研修担当者に聞く、学生のうちに学ぶべきこと

2,373 views

Published on

  • Be the first to comment

研修担当者に聞く、学生のうちに学ぶべきこと

  1. 1. 研修担当者に聞く、 学生のうちに 学ぶべきこと 2009-07-10 http://www.kwappa.net/ tobe-tobe
vol.7
chapter
1
  2. 2. 自己紹介 • Kwappa(かっぱ)
 – プログラマ •http://www.kwappa.net/ – 東京Basic
Technology勉強会
主宰 •http://bit.ly/tobe-tobe – 山口先生のお友達です http://www.kwappa.net/ 2
  3. 3. 特別講義の歴史 • 2008年10月 http://www.kwappa.net/ 3
  4. 4. 特別講義の歴史 • 2009年1月 http://www.kwappa.net/ 4
  5. 5. 特別講義の歴史 • 2009年6月 http://www.kwappa.net/ 5
  6. 6. Q:で、なにしに来たの? A:おせっかい。 http://www.kwappa.net/ 6
  7. 7. いきさつ・1 •「とべとべ」の場所がない •場所を募集した •「本学を使いませんか?」 – 山口先生 http://www.kwappa.net/ 7
  8. 8. いきさつ・2 • blogを読んでいた • 極道的研修のあらまし 「引数と戻り値が分かりません」 – http://d.hatena.ne.jp/yuripop/20090701/p1 • 衝撃的なやりとり http://www.kwappa.net/ 8
  9. 9. 生徒Sくん 「ゆりせんぱーい、  『HTTPセッション』というのが分かりません」 ゆり 「あらあら、それはWebコンテナやJavaEEの  パッケージ群が管理してくれている  オブジェクトのことですよ」 Sくん 「一切分かりません」 ゆり 「予想済みです。 






(中略
/
HTTP
Responseについての説明) これがHTTPレスポンス」 http://www.kwappa.net/ 9
  10. 10. Sくん 「興味が持てません」 http://www.kwappa.net/ 10
  11. 11. http://www.kwappa.net/ 11
  12. 12. というわけで • お題が決まりました 研修担当者に聞く、 学生のうちに 学ぶべきこと http://www.kwappa.net/ 12
  13. 13. ちょっと質問 •進学する人? •就職する人? •IT系企業? http://www.kwappa.net/ 13
  14. 14. Sくん「興味が持てません」 •SIerの新人なのに… •Sくんもゆり先輩も不幸 •不幸を減らしたい http://www.kwappa.net/ 14
  15. 15. アンケートをとってみました •勉強会で出会った方 •twitterで交流のある方 •「後進の育成」という ミッションに関わっている方 http://www.kwappa.net/ 15
  16. 16. まじめに考えた • いただいた回答をもとに考えてみた • アンケートの設問はこちら • http://tobe-tobe.kwappa.net/misc/vol7-enquete/ • 後日整理して公開予定 http://www.kwappa.net/ 16
  17. 17. いまさらアジェンダ • 自己紹介 • 特別講義のいきさつ • 企業の新人研修とは • 技術的なお話 • 精神的なお話 • 学生さんの質問に答える • まとめ • 質疑応答 http://www.kwappa.net/ 17
  18. 18. 企業の 新人研修 とは http://www.kwappa.net/ 18
  19. 19. 例・その1 • 期間 – 3か月 • 内容 – 座学の基礎研修 – ワークショップ • ひとりでサイトを作る • チームでサイトを作る http://www.kwappa.net/ 19
  20. 20. 例・その2 • 期間 – 1か月 • 内容 – 座学の基礎研修 • C
/
Java – 配属先別カリキュラム – OJT • 特記事項 – 基礎
/
配属先別とも カリキュラムがしっかりできている http://www.kwappa.net/ 20
  21. 21. 例・その3 • 期間 – 半年弱 • 内容 – 座学の基礎研修 • Java
/
MySQL • ネットワーク基礎 – OJT • 配属予定チームにて • 特記事項 – 社内大学(インド)にて履修 • 外資系だから http://www.kwappa.net/ 21
  22. 22. 傾向 • 期間 – 1〜6か月 • ビジネスマナーなど基本的な研修も含む • 内容 – 座学による基礎研修 – 個人
/
チームでの実習 – OJT http://www.kwappa.net/ 22
  23. 23. あわせて読みたい • 歩きつづける ゆり 咲きつづける • http://d.hatena.ne.jp/yuripop/ – 宙船は沈まない » http://d.hatena.ne.jp/yuripop/20090602/p1 – 極道的研修のあらまし 「引数と戻り値が分かりません」 » http://d.hatena.ne.jp/yuripop/20090701/p1 – 戯曲風味・開発研修(1) » http://d.hatena.ne.jp/yuripop/20090706/p1 http://www.kwappa.net/ 23
  24. 24. 技術的な お話 http://www.kwappa.net/ 24
  25. 25. 基礎研修にて 経験者は半分くらいだった。 未経験者との差は最初のうちは顕著だが、徐々 に狭まっていく。 ただし、全員同じことをやっているので、追いつ く、ないし追い越す、ということはなかった。 プログラムの基本である論理的な思考ができな い人がいたため、特別研修を行った。 http://www.kwappa.net/ 25
  26. 26. よくある問答 学生のうちに基礎的なこと (例中の制御構造とか配列とか)や、 いい意味で色々と「失敗」も経験して欲しい。 よくある問答 Q.
プログラムが思った通りに動きません A.
プログラムは書いた通りにしか動きません http://www.kwappa.net/ 26
  27. 27. 「実習
プログラミングI
平成20年度版」 • 大変よい教材 • この授業の期間は? – ざっくり20営業日ちょっと • 約1か月 • つまり 時間は十分ではない http://www.kwappa.net/ 27
  28. 28. 個人的なおすすめ • なにかひとつ言語の基礎をつかもう • 手続き型言語がいい • OOP?その前にやることはたくさん • 実際の現場で要求されるスキルを 網羅することは難しい • 手続き型言語の基礎ができてれば あとはなんとでもなる http://www.kwappa.net/ 28
  29. 29. 技術的なお話・まとめ •研修「だけ」に頼らず 自分自身で理解しよう •基礎として何かひとつ 言語を習得しておこう •言語に依存しない 基本的な考え方に慣れよう http://www.kwappa.net/ 29
  30. 30. オチ 文法を身につけてくれないと そもそもプログラミングの 練習すらできない。 http://www.kwappa.net/ 30
  31. 31. 精神的な お話 http://www.kwappa.net/ 31
  32. 32. 質問力をつけよう・1 • 忙しい雰囲気のときに聞きづらかったりするのは 分かりますが、積極的にどんどん聞いてくれれ ば答えるのになーと思ったりします。 • 会社でのシゴトは結果が一番。 わからないことをどんどん聞くことが必要。 質問力をつけて欲しい。 一人で黙々とできることは限界もあるし、品質も 悪いし、しかも評価されない。 http://www.kwappa.net/ 32
  33. 33. 質問力をつけよう・2 • 積極的に質問するのはいいことだと思うが、前提とし て「自分でここまで調べましたが・・・」というのが見え るのと見えないのとでは、受け手の印象がまるで違 う。また、質問者自身の理解度や知識の幅/厚さに 差が出てくると思う。 • 1から10まで人に聞くのではなく、自分なりに調べて わからないことを聞くようにしたほうがよいです。そう することで、自分の問題解決能力もつくし、問題解決 の近道となります。 http://www.kwappa.net/ 33
  34. 34. つまり • 先輩もみんな迷っている • 自分で調べたのか? – 答えることが相手のためになるだろうか • 何でもっと早く聞きにこない? – 迷った時間が相手のためになるだろうか http://www.kwappa.net/ 34
  35. 35. 質問力・まとめ • わからないことがあったら勇気を持って聞く • まずは自分で調べよう – 自分なりの基準を作る • 例:15分調べてダメだったら聞く • フィードバックしよう – 経緯を提示できるようにしておく – 確実に理解してから先に進む – 質問のタイミングは適切だったか? • 直接聞いてもいい http://www.kwappa.net/ 35
  36. 36. 勉強力をつけよう • キャンパスライフの敵 –出欠 –課題 –試験 • 社会に出ると全部なくなる! http://www.kwappa.net/ 36
  37. 37. 理解の上にしか理解は築けない 理解が曖昧なうちに先に進むことは、絶対NGです。 技術の世界は他人に説明できるように理解してお かないと、どこかで破綻をきたします。学んだことの 上に新しいことを学ぶからです。基礎的な知識を ちゃんと体系立てて構築しておかないと、後々苦労 します。 わからないのは当たり前だし恥ずかしいことではな いですが、わからないままにしておくのは絶対ダメ です。 http://www.kwappa.net/ 37
  38. 38. 成功にも失敗にも理由がある 失敗したままにせず、その理由を 理解した上で成功させて欲しい。 最初から成功した場合も「なんで 成功したか分からない」てことが 無いように。 http://www.kwappa.net/ 38
  39. 39. 情報のチャンネルはひとつじゃない プログラムの技術的な知識自体は入社後 でも身につけられると思いますが、分から ないことがあったときに、邪険にされてもど うにかこうにか聞きだしたり、あるい は、Googleで手を変え品を変え検索語を変 えたりして調べたりして、ある程度のところ まで調べ切ることが大事かと思います。 http://www.kwappa.net/ 39
  40. 40. 勉強力・まとめ • 出欠
/
課題
/
試験のかわりになるもの • 会社が興味あるのは 「成果」のみ • 「成果」を手にするためには 「実力」が必要 • 「実力」を高めるためには 「勉強」が必要 http://www.kwappa.net/ 40
  41. 41. ここからは 「先輩の名言集」 をお送りします http://www.kwappa.net/ 41
  42. 42. 名言・1 • 職業としてエンジニアをする場合は、 ドキュメント5割、 コミュニケーション3割、 プログラミング2割。 現場によって割合は違うかもしれないが、 エンジニアの仕事は「コードを書くだけ」ではない。 http://www.kwappa.net/ 42
  43. 43. 名言・2 •「お金をもらって、  勉強させてもらっている」 という気概が感じられない ことがある。 新人の給料は企業のコスト。 スキルアップは会社のため、自分のため。 http://www.kwappa.net/ 43
  44. 44. 学生さんの 質問に 答える http://www.kwappa.net/ 44
  45. 45. Q. •受講者のこれは気にな る
/
直したほうがいい 「癖」はありますか? http://www.kwappa.net/ 45
  46. 46. 質問力
/
勉強力 • わからないことを分かったふり、あとで調べよう は×。 • わからないのにわかった態度をとること。逆もし かりで、わかってるのにわかってないような態度 をとること。 • 具体的に質問していただいたほうが答えやすい です。相手が答えを出しやすいように質問する のも技術の一つ。 http://www.kwappa.net/ 46
  47. 47. メモについて • メモを取る習慣を身につけること。 メモを取るときも自分の考えをメモすること。 • メモを取る事に集中しすぎて、 講義内容の意図や本質を見逃してしまうこと (メモを否定する訳ではないが、 
それが目的でもない) http://www.kwappa.net/ 47
  48. 48. 心地よいコミュニケーションのために • 文頭の「あ」。 • 聞かれたら返事をしましょう http://www.kwappa.net/ 48
  49. 49. Q. •IT業界は「学科不問」での募集 が多いように思います。 これは本当ですか?また、 どうして不問なのでしょう? http://www.kwappa.net/ 49
  50. 50. 「学科不問は企業によります。」 特にSEとして上流工程に携わる会社の場合、専門的 な技術よりも業務知識やコミュニケーションスキルが 問われることが多く、幅広い分野での人材を要求し ています。 逆に派遣主体の会社などは人手の数=資産なの で、ただ人間を集めたいという理由で学科不問という 会社も存在します。 また、社内で研究を行う場合には学科を問うところが 多く、在学中に何を学んだのかが重要になります。 http://www.kwappa.net/ 50
  51. 51. Q. • 会社説明会に行くとよく、 「文系の方や理系でも情報系の ことについて学んでいない方で も研修をしっかりやるので大丈 夫です。」 と聞きますが、本音のところどうなのでしょ う? http://www.kwappa.net/ 51
  52. 52. キビシい回答続出。 少なくとも弊社では研修はしっかりやります。 やりすぎなくらいやっていると思います。 ただし、学んだことを理解できるか、 学んだことを身につけられるかは、 皆さん次第です。 •「大丈夫」かどうかは自分次第。 •研修をしっかりやるところ •その研修で「十分」と思ったらアウト。 •研修をしっかりやらないところ •自分でなんとかしないとアウト。 http://www.kwappa.net/ 52
  53. 53. Q. •企業が「新入社員」に求 めているものはなんで すか? http://www.kwappa.net/ 53
  54. 54. 石の上にも三年 (前略) 人並みに人であることです。 (中略) せめて3年以上は居てくれる人でしょう。 http://www.kwappa.net/ 54
  55. 55. 自信と不信 自分への自信と、自分への不信。 自信を持って入って来てほしいと思ってます。 技術力でも人間力でも記憶力でも想像力でも。 同時に、 「オレって、本当にこれでいいんだっけ?」 と常に振り返る力を持っててほしいと思います。 若いのに頑固はダメよん。 http://www.kwappa.net/ 55
  56. 56. よい行動のイテレーション 「素直に話を聞いて、理解して、考えて動く」 ということを繰返し行なっているか、今後もそうし た行動の仕方ができるかどうか。 http://www.kwappa.net/ 56
  57. 57. Q. •企業が「就職活動中の 学生」に求めているもの はなんですか? http://www.kwappa.net/ 57
  58. 58. 自信を持とう。インターンシップ。 • 自分も会社を選んでいる、という感覚。 卑屈にならず、聞きたいことは聞いてほしい。 • 夏季インターンをやっている会社があれば積極 的に参加してみるといいかも。僕らのころにはほ とんどなかった制度なのでうらやましい。使って みたほうがいいと思う。 • 「企業に求められるもの」を意識しなくてすむ経 験や知識と適度な自信 http://www.kwappa.net/ 58
  59. 59. まとめ http://www.kwappa.net/ 59
  60. 60. 最後にもひとつ名言 「エンジニアは技術を 好きになってください。 好きになれば、 疲れませんから」 http://www.kwappa.net/ 60
  61. 61. 好きになるには? • イヤな思いを極力減らす • 極力減らすには? • 今日のお話を思い出してください – プログラミングの基礎を学んでおく – 質問力をつけておく – 勉強力をつけておく http://www.kwappa.net/ 61
  62. 62. 質疑応答 http://www.kwappa.net/ 62
  63. 63. ご清聴ありがとうございました。 http://www.kwappa.net/ 63

×