Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

EIR制度「社内に起業家を招く 客員起業家制度について」

212 views

Published on

客員起業家制度(EntrepreneurInResidence)
起業家がまず特定の企業に社員や業務委託として入社し、その企業の中で新規事業立ち上げや起業準備を行う仕組みのこと

Published in: Business
  • Be the first to comment

EIR制度「社内に起業家を招く 客員起業家制度について」

  1. 1. Copyright (c) GOB-IP All rights reserved. Copyright (c) GOB-IP All rights reserved. 社内に起業家を招く 客員起業家制度について EntrepreneurInResidence
  2. 2. Copyright (c) GOB-IP All rights reserved. Copyright (c) GOB-IP All rights reserved. 客員起業家制度(EntrepreneurInResidence) 起業家がまず特定の企業に社員や業務委託として入社し 、その企業の中で新規事業立ち上げや起業準備を行う仕 組みのこと
  3. 3. Copyright (c) GOB-IP All rights reserved. 客員起業家制度(EIR)の事例 Dell 三菱東京UFJ銀行 ハーバード・ビジネス・スクール Dellでは2011年9月からEIRの仕組みをスタート。同社はEIRの仕組みを導 入し、社内に起業家の視点を取り入れることで、ビジネスオーナーやマー ケットのニーズを察知することを意図している。最初のEIRである IngridVanderveltは世界有数の女性連続起業家として活躍している。 参考)https://www.dell.com/learn/us/en/uscorp1/entrepreneur-in-residence 「M-EIR(MUFG Entrepreneurship in Residence)」は、国内の先端技術 シーズをもとに、グローバルな次世代産業をリードする人材支援を目的と したプログラム。選考された人材は、三菱UFJリサーチ&コンサルティング が2年間有期雇用。ベンチャー支援などの業務を通じてCEOに必要な経 験、能力開発を行うと同時に海外のアクセラレーターのプログラムなどと も連携している。 参考)https://www.murc.jp/publicity/news_release/news_release_171110/ 同スクールでは、IPOやバイアウトを経験した起業家やVC、法務の専門家 をメンターとして整備。メンターの専門領域はヘルスケア、バイオ、メデ ィア、エンタメなど多岐にわたる。スクールに通う学生は、オンライン上 から簡単に、彼らと年に6〜7回ほどのメンタリングを予約できる。 参考)https://entrepreneurship.hbs.edu/programs/mba/Pages/entrepreneurs-in-residence.aspx
  4. 4. Copyright (c) GOB-IP All rights reserved. 新規事業に取り組む人材の類型 単独で事業を立ち上げる者 アントレプレナー 企業内部でアサインされて、 新規事業を立ち上げる者 イントラプレナー 新規事業立ち上げの役割を持って 、既存企業に入社する仕組み EntrepreneurInResidence EntrepreneurinResidence(EIR)は、「inResidence(居住して、住み込み)」の文字通り、起業家が企業の中で新 規事業(スタートアップ)の立ち上げを行う仕組み。日本語では「客員起業家制度」などと訳される。
  5. 5. Copyright (c) GOB-IP All rights reserved. 客員起業家制度の基本的な枠組み 給与+社内リソース 新規事業立ち上げの役割を持って 、既存企業に入社する仕組み EntrepreneurInResidence 社内で新規事業を立ち上げる ミッション EIRは、起業家とそれを雇用する企業の双方にメリットがある。 起業家のメリット:企業から給与の支給を受けて安定した生活基盤を持った状態で事業を立ち上げられるため、経 済的なリスクを軽減できる。また、企業内のリソースを活用できる点も魅力。 企業のメリット:事業立ち上げに関する知見を持った起業家が企業の中に入り、コミットメントが高い状態で新規 事業を進めることができるため、社内からの事業提案や不確実性の高い外部企業への投資よりも確度の高い事業創 造が期待できる。
  6. 6. Copyright (c) GOB-IP All rights reserved. 客員起業家制度の出口設計 社内事業・グループ事業 として事業規模を拡大 新規事業を立ち上げたのち、 出資等を受けて スピンオフ EIRを活用して事業の立ち上げに成功した次の選択肢として、主に2つの出口が考えられる。 1.雇用先の企業とのシナジーを活かしたまま、事業部子会社として事業拡大 2.独立して、出資等を受けてスピンオフ
  7. 7. Copyright (c) GOB-IP All rights reserved. EIR 新規事業提案制度 CVC・ アクセラレーション プログラム Pros 社内の資源と起業家の経験 を活用して新規事業開発に 取り組めるほか、社内のマ インドセット向上にも繋が る ボトムアップ型で社内の様 々な視点からアイデアの創 出が可能 スタートアップとの連携に より、将来の変化に対する 対策や投資機会となる Cons 人事制度や評価制度の設計 が難しい 新規事業開発を行う社員の 育成に課題 スタートアップとの企業文 化の違いを背景に連携に課 題 客員起業家制度の導入理由① 多くの企業で見られる新規事業創造の手法比較 企業の課題として常に存在する「新規事業の創出」。そこで、社内からアイデアを募る「新規事業提案制度」や事 業会社が社外のベンチャー企業に投資を行うCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)など様々な施策を行なっ ている。しかし、提案の質が担保できなかったり、適切な投資先を見つけたり、その投資条件に満足いっていなか ったりと、必ずしも効果的な運用ができていないケースも多い。
  8. 8. Copyright (c) GOB-IP All rights reserved. 客員起業家制度の導入理由② 優秀な投資案件の早期確保 EIRには「自分たちの手で投資先を作り出せる」メリットもある。一般的に、投資案件の開拓には多くのコストがかかる上、 見つけた投資先の成功確率も不透明。そこでEIRで能力の高い起業家を雇用し、投資対象として成長するまで社内で育成する ことがある。この場合は、主にバイアウト経験者や、大企業のエグゼクティブなど、新規事業の成功確率が高いであろう人が 対象となりやすい。 https://jp.techcrunch.com/2015/06/08/150608-incubate-eir/
  9. 9. Copyright (c) GOB-IP All rights reserved. 客員起業家制度の導入理由③ MUFG ハーバード・ビジネス・スクール CEO育成プログラムとして展開 (*ExecutiveinResidenceに近い) 起業家教員の獲得 優秀な人材の巻き込み EIRは、優秀な人材を社内に雇用するという点でもまたメリットがあります。” Executive in Residence “といってエグゼク ティブ(経営幹部)を社内の新規事業の経営者として登用するといった仕組みを取る場合もあります。 https://www.murc.jp/publicity/news_release/news_release_171110/ https://entrepreneurship.hbs.edu/programs/mba/Pages/entrepreneurs-in-residence.aspx
  10. 10. Copyright (c) GOB-IP All rights reserved. 起業家が客員起業家制度に感じるベネフィット シード アーリー ミドル レイター 起業の準備段階の時期です。 ビジネスをするにあたってど のような商品を取り扱うのか を検討していきます。また市 場調査をして需要を測定して いきます。 アーリーステージでは設備投 資や研究開発などに多額の資 金を必要としてきます。イメ ージでは、売上高が2億円以 下で従業員も10人以下の発展 ・成長途上の企業がこのステ ージに該当します。 ようやく事業が少しずつ軌道 が乗ってくる頃です。この段 階では、売上高が前年を上回 り急激に成長していきます。 前年に比べて売り上げが2倍 以上増加していくことも珍し くないです。 株式上場や売却を検討する時 期になります。業種やビジネ スモデルにもよりますが、例 えば売上高が30~50億円を越 えて従業員も50~100以上抱 えている企業が当てはまりま す。 事業資金・生活資金 社会的な信用 提携等による 事業拡大 M&A (IPO) 起業家が求めるもの 企業内の社員として活動 雇用先企業のリソース活用 雇用先企業へのExit EIR制度の活用 創業リスクの低減や機会選択の豊富さが起業家の主なベネフィット EIRを利用すれば、雇用元である企業からの給与支給を受け、安定した生活基盤を持った状態で事業立ち上げができるため、 経済的なリスクを軽減できる。 また下図のように、各フェーズにおいて、事業資金や販路、社会的信用など、企業内のリソースを活用できる。
  11. 11. Copyright (c) GOB-IP All rights reserved. EIRに取り組むGOB GOB Incubation Partners も客員起業家制度(Entrepreneur In Residence) を取り入れている。 弊社の支援を受ける起業家は、弊社に社員として入社し、まず事業部として事業を立ち上げ、軌道に乗せることを 目指す。またそれと同時にコンサルタントメンバーとしても業務を行う。コンサルティングワークからいただいた 収益の一部を起業家に還元することによって、ベンチャー事業に資金を投下している。 クライアント 起業家 ベンチャー事業 資金投入 新規事業開発コンサルティング Fee 入 社 ・ ノ ウ ハ ウ の 提 供 と ジ ョ ブ へ の コ ミ ッ ト メ ン ト メ ン タ リ ン グ ・ 各 種 フ ァ シ リ テ ィ の 提 供 コンサルティング業務にジョインし共同で実施 Feeの一部を給与・事業資 金として按分 事業成長して 独立 出資
  12. 12. Copyright (c) GOB-IP All rights reserved. GOBでのEIR事例:PAPAMOSCHOOL代表橋本咲子 新卒で大手コンサルティング会社に入社した後、戦略コンサルタント としてマーケ戦略や新規事業の立ち上げを実施。自分の挑みたいテー マを「未就学児の教育」に見つけGOBIPの一員に。 GOBの一番の魅力は、メンターや仲間もいる環境で、資金的な面もサ ポートがありながら、事業の立ち上げを進めていけることです。 現在GOBのコンサルタントとしての仕事が3割、PAPAMOの事業が7割 という働き方をしています。事業立ち上げ初期はコンサルの業務が多 かったですが、事業が大きくなってきてから、事業の割合が大きく なってきました。 0→1の立ち上げ初期は事業を模索しながら進めるため、どうしても仕 事のスピードに波ができます。その一方で、コンサルワークに従事す ることでペースが保てることもEIRを活用する大きなメリットです。 PAPAMOSCHOOL代表 橋本咲子
  13. 13. Copyright (c) GOB-IP All rights reserved. Thank you for your support for changing the world. We’re GOB Incubation Partners.

×