Your SlideShare is downloading. ×
第7回 「東南アジアの円借款業務と環境影響審査」資料 1/2 (本橋氏)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Saving this for later?

Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime - even offline.

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

第7回 「東南アジアの円借款業務と環境影響審査」資料 1/2 (本橋氏)

883
views

Published on

【IDDP2008-09 第7回勉強会】 議事録 …

【IDDP2008-09 第7回勉強会】 議事録

「東南アジアの円借款業務と環境影響審査」

日時:2009年5月30日(土) 午後2時30分~4時30分
場所: ロンドン大学SOAS

講師:


本橋 光徳 氏
(現在Imperial College Londonにて Environmental Technology 修士課程在籍)

青木 一誠 氏 (現在University of SussexにてEnvironment, Development and Policy 修士課程在籍)

主催: 英国開発学勉強会(IDDP)

http://iddp.dreamblog.jp/

Published in: Education

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
883
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. IDDP第7回勉強会 東南アジアの円借款業務と環境影響審査 Imperial College London 本橋光徳
  • 2. 0. はじめに 趣旨 開発援助機関の職員がどのようなことを考えて 何をしているか一例の紹介 内容 東南アジア向けのプロジェクトに即した円借款 業務の紹介(本橋) 環境社会配慮確認のための業務の紹介(青木)
  • 3. 0.はじめに 1. 円借款について 2. 担当部署に配属されると 3. 2000年代前半当時の状況 4. 誰と一緒に仕事をするか 5. 何をどうするか 6. 審査の視点 7. どういうことを考えているか Disclaimer
  • 4. 1. 円借款について 経済協力 ODAとは 政府または政府機関に よって供与され、途上国 政府開発援助(ODA) の経済開発や福祉の向上 に寄与することを主たる そ 目的とした、譲許性の高 贈与 貸付 の い資金・技術協力のこと。 NGO 国 他 際 政 府 民 に 円借款とは 機 間 よ 資 資 ODAのうち低金利・長期 無 関 金 金 る 技 償 へ ( 協 間の貸付を行う有償資金 円 力 協力のこと。プロジェク OOF 術 資 の 借 出 協 金 款 ) ト型、非プロジェクト型 力 協 資 力 な など。 ど なぜ実施しているか 平和・発展・安全・繁栄 様々な要因の複合
  • 5. 2. 担当部署に配属されると 開発第1部(当時) 所掌国:タイ、東チモール、インドネシア、マレー シア、フィリピン、大洋州諸国 職員:約30名 本店と駐在員事務所 本店:案件形成、説明責任、調整業務など 事務所:案件監理(調達管理、実施促進など) 担当者として インドネシア電力セクター(後にマレーシアの電力 と水資源セクターも追加) 新規案件、既往案件、その他 各種レポート、面談、語学の勉強など
  • 6. 3. 2000年代前半当時の状況 アジア通貨危機後 「開発独裁」の終わり 政権交代 民主化・地方分権化 中所得国 年次国 情報? →連携強化の必要性
  • 7. 3. 2000年代前半当時の状況 アジア通貨危機の後遺症の一例 通貨危機前:1ドル=2,000~2,500ルピア 通貨危機:1ドル=18,000ルピア 負債 資産 資本
  • 8. 3. 2000年代前半当時の状況 アジア通貨危機の後遺症の一例 通貨危機前:1ドル=2,000~2,500ルピア 通貨危機:1ドル=18,000ルピア 資産 負債 債務超過
  • 9. インドネシア電力不足 メカニズム インドネシア 電力不足メカニズム 電力不足 外部環境要因 PLN 内部要因 課題 経済成長の回復 電力需要 人口増加 増大 電化率の改善 インド 外貨建て債務 ネシア 通貨危機 外貨建て燃料費 全体の 要因 運営維持管理不備 PLN財務体質 悪化 電 経済水準に満たな 力 い電力料金 不 政策環境 足 民間投資遅延 供給力伸 び悩み 全国均一料金 外島特 ジャワ・バリより 有の要 小規模な系統 低い収益性 因 (小さな地域経済 割高な発電・送配 (投資へのディ 規模) 電コスト スインセンティブ) 広大な面積 他にもアクセス改善、エネルギー安全保障、再生可能エネルギー促進...
  • 10. 4. 誰と一緒に仕事をするか 借入国 政府、実施機関、受益者、市民社会など 国内 三省、民間企業(コン 国際機関 サルタント、商社、 世銀、ADBなど メーカー)、市民社会 など 社内 業務部門、業務支援部門、管理部門、上司・同 僚(技術者、社会開発専門家、環境専門家な ど)
  • 11. 5. 何をどうするか 政策 プロジェ クト準備 電力セクターに関する協 完成・事 議 後評価・ フォロー 要請 プロジェクト アップ 発電所建設・修復(ガス 火力、地熱、水力等) プロジェ 検討・審 調査 クトの実 査・事業 施 事前評価 住民との対話促進 交換公 事業へのCDM適用準備 文・借款 契約 ・・・
  • 12. 火力発電所のガス化 政策協議 ガス火力発電所の 水力発電事業の監理 新設 住民生計向上支援のための調査 住民代表との協議 実施機関との協議
  • 13. 6. 審査の視点 相手国・セクターの現状と課題 相手国の政策 他ドナーのスタンス 日本の支援方針 事業の目的・意義 事業計画概要(対象地域・技術仕様・事業費・財 源・実施工程・実施体制・環境社会配慮) 事業効果(効果、経済・財務分析)・達成の見込 み リスク
  • 14. 7. どういうことを考えているか 環境社会配慮、 クラウド・アウ 成長バイアス、 ト、汚職・腐敗、 非タイド化 貯蓄阻害、国益 過大評価・過小評価 基本姿勢 開発効果、業務、レピュテーション 自助努力、顧客志向、より高い付加価値、信頼 関係構築、連携強化
  • 15. ありがとうございます Imperial College London 本橋光徳 mitsunori.motohashi08@imperial.ac.uk