Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

NTTみたいな企業でアジャイル開発してて思ったこと(公開用)#xpjug

8,534 views

Published on

XP祭り2018 SESSION-A-3-2
NTTの川淵がトークしたプレゼン資料です。
「未来を変える権利は、皆平等にあるんだぜ」

http://xpjug.com/xp2018-session-a-3-2/

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

NTTみたいな企業でアジャイル開発してて思ったこと(公開用)#xpjug

  1. 1. NTTみたいな企業で アジャイルで 開発してて思ったこと
  2. 2. 2 川淵 聡 satoru.kawabuchi@ntt.com buchi@goo.jp NTTグループで勤務しています ●インターネットのエヴァンジェリスト ーインターネット解説本とか ●ポータルサイトgoo(www.goo.ne.jp)のサービス担当 ー検索、ID課金、メール、コミュニティとか ー日本初のウェブメールサービスとか ービジネス向け新聞企業情報有料サービスとか ●インキュベーション ーヘルスケア関係サービス ●デジタルマーケティングサービス ーウェブアクセス解析・レコメンドサービス ーマーケティングクラウド 自己紹介
  3. 3. 3 我々の取り組みを紹介したい!知ってもらいたい! 私たちの取り組みをいろ んな人たちに知ってもら いたい!!
  4. 4. 4 本日ご紹介するマイポケットとは! NTTグループが提供するあんしんあんぜんバックアップサービス
  5. 5. 5 本日ご紹介するマイポケットとは! カウントフリー適用日本第一号!
  6. 6. 6 ここから本題 NTTみたいな企業で アジャイルで 開発してて思ったこと
  7. 7. 7 思いいたった環境の変化!! 多様な購買活動シンプルな購買活動 売る力を大活用 買ってもらえる 使ってもらえる 使い続けてもらえる
  8. 8. 8 顧客の声に対応して、素早くPDCAを回して、よいフィードバックを素早 く回していかないと市場に追いついていかない! 「仮説を立てて、やってみて、 結果を見て、また仮説をたててやっていく」 「仮説を立てたら、シミュレートして、稟議し、合意を取ったうえで、開発を実施 し、完成したら稟議し、合意を取った上で提供を実施し、(実はここで終わってし まうことが多い)目標とする売上があがっているかあがっていないかで、また新し い仮説をたてて、新しく提供したい仮説を立てて、シミュレートして、稟議し、合 意を取った上で、また追加開発を実施し、完成したら稟議し、合意を取った上で追 加開発の提供を実施して・・・・」
  9. 9. 9 ステイクホルダー 販 サポー ト 広報運営 チーム 基盤 開発 管理 部門 運用 上司 会議 技術 管理 ・・・ ・・・
  10. 10. 10 ステイクホルダーとの合意 提供開始提供準備試験 詳細設計 製造 設計要件定義仕様策定企画 順番にプロセスを回して行く CP1 開発開始 CP2 開発の仕方 わかったよ CP3 提供可能に なったよ CP4 提供するよ 4つのチェックポイントを超えてリリース
  11. 11. 11 とにかく早く回して見たい
  12. 12. 12 まずはやってみよう! WE WANT TO BE AGILE 高速でPDCAをまわせる仕組みとしてグループ会社に“委託” NTT本体 NTTグループ会社 顧客にとって いいものを作って! 了解です!
  13. 13. 13 プロセス特区化 半年ぐらいで回す状況から特区化をきっかけに短期スパン化 ここを不要としてもらった CP1 開発開始よ CP2 開発の仕方 わかったよ CP3 提供可能 になったよ CP4 提供するよ! プロセス
  14. 14. 14 うまくいった! 開発件数3倍 新アプリ刷新
  15. 15. 15 本体 グループ 会社 不具合出ちゃったじゃん!どうすんの! 来週にはなおしてリリースします! 来週じゃだめでしょ デスマーチ トラブル発生をきっかけに問題が
  16. 16. 16 みんなアンハッピー
  17. 17. 17 何が足りないのか知ろう!!! スクラムなら俺たちでもやれるんじゃね!? 楽天:川口氏 LSJ:和波氏 NTTグループの卒業 生 有識者 LI●E D●N●Y●H●●! ●c●●kp●d
  18. 18. 18 スクラム 短いスパンでユーザ価値を届け、フィードバックをうけて改善していける 仕組み。覚えることは少ないシンプルなプロセス
  19. 19. 19 ワンチーム プロダクトオーナー スクラムマスター 開発チーム ステーク ホルダー ステーク ホルダー ステーク ホルダー スクラムチーム スクラム開発における各メンバー NTT COM NTT COM/G NTT COM/G
  20. 20. 20 ここからおれたちの旅はじまった
  21. 21. 21 最初っから美しくできるわけがない 分類 課題 1 心理的安全 一人一人のメンバーが物申 せない(感) 2 ユーザー価値 プロダクトバックログを作 れない 3 スプリント 社内ルール通りにいくとス プリントを回せない 4 体制 差込仕事がなくならない
  22. 22. 22 1)心理的安全 メンバーそれぞれが発言することが難しい 物理的に一部屋に囲い込み みんな同じ部屋で 占有ルームによる戦友作り
  23. 23. 23 分類 課題 1 心理的安全 一人一人のメンバーが物申 せない(感) ○占有ルームで戦友に! 2 ユーザー価値 プロダクトバックログを作 れない 3 スプリント 社内ルール通りにいくとス プリントを回せない 4 体制 差込仕事がなくならない
  24. 24. 24 2)ユーザーの価値とは ユーザーの価値とはユーザーにとって価値があるものであること 自動バック アップ機能 アドレス帳 検索機能 レストア 機能 以前のプロダクトバックログ ・PBIが機能ベース ・優先順位をつけられ ない ・見積もれない ・納得してないぽい ・・ ・・
  25. 25. 25 2)ユーザーの価値とは ユーザーの価値とはユーザーにとって価値があるものであること ユーザーストーリー マッピング インセプションデッキ の作成/貼り出し NTTグループが提供する あんしんあんぜんバック アップサービスです。
  26. 26. 26 2)ユーザーの価値とは ユーザーの価値とはユーザーにとって価値があるものであること 気づいたら バックアッ プができて いる アドレス帳 を見つける ことができ る 端末が壊れ たときデー タを戻すこ とができる 現在のプロダクトバックログ ・インセプションデッ キをもとに ・プロダクトオーナー が決める ・みんなが意見を言え る(戦友) ・・ ・・
  27. 27. 27 分類 課題 解決へ向けた取り組み 1 心理的安全 一人一人のメンバーが物申 せない(感) ○占有ルームで戦友に! 2 ユーザー価値 プロダクトバックログを作 れない ○インセプションデッキ で共通意識 ○ユーザーストーリー マッピングで全員が共通 意識 3 スプリント 社内ルール通りにいくとス プリントを回せない 4 体制 差込仕事がなくならない
  28. 28. 28 3)スプリントって? 見積もり 開発期間、試験期間でスプリントとしていたため、外すとでかい リリース 1スプリント 次開発項目決定 工数見積もり 開発/試験 リリース ここがはずれる! CP1 開発開始 CP2 開発の仕方 わかったよ CP3 提供可能に なったよ CP4 提供するよ プロセス 二週間で動くものをつくるなんて無理だよー
  29. 29. 29 3)スプリントって? ちゃんとやる開発開始。まずは二週間でスプリント開始 見積もり リリース 見積もりから想定 見積もりから想定した スプリント回数 ちゃんとやる リファインメント Sprin t Sprin t Sprin t Sprin t Sprin t リリース CP1 開発開始 CP2 開発の仕方 わかったよ CP3 提供可能に なったよ CP4 提供するよ プロセス
  30. 30. 30 分類 課題 解決へ向けた取り組み 1 心理的安全 一人一人のメンバーが物申 せない(感) ○占有ルームで戦友に! 2 ユーザー価値 プロダクトバックログを作 れない ○インセプションデッキ で共通意識 M羅宇ユーザーストー リーマッピングで全員が 共通意識 3 スプリント 社内ルール通りにいくとス プリントを回せない ○社内ルールは守りなが らスプリントを実行 ○社内のステイクホル ダーへの信頼感 4 体制 差込仕事がなくならない
  31. 31. 31 4)差込仕事がなくならない 社内部門 管理部門 内部 スクラムチーム できるかぎりちゃんと対応する マネージャーがスクラムチームの傘 (にならないと)
  32. 32. 32 (解決しない悩み)タイムボックスにも影響が・・・ 大きな課題は タイムボックスではないか と思うところあり チーム 社内部門 管理部門 ・・・ ・・・ 差 込 差 込 差 込 差 込
  33. 33. 33 分類 課題 解決へ向けた取り組み 1 心理的安全 一人一人のメンバーが物申 せない(感) ○占有ルームで戦友に! 2 ユーザー価値 プロダクトバックログを作 れない ○インセプションデッキ で共通意識 ○ユーザーストーリー マッピングで全員が共通 意識 3 スプリント 社内ルール通りにいくとス プリントを回せない ○社内ルールは守りなが らスプリントを実行 ○社内の別チーム(ステ イクホルダー)への信頼 感 4 体制 差込仕事がなくならない △マネージャーが頑張 る!けどできないことが 多い
  34. 34. 34 さらなる進化を求めて 有識者に教えてもらおう! アトラクタ:永瀬氏の支援 スクラムコーチお願い! アトラクタ:Ryuzee氏の支援 社内研修実施
  35. 35. 35 ・二週間スプリント→一週間スプリント ・KPI測定の合理化 ・試験自動化の推進 ・リファインメント
  36. 36. 36 二週間スプリントを一週間スプリントに リファインメント Sprint Sprint Sprint Sprint Sprint Sprint Sprint リリース 見積もり外しが激減!!! 振り返り回数が増えたことで成長できた! CP1 開発開始 CP2 開発の仕方 わかったよ CP3 提供可能に なったよ CP4 提供するよ プロセス 倍増 Sprint Sprint Sprint Sprint Sprint
  37. 37. 37 KPI自動化:リアルタイム化 Excel データベース GoogleDataStudio 手動 自動(ほぼ)
  38. 38. 38 リファインメント 見積もりすることよ り中身の理解が大 事
  39. 39. 39 チームが機能してきている(と思う) ・スプリントの途中でも会話多数 ・スプリントレビューをPOが実施 ・ペアプログラミング、モブプログラミング ・いいことはやろう やってもいいんだみたいな気持ち (許可を求めるな、謝罪せよ精神) 足りなかったのはスピリットだった (のではないか)
  40. 40. 40 PR ベロシティは4倍
  41. 41. 41 スプリント失敗 (ベロシティ0) は失敗じゃない 「何がよくないのかわかった」
  42. 42. 42 得たもの! ライフタイムバリューの向上を実現! サービスには手を入れれば入れるほどお客さんはついてきてくれる! 2017 2018 ユーザー継続率UP!! (ライフタイムバリュー) 8%↑
  43. 43. 43 得たもの!! 毎週のように愚直に 100行とかのコード修正範囲で 結果不具合(ほぼ)なし CP1 開発開始 CP2 開発の仕方 わかったよ CP3 提供可能に なったよ CP4 提供するよ プロセス
  44. 44. 44 やってみても いいよ!
  45. 45. 45 自信
  46. 46. 46 NTTみたいな企業でも できる! 未来を変える権利は誰にでもある! Thank you!

×