Your SlideShare is downloading. ×
Social Conference 2011
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Saving this for later?

Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime - even offline.

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

Social Conference 2011

496
views

Published on

申し込み数が1000名を超えたSocial Conference2011 にて如何にソーシャルメディアによるプロモーションを実施したか。

申し込み数が1000名を超えたSocial Conference2011 にて如何にソーシャルメディアによるプロモーションを実施したか。

Published in: Business

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
496
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Social Conference 2011. Twitter ID : @takashi_ohmoto Offical Site : http://assioma.jp/SocialConference/ Blog : http://blogs.itmedia.co.jp/assioma/ Facebook : http://www.facebook.com/SocialConference DATE 2011/04/15. Copyright (C) 2011 copyrights. Takashi.Ohmoto All Rights Reserved.
  • 2. ソーシャルメディアを最大限に活用 Twitter Blog:ASSIOMA Facebookページ ・大元隆志・ソーシャルカンファレンス ソーシャルカンファレンス 公式ウェブサイト
  • 3. 実績と告知費用 来場者 400名 Ustream視聴者 200名 合計 600名以上の人がイベントに参加・視聴 告知費用 : Facebook広告 1万2千円 但し、クリック数は10 orz
  • 4. 告知では無く”巻き込む”事を意識仮説 広告では伝わらない。 何故なら、人間は「広告」と感じれば、五感でフィルターが働く。 � � 激安!! 凄い!! � 広告 � � 大人気!! どんなキャッチャーな言葉を並べた所で、 「心」に入り込む事が出来ない。 広告=宣伝というブランディングが成立している。
  • 5. 施策1:聴衆のファン化 1:聴衆のファン化 期待した効果  面白そう → 参加している  投票して貰う事で、コンセプトを  一緒に考えて貰い、「興味本位」から  「参加者」になって貰う。 成果  得票数 300票以上  ファン数 127名→250名(197%)  ファン獲得費用 0
  • 6. 施策2:”感じて”貰う伝えたかったこと - 登壇者の質の高さ - イベント全体の温かさ - スタートアップとビッグネーム、参加者全員の一体感   力を合わせれば、まだまだ前に進めるんじゃね? 言葉にすると ・出演者が豪華! ・絆で云々、共感で云々 ・みんなで作ろう! やっすっっ!! 言葉(メッセージ)以外で伝えよう 
  • 7. 施策2:”感じて”貰うために質の高さ  この登壇者 凄い! !高級感のあるロゴ・サイトデザイン “凄い”という口コミをピックアップ温かさ  暖色により視覚で感じて貰う “物語”で、背景や想いを伝える一体感  “いいね”や”呟き”の行動で”応援” 一緒にコンセプトを考えて貰う している気持ちが生まれる
  • 8. ソーシャルメディアは単なるツール 私の仕事は”提案をお客様に訴求するのが仕事” 提案をお客様に訴求するのが仕事 多くの人に与えられた条件で訴求するための 手段として都合が良かった →もっとお金とかあったら別の手段もあったと思う ソーシャルメディアを活用する事が”目的”では無かった 
  • 9. とは言ったものの… 次も同じ方法で上手く行くかはわからない。 運、タイミング、ネームバリュー、天候、etc しかし、Try & Errorが幾つも試せるのが Errorが幾つも試せるのが ソーシャルメディアの利点。 効果が無ければ、違う方法を試せば良い。 なんせ0だし なんせ
  • 10. 1つだけ言える確実な成功要素 支えて、実行してくれた、 “仲間”に恵まれたから
  • 11. 生立ち:きっかけはASSIOMA勉強会 ASSIOMA勉強会 - 講演は無料で毎月一回開催。   学生、新社会人でも「学びたい」人が気楽に参加可能であり、   世代間を超えた議論を行う場を提供する事を目的としています。  ASSIOMA ASSIOMA勉強会 理念   ・3年先の未来を考える、アントレプレナーである。   ・真に人々の成長に貢献し、自律した社会造りを目指する。   ・難解な言葉や表現を排除する。   ・人々の希望を叶えるために活動する。 上記、理念を掲げ、その理念に共感頂いた各界のプロフェッショナルにご登壇頂きます。歴代講師陣 大元隆志 孫泰蔵様 ループス ループス バンダイナムコ  (株)コロプラ 斉藤徹様 岡村直人様 定元邦浩様 長谷部 潤様
  • 12. 二つ目のプロジェクト ソーシャルカンファレンスに続く “絆”を形にプロジェクト第二弾 - 現場目線で作る”学べる”ブログメディア - 現場目線で作る” 学べる” A S S I O M A - 三年先の未来を創造する -
  • 13. こちらも宜しくお願いします!