Basic of virtual memory of Linux

9,768 views

Published on

written in Japanese

Published in: Technology
0 Comments
10 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
9,768
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5,886
Actions
Shares
0
Downloads
70
Comments
0
Likes
10
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Basic of virtual memory of Linux

  1. 1. 組込みエンジニアのためのLinux入門 仮想メモリ編 2007.2.22 original 2012.10.27 revival 小林哲之 1
  2. 2. 注釈• このスライドは2007年に作成して、CELFテク ニカルジャンボリーで発表したものです。• http://tree.celinuxforum.org/CelfPubWiki/JapanTechnicalJamboree13• 内容的には現在でもほぼ通用するので再演 します。 2
  3. 3. このスライドの対象とする方• 今までずっと組込み機器のプロジェクト に携わってきて最近はOSにLinuxを使っ ている方々
  4. 4. このスライドの目的• Linuxの仮想メモリの仕組みを理解し現 在のプロジェクトに役立てる。 – 仕組みを知らなくてもプログラムは動くが、 性能を引き出すためには仕組みの理解が 重要。 4
  5. 5. まず基本の概念から• 仮想~、論理~ virtual, logical – 仮想アドレス、論理デバイス、論理セ クタ、仮想マシン – あたかも ... のように扱う• 実~、物理~ real, physical – 実アドレス、物理デバイス、物理セクタ – そのもの、そのまんま 5
  6. 6. 仮想化: あたかも・・・ 実は• あたかも巨大のようだが、実は少ない。• あたかも平らのようだが、実は凸凹。• あたかもたくさんのようだが、実はひとつ。• あたかも占有しているようだが、実は共有。 仮想化は複雑さや個々に依存することを 隠蔽するマジック。 マジックなので種も仕掛けもある。 = 実と仮想の対応付け(マッピング) あたかもそう見えるように変換している。 6
  7. 7. 仮想化の代償• マイナス面よりもプラス面が勝っている から仮想化を行うわけだが、常にプラス とは限らない。 7
  8. 8. 物理メモリと仮想メモリ• いままでの大抵の組込み機器プロジェクトで は物理メモリしか扱うことがなかった。• 最近は組み込みシステムの規模の増大化に 伴ってLinuxやWindow CEなどPC向けOSの 流れを持つOSを使用することが多くなってき た。これらのOSは仮想メモリシステムを備え ている。• このスライドではLinuxについて説明する。 8
  9. 9. 物理メモリ• 単一のメモリ空間• 機器ごとにROM,RAM,I/Oの ROM 実装アドレスが異なるので それを意識してプログラムする RAM I/O I/O I/O 9
  10. 10. 仮想メモリ• 利点 – ユーザープログラムは実際のメモリマップ(実装アドレス、 実装サイズ)に依存しなくなる。 – 不連続な物理メモリの断片を連続する仮想メモリとして利 用できる。 – メモリ保護:バグによって無関係の部分のメモリが破壊さ れることを防止できる。• 新しい概念の導入 – アドレス変換 – 多重メモリ空間 – デマンドページング 10
  11. 11. 仮想メモリの概念図出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 11
  12. 12. アドレス変換仮想アドレス空間 物理アドレス空間 ROM アドレスy RAM MMU I/O アドレスx Linux kernel I/O がコントロー ル I/O 12
  13. 13. 仮想メモリはCPUの中だけ 仮想アドレス空間 物理アドレス空間 ROM アドレスy RAM MMU アドレスx I/O I/O CPU I/OCPUから外にでてくるアドレスバスにのるのは物理アドレスだけ。ロジアナでは仮想アドレスは観測できない。 13
  14. 14. ユーザープログラムは仮想アドレスだけ 仮想アドレス空間 物理アドレス空間 ROM アドレスy RAM MMU アドレスx I/O I/O CPU I/O 物理アドレスを扱うのはカーネルモードだけ。 つまりカーネル本体とデバイスドライバ。 14
  15. 15. MMUでのアドレス変換 31 22 21 12 11 0仮想アドレス Directory Index Page Table Index Page OffsetPage DirectoryBase Register Page Directory Directory Page Table Entry No page! ... page fault Page Table Page Entry 物理アドレス 15
  16. 16. TLB 仮想アドレスページ 物理アドレスページ ...• Translation Lookaside Buffers• 仮想アドレスをkeyとして物理アドレスを得る ハッシュテーブルのようなもの• 大抵のアドレス変換はTLBにヒットするので 実際にPage Directory, Page Tableをアクセ スせずに済む。 16
  17. 17. 多重メモリ空間プロセスごとに独立した仮想メモリ空間 物理アドレス空間 ROM RAM I/O I/O 17
  18. 18. デマンドページング• ページ単位でマッピングされる – ページのサイズはたいていは4Kbytes• 2段階で行われる 1. 仮想メモリの割り当て(mmap) 管理台帳に登録するだけ 2. 実際にアクセスがあったときに初めて そのページに物理メモリが割り当てられる アクセスのないページには物理メモリが割り当てられないので 仮想メモリサイズ >= 実際に必要な物理メモリサイズ 18
  19. 19. デマンドページングの動作例(1) 仮想アドレス空間 物理アドレス空間read access 対応する 物理ページが ない! ページフォールト発生 カーネルモードへ 19
  20. 20. デマンドページングの動作例(続)(2) 仮想アドレス空間 物理アドレス空間 DMA転送 マッピングカーネルがデータをロードして物理アドレスをマッピングする。 20
  21. 21. デマンドページングの動作例(続)(3) 仮想アドレス空間 物理アドレス空間 data ユーザーモードに復帰。 ユーザープログラムからは何事もなかったように データが読める。 ... でも実際に時間はかかっている。 21
  22. 22. ページキャッシュ 物理アドレス空間ディスクからの読んだ内容はメモリに余裕がある限り保持しておく。シーケンシャルにアクセスされる場合が多いので数ページ分をまとめて先読みを行う。そのため(2)では毎回ディスクアクセスが発生するとは限らない。 22
  23. 23. ページアウト(2)で物理メモリの空きがなかった場合、使用頻度の低いと思われるページを解放する。そのページの内容が変更されていなければそのまま破棄。変更されていればスワップデバイスに掃きだす。 仮想アドレス空間 物理アドレス空間 swap device掃きだす ただし組込みLinuxではswap deviceを装備していないページ ことが多い。 23
  24. 24. ページアウト(続)解放した分のページを使って要求されたページの割り当てを行う。このような「お手玉」をすることで実際に搭載されている物理メモリサイズよりも大きなサイズの仮想メモリを扱うことができる。 仮想アドレス空間 物理アドレス空間 DMA転送 no page 24
  25. 25. ページの共有 仮想アドレス空間プロセスA 物理アドレス空間 同じファイルの同じページは複数の プロセスから共有される。 プロセスB Read onlyのページだけでなく 25 write可のページも。
  26. 26. コピーオンライト プロセスA Write可でプライベートのページに 書き込みが発生すると・・・writeaccess r/w private ページフォルト 発生 read only プロセスB 26
  27. 27. コピーオンライト(続) プロセスAwriteaccess read/write copy read only カーネルはコピーしてページの設定を プロセスB read/writeに変更する 27
  28. 28. プロセスのメモリ空間 process A B C 0x00000000 user space ... 1プロセスあたり約3GBのユーザメモリ空間 TASK_SIZE kernel カーネルの空間は各プロセスで共通。 space カーネルの空間はユーザーモードでは 0xffffffff Read/Write/Execute不可。TASK_SIZEはi386では0xc0000000 プロセス切り替えに伴ってユーザーメモリARMでは 0xbf000000 空間が切り替わる。 28
  29. 29. ユーザプロセスのメモリ空間の実例cat /proc/<PROCESS_ID>/maps00101000-0011a000 r-xp 00000000 fd:00 15172739 /lib/ld-2.4.so0011a000-0011b000 r-xp 00018000 fd:00 15172739 /lib/ld-2.4.so0011b000-0011c000 rwxp 00019000 fd:00 15172739 /lib/ld-2.4.so0011e000-0024a000 r-xp 00000000 fd:00 15172740 /lib/libc-2.4.so0024a000-0024d000 r-xp 0012b000 fd:00 15172740 /lib/libc-2.4.so0024d000-0024e000 rwxp 0012e000 fd:00 15172740 /lib/libc-2.4.so0024e000-00251000 rwxp 0024e000 00:00 008048000-08049000 r-xp 00000000 fd:00 11666681 /home/koba/lab/loop/a.out08049000-0804a000 rw-p 00000000 fd:00 11666681 /home/koba/lab/loop/a.outb7fef000-b7ff1000 rw-p b7fef000 00:00 0b7fff000-b8000000 rw-p b7fff000 00:00 0bffeb000-c0000000 rw-p bffeb000 00:00 0 [stack] アドレス範囲 file offset inode file name r: read device w: write major:minor x: execute s: shared 29 p: private (copy on write)
  30. 30. ユーザプロセスのメモリ空間の実例 (詳細)cat /proc/<PROCESS_ID>/smaps ....0011e000-0024a000 r-xp 00000000 fd:00 15172740 /lib/libc-2.4.soSize: 1200 kBRss: 136 kB RSS = 物理メモリサイズShared_Clean: 136 kBShared_Dirty: 0 kBPrivate_Clean: 0 kBPrivate_Dirty: 0 kB0024a000-0024d000 r-xp 0012b000 fd:00 15172740 /lib/libc-2.4.soSize: 12 kBRss: 8 kBShared_Clean: 0 kBShared_Dirty: 0 kBPrivate_Clean: 0 kBPrivate_Dirty: 8 kB0024d000-0024e000 rwxp 0012e000 fd:00 15172740 /lib/libc-2.4.soSize: 4 kBRss: 4 kBShared_Clean: 0 kBShared_Dirty: 0 kBPrivate_Clean: 0 kBPrivate_Dirty: 4 kB 30 ....
  31. 31. システムコールmmap#include <sys/mman.h>void *mmap(void *start, size_t length, int prot, int flags, int fd, off_t offset);int munmap(void *start, sizt_t length);• ファイルやデバイスをメモリにマップ/アンマップする• 引数 prot – PROT_NONE または PROT_EXEC, PROT_READ, PROT_WRITEのOR演算• 引数 flags – MAP_FIXED, MAP_SHARED, MAP_PRIVATE, MAP_ANONYMOUS, ... 31
  32. 32. mmapのtips• MAP_FIXEDを指定しなければカーネルが空 いているページをさがしてくれる。• MAP_FIXEDを指定したときに既存のページ と重なっていたら、そのページは内部的に munmapされる。 – なのでこのオプションは通常は使用しない。• ファイルのオフセットはページサイズの整数 倍でなければならない。• mmapとmunmapのアドレス、サイズは一致 していなくてもよい。 32
  33. 33. mmapの使い方(1)• 巨大サイズのmallocの代用 – コンパクションなどデータのコピーが発生しない。 – malloc/freeと違ってmunmapするときのaddr, size はmmapで確保したときと異なっていてもよい。 • まとめて1回のmmapで確保して少しづつ分割し てmunmapで返却するのもあり。 – glibcのmallocの実装ではある一定以上のサイズ のmallocはmmapを呼び出す。 • DEFAULT_MMAP_THRESHOLD = (128*1024) 33
  34. 34. mmapの使い方(2)• 高速なファイルアクセス – read, writeのシステムコールでは内部で物 理ページにバッファリングしている。そこか らユーザの指定した配列にコピーしている 。 – mmapを使うことで直接ページにアクセス できるようになるのでデータのコピーを減ら すことができる。 – Java1.4の java.nio.MappedByteBuffer 34
  35. 35. mmapの使い方(3)• プロセス間の共有メモリ – 複数のプロセスから同じファイルをR/W可 sharedでマッピングする。 – IPCの共有メモリのシステムコール (shmget, shmat,..)は内部で同様のことを 行っている。 35
  36. 36. mmapの使い方(4)• 物理メモリ、I/Oポートのアクセス – デバイスファイル /dev/mem をマッピング することでユーザーモードで物理メモリ空 間をread/writeすることが可能。 – /dev/memをアクセスするにはrootの権限 が必要。 36
  37. 37. まとめ• 仮想メモリの使用量と物理メモリの使用 量は異なる。実際に問題になるのは物 理メモリの使用量。• 仮想メモリのオーバーヘッドはいつ発生 するのかを意識する。 – TLBミス – ページフォルト• システムコールmmapの活用。 37
  38. 38. 参考文献• Linux kernel ソース http://www.kernel.org/• GNU C ライブラリのソース http://www.gnu.org/software/libc/• “詳解LINUXカーネル 第2版” オライリージャパン• “Linuxカーネル2.6解読室” SoftBank Creative• Linux manコマンド• その他たくさんのWEB検索結果 38
  39. 39. 2007年当時 おまけ:最近の話題• CELFのBootTimeResourcesより – KernelXIP NORフラッシュが – ApplicationXIP 使われなくなったため あまり聞かなくなった。 – (DataReadInPlace)• CELFのMemoryManagementResoucesより – Huge/large/superpages – Page cache compression → zramの名前でメインライン 化。 3.8ではstaging卒業の見込 み。 39

×