Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Twitterインフルエンサー影響力測定サービスの現状と課題

9,154 views

Published on

2012/7/14 第20回データマイニング+WEB@東京発表資料

Published in: Technology
  • please reply in my private box(joy.andrew28@yahoo.com)

    Hello

    Iam joy andrew a good looking girl i am humble and cool
    above all i am loving and caring i have gone through your profile
    treuly it is quite intresting to me i will like to have a good relationship
    with you so kindly get incontact
    with me through this address (joy.andrew28@yahoo.com)
    so that i can tell you more about myself and also give you my picture hope to hear from you soon joy
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

Twitterインフルエンサー影響力測定サービスの現状と課題

  1. 1. 2012 年 7 月 14 日第 20 回 データマイニング +Web@ 東京 「ソーシャル・大規模解析祭り」 Twitter インフルエンサー影響 力測定サービスの現状と課題 株式会社ホットリンク 浅野 弘輔
  2. 2. 自己紹介 浅野弘輔(あさの ひろすけ) http://twitter.com/hirosuke_asano自作のアイコン→ http://www.facebook.com/asanohirosuke
  3. 3. 自己紹介 株式会社ホットリンクで企画・営業支援 浅野弘輔(あさの ひろすけ) http://twitter.com/hirosuke_asano自作のアイコン→ http://www.facebook.com/asanohirosuke
  4. 4. 自己紹介 株式会社ホットリンクで企画・営業支援 ソーシャルメディア分析ツール      の  企画・開発を担当 浅野弘輔(あさの ひろすけ) http://twitter.com/hirosuke_asano自作のアイコン→ http://www.facebook.com/asanohirosuke
  5. 5. 自己紹介 株式会社ホットリンクで企画・営業支援 ソーシャルメディア分析ツール      の  企画・開発を担当 大学・大学院時代では統計工学を専攻。研究はデ ータマーケティング 浅野弘輔(あさの ひろすけ) http://twitter.com/hirosuke_asano自作のアイコン→ http://www.facebook.com/asanohirosuke
  6. 6. 自己紹介 株式会社ホットリンクで企画・営業支援 ソーシャルメディア分析ツール      の  企画・開発を担当 大学・大学院時代では統計工学を専攻。研究はデ ータマーケティング ウェブとデータとゲームが大好物! 浅野弘輔(あさの ひろすけ) http://twitter.com/hirosuke_asano自作のアイコン→ http://www.facebook.com/asanohirosuke
  7. 7. インフルエンサー【 Influencer 】インフルエンサーとは、ブログ、 SNS 、コミュニティ・サイトなどの CGM の中で、ほかの消費者に対して“カリスマ”的に大きな影響を与える人を指す。 日経 ITPro ネットマーケティング・キーワードより
  8. 8. なぜインフルエンサーが重要か企業メディアユーザー
  9. 9. なぜインフルエンサーが重要か企業 大量の 広告メッ セージメディアユーザー
  10. 10. なぜインフルエンサーが重要か企業 大量の 広告メッ セージメディア 飽き 抵抗感ユーザー
  11. 11. なぜインフルエンサーが重要か企業 大量の 広告メッ セージメディア 飽き 抵抗感 刺さら ないユーザー
  12. 12. なぜインフルエンサーが重要か企業メディア ソーシャルメディアユーザー
  13. 13. なぜインフルエンサーが重要か企業メディア ソーシャルメディア インフルエンサーユーザー
  14. 14. なぜインフルエンサーが重要か企業メディア 発見 紹介 ソーシャルメディア インフルエンサーユーザー
  15. 15. なぜインフルエンサーが重要か企業メディア 発見 紹介 ソーシャルメディア インフルエンサーユーザー 伝播 バイラル
  16. 16. なぜインフルエンサーが重要か 企業のメッセージが刺さらなくなってきた ◦ 大量の広告に飽きた ◦ メディアが多様化し情報が爆発的に増えた ◦ 商業的な目的が見え透いてしまう ソーシャルグラフからの情報を重視 ◦ 知り合いや自分の関心のある人など信頼できる人 ◦ 体験や生の声を重視 ◦ 検索エンジンを経由しない情報発見 インフルエンサー ◦ ソーシャルメディア上で多くの人の関心・信頼を集める ◦ 情報の起点になったり、バイラルの起爆剤になったり 検索順位などにも影響 ◦ ページの質を「ソーシャルシグナル」として評価 ◦ 発言者も Author authority(Google), Social authority(Bing) として重要度 の判定に影響 ◦ スパム的なフォロワー数稼ぎは検索エンジン側で排除
  17. 17. なぜインフルエンサーが重要か 企業のメッセージが刺さらなくなってきた ◦ 大量の広告に飽きた ◦ メディアが多様化し情報が爆発的に増えた ◦ 商業的な目的が見え透いてしまう ソーシャルグラフからの情報を重視 ◦ 知り合いや自分の関心のある人など信頼できる人 ◦ 体験や生の声を重視 ◦ 検索エンジンを経由しない情報発見 インフルエンサー ◦ ソーシャルメディア上で多くの人の関心・信頼を集める ◦ 情報の起点になったり、バイラルの起爆剤になったり 検索順位などにも影響 ◦ ページの質を「ソーシャルシグナル」として評価 ◦ 発言者も Author authority(Google), Social authority(Bing) として重要度 の判定に影響 ◦ スパム的なフォロワー数稼ぎは検索エンジン側で排除
  18. 18. なぜインフルエンサーが重要か 企業のメッセージが刺さらなくなってきた ◦ 大量の広告に飽きた ◦ メディアが多様化し情報が爆発的に増えた ◦ 商業的な目的が見え透いてしまう ソーシャルグラフからの情報を重視 ◦ 知り合いや自分の関心のある人など信頼できる人 ◦ 体験や生の声を重視 ◦ 検索エンジンを経由しない情報発見 インフルエンサー ◦ ソーシャルメディア上で多くの人の関心・信頼を集める ◦ 情報の起点になったり、バイラルの起爆剤になったり 検索順位などにも影響 ◦ ページの質を「ソーシャルシグナル」として評価 ◦ 発言者も Author authority(Google), Social authority(Bing) として重要度 の判定に影響 ◦ スパム的なフォロワー数稼ぎは検索エンジン側で排除
  19. 19. なぜインフルエンサーが重要か 企業のメッセージが刺さらなくなってきた ◦ 大量の広告に飽きた ◦ メディアが多様化し情報が爆発的に増えた ◦ 商業的な目的が見え透いてしまう ソーシャルグラフからの情報を重視 ◦ 知り合いや自分の関心のある人など信頼できる人 ◦ 体験や生の声を重視 ◦ 検索エンジンを経由しない情報発見 インフルエンサー ◦ ソーシャルメディア上で多くの人の関心・信頼を集める ◦ 情報の起点になったり、バイラルの起爆剤になったり 検索順位などにも影響 ◦ ページの質を「ソーシャルシグナル」として評価 ◦ 発言者も Author authority(Google), Social authority(Bing) として重要度 の判定に影響 ◦ スパム的なフォロワー数稼ぎは検索エンジン側で排除
  20. 20. Twitter インフルエンサー影響力測定サービスとは 「発言に影響力がある」 ◦ って言うのはなんとなく分かりますよね ? Twitter は反応 (Tweet) やソーシャルグ ラフがオープン じゃぁ、測ってみようぜ
  21. 21. Twitter インフルエンサー影響力測定サービスとは いちばん簡単な影響力の測り方Twitter での影響力 発言が届く範囲 フォロワー数
  22. 22. Twitter インフルエンサー影響力測定サービスとは いちばん簡単な影響力の測り方フォロワー数 ・フォロースパムによる水増し ・発言なんてホントは見てないユーザー ・人ですらない Twitter bot
  23. 23. Twitter インフルエンサー影響力測定サービスとは いちばん簡単な影響力の測り方フォロワー数 ・フォロースパムによる水増し ・発言なんてホントは見てないユーザー ・人ですらない Twitter bot指標としてあまり参考にならない
  24. 24. 影響力測定サービス紹介 http://klout.com/#/hirosuke_asano
  25. 25.  2009/9 創業。日本では 2010 年くらいから 知られる 最初 Twitter, 後に Facebook,Google+,LinkedIn など対応範囲を広げる 総合でスコアリングして、現在は Facebook の重みが強い
  26. 26.  True Reach( 確実なリーチ) ◦ フォロワーの中からスパム、ボット、休止ア カウントなどを除いたもの Amplification( 増幅確率 ) ◦ 発信したメッセージにリアクション ( リツィ ート、メンション、 いいね!等)が付く期 待値 Network( ネットワーク ) ◦ リアクションしてくれる人の持つ影響力
  27. 27. 共有 創造 広範 まとめ人 拡散する人 流行の発信者 有名人参加 情報発掘人 情報を流す人 思想的リーダー 情報通 ふつーに 使っている人 おしゃべり好き 人間関係のハブ 人脈持ち聴講 集中 ROM 専 情報を探す人 活動家 専門家 カジュアル 一貫
  28. 28.  インフルエンサー評価の先駆けとして強い 存在感がある 2011/10 くらいに Facebook の重みが大きく なり、日本人ユーザーのスコアが軒並み下 がったため、日本での人気は下がった ソーシャルメディア管理ツールやキャンペ ーンでの利用で展開
  29. 29. http://kred.com/hirosuke_asano
  30. 30.  PeopleBrowsr 社が 2011 年から提供開始 Twitter,Facebook,LinkedIn に対応 総合スコア (Global Kred) 以外にジャンル別 のスコアがある。 API を使って分析済みデータや蓄積データ にアクセス可能
  31. 31.  ジャンル別スコア
  32. 32.  インフルエンス ◦ 発信したメッセージにフレンドのリアク ションが付く期待値 アウトリーチ ◦ 発信したメッセージをフレンド以外が共 有する期待値
  33. 33.  日本ではあまり知られていない API で対象アカウント以外にも、キーワー ドベースの抽出・分析も可能 API は従量料金で利用可能
  34. 34. http://qru.st/twitter/hirosuke_asano
  35. 35.  宇宙会社ソエンドが 2012 年から提供開始 ◦ (地球運営は Overtex) Twitter,Facebook に対応 ( スコアは個別) 日本人ユーザー 600 万アカウントを解析 スコアの鮮度が高い。(サボるとすぐ下がる)
  36. 36.  多様な評価指標 パーセンタイル評価
  37. 37.  日本のソーシャルメディアユーザーに合わ せたチューニング ソーシャル・エンドースメントサービス (人を媒体とした広告・ PR マッチングサ ービス) 「ソエンド」と連携 API を使ったサービスの日本国内実績(後述)
  38. 38. 影響力測定の考え方 データ ◦ ユーザー情報(基本変化が無い)  名前、自己紹介  フォロー数、フォロワー数、 tweet 数(集計値 ) ◦ ソーシャルグラフ(徐々に変化)  フォロー、フォロワー、リスト ◦ アクティビティ(日々流れている)  Tweet 、メンション、リツィート  いいね!シェア( Facebook)
  39. 39. 影響力測定の考え方 自分からのアクション ◦ 話題の傾向や、コミュニケーションのスタイル (会話型、共有型、発信型 etc... )を評価 周りからのリアクション ◦ 周りの反応として、影響力を評価 ◦ 反応の無い Tweet より、リアクションがあった Tweet が周囲の評価と考える
  40. 40. 影響力測定の考え方 たまたまの Hit より期待値 ◦ 炎上などで一時的にリアクションが増えること がある ◦ ある程度の継続的な再現性が重要 ばらつきの考慮 ◦ 正規分布や綺麗な分布を前提としない  (全ユーザーが一つの分布にしたがう母集団であると考 える方が不自然) ◦ 有名人でも振り切れないように ◦ 普通の人でも差がつくように
  41. 41. 影響力測定の考え方 正解は存在しない ◦ 所詮人間の評価なので正解は無い ◦ サービス毎に評価方針(思想)があるだけ ◦ ユーザーは実感や手ごたえとの差(違和感)で 判断しましょう
  42. 42. 影響力測定の制約 データの取得についての制約 ◦ API のアクセス量制限  1 アクセス元からの API のコール数が決められている  アクセス許可制限が緩いホワイトリストは取得困難  全量取得しようとすると直接契約かデータプロバイダ (Gnip,DataShift 等)と契約 ◦ 1回あたりの取得制限  量が多いリストはページングが発生(アクセス数増) ◦ 情報の時間的な制約  アクティビティは古いのものが取れない
  43. 43. 影響力測定の制約 恒常的にかかるサーバーコスト ◦ 分析やデータ収集は常に動いているので、「必 要なだけ使う」が出来ない。クラウドでも利用 コストはかなり高い ◦ ユーザーが使う、使わないに関係なく、分析対 象のボリュームに比例 データの更新頻度の判断 ◦ データの更新頻度が高いと情報の鮮度と精度が 高まるが、頻度に反比例して負荷が増える スモールスタートが難しい ◦ 最初にある程度のサンプル数、データ量が無い とサービスとして成り立たない
  44. 44. 影響力測定の制約 オープン / クローズによる制約 ◦ オープンなデータ  Twitter の Tweet, ソーシャルグラフ  大量のサンプルが取得できる  母集団の分布を考慮した調整  サービスの制約  広い範囲に対して、検索や比較などが出来る  社会的なテーマの研究が出来る ◦ クローズドなデータ  Facebook のほとんどのデータ  Twitter のリアクション(メンション、リツィート)  対象ユーザーのオプトイン(認証)が必要  サンプルが偏る  サービスの制約  検索や比較などが、取得範囲内に限定  診断や、管理アカウントレポート系のサービスに向いている
  45. 45. 影響力を使ったサービス 最近の仕事を紹介 株式会社オプトが提供 開発はホットリンク(担当しました) 影響力スコアに Qrust を採用 企業向けなので一般公開はしていません。
  46. 46.  キーワード検索で発信した内容を絞り込み 様々な切り口でのソーティング、絞り込み ◦ 総合的な影響力 (Powerd by Qrust) ◦ 得意なカテゴリー( Powerd by Hottolink ) ◦ フォロワーのプロフィール構成( Pocwerd by KDDI Lab ) マーケティングでの利用を意識した分析
  47. 47. デモします
  48. 48. ちょっとオフトピ インフルエンサー影響度測定とは違う影響度測定 ◦ ある話題(キーワード , 期間)の中での伝播の中心人物を 特定 時系列伝播図 ネットワーク図 ◦ あくまで、発生した話題の範囲での分析 ◦ クチコミ@係長でやっています。
  49. 49. 今後の課題はちょっとアレなので会場発表のみです ごめんなさい!
  50. 50. ご清聴 ありがとう ございました 浅野弘輔(あさの ひろすけ) http://twitter.com/hirosuke_asano自作のアイコン→ http://www.facebook.com/asanohirosuke
  51. 51.  参考『 Twitter 上の影響力を数値化する Klout Score の全容を解明してみた』【オルタナティブブログ - インフラ投資ジャーナル /Infra Japan 】http://blogs.itmedia.co.jp/serial/2010/03/twitterklout-sc.html 『 Klout Style の説明文を日本語に置き換えてみた』 【避難所的ブログ】 http://d.hatena.ne.jp/mstyrikm/20110929/1317251712『 Klout スコアがグレードアップ。今後の展開も考えてみた』【オルタナティブブログ - ショック・アブソーバー】http://blogs.itmedia.co.jp/kojifukuda/2011/06/klout-e343.html『日本に Klout はなじまない』【 Social Media Experience 】http://socialmediaexperience.jp/1853
  52. 52.  参考『ソーシャルメディアでの影響度を計測してくれる Kred が API を提供』【 TechCrunch Japan 】http://jp.techcrunch.com/archives/jp20120523kred-api/  参考『スコアリング分析サービス』【ソエンド - ソーシャル・エンドースメント・サービス】http://soen.do/contents/services/qrust-pro
  53. 53. 影響力測定の課題 参考(問題意識で共感できたもの的な意味で)『インフルエンサーより「仲のいい少人数グループ重視」の時代へ 書評「 Grouped 」【湯川】』【 TechWave 】http://techwave.jp/archives/51739226.html『“ Salon” の行き詰まりが見えてきた?』『「ファッション × IT 」と言う前に』【 Reddie Red 】http://reddie-red.com/?p=65http://reddie-red.com/?p=68

×