムライ読み終わった!•   他の人ともっと話をしてみたい!•   東京近辺での読書会がみあたらない…(́・ω・`)•   じゃあ仲間を探して自分でやってみよう!    •   参加したい勉強会がないの...
企画から開催までの流れ•   1. 企画    •   1-1 仲間探し    •   1-2 会場探し    •   1-3 勉強会の進め方を考える•   2. 開催前の準備    •   2-1 イベント告知    •   2-2 懇親会の...
企画から開催までの流れ 1.企画•   1-1 仲間探し    •   Twitterや別の勉強会で興味のありそうな人に声をかけてみた    •   別の勉強会で読書会への勧誘プレゼンをやってみた        •   そうすると2人の仲間がみ...
企画から開催までの流れ 1.企画•   1-3 勉強会の進め方を考える    •   通勤電車でノートにアイディアを書き殴る    •   実際に声を出して読んで、一人読書会をやってみた        •   ひとりだと考えて出てくる事に限りが...
企画から開催までの流れ 2.準備•   2-1 イベント告知    •   イベント告知のサイトはconnpassを使いました。        •   アンケート機能や資料をアップできる機能もあって便利    •   atndは人の目につきやす...
企画から開催までの流れ 2.準備•   2-2 懇親会の準備    •   10数名程度なら、居酒屋のほうが難易度低い。人数少ないなら        当日有志で募るのほうがベター    •   ビアバッシュをすると忙しい。受け取りや片付け等で、...
企画から開催までの流れ 2.準備•   2-3 タイムスケジュールを考える    •   何を、どの時間かけてやるのか、事前にタイムスケジュールを練っ        ておく        •   司会進行する上でも、安心。初めてやるなら、特に作...
企画から開催までの流れ 3.開催• 3-1 読書会でやったこと • アイスブレイク • ワールドカフェ • 座談会 • ワークショップ • 講演 • ふりかえり
企画から開催までの流れ 3.開催• アイスブレイク • 当初は、知らない人同士が多いということもあ  り、やってみました。 • まず何かしら会話するということで、議論しや  すい雰囲気に • 開催3,4回目あたりから、コミュニティが形成  され...
企画から開催までの流れ 3.開催• ワールドカフェ • XP祭りというイベントでやっていたので、取  り入れてみた • 全員でテーマを決め、何度かチームを入れ替え  て、議論するスタイル • 場の切り盛りがとても難しい • 議論のテーマを参加者...
企画から開催までの流れ 3.開催• 座談会 • 自由度が高いし、気軽にやれるのでよい。 • 準備が楽でした • その分、場をもりたて、話を促すモデレーター的  存在がいるといい
企画から開催までの流れ 3.開催• ワークショップ • 書籍に書いてある内容を実践してみないと、よく  わからないね、ということで手を動かしてみて  やってみた • プロジェクトを実際にやっているわけではないの  で、疑似プロジェクトをネタとし...
企画から開催までの流れ 3.開催• 講演 • いうまでもない、今日の午後のようなスタイル • 最低でも2-3ヶ月前から、打診したい。   • 著名な方でも意外とあっさり引き受けてくださ   るので、ダメもとでも打診してみる!
企画から開催までの流れ 3.開催• ふりかえり( Keep / Problem / Try ) • 元々は、プロジェクトを振り返る際に、チーム  フィードバックに利用されている手法 • これを読書会でも実施してみて、懇親会で内容を  みんなで確...
勉強会の運営の実際• 難しかったこと • 場をしきるということ   • 最初はどう時間内で切り盛りしていくかで、   頭が真っ白になったりもした  • 少々進行がぎこちないからといって、みん    なが責めるわけではないので、気楽にいけ    ...
勉強会の運営の実際•   変化した事    •   コミュニティとしての変化        •   失敗したっていいから、とにかく手を動かせ口を動かせの            精神        •   わからないのに、質問したりとかすることな...
勉強会の運営の実際• 変化した事 • 自分自身    • 知らない人との出会いと仲間が増えた!    • 勉強会での発表の機会を得た!    • 勉強会企画未経験者でも勉強会は開催できた!     • 投げ出さずに継続した事は、自分の自信に。
勉強会を運営する上での課題•   課題    •   ドタキャンの問題        •   来るかどうかわからないので、いつでもドアマンだせ            るようにチェックする事に。意外とコストになる。    •   コミュニティ活動...
まとめ•   継続的にやるには    •   仲間をみつけよう    •   最初はミニマムスタートでよいんじゃないか    •   メンター的存在がいると、コミュニティの核にもなる。•   100%成功を求めない    •   勉強会に求める...
参考書籍/サイト•   『 IT業界を楽しく生き抜くための「つまみぐい勉強法」』•   『アート・オブ・コミュニティ ―「貢献したい気持ち」を繋げ    て成果を導くには』•   『アイスブレイク入門』•   オブラブ - プロジェクトファシリ...
ご清聴ありがとうございました :-)
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

8ヶ月間、勉強会を開催してみて ~IT系コミュニティ1年生からの勉強会運営〜

1,521 views

Published on

Python Developers Festa 2012.07 発表資料です

8ヶ月間、勉強会を開催してみて
~IT系コミュニティ1年生からの勉強会運営〜

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,521
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
23
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

8ヶ月間、勉強会を開催してみて ~IT系コミュニティ1年生からの勉強会運営〜

  1. 1. 2012.07.28 - Python Developers Festa 2012.078ヶ月間、勉強会を開催してみて IT系コミュニティ1年生からの勉強会運営∼ @tmmkr
  2. 2. 自己紹介 • Tomomi Kurigeno • twitter / @tmmkr • 普段は、とあるWebサービス の開発をしています • アジャイルサムライ読書会   新宿道場を主催してます
  3. 3. アジェンダ• どういう勉強会を開催したのか• そもそも開催することにしたきっかけ• 企画から開催までの流れ • 企画 • 開催前の準備 • 開催日に実施したこと • 開催後• 勉強会を開催してみて変化した事、成長したこと• まとめ
  4. 4. どういう勉強会を開催したのか• 『アジャイルサムライ』という書籍に関する、読書会スタ イルの勉強会• 2011.10から企画。• 2011.12  から、月に1回開催• 平均12人。8回で延べ100人くらい• 読書会で企画してやったみたこと • ワールドカフェ形式のディスカッション • 座談会形式でのディスカッション • ワークショップ • 講演、LT
  5. 5. 勉強会をはじめたきっかけ• アジャイルサムライ読み終わった!• 他の人ともっと話をしてみたい!• 東京近辺での読書会がみあたらない…(́・ω・`)• じゃあ仲間を探して自分でやってみよう! • 参加したい勉強会がないのなら主催してみようという、 すごくシンプルな発想 • ちなみに、イベント主催はおろかスタッフもほぼやった ことなし
  6. 6. 企画から開催までの流れ• 1. 企画 • 1-1 仲間探し • 1-2 会場探し • 1-3 勉強会の進め方を考える• 2. 開催前の準備 • 2-1 イベント告知 • 2-2 懇親会の準備 • 2-3 タイムスケジュールをたてる• 3. 開催日にしたこと • 3-1 読書会でやったこと
  7. 7. 企画から開催までの流れ 1.企画• 1-1 仲間探し • Twitterや別の勉強会で興味のありそうな人に声をかけてみた • 別の勉強会で読書会への勧誘プレゼンをやってみた • そうすると2人の仲間がみつかった!• 1-2 会場探し • まず物理的に場所がないと開催できないから、場所の確保から • 一緒に運営している仲間の会社の会議室をおかりできることに
  8. 8. 企画から開催までの流れ 1.企画• 1-3 勉強会の進め方を考える • 通勤電車でノートにアイディアを書き殴る • 実際に声を出して読んで、一人読書会をやってみた • ひとりだと考えて出てくる事に限りが。。 • エレベーターピッチを書いてみる • あれこれ考えるのもいいけど、誰か相談してみる
  9. 9. 企画から開催までの流れ 2.準備• 2-1 イベント告知 • イベント告知のサイトはconnpassを使いました。 • アンケート機能や資料をアップできる機能もあって便利 • atndは人の目につきやすく簡単に参加登録ができる分、敢 えて避けた • 直前の案内(メッセージ送付)は必ずやるべし。怠ったときの ドタキャン率が増える
  10. 10. 企画から開催までの流れ 2.準備• 2-2 懇親会の準備 • 10数名程度なら、居酒屋のほうが難易度低い。人数少ないなら 当日有志で募るのほうがベター • ビアバッシュをすると忙しい。受け取りや片付け等で、運営コ ストが一気上がる • ビアバッシュのほうが、時間や費用の計画ができる • 1人あたり1500円の予算があればビアバッシュ可能。2000 円にすると料理のグレードがUPできる • LTをやったりやホワイトボートを使えたりするメリットも • お酒はカクヤス、出前は、楽天デリバリーというサイトがおす すめです • ピザだけじゃなくって、イタリアンや中華やお寿司
  11. 11. 企画から開催までの流れ 2.準備• 2-3 タイムスケジュールを考える • 何を、どの時間かけてやるのか、事前にタイムスケジュールを練っ ておく • 司会進行する上でも、安心。初めてやるなら、特に作っておく。 • 参加者にとっても、明示してあると嬉しいかもしれない
  12. 12. 企画から開催までの流れ 3.開催• 3-1 読書会でやったこと • アイスブレイク • ワールドカフェ • 座談会 • ワークショップ • 講演 • ふりかえり
  13. 13. 企画から開催までの流れ 3.開催• アイスブレイク • 当初は、知らない人同士が多いということもあ り、やってみました。 • まず何かしら会話するということで、議論しや すい雰囲気に • 開催3,4回目あたりから、コミュニティが形成 されてきたので、敢えてやる必要はなくなった
  14. 14. 企画から開催までの流れ 3.開催• ワールドカフェ • XP祭りというイベントでやっていたので、取 り入れてみた • 全員でテーマを決め、何度かチームを入れ替え て、議論するスタイル • 場の切り盛りがとても難しい • 議論のテーマを参加者で絞って話せるというの は、メリットかも
  15. 15. 企画から開催までの流れ 3.開催• 座談会 • 自由度が高いし、気軽にやれるのでよい。 • 準備が楽でした • その分、場をもりたて、話を促すモデレーター的 存在がいるといい
  16. 16. 企画から開催までの流れ 3.開催• ワークショップ • 書籍に書いてある内容を実践してみないと、よく わからないね、ということで手を動かしてみて やってみた • プロジェクトを実際にやっているわけではないの で、疑似プロジェクトをネタとして用意 • プランニングポーカーをやったり • 職場で簡単に試せないことをやれる!
  17. 17. 企画から開催までの流れ 3.開催• 講演 • いうまでもない、今日の午後のようなスタイル • 最低でも2-3ヶ月前から、打診したい。 • 著名な方でも意外とあっさり引き受けてくださ るので、ダメもとでも打診してみる!
  18. 18. 企画から開催までの流れ 3.開催• ふりかえり( Keep / Problem / Try ) • 元々は、プロジェクトを振り返る際に、チーム フィードバックに利用されている手法 • これを読書会でも実施してみて、懇親会で内容を みんなで確認したりした • そのことで、運営と参加者でフィードバックし 合えたので、運営の改善にも、各個人への成長 へも繋げられた。
  19. 19. 勉強会の運営の実際• 難しかったこと • 場をしきるということ • 最初はどう時間内で切り盛りしていくかで、 頭が真っ白になったりもした • 少々進行がぎこちないからといって、みん なが責めるわけではないので、気楽にいけ ばよし • 参加者の方からの要望を色々聞いてるうちに、 ちょっと混乱したり
  20. 20. 勉強会の運営の実際• 変化した事 • コミュニティとしての変化 • 失敗したっていいから、とにかく手を動かせ口を動かせの 精神 • わからないのに、質問したりとかすることなくただなんと なく過ごすとかはもったいない。勉強会で失敗とか恥をか かないで、普段仕事で上手くいくと思う? • だから、どんどんやろう! • 参加者から持ちネタを持ってきての発表やミニワーク ショップがされるように
  21. 21. 勉強会の運営の実際• 変化した事 • 自分自身 • 知らない人との出会いと仲間が増えた! • 勉強会での発表の機会を得た! • 勉強会企画未経験者でも勉強会は開催できた! • 投げ出さずに継続した事は、自分の自信に。
  22. 22. 勉強会を運営する上での課題• 課題 • ドタキャンの問題 • 来るかどうかわからないので、いつでもドアマンだせ るようにチェックする事に。意外とコストになる。 • コミュニティ活動の発信 • 何をやってるか広く伝えきれていなかった。結果、他 のコミュニティとの交流もあまりなかった。 • 他コミュニティの交流 • 半年以上たつと、参加者も固定化してくる。他の読書 会との交流をして、新たな風を吹かせてもよかったの では
  23. 23. まとめ• 継続的にやるには • 仲間をみつけよう • 最初はミニマムスタートでよいんじゃないか • メンター的存在がいると、コミュニティの核にもなる。• 100%成功を求めない • 勉強会に求めるものは各人それぞれ。全員を満足させるとか 考えて、肩をはらない• 失敗しても泣かない • どんどん発言したり、手を動かしたりなど試してみる。• みんなを巻き込む • たいていの人はとても協力的。ちょっとした準備も積極的に お願いしてみる。
  24. 24. 参考書籍/サイト• 『 IT業界を楽しく生き抜くための「つまみぐい勉強法」』• 『アート・オブ・コミュニティ ―「貢献したい気持ち」を繋げ て成果を導くには』• 『アイスブレイク入門』• オブラブ - プロジェクトファシリテーション • http://objectclub.jp/community/pf/
  25. 25. ご清聴ありがとうございました :-)

×