Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

プロダクトがリリースされるまでを『見える化』することで組織体質を変えていった話

768 views

Published on

2018/07/07 プロダクトオーナー祭り 2018 Summer ~プロダクトマネジメントが世界をツナぐ~

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

プロダクトがリリースされるまでを『見える化』することで組織体質を変えていった話

  1. 1. プロダクトがリリースされるまでを 『見える化』 することで 組織体質を変えていった話 石垣雅人 - DMM.com 2018/07/07 プロダクトオーナー祭り2018 Summer 〜改善を進めるはじめの1歩目〜
  2. 2. © DMM.com 2 私 石垣雅人(いしがきまさと) ・プラットフォーム開発部 第2グループ(会員基盤) Account(ID) , Auth , Personalinfo バックエンド基盤担当 スクラムチーム プロダクトオーナー (2017〜) ・DMM.com 2015/04~ 新卒入社 Twitter @i35_267
  3. 3. © DMM.com 33 リリースまでを『見える化』することで 本セッションでお話すること 268.5h→54hに短縮した事例を紹介します 組織体質をかえてリリースまでのリードタイムを
  4. 4. © DMM.com 4 Agenda About DMM.com DMM.comについて / 組織体質について 改善事例 最後に 44 VSM / SIPOCの書き方
  5. 5. © DMM.com 手のひらと世界にいろどりを。 人類の想像をはるかにこえるスピードとス ケールで、私たちの生活は変化していま す。 DMM.comは1999年から時代のニーズに 合わせた多彩なコンテンツを、独自プラット フォームで安定的に提供しています。 5 40以上の幅広いサービスを展開 サービスについて About DMM.com
  6. 6. © DMM.com 66 チームが当時抱えていた組織体質 の問題点
  7. 7. © DMM.com 7 { What is … 悪い組織体質} 7 自動化をもっと改善していきたい!
  8. 8. © DMM.com 8 { What is … 悪い組織体質} 8 今のやり方でも困ってないから 一度チームで決めたことだから 学習コストがかかるから
  9. 9. © DMM.com 9 { What is … 悪い組織体質} 9 今のやり方でも困ってないから 一度チームで決めたことだから 学習コストがかかるから 組織体質を変えるには色々方法はあるが....
  10. 10. © DMM.com 10 { What is … 悪い組織体質} 10 今のやり方でも困ってないから 一度チームで決めたことだから 学習コストがかかるから 組織体質の『ムダ』を 定量的に可視化して見せること。 効果的なのが
  11. 11. © DMM.com 1111 = VSM (Value Stream Mapping) = SIPOC分析 ・・・定量的にリードタイムを可視化 ・・・定量的にフロー(ステークホルダー)を可視化 方法論提示
  12. 12. © DMM.com 12 Agenda About DMM.com DMM.comについて / 組織体質について 改善事例 最後に 1212 VSM / SIPOCの書き方
  13. 13. © DMM.com 13 { What is VSM… } 13 Idea Value
  14. 14. © DMM.com 14
  15. 15. © DMM.com 1515 書き方 (Value Stream Mapping)
  16. 16. © DMM.com 16 4 STEPS プロセスのタイトル1 2 プロセスタイム (PT ※+WT) 3 リードタイム(LT)4 完成と正確性の割合(aka %C/A)
  17. 17. © DMM.com 1717 顧客 顧客 GitHub Ato GitHub Atom PT : 10h WT : 2h %C/A : 0% PT : 1h WT : 0h %C/A : 20% 12h 1h 100h 1h 開発チーム1 1 会員登録機能作成 リリース作業 GitHub Atom GCP ブラウザ VSM (Value Stream Mapping) PT : 1h WT : 0h %C/A : 70% 承認MTG 84h 開発チームディレクター5
  18. 18. © DMM.com 1818 STEP 0 PT : Process Time WT : Wasting Time リードタイム (LT) プロセスのタイトル GitHub Ato GitHub Atom PT : 10h WT : 2h %C/A : 0% 12h 1h 開発チーム1 会員登録機能作成 PT : 1h WT : 0h %C/A : 70% 承認MTG 84h 完成と正確性の割合 (%C/A) ディレクター5
  19. 19. © DMM.com 1919 STEP 1 PT : Process Time WT : Wasting Time リードタイム (LT) プロセスのタイトル GitHub Ato GitHub Atom PT : 10h WT : 2h %C/A : 0% 12h 1h 開発チーム1 会員登録機能作成 PT : 1h WT : 0h %C/A : 70% 承認MTG 84h 完成と正確性の割合 (%C/A) ディレクター5
  20. 20. © DMM.com 2020 STEP 2 PT : Process Time WT : Wasting Time リードタイム (LT) プロセスのタイトル GitHub Ato GitHub Atom PT : 10h WT : 2h %C/A : 0% 12h 1h 開発チーム1 会員登録機能作成 PT : 1h WT : 0h %C/A : 70% 承認MTG 84h 完成と正確性の割合 (%C/A) ディレクター5
  21. 21. © DMM.com 2121 STEP 3 PT : Process Time WT : Wasting Time リードタイム (LT) プロセスのタイトル GitHub Ato GitHub Atom PT : 10h WT : 2h %C/A : 0% 12h 1h 開発チーム1 会員登録機能作成 PT : 1h WT : 0h %C/A : 70% 承認MTG 84h 完成と正確性の割合 (%C/A) ディレクター5
  22. 22. © DMM.com 2222 STEP 3 PT : Process Time WT : Wasting Time リードタイム (LT) プロセスのタイトル GitHub Ato GitHub Atom PT : 10h WT : 2h %C/A : 0% 12h 1h 開発チーム1 会員登録機能作成 PT : 1h WT : 0h %C/A : 70% 承認MTG 84h 完成と正確性の割合 (%C/A) ディレクター5
  23. 23. © DMM.com 2323 STEP 4 PT : Process Time WT : Wasting Time リードタイム (LT) プロセスのタイトル GitHub Ato GitHub Atom PT : 10h WT : 2h %C/A : 0% 12h 1h 開発チーム1 会員登録機能作成 PT : 1h WT : 0h %C/A : 70% 承認MTG 84h 完成と正確性の割合 (%C/A) ディレクター5
  24. 24. © DMM.com 242424 ①現状のVSM ③改善プロセス ②理想(仮説) のVSM プロセス
  25. 25. © DMM.com 252525 顧客 顧客 GitHub Ato GitHub Atom LT : 12h PT : 10h WT : 2h %C/A : 0% LT : 1h PT : 1h WT : 0h %C/A : 20% 12h 1h 100h 2h 開発チーム1 1 会員登録機能作成 リリース作業 GitHub Atom GCP ブラウザ VSM (Value Stream Mapping) LT : 1h PT : 1h WT : 0h %C/A : 70% 承認MTG 84h 開発チームディレクター5 大事なのは、改善ポイント(=ムダ)を見つけること ※ どう改善するかはまた別のレイヤーの話
  26. 26. © DMM.com 262626 書き方 (SIPOC分析)
  27. 27. © DMM.com 2727 Supplier Input Process Output Customer 供給者 インプット プロセス アウトプット 顧客 SIPOC分析
  28. 28. © DMM.com 28 SIPOC分析 O : Output (アウトプット) S : Supplier(供給者) I : Input (インプット) P : Process (プロセス) C : Customer (顧客) VSMで記載した プロセスを記載していく ProcessInputSupplier
  29. 29. © DMM.com 29 SIPOC分析 O : Output (アウトプット) S : Supplier(供給者) I : Input (インプット) P : Process (プロセス) C : Customer (顧客) ProcessInput 会員登録機能作成 承認MTG リリース作業 Supplier
  30. 30. © DMM.com 30 SIPOC分析 O : Output (アウトプット) S : Supplier(供給者) I : Input (インプット) P : Process (プロセス) C : Customer (顧客) ProcessInput 会員登録機能作成 承認MTG リリース作業 Doneの定義 Supplier
  31. 31. © DMM.com 31 SIPOC分析 O : Output (アウトプット) S : Supplier(供給者) I : Input (インプット) P : Process (プロセス) C : Customer (顧客) ProcessInput 会員登録機能作成 承認MTG リリース作業 Doneの定義PO Supplier
  32. 32. © DMM.com 32 SIPOC分析 O : Output (アウトプット) S : Supplier(供給者) I : Input (インプット) P : Process (プロセス) C : Customer (顧客) ProcessInput 会員登録機能作成 承認MTG リリース作業 Doneの定義PO Supplier
  33. 33. © DMM.com 33 SIPOC分析 O : Output (アウトプット) S : Supplier(供給者) I : Input (インプット) P : Process (プロセス) C : Customer (顧客) Process 会員登録機能作成 承認MTG リリース作業 Output ソースコード Customer
  34. 34. © DMM.com 34 SIPOC分析 O : Output (アウトプット) S : Supplier(供給者) I : Input (インプット) P : Process (プロセス) C : Customer (顧客) Process 会員登録機能作成 承認MTG リリース作業 Output Customer ソースコード チーム
  35. 35. © DMM.com 3535 Supplier Input Process Output Customer 会員登録機能作成 承認MTG リリース作業 Doneの定義PO チームソースコード ドキュメント マネジメント層意思決定チーム チーム ソースコード ex. SIPOC分析 プロダクト ユーザー
  36. 36. © DMM.com 36 Agenda About DMM.com DMM.comについて / 組織体質について 改善事例 最後に 3636 VSM / SIPOCの書き方
  37. 37. © DMM.com 3737 改善事例 Value Stream Mapping / SIPOC分析
  38. 38. © DMM.com 3838 VSMから見える共通点 グループ ステークホルダーとの調整 開発作業 リリース準備 + 作業 Featureをリリースするために必要な調整。MTGが多い コーディング作業 リリースするための申請やリリース作業 1 2 3
  39. 39. © DMM.com 3939 ステークホルダーとの調整 開発作業 リリース準備 + 作業 VSMから見える共通点 リードタイム : 268.5h Featureをリリースするために必要な調整。MTGが多い コーディング作業 リリースするための申請やリリース作業 1 2 3 グループ
  40. 40. © DMM.com 4040 ステークホルダーとの調整 開発作業 リリース準備 + 作業 約85% 約5% 約10% VSMから見える共通点 (228.25h) (14h) (26.25h) Featureをリリースするために必要な調整。MTGが多い コーディング作業 リリースするための申請やリリース作業 1 2 3 グループ リードタイム : 268.5h
  41. 41. © DMM.com 4141 カテゴリー ステークホルダーとの調整 開発作業 リリース準備 + 作業 約85% 約5% 約10% 4つのVSMから見える共通点 ほぼすべてのVSMがこの比率になった。 チームの行動パターン(開発プロセス)は一緒である。 この時点で「開発効率」をあげてもムダだと判断できた。
  42. 42. © DMM.com 4242 カテゴリー ステークホルダーとの調整 開発作業 リリース準備 + 作業 約85% 約5% 約10% VSMから見える共通点 (228.25h) (14h) (26.25h) Featureをリリースするために必要な調整。MTGが多い コーディング作業 リリースするための申請やリリース作業 1 3 2 リードタイム : 268.5h
  43. 43. © DMM.com 4343 ステークホルダーとの調整 SIPOC分析から見える共通点 Featureをリリースするために必要な調整。MTGが多い 1 Supplier Input Process Output Customer プロセス数 : 2 Output数 : 7Output数 : 5 Customer数 : 1Supplier数 : 1 チームメンバー 説明用の ドキュメント準備 ...etc 説明用の ドキュメント ...etc マネジメント層承認MTG x 2
  44. 44. © DMM.com 444444 ステークホルダーとの調整 : 228.25h → リリース準備 + 作業 : 26.25h →
  45. 45. © DMM.com 454545 ステークホルダーとの調整 : 228.25h →40hに短縮 リリース準備 + 作業 : 26.25h → 5mに短縮 268.5h(45日) 54.5h(9日) こんなに改善できますよ。というのを 定量的な削減率で見せることが大事
  46. 46. © DMM.com 464646 ステークホルダーとの調整 : 228.25h →40hに短縮 リリース準備 + 作業 : 26.25h → 5mに短縮 268.5h(45日) 54.5h(9日)
  47. 47. © DMM.com 47 Agenda About DMM.com DMM.comについて / 組織体質について 改善事例 最後に 4747 VSM / SIPOCの書き方
  48. 48. © DMM.com 4848 { What is VSM… } 48 Idea Value問題を共有するのに難しいことはいらない。 明日からすぐにVSM/SIPOC分析を作ろう。
  49. 49. © DMM.com 4949 ご清聴ありがとうございました。

×