Salesforce1 Platform 入門 2014 〜改めて基本から理解するforce.com〜

1,545 views

Published on

12月4日に開催された「Salesforce World Tour Tokyo」のDeveloper Zone内のセッションで利用された資料です。

Published in: Technology

Salesforce1 Platform 入門 2014 〜改めて基本から理解するforce.com〜

  1. 1. Salesforce1 Platform 入門 2014 ~改めて基本から理解するforce.com~ 今村 和彦 シニアセールスサポートエンジニア 株式会社セールスフォース・ドットコム
  2. 2. 自己紹介 名前 : 今村 和彦 所属 : 株式会社セールスフォース・ドットコム セールスエンジニアリング本部 シニアセールスサポートエンジニア 経歴 : 元々は主にJava 開発  のちに force.com と出会い今に至る 現在の仕事: プリセールスのデモ開発、技術調査など          本日はだいたい force.com ブースにいます
  3. 3. Safe Harbor Safe harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995: This presentation may contain forward-looking statements that involve risks, uncertainties, and assumptions. If any such uncertainties materialize or if any of the assumptions proves incorrect, the results of salesforce.com, inc. could differ materially from the results expressed or implied by the forward-looking statements we make. All statements other than statements of historical fact could be deemed forward-looking, including any projections of subscriber growth, earnings, revenues, or other financial items and any statements regarding strategies or plans of management for future operations, statements of belief, any statements concerning new, planned, or upgraded services or technology developments and customer contracts or use of our services. The risks and uncertainties referred to above include ‒ but are not limited to ‒ risks associated with developing and delivering new functionality for our service, our new business model, our past operating losses, possible fluctuations in our operating results and rate of growth, interruptions or delays in our Web hosting, breach of our security measures, risks associated with possible mergers and acquisitions, the immature market in which we operate, our relatively limited operating history, our ability to expand, retain, and motivate our employees and manage our growth, new releases of our service and successful customer deployment, our limited history reselling non-salesforce.com products, and utilization and selling to larger enterprise customers. Further information on potential factors that could affect the financial results of salesforce.com, inc. is included in our annual report on Form 10-K for the most recent fiscal quarter. This document and others are available on the SEC Filings section of the Investor Information section of our Web site. Any unreleased services or features referenced in this or other press releases or public statements are not currently available and may not be delivered on time or at all. Customers who purchase our services should make the purchase decisions based upon features that are currently available. Salesforce.com, inc. assumes no obligation and does not intend to update these forward-looking statements.
  4. 4. Salesforce1 Platform 入門 2014 - アジェンダ • Salesforce1 Platform とforce.comとは? • ノンコーディングで発揮する force.com のパワー!! • コーディングでリッチなUIを自由に実現!!
  5. 5. Salesforce1 Platform 入門 2014 - アジェンダ • Salesforce1 Platform とforce.comとは? • ノンコーディングで発揮する force.com のパワー!! • コーディングでリッチなUIを自由に実現!!
  6. 6. セールスフォース・ドットコムの歴史 顧客社数1,500 3,500 5,700 8,700 13,900 20,500 29,800 41,000 55,400 72,500 92,300 100,000以上 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 CRM期CRM 営業支援 カスタマーサポート 代理店ポータル カスタマーポータル PlaPtlafotfromrm期 Social Mobile ?
  7. 7. Salesforce1 Platform とは 顧客社数1,500 3,500 5,700 8,700 13,900 20,500 29,800 41,000 55,400 72,500 92,300 100,000以上 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 CRM期CRM 営業支援 カスタマーサポート 代理店ポータル PlPaltaftofromrm期 Social Mobile ? Salesforce1 Platform は salesforce.comが持つサービス群全体を表す
  8. 8. Salesforce1 Platform とは 顧客社数1,500 3,500 5,700 8,700 13,900 20,500 29,800 41,000 55,400 72,500 92,300 100,000以上 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 CRM期CRM 営業支援 カスタマーサポート 代理店ポータル PlPaltaftofromrm期 Social Mobile ? Salesforce1 Platform は salesforce.comが持つサービス群全体を表す Force.com - 営業支援、顧客管理、カスタマーサポート等のアプリケーションの プラットフォームを解放 => ユーザが独自のアプリケーションを構築可能に
  9. 9. ビジュアル ワークフロー Appビルダーデータ分析 モバイル対応 マルチ通貨 マルチ言語 セキュリティ 共有ルール プログラミング基盤ソーシャル 基盤 Force.comプラットフォームの特徴 • ポイント & クリックで利用可能な豊富な機能とセキュリティ • 自由なUI & ビジネスロジックを実現するプログラミング基盤
  10. 10. Force.comプラットフォームでの開発 アイデアアプリケーションの 開発 アイデア 従来のプラットフォーム 6-‐‑‒12 ヶ⽉月? アプリケーション アプリケーション ハードウェアの 購⼊入、 セットアップ 複雑な ソフトウェアの インストール ユーザ アクセスの 定義 セキュリティの 設定、テスト モバイル、 ソーシャルへ の対応 レポート機 能、分析ツー ルの設定 アプリケーション の開発 素早い開発: 80% ポイント & クリック 20% コード
  11. 11. Salesforce1 Platform 入門 2014 - アジェンダ • Salesforce1 Platform とforce.comとは? • ノンコーディングで発揮する force.com のパワー!! • コーディングでリッチなUIを自由に実現!!
  12. 12. Demo のお題 <シナリオ> • 場面は出張修理を行っているとある企業のコールセンター • 主人公はコールセンターのオペレーター • 顧客から電話で修理依頼を受け、サービス担当者をアサインしたい。楽に。 <作るデモの流れ> 1. 問合せが発生して主人公(オペレーター)が問合せ管理(ケース)を起票する 2. 問合せ管理を起票すると、自動でその問合せに紐づく作業レポートが作成される 3. 主人公(オペレータ)が作業レポートにサービス担当者をアサインすると、 自動でサービス担当者にその旨をつぶやき知らせる
  13. 13. Demo
  14. 14. ノンコーディングでできること ポイント & クリックで エンタープライズで活用できる高可用性のアプリケーションを作成 • カスタムオブジェクトの作成 • カスタム項目・リレーションの定義 • ルックアップ検索条件を定義し誤入力を防止 • 入力規則を追加しデータの品質を向上 • ページレイアウト・検索レイアウトで効率向上 • ワークフロールール・承認プロセスで業務支援 • レポート・ダッシュボードで業務分析 • 共有ルールの設定によるセキュリティの強化
  15. 15. Salesforce1 Platform 入門 2014 - アジェンダ • Salesforce1 Platform とforce.comとは? • ノンコーディングで発揮する force.com のパワー!! • コーディングでリッチなUIを自由に実現!!
  16. 16. Demo <追加要件> 必要なロジックを作ることはできたが、作業レポートにサービス担当者を アサインするところをかっこよく見せたい
  17. 17. 楽しいプログラミングの時間です
  18. 18. Visualforce & Apex プログラミング ▪ JavaやC#ライクなシンタックスを持つ強い型付けのコンパイル言語 ▪ ロジックの記述やデータの処理に利用 ▪ クラウドネイティブで動作するため、Ajax等のクライアントサイド テクノロジより高速に動作 ▪ トランザクションに対応 Apex ▪ JSP(JSF)やAsp.netの様な高度なコンポーネントを持つHTMLベース のタグ言語 ▪ 画面自体の作成や、レイアウト内の部品の作成 ▪ 既存のJavascriptフレームワークなどを読み込んで自由に利用可能 Visualforce
  19. 19. Visualforce & Apex プログラミング <View> カスタム画面をつくるためのHTMLベースのタグ言語 ▪ JavaやC#ライクなシンタックスを持つ強い型付けのコンパイル言語 ▪ ロジックの記述やデータの処理に利用 ▪ クラウドネイティブで動作するため、Ajax等のクライアントサイド テクノロジより高速に動作 ▪ トランザクションに対応 Apex ▪ JSP(JSF)やAsp.netの様な高度なコンポーネントを持つHTMLベース のタグ言語 ▪ 画面自体の作成や、レイアウト内の部品の作成 ▪ 既存のJavascriptフレームワークなどを読み込んで自由に利用可能 Visualforce <Controller> カスタムの業務ロジックを記述するための Java ライクな言語
  20. 20. Visualforce & Apex Example <apex: >タグを用いたプログラミング例 Visualforce <apex:page controller="CaseListController"> <apex:dataList var="record" value="{!Records}"> {!record.Subject} </apex:dataList> </apex:page> Apex public with sharing class CaseListController { public List<Case> Records{ get{ return [SELECT Id, Subject, Status FROM Case ORDER BY Status LIMIT 5]; } } }
  21. 21. Visualforce Example 既存のJavascriptフレームワークなどを読み込んで自由に利用可能 <apex:page showHeader="false" sidebar="false" standardStylesheets="false" doctype="html-5.0" applyBodyTag="false" applyHtmlTag="false"> <html> <meta content="width=device-width, initial-scale=1.0, maximum-scale=1.0, user-scalable=0" name="viewport" /> <link rel="stylesheet" href="//netdna.bootstrapcdn.com/bootstrap/3.3.0/css/bootstrap.min.css" /> <link rel="stylesheet" href="//netdna.bootstrapcdn.com/bootstrap/3.3.0/css/bootstrap-theme.min.css" /> <script src="//cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/jquery/2.1.1/jquery.min.js"></script> <script src="//netdna.bootstrapcdn.com/bootstrap/3.3.0/js/bootstrap.min.js"></script> <body> <div class="container"> </div> </body> <script type="text/javascript"> $j=jQuery.noConflict(); $j(function() { }); </script> </html> </apex:page>
  22. 22. Demo
  23. 23. Force.com でできること • ポイント & クリックでアプリケーションを作成 • カスタムオブジェクトの作成 • カスタム項目・リレーションの定義 • ルックアップ検索条件を定義し誤入力を防止 • 入力規則を追加しデータの品質を向上 • ページレイアウト・検索レイアウトで効率向上 • ワークフロールール・承認プロセスで業務支援 • レポート・ダッシュボードで業務分析 • 共有ルールの設定によるセキュリティの強化 • Visualforceでより使いやすいUIを開発 • Apexコードでより複雑なビジネスロジック実装 • Appexchangeによりボタン一つでパッケージを拡張 • 他システムとの連携 : • インバウンド:SOAP, REST, バルク, ストリーミ ング, メタデータ • アウトバウンド:SOAP, REST, アウトバウンド メッセージ ノンコーディングで簡単に実現! コーディングで自由に実現!
  24. 24. まとめ Force.comは様々な機能を持ったプラットフォーム • マウスクリックで簡単にアプリケーションが作成可能 • プログラミングを用いて高度にカスタマイズも可能 生産性の高い部品を適所に使って"楽"をする • 標準ユーザ・インタフェース • プロセスビルダー • (積み上げ集計、バリデーション、ワークフロー、承認申請、 レポート & ダッシュボード などなど) プログラミング開発は必要なときに好きなだけでOK
  25. 25. developer.salesforce.com Salesforce 開発者向けリソース Salesforce Developers http://develper.salesforce.com/jp/ Developer Editionは全て無料 今すぐサインアップ!! Heroku http://www.heroku.com/
  26. 26. Thank you 質問、本日のデモのコードを見たい方は force.comブースへお越しください

×