はじめての github github で自作のアプリを公開しよう!
自己紹介名前:           濱田康貴HN:           (っ´∀`)っ ゃーTwitter ID:   @nullpopopoFacebook:     http://www.facebook.com/nullpopopo職業:...
githubって何?•   gitのプロジェクトホスティングサービス•   100MBまで無料で使える•   gitリポジトリを自分で作って公開できる•   WEB上から変更履歴などが参照可能•   githubで公開されている他のOSSのコー...
github でモテモテ!と希望に燃える         自分で作ったアプリ         を公開したい!
現実は厳しい・・・。    どうしたらいいのか    わからん!
用意するもの•   開発環境 ( 本スライドではCentOS 6.2を想定しています )     • openssh がインストール済であること     • rpmforgeリポジトリをインストールすること ( 本スライドに手順掲載 )    ...
rpmforge リポジトリをダウンロードするwget http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.x86_64.rpm
git パッケージをインストールするsudo yum --enablerepo=rpmforge install git
SSH鍵ペアを作成する1) すでに鍵ペアがあった場合、上書きしないように .ssh ディレクトリをバックアップする$ [ -d ${HOME}/.ssh ] && cp -pr ${HOME}/.ssh ${HOME}/DOT.ssh.$(da...
githubにアクセスする https://github.com
githubアカウントを作成する             Plans, Pricing and             Signup をクリック
githubアカウントを作成する             Create a free             account をクリック
githubアカウントを作成する          ユーザ名、メールアドレス、パ          スワードを入力し、画面下にあ          る緑色の「Create an          account」ボタンをクリックする
リポジトリを作ってみようリポジトリとは•   ソースコードやドキュメントなどをまとめて保管するディレクトリ•   複数人で開発するときは、リポジトリからソースコードを取り出して手元の開    発環境で編集し、コミットすることでリポジトリに反映される
リポジトリを作ってみよう        Create a Repository リンク        を押下する
リポジトリを作ってみよう   プロジェクト名、説明(任意)、ホームページURL(任意)を   入力し、Create Repository リンクを押下する
リポジトリを作ってみよう    リポジトリ作成後こんな画面になります
リポジトリを作ってみよう  画面右上の「Account Settings」をクリックします
リポジトリを作ってみよう      名前、メールアドレス、WEBサイト、会社      名、住所 の欄を埋めます (任意)
リポジトリを作ってみよう      Account Settings をクリックします
リポジトリを作ってみよう   APIトークンが発行されているか確認します
リポジトリを作ってみよう        SSH Keys をクリックします
リポジトリを作ってみよう       Add SSH key をクリックします
リポジトリを作ってみよう        Title に任意のタイトルをつけ       Key 欄に ssh-keygen コマンドで       作成した公開鍵 (id_rsa.pub) を            コピペして登録します
リポジトリを作ってみよう公開鍵登録後に、githubアカウントのパスワード入力を求められます。    鍵ペアのパスワードではないことに注意してください。
リポジトリを作ってみよう リポジトリの中を見てみます
リポジトリを作ってみよう       githubのユーザ名とメールアドレスが             登録されたか確認します
リポジトリを作ってみようリポジトリ作成後、開発サーバで以下のコマンドを実行します全体的な設定: gitの設定  git config --global user.name "githubのユーザ名"  git config --global u...
成果物をアップロード しよう!
初期設定  git config --global user.name "githubのユーザ名"  git config --global user.email "githubに登録したメールアドレス"これらは最初に1回やっておけばOKです。...
開発サーバでリポジトリを新規作成する例) NABEATSU というリポジトリを作成してみる mkdir NABEATSU cd NABEATSU git initリポジトリ名と開発サーバに作るディレクトリ名は必ずしも同じでなくてもよいらしいです...
READMEファイルを新規作成する touch READMEREADMEファイルは、ファイル名を大文字にして作成します。この中に書き込んだテキストをローカルリポジトリにコミットし、リモートリポジトリにpushする(反映させる)までは、githu...
READMEファイルをローカルリポジトリにコミットする git add README git commit -m first commitコミット後、次のページに表示するようにコミット後のメッセージをchangelogに書くよう、編集画面が出て...
コミット終了後の画面はこんな感じになります
ローカルリポジトリにgithubのリポジトリをリモートとして登録する例) oresama アカウントで NABEATSU というリポジトリに登録する場合 git remote add origin git@github.com:oresama/...
ローカルリポジトリからリモートリポジトリへ修正内容を反映させるgit push origin masterローカルリポジトリで何かしら編集し、リモートリポジトリへ反映させる都度に実行します。
それではプログラムを作成してpushしてみましょう
ここでは例として、binディレクトリの下にシェルスクリプトを作ります。 mkdir bin cd bin vi 3.sh # 成果物 3.sh を編集します cd ../ここまでできたら、pushしてみましょう。 git add * git c...
リポジトリ内にbin ディレクトリが    できました
ソースコードもしっかりアップロード  されています
ね、簡単でしょう?
はじめてのgithub
はじめてのgithub
はじめてのgithub
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

はじめてのgithub

24,738

Published on

2012/04/22 yandodさんの指摘事項を反映しました。

Published in: Technology
2 Comments
62 Likes
Statistics
Notes
  • ひゃあ!><
    失礼いたしました。週末に修正いたします。。。
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • いつの資料かわかりませんが、githubにはissuesがあるのでバグトラッキングシステムが無いわけではないですよね。
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
No Downloads
Views
Total Views
24,738
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
13
Actions
Shares
0
Downloads
174
Comments
2
Likes
62
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

はじめてのgithub

  1. 1. はじめての github github で自作のアプリを公開しよう!
  2. 2. 自己紹介名前: 濱田康貴HN: (っ´∀`)っ ゃーTwitter ID: @nullpopopoFacebook: http://www.facebook.com/nullpopopo職業: インフラエンジニア趣味: 勉強会運営 自転車 Linux7つ道具: vim awk grep ps netstat パイプ リダイレクト将来の夢: geek団地 (iDC併設) 建設
  3. 3. githubって何?• gitのプロジェクトホスティングサービス• 100MBまで無料で使える• gitリポジトリを自分で作って公開できる• WEB上から変更履歴などが参照可能• githubで公開されている他のOSSのコードをforkして開発することが可能• ただしバグトラッキングシステムがない• バグトラッキングはIssueでできます※ 出展: はてなキーワード http://d.hatena.ne.jp/keyword/GitHub
  4. 4. github でモテモテ!と希望に燃える 自分で作ったアプリ を公開したい!
  5. 5. 現実は厳しい・・・。 どうしたらいいのか わからん!
  6. 6. 用意するもの• 開発環境 ( 本スライドではCentOS 6.2を想定しています ) • openssh がインストール済であること • rpmforgeリポジトリをインストールすること ( 本スライドに手順掲載 ) • git パッケージをインストールすること ( 本スライドに手順掲載 )• メールアドレス
  7. 7. rpmforge リポジトリをダウンロードするwget http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.x86_64.rpm
  8. 8. git パッケージをインストールするsudo yum --enablerepo=rpmforge install git
  9. 9. SSH鍵ペアを作成する1) すでに鍵ペアがあった場合、上書きしないように .ssh ディレクトリをバックアップする$ [ -d ${HOME}/.ssh ] && cp -pr ${HOME}/.ssh ${HOME}/DOT.ssh.$(date +%Y%m%d)2) ssh-keygenコマンドで鍵ペアを作成する$ ssh-keygenGenerating public/private rsa key pair.Enter file in which to save the key (/home/oresama/.ssh/id_rsa):/home/oresama/.ssh/id_rsa already exists.Overwrite (y/n)? y 既に鍵があれば上書きEnter passphrase (empty for no passphrase): してよいか尋ねられるEnter same passphrase again:Your identification has been saved in /home/oresama/.ssh/id_rsa.Your public key has been saved in /home/oresama/.ssh/id_rsa.pub.The key fingerprint is:2d:XX:c6:25:01:0a:29:XX:b2:a7:59:XX:dc:ad:XX:29 oresama@dev00.example.comThe keys randomart image is:
  10. 10. githubにアクセスする https://github.com
  11. 11. githubアカウントを作成する Plans, Pricing and Signup をクリック
  12. 12. githubアカウントを作成する Create a free account をクリック
  13. 13. githubアカウントを作成する ユーザ名、メールアドレス、パ スワードを入力し、画面下にあ る緑色の「Create an account」ボタンをクリックする
  14. 14. リポジトリを作ってみようリポジトリとは• ソースコードやドキュメントなどをまとめて保管するディレクトリ• 複数人で開発するときは、リポジトリからソースコードを取り出して手元の開 発環境で編集し、コミットすることでリポジトリに反映される
  15. 15. リポジトリを作ってみよう Create a Repository リンク を押下する
  16. 16. リポジトリを作ってみよう プロジェクト名、説明(任意)、ホームページURL(任意)を 入力し、Create Repository リンクを押下する
  17. 17. リポジトリを作ってみよう リポジトリ作成後こんな画面になります
  18. 18. リポジトリを作ってみよう 画面右上の「Account Settings」をクリックします
  19. 19. リポジトリを作ってみよう 名前、メールアドレス、WEBサイト、会社 名、住所 の欄を埋めます (任意)
  20. 20. リポジトリを作ってみよう Account Settings をクリックします
  21. 21. リポジトリを作ってみよう APIトークンが発行されているか確認します
  22. 22. リポジトリを作ってみよう SSH Keys をクリックします
  23. 23. リポジトリを作ってみよう Add SSH key をクリックします
  24. 24. リポジトリを作ってみよう Title に任意のタイトルをつけ Key 欄に ssh-keygen コマンドで 作成した公開鍵 (id_rsa.pub) を コピペして登録します
  25. 25. リポジトリを作ってみよう公開鍵登録後に、githubアカウントのパスワード入力を求められます。 鍵ペアのパスワードではないことに注意してください。
  26. 26. リポジトリを作ってみよう リポジトリの中を見てみます
  27. 27. リポジトリを作ってみよう githubのユーザ名とメールアドレスが 登録されたか確認します
  28. 28. リポジトリを作ってみようリポジトリ作成後、開発サーバで以下のコマンドを実行します全体的な設定: gitの設定 git config --global user.name "githubのユーザ名" git config --global user.email "githubに登録したメールアドレス" ※ 公開鍵登録を忘れないでね次のステップ: mkdir <リポジトリ名> cd <リポジトリ名> git init touch README git add README git commit -m first commit git remote add origin git@github.com:<アカウント名>/<リポジトリ名>.git git push -u origin master
  29. 29. 成果物をアップロード しよう!
  30. 30. 初期設定 git config --global user.name "githubのユーザ名" git config --global user.email "githubに登録したメールアドレス"これらは最初に1回やっておけばOKです。ただし、同じサーバで複数のgithubアカウントを切り替えて使う場合は、都度実行する必要があります。
  31. 31. 開発サーバでリポジトリを新規作成する例) NABEATSU というリポジトリを作成してみる mkdir NABEATSU cd NABEATSU git initリポジトリ名と開発サーバに作るディレクトリ名は必ずしも同じでなくてもよいらしいですが、後でわかりにくくなるので同じ名前にしておいたほうが無難でしょう。
  32. 32. READMEファイルを新規作成する touch READMEREADMEファイルは、ファイル名を大文字にして作成します。この中に書き込んだテキストをローカルリポジトリにコミットし、リモートリポジトリにpushする(反映させる)までは、githubからは存在しないものとして扱われます。
  33. 33. READMEファイルをローカルリポジトリにコミットする git add README git commit -m first commitコミット後、次のページに表示するようにコミット後のメッセージをchangelogに書くよう、編集画面が出てきます。デフォルトのエディタが立ち上がるので、コミットメッセージを残しましょう。
  34. 34. コミット終了後の画面はこんな感じになります
  35. 35. ローカルリポジトリにgithubのリポジトリをリモートとして登録する例) oresama アカウントで NABEATSU というリポジトリに登録する場合 git remote add origin git@github.com:oresama/NABEATSU.gitこのコマンドは、リポジトリを作成して最初に実行するだけでOKです。ローカルリポジトリで何かしら編集するたびに実行する必要はありません。
  36. 36. ローカルリポジトリからリモートリポジトリへ修正内容を反映させるgit push origin masterローカルリポジトリで何かしら編集し、リモートリポジトリへ反映させる都度に実行します。
  37. 37. それではプログラムを作成してpushしてみましょう
  38. 38. ここでは例として、binディレクトリの下にシェルスクリプトを作ります。 mkdir bin cd bin vi 3.sh # 成果物 3.sh を編集します cd ../ここまでできたら、pushしてみましょう。 git add * git commit git push -u origin master
  39. 39. リポジトリ内にbin ディレクトリが できました
  40. 40. ソースコードもしっかりアップロード されています
  41. 41. ね、簡単でしょう?
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×