Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Spring16 リリース開発者向け新機能Webセミナー

3,681 views

Published on

2016年2月5日に行われた「Spring 16リリース開発者向け新機能Webセミナー」で使用された資料です。

Published in: Technology

Spring16 リリース開発者向け新機能Webセミナー

  1. 1. 開発者向けSpring 16リリース
 新機能Webセミナー 2016年2月5日
  2. 2. Looking-Forward Statement Statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995: 
 
 This presentation may contain forward-looking statements that involve risks, uncertainties, and assumptions. If any such uncertainties materialize or if any of the assumptions proves incorrect, the results of salesforce.com, inc. could differ materially from the results expressed or implied by the forward-looking statements we make. All statements other than statements of historical fact could be deemed forward-looking, including any projections of product or service availability, subscriber growth, earnings, revenues, or other financial items and any statements regarding strategies or plans of management for future operations, statements of belief, any statements concerning new, planned, or upgraded services or technology developments and customer contracts or use of our services. The risks and uncertainties referred to above include – but are not limited to – risks associated with developing and delivering new functionality for our service, new products and services, our new business model, our past operating losses, possible fluctuations in our operating results and rate of growth, interruptions or delays in our Web hosting, breach of our security measures, the outcome of any litigation, risks associated with completed and any possible mergers and acquisitions, the immature market in which we operate, our relatively limited operating history, our ability to expand, retain, and motivate our employees and manage our growth, new releases of our service and successful customer deployment, our limited history reselling non-salesforce.com products, and utilization and selling to larger enterprise customers. Further information on potential factors that could affect the financial results of salesforce.com, inc. is included in our annual report on Form 10-K for the most recent fiscal year and in our quarterly report on Form 10-Q for the most recent fiscal quarter. These documents and others containing important disclosures are available on the SEC Filings section of the Investor Information section of our Web site. Any unreleased services or features referenced in this or other presentations, press releases or public statements are not currently available and may not be delivered on time or at all. Customers who purchase our services should make the purchase decisions based upon features that are currently available. Salesforce.com, inc. assumes no obligation and does not intend to update these forward-looking statements.
  3. 3. スピーカー Mitsuhiro Okamoto Senior Developer Evangelist @mitsuhiro
  4. 4. ソーシャルメディアもぜひご利用下さい @salesforcedevjp / #salesforcedevjp Salesforce Developers Japan Salesforce Developers Japan 本Webinarは録画されています 録画ビデオはYoutube及びWebinarページに公 開されます (登録ページと同じURL) Salesforce Developers Japan
  5. 5. • 質問は最後まで待つ必要ありません! - question機能を使っていつでも質問して下さい • Live Q&Aを最後に行います - 時間の許す限り、Webinarの最後にQ & Aの時間を設けます • 開発者フォーラムを活用しましょう - よりたくさんの質問がある場合は?こちらをご利用下さい • http://developer.salesforce.com/jp/forums 質問がある場合には?
  6. 6. • Declarative & Lightning Experience(LEX) • Apex & Visualforce & Lightning Component • その他の更新 • API及びクエリ • アイデンティティ & セキュリティ • デプロイ & サンドボックス • 重要な更新 • Q & A Agenda
  7. 7. Declarative & Lightning Experience (LEX)
  8. 8. • 動画によるプレビュー • リソースへのリンク • Trailhead • プレビュー表示 Lightningセットアップツール
  9. 9. - Lightning Experienceのナビゲーションメニューがカスタマイズ可能に • 追加可能な項目: • カスタムアプリケーション・カスタムオブジェクト • Lightning Experience未サポートの標準オブジェクト • 開く場合はSalesforce Classicで表示 • VIsualforceタブ • Lightningコンポーネントタブ • Visualforce越しのCanvasアプリケーション • Webタブ • Salesforceアプリケーション(コールセンター、マーケティングなど) Lightning Experience - ナビゲーションメニュー
  10. 10. • 最大10個(注: PEは5個)のメニューを作成 • メニュー項目の配置・プロファイルへのひもづけ Lightning Experience - ナビゲーションメニュー
  11. 11. • 選択リストに候補を表示 - リストの選択を行う際に、候補を検索して自動表示 Lightning App Builder
  12. 12. • オープンパイロット • DE 及び 管理者プレイグラウンド • タブを追加 • カスタムタブ • レコードページカスタマイズ App BuilderでレコードHomeのカスタマイズ (Pilot)
  13. 13. • ドラッグ&ドロップによる条件の並び替え • プロセスの条件の順序をビルダー上のマウス操作だけで並び替え可能 • プロセス名と説明の入力の簡略化 • プロセスの新しいバージョンを作成する際、旧バージョンのプロセス名と説明を 自動で再利用 • 項目名のホバー表示 • 表示領域内におさまらない項目名は
 マウスカーソルを合わせることで確認可能に プロセスビルダー
  14. 14. • クライアントでのキャッシングによる高速化 • デフォルトで有効状態 • Lightning Applicationから実行された場合は機能しない ブラウザキャッシュ
  15. 15. • 選択リスト値の再利用 • 頻繁に利用する選択リスト値を
 1つの場所で管理 • 40,000以上のIdea Exchange
 ポイントを獲得した待望の新機能 • 選択リスト値をクリーンに保つ • 値の作成に対する制限 グローバル選択リスト(Beta)
  16. 16. • Lightning 及び Classic • 即時スキャン・分析 • アクションリンク • パスワードポリシー • セッション設定 • ネットワークアクセス設定 セキュリティヘルスチェック
  17. 17. Demo Process Builder, App Builder Lightning UI Updates
  18. 18. Apex & Visualforce & Lightning Component
  19. 19. • VFを以下の場所へ追加可能に • LEXナビゲーションメニュー • ユーザがどのビュー(S1, Classic, LEXなど)からページを見ているのかを
 UIThemeコンテキスト変数から取得可能 • 以下は以前から可能 • アプリケーションランチャーからのVFの起動 • 標準ページレイアウトへVFページの埋め込み • App BuilderへのVFコンポーネントの埋め込み • VFカスタムアクション、ボタン、リンク Visualforce for Lightning Experience (Beta) VF自体は正式リリース, VFページのLEX表示はベータ
  20. 20. • グローバル変数 $User.UITheme, $User.UIThemeDisplayed 
 および UserInfoの getUiTheme(), getUiThemeDisplayed() の値 • Theme1 ObsoleteSalesforcetheme • Theme2 Salesforce Classic 2005 user interface theme • Theme3 Salesforce Classic 2010 user interface theme • Theme4d Modern Lightning Experience Salesforce theme • Theme4t Salesforce1mobileSalesforcetheme • PortalDefault Salesforce Customer Portal theme • Webstore SalesforceAppExchangetheme Visualforce for Lightning Experience (Beta) VF自体は正式リリース, VFページのLEX表示はベータ
  21. 21. • ヘッダ及びサイドバーは常に非表示、ページタイトルの指定も不可 • window.location ではなく、sforce.one ユーティリティの利用推奨 • StaticURLを生成する機能がコンテキストによっては動作しない場合 • VFマークアップ: {!URLFOR($Action.Conact.Edit, recordId)} • Javascript上: navigateToSObject(recordId) • 幾つかのVFによるアクションの上書きはLEXでは動作しない • 選択リストに対するアクション • 関連リストに対するアクション • <apex:iFrame> はLEX上では非推奨 Visualforce for Lightning Experience (Beta) 追加で知っておくべき事項
  22. 22. Visualforce for Lightning Experience (LEX) Demo
  23. 23. • Lightning Out を利用することでLightning Components を Visualforce で利用可能 - コンポーネントをVisualforce上で直接利用可能 - Client sideのJavascriptとLightningイベントを統合する - LightningコンポーネントとVisualforceのハイブリッドページを開発 する - LightningコンポーネントをClassicとLEXの両方に対応する Lightning Out (beta) VFページ上でLightningコンポーネントを利用
  24. 24. Demo Lightning Out
  25. 25. その他 Lightning機能 • デザイン用の変数として使えるLightning Components tokens (開発者プレビュー) <aura:tokens> <aura:token name=“myBodyTextFontFace" value="Arial"/> <aura:token name="myBodyTextFontWeight" value=“normal"/> </aura:tokens> .THIS p { font-family: token(myBodyTextFontFace); font-weight: token(myBodyTextFontWeight); } • セキュアなクライアントキャッシュでパフォーマンスの向上
  26. 26. • よく使うApexクラスをテストスイートとしてあらかじめ登録しておけるように • エラー発生時のテスト実行の停止 • 失敗回数が一定数を越えた時テスト実行を停止する閾値が設定可能 • 開発者コンソール - Number of failures allowed • Tooling API - maxFailedTestsパラメータ • APEXテスト内でレコードのCreatedDateをテスト用に変更可能 • System.Test.setCreatedDate(recordId, createdDatetime) • バグ修正: • 通過からcurrency to decimal comparisons • 特定の状況でMIXED_DML_OPERATIONエラーが出る • test.startTest()を呼んだ際のLimitのクリア Apex テストの機能拡張
  27. 27. Apex Flex Queue Jobの位置確認 FlexQueueItemオブジェクトをクエリしてQueueの位置を確認: - AsynchApexJobId を使用して AsynchApexJob オブジェクトを取得 (位置を特定) SELECT JobPosition, AsyncApexJob.ApexClass.Name FROM FlexQueueItem WHERE JobType = 'BatchApex' AND AsyncApexJobId = '707xx000000DABC' (全てのバッチジョブ) SELECT JobType, AsyncApexJob.CreatedDate FROM FlexQueueItem WHERE JobType='BatchApex' AND AsyncApexJob.ApexClass.Name LIKE '%'BatchAJob'%' ORDER BY JobPosition DESC
  28. 28. • アクセスチェックの強化 - accessシステム属性がないリソースにアクセスした場合、ブラウザコンソールに警告が 発生 • aura:application • aura:interface • aura:component • aura:attribute • aura:event - Summer 16からは実際にアクセスできなくなる • デフォルトは access= public で同じ名前空間からのみ使用可 • <aura:component access= global > のように適切なaccessシステム属性を記述すること Lightning Component
  29. 29. • format()によるカスタム表示ラベルの動的な利用 - 例)カスタム表示ラベル名:myLabel • カスタム表示ラベルの値:Hello {1} {0} -san! • Lightning上での書式 :{!format($Label.c.myLabel, Yamada','Taro')} • 出力 :Hello Taro Yamada -san! • $A.errorの廃止 • 一般的なJavaScriptのErrorオブジェクトの使用推奨 • throw new Error("Your error message here") • Sfdc JavaScriptオブジェクトのlightningコンポーネントからの使用不可 • Force.com Canvas APIで使用しているSfdc.canvasオブジェクトは従来通りサポート • Visualforceコンテナからの使用も従来通り可能 Lightning Component
  30. 30. その他の更新 API & Query
  31. 31. API の機能拡張 - SOQL プラベートフォルダ内を検索するためのallPrivate スコープ SELECT OwnerId,Id FROM report USING SCOPE allPrivate 
 WHERE LastRunDate < LAST_N_DAYS:365 DISTANCE() による地理位置情報ベースクエリのサポート SELECT Id, Name, Location, DISTANCE(Location, GEOLOCATION(latitude, longitude), ‘mi’) FROM Contact
  32. 32. convertCurrency() による通貨変換 SELECT Id, convertCurrency(AnnualRevenue) FROM Account
 FORMAT() による数値、日付、時刻、通貨のフォーマット変換 SELECT FORMAT(amount), FORMAT(TotalOpportunityQuantity), FORMAT(lastModifiedDate) FROM Opportunity
 
 API の機能拡張 - SOQL
  33. 33. • 汎用ストリーミング・イベントのリプレイ(GA) • 過去24時間に発生したイベントであれば、サブスクライバは
 接続していない間に発生したイベントを受信可能 • 通知メッセージにreplayIdが追加 • replayオプションでどのイベントから通知を受けるか指定 API の機能拡張 - Streaming API Event replayId 10 Event replayId 12 Event replayId 13 Event replayId 14 Event replayId 18 Event replayId 19 Event replayId 20 Event replayId 22 最新 24時間以前のイベントは削除 replayオプション = -2 保持している全てのイベント replayオプション = 18 replayIdを指定するとそれ以降 (replayId > 18)のイベント replayオプション = -1 新規イベントのみ
  34. 34. • デュラブル汎用ストリーミングを使用した場合の 24 時間 以内の
 イベントの最大数 • Performance :1,000,000 • Enterprise :200,000 • Professional :100,000 • Developer :10,000 • 汎用ストリーミングを使用した場合の 24 時間 以内の
 イベントの最大数 • Performance :100,000 • Enterprise :100,000 • Professional :100,000 • Developer :10,000 API の機能拡張 - Streaming API
  35. 35. • PushTopicストリーミングイベントのリプレイ(Beta) • 汎用ストリーミングと同様PushTipicも過去24時間に発生したイベントで あれば、接続していない間に発生したイベントを受信可能 • 利用方法は汎用ストリーミングイベントとほぼ同様 • サブスクリプションチャンネルにPushTopic名を含める • channel : /topic/MyTopicName - 有効化にはSalesforceへの申請が必要 API の機能拡張 - Streaming API
  36. 36. • parameterizedSearch - 検索文字列をパラメータとして渡しグローバル検索が可能 • /services/data/v36.0/parameterizedSearch/?q=<検索文字列>
 - Sobject リレーション • あるオブジェクトに関連する別オブジェクトのレコードを単一のリクエストで取得可 能 • 例)/services/data/v36.0/sobjects/contact/<取引先責任者のid>/account
 • /services/data/v36.0/<Sobject>/<id>/<関連項目名> API の機能拡張 - REST API
  37. 37. • reportMetadata - レスポンス・ボディに新たに導入されたプロパティ
 API の機能拡張 - Reports & Dashboards REST API プロパティ 説明 buckets バケット crossFilters クロス条件 customSummaryFormula カスタム集計項目 topRows 行制限
  38. 38. • ログインエンドポイントとしての www.salesforce.com の廃止 • 今後は login.salesforce.com を使用 • HashtagDefinitionオブジェクトの廃止 • すべてのAPIバージョンで使用不可 • 代わりにTopicオブジェクトを使用 API の機能拡張 - エンドポイント及びHashtag廃止
  39. 39. • Bulk APIでのJSONサポート • Bulk API for Big Object • Wave REST API の正式リリースGA • 非同期クエリ(パイロット) その他多くのAPI 機能拡張
  40. 40. その他の更新 セキュリティ &アイデンティティ
  41. 41. • 新しいSalesforce Authenticator • 二要素認証に利用可能なアプリケーション(App StoreやGoogle Playからダウンロード) • 位置情報を利用して、信頼されたロケーションからのアクセスであることを自動で検証可能 • リリースはSpring 16リリース以降 • SSOとSSOユーザーに対する2要素認証設定 • SAML SSOや外部認証プロバイダによる認証時の二要素認証を、ユーザプロファイルのポリシー やセッション設定で有効化可能 (従来はカスタムログインフローの作成が必要) • ログイン時セッションセキュリィティレベル設定 • プロファイルの「セッション設定」にログイン時のセッションセキュリィティレベルを追加 • ログイン時のセッションセキュリティレベルに「高保証」を選択可能(デフォルト「なし」) 認証とIdentity
  42. 42. • セッションセキュリィティレベルに値の追加 • セッションセキュリィティレベルの選択肢に「デバイス有効化」を追加 • 有効化されたデバイスでのセッションを高保証セッションとして扱うことが可能 • IDの検証履歴 • 過去6カ月間のユーザーIDの検証履歴を確認可能(ユーザー管理 → ID検証履歴) • APEXを使ったカスタムID検証 • 新メソッドAuth.SessionManagement.generateVerificationUrlでID検証を実行可能 • 使用例 - 機密データを表示するVisualforceページにアクセスする際にID検証を実施 • デバイスのID検証の強化 • 認識されていないデバイスの場合、既知のIPアドレスからのアクセスであってもIDの検証を実施 認証とIdentity
  43. 43. • External Identityユーザーのアクセスが拡張 - 取引先の参照と更新 - 納入商品(Assets)と取引先責任者の参照、新規作成と更新 • Apexを使ってカスタム認証プロバイダを作成 - Salesforceの組織やコミュニティ用の独自のSSO認証プロバイダを作 成可能 - OpenIDプロトコルへの準拠は不要 認証とIdentity
  44. 44. • コミュニティのデータ暗号化 • コミュニティユーザー用のプロファイルに「暗号化されたデータの参照」権限を設定可能 • 管理者は全ての暗号化可能な標準項目とカスタム項目、ファイルや添付ファイルを暗号化 可能 • 参照権限のあるコミュニティユーザーは複合化後の文字列を参照 • 有効なポータルが存在する場合、標準項目は暗号化不可 • メールの添付ファイルの暗号化 • 活動履歴の「メールを送信」から送信したメールの添付ファルを暗号化 • Email-to-ケースでケースが作成された場合も添付ファイルを暗号化して保存 • サービスのユーザーが顧客に送信するメールの添付ファイルを暗号化 プラットフォームの暗号化
  45. 45. • デフォルトの証明書が2048ビットに - クライアント証明書やカスタムWebアドレスHTTPS証明書を使用する 場合に、鍵長が2048ビットか4096ビットの証明書を作成 - 1024ビットの証明書は作成不可 プラットフォームセキュリィティ
  46. 46. その他の更新 Deploy & Sandbox
  47. 47. • Wave Analytics用の新たなコンポーネント • Wave Application • Wave Dataset • サービス中断時の変更セットのデプロイのレジューム • メンテナンス等でテストが中断した場合、中断したところからテスト再開 • Force.com移行ツールなどMetadata APIと同様 変更セット
  48. 48. • テンプレートを使用したフルおよび部分コピーSandboxのコピーエンジン改善 • 宛先インスタンスの動的な選択 • コピーの高速化 • コピー後のチェックの改善 • 進捗のトラッキング • 開発者サンドボックスのライセンス追加 Sandbox Edition 従来 Spring’16でのライセンス数 Enterprise Edition 1 25 Unlimited Edition 15 50 Performance Edition 30 200
  49. 49. • サンドボックス作成/リフレッシュ後のタスク実行 • サンドボックス作成/リフレッシュ後に実行するApexクラスを指定可能 • SandboxPostCopyインターフェースをimplement Sandbox global class PrepSandbox implements SandboxPostCopy {
 … }
  50. 50. その他の更新 重要な変更
  51. 51. • 鍵管理権限はデフォルトでは付与しない • 暗号化鍵の管理 権限は標準の管理者プロファイルには付与されなくなる • Winter 16で存在した以下の重要な更新の有効化期限がSummer 16に変更 • 静的リソースをVisualforceドメインから提供 • getContent()およびgetContentAsPdf()メソッドをコールアウトとして扱う • メールテンプレートとレターヘッドにおけるスクリプトの使用不可 • メール・テンプレートやレターヘッドからスクリプトを排除 • 「お知らせ」ホームページコンポーネントでの拡張マークアップのサポート終了 • 既存の「お知らせ」ホームページコンポーネントに含まれるJavascript、CSS、iframe などの許可されていないマークアップは非表示になり、編集・保存時に自動的に削除 重要な更新
  52. 52. • Lightning Experience を使用する場合に利用可能なブラウザ • Microsoft Internet Explorer 11 • Apple Safari 8.x on Mac OS X • Microsoft Edge for Windows 10. • Mozilla Firefox (正式公開されている最新バージョンを推奨) • Google Chrome (正式公開されている最新バージョンを推奨) • Salesforceクラッシックを使用する場合に利用可能なブラウザ • Microsoft Internet Explorer 9, 10, および 11 • Apple Safari 5.x, 6.x および 7.x on Mac OS X • Microsoft Edge for Windows 10 • Mozilla Firefox (正式公開されている最新バージョンを推奨) • Google Chrome (正式公開されている最新バージョンを推奨) 利用可能なブラウザ
  53. 53. • 推奨される設定 • JavaScript / クッキー / TLS1.2の有効化 • TLS1.0の無効化 • 2017年前半にを予定 • それ以降はTLS1.1 / 1.2をサポートしていないブラウザでの
 Salesforceへアクセスは不可となる 利用可能なブラウザ
  54. 54. Q&A もしよろしければ今後の改善のために アンケートにご協力ください http://bit.ly/jp-spring16-dev
  55. 55. Thank you!

×