Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Pythonコミュニティが私に与えてくれたもの

1,847 views

Published on

PyConJP2012 「Pythonコミュニティが私に与えてくれたもの」での発表資料です。

  • Be the first to comment

Pythonコミュニティが私に与えてくれたもの

  1. 1. Pythonコミュニティが私に与えてくれたもの What the Python Community Has Given To Me Tomomi KURIGENO
  2. 2. おまえだれよ? ‣ Tomomi Kurigeno ‣ twitterid : tmmkr ‣ Webサービスの開発に従事 ‣ 仕事ではJava使い ‣ JS/CSS/html少々 ‣ Python始めて1年
  3. 3. 1.Python&PyConJPとの出会い
  4. 4. 1.Python&PyConJPとの出会いPyConJP参加以前 会社と家を往復するしがないエンジニア 周りに目標にするエンジニアや先輩的存在もおらず、 孤軍奮闘的状態 人見知り ちょっと退屈でルーチンな生活
  5. 5. 1.Python&PyConJPとの出会いきっかけPython製のツール「blockdiag」を紹介される作者の方の発表を聞いてみようかなとPyConJPに参加
  6. 6. 2.PyConJP2011を振り返って
  7. 7. 2.PyConJP2011を振り返ってPyConJP2011での個人的なエピソード PyCon本編¦Party共に当時はとても壁が高かった Partyに参加登録するか否かで、夜も眠れなくなる
  8. 8. 2.PyConJP2011を振り返ってPyConJP2011での個人的なエピソード PyCon本編¦Party共に当時はとても壁が高かった Partyに参加登録するか否かで、夜も眠れなくなる➡ 実際参加してみると、様々な方と歓談できて 面白く刺激的な場
  9. 9. 2.PyConJP2011を振り返ってPyConJP2011を通じて得たこと プログラミングは楽しい! 大きな刺激 発信する事の重要性 技術者のコミュニティに飛び込んでみようという   意欲と勇気
  10. 10. 3.PyConJPに参加後どのような行動をしたのか
  11. 11. 3.PyConJPに参加後 どのような行動をしたのか1.スキルアップの時間を増やしてみた 喫茶店で、もくもくコード書く 気になるツールを試して遊んでみる 空いた時間を見つけては、書籍読む
  12. 12. 3.PyConJPに参加後 どのような行動をしたのか2.参加者として勉強会に参加してみた Python Developpers Festa / Pyfes LT エキスパートPythonプログラミング読書会第2期 第1回 Sphinxハンズオン Python忘年会 84py 新年会
  13. 13. 3.PyConJPに参加後 どのような行動をしたのか3.懇親会に参加してみた 勉強会本編では話すタイミングがなかった人とも   話せる 個人用名刺などを持参していると、交流が図り    易かった
  14. 14. ちょっと一歩踏み出して・・・
  15. 15. 3.PyConJPに参加後 どのような行動をしたのか4.勉強会の運営のお手伝いして参加してみた 少しでも何かお手伝いして協力したい 簡単にできることから 机とか椅子の会場整備 ゴミがないか確認し、周りのゴミを捨てたり 受付のお手伝い
  16. 16. 3.PyConJPに参加後 どのような行動をしたのか5.勉強会の主催者として参加してみた 参加したい読書会がなかったから、         自分で企画し、主催してみた 書籍『アジャイルサムライ』の地域系読書会    (新宿道場) 2011/12から毎月・全10回開催
  17. 17. 3.PyConJPに参加後 どのような行動をしたのか6.勉強会等の発表者として参加してみた Python/Agile開発手法系で計3回 take time occasion by the forelock      (-チャンスは前髪でつかめ-) 登壇するとこれまで以上に、色々な方との面識が   増えた 自分への小さな自信が積み重なる
  18. 18. 3.PyConJPに参加後 どのような行動をしたのかまとめると個人でのスキルアップに費やす時間UP勉強会の参加者として参加勉強会の運営のお手伝い/主催者として参加発表者として参加
  19. 19. 3.PyConJPに参加後 どのような行動をしたのかまとめると個人でのスキルアップに費やす時間UP勉強会の参加者として参加勉強会の運営のお手伝い/主催者として参加発表者として参加➡ 出来る事から少しずつステップアップ
  20. 20. 3.PyConJPに参加後 どのような行動をしたのかまとめると個人でのスキルアップに費やす時間UP勉強会の参加者として参加勉強会の運営のお手伝い/主催者として参加発表者として参加➡ 出来る事から少しずつステップアップ➡ すごい人だけでなく、普通の人にでもできた
  21. 21. 3.PyConJPに参加後 どのような行動をしたのかこれらの行動を通じて得たこと参加者・個人として 勉強会やコミュニティへの参加はモチベーションの 維持となった 数多く見聞し、知見や視点が広がった いろんな人と関われて密度の高い時間を得た
  22. 22. 3.PyConJPに参加後 どのような行動をしたのかこれらの行動を通じて得たことスタッフ/主催者として ちょっとしたお手伝いをしてもらえると、     とても助けになった 色んな人の力があって勉強会(コミュニティ)が   形成されている事を身をもって体感した 沢山の人と出会え、仲間が出来た
  23. 23. 3.PyConJPに参加後 どのような行動をしたのか今感じていること自身が指導的立場になくとも、仲間がいると    勉強会の開催と継続ができた
  24. 24. 3.PyConJPに参加後 どのような行動をしたのか今感じていること自身が指導的立場になくとも、仲間がいると    勉強会の開催と継続ができた➡ 想像よりも簡単にできる
  25. 25. 3.PyConJPに参加後 どのような行動をしたのか今感じていること自身が指導的立場になくとも、仲間がいると    勉強会の開催と継続ができた➡ 想像よりも簡単にできる肩に力入れ過ぎると燃え尽き症候群気味に
  26. 26. 3.PyConJPに参加後 どのような行動をしたのか今感じていること自身が指導的立場になくとも、仲間がいると    勉強会の開催と継続ができた➡ 想像よりも簡単にできる肩に力入れ過ぎると燃え尽き症候群気味に➡ やってて楽しい・好きという気持ち大事
  27. 27. 3.PyConJPに参加後 どのような行動をしたのか今感じていること自身が指導的立場になくとも、仲間がいると    勉強会の開催と継続ができた➡ 想像よりも簡単にできる肩に力入れ過ぎると燃え尽き症候群気味に➡ やってて楽しい・好きという気持ち大事自分の出来る範囲でコミュニティに参加¦主催する事が、継続的に活動できるコツ
  28. 28. 4.今後の展望
  29. 29. 4.今後の展望勉強会と個人の勉強の比重を変化個人で地道に力を積み重ねる時間を増やす         Pythonでblogを実装するゆっくりコミュニティ活動を継続
  30. 30. 5.まとめ
  31. 31. 5.まとめPyConJPを参加した事をきっかけに、      世界が広がったよ物怖じせずにコミュニティに飛び込もう知人や仲間が増える!失敗しても大丈夫だった                 ほんの小さなことでもコミュニティに貢献して    みてみよう
  32. 32. 6.参考文献・資料
  33. 33. 6.参考文献・資料Jono Bacon (著), 渋川 よしき (翻訳) 2011                   『アート・オブ・コミュニティ ―「貢献したい気持ち」を繋げて成果を導くには』オライリージャパン 奥 乃美 (著), 渋川 よしき (著) 2010                       『IT業界を楽しく生き抜くための「つまみぐい勉強法」 (技評SE選書)』    技術評論社やまもと さをん ¦ マインドマップ1年生 plus ライフハック!            「勉強会を成長させる参加者になろう!」プレゼンしてきました           http://milk200ml.blog73.fc2.com/blog-entry-683.htmlTomomi KURIGENO 2012                       8ヶ月勉強会を開催してみて IT系コミュニティ1年生からの勉強会運営http://www.slideshare.net/TomomiK/pyfes201207-13784738
  34. 34. ご清聴ありがとうございました!

×