国連で求められること:
中東・イエメンでのプロジェク
  ト実施の経験から

    石原広恵(元UNDP)

   齋藤英子(元UNICEF)
ユニセフ イエメン事務所概要
   中東・北アフリカ地域では比較的大規模(スタッフ約
    70名、フィールド事務所7箇所)
   プログラム部門は保健・栄養セクション、教育セク
    ション、児童保護セクション、モニタリング評価セク
...
モニタリング評価事業とは
   ユニセフカントリープログラムの
    進捗モニタリング(保健・栄養、教
    育、児童保護、Area Based
    Programme)
   プログラム評価の計画・実施・監
    理
   子...
モニタリング評価事業の実際
   プログラムモニタリング:一般的に、ユニセフは文書
    記録やデータ記録が弱く、セクション長の裁量次第
    でモニタリングがあったり無かったりする
   プログラム評価:セクション間の連携が弱い場合は...
モニタリング評価担当官に求められる
      経験・資質
   前向きな思考:モニタリング評価はユニセフ内部、カ
    ウンターパートからも根強い抵抗があるため、積極
    的にアピールすることが重要
   コーディネーション能力
...
モニタリング評価担当の利点
 カントリープログラム全体を理解できるので、
  将来マネジメントに関わりたい人には便利
 実際モニタリング評価担当官からマネジメント
  に昇進するケースは多い
 調査業務が多いため、研究トピックを探して
 ...
JPO応募から派遣まで
   書類選考
       ユニセフの事業内容をネットなどで調査し、ユニセフの業務に沿った
        形で自分の経験・学歴などを書くこと(キーワードを盛り込むこと:参加
        型、コミュニティーベー...
JPO応募から派遣まで
   国際機関人事センターのJPO担
    当との連絡はこまめに
   希望国、希望機関に行けるとは
    限らないので、第2、第3の選択
    肢を用意しておくこと
   既に配属希望先に知り合いがい
  ...
JPOから引き続き勤務するためには
   最初の半年の印象が肝心。業務があってもなくても、積極的
    に仕事を作り出す態度を売り込むこと
   できれば内部スタッフ対象の研修ワークショップなどを一度
    開催して、積極性と専門性をア...
JPOから引き続き勤務するためには
   ユニセフは代表の裁量次第でfund raisingの可能性が広が
    るので、勤務地を決める際は代表の評判を事前に調べてお
    くと良い(但しその後異動になったりするので絶対ではない)。
 ...
国連で求められること(元Undp石原広恵氏 元Unicef齋藤英子氏)
国連で求められること(元Undp石原広恵氏 元Unicef齋藤英子氏)
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

国連で求められること(元Undp石原広恵氏 元Unicef齋藤英子氏)

1,562 views

Published on

1 Comment
2 Likes
Statistics
Notes
  • Félicitations pour votre diaporama très intéressant ! Excellent travail ...magnifiquement présenté ! Merci pour le partage.Je me suis permis de l'ajouter au groupe Slideshare 'GRANDES CAUSES & JUSTES CAUSES'. N'hésitez pas à nous rejoindre. Merci d'avance pour votre participation et le partage de vos 'coups de coeur'... Meilleures salutations. Bernard (France)
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
No Downloads
Views
Total views
1,562
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
82
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
1
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

国連で求められること(元Undp石原広恵氏 元Unicef齋藤英子氏)

  1. 1. 国連で求められること: 中東・イエメンでのプロジェク ト実施の経験から 石原広恵(元UNDP) 齋藤英子(元UNICEF)
  2. 2. ユニセフ イエメン事務所概要  中東・北アフリカ地域では比較的大規模(スタッフ約 70名、フィールド事務所7箇所)  プログラム部門は保健・栄養セクション、教育セク ション、児童保護セクション、モニタリング評価セク ション、コミュニケーションセクションから成る(一般 的にどの国にも共通)  Area-Based Programmeが住民参加及び地方自 治体との連携を担当  他、サポート部門として人事、財務、オペレーション など  年間事業予算は総額でUSD18million程度
  3. 3. モニタリング評価事業とは  ユニセフカントリープログラムの 進捗モニタリング(保健・栄養、教 育、児童保護、Area Based Programme)  プログラム評価の計画・実施・監 理  子供と女性に関する国家統計調 査実施および支援(Multiple Indicator Cluster Survey、国勢 調査など)  カウンターパートのモニタリング 評価能力向上  要するにすべてのセクションのモ ニタリング評価業務を包括的に カバー(することになっている)
  4. 4. モニタリング評価事業の実際  プログラムモニタリング:一般的に、ユニセフは文書 記録やデータ記録が弱く、セクション長の裁量次第 でモニタリングがあったり無かったりする  プログラム評価:セクション間の連携が弱い場合は 評価事業のサポートが困難  国家統計調査支援:政府がデータを秘匿する傾向 があるため、財政支援をしても内容を公開しないこ とがある。政府のキャパシティが極端に弱いため、 予算消化状況から調査票の作り方まで、細かいフォ ローアップが必要  政府のM&E能力向上:関係省庁のM&Eの責任所 在が曖昧なことが多い
  5. 5. モニタリング評価担当官に求められる 経験・資質  前向きな思考:モニタリング評価はユニセフ内部、カ ウンターパートからも根強い抵抗があるため、積極 的にアピールすることが重要  コーディネーション能力  データ管理に必要なPCスキル  モニタリング・評価の経験(研修でもOK)  年次評価会合、年次計画会合進行を任されること が多いので、ファシリテーション能力  できれば統計の知識(なくても職員研修があるので OK)
  6. 6. モニタリング評価担当の利点  カントリープログラム全体を理解できるので、 将来マネジメントに関わりたい人には便利  実際モニタリング評価担当官からマネジメント に昇進するケースは多い  調査業務が多いため、研究トピックを探して いる人にも便利(データが手に入りやすい)  ユニセフの中では比較的新しい分野なので、 自分のイニシアチブで新規事業が開拓できる
  7. 7. JPO応募から派遣まで  書類選考  ユニセフの事業内容をネットなどで調査し、ユニセフの業務に沿った 形で自分の経験・学歴などを書くこと(キーワードを盛り込むこと:参加 型、コミュニティーベース、Child-centered approach等)  語学:第2外国語は誰もテストしないので、知っている言語をとりあえ ず一通り書くこと  面接  基本的なことを聞かれるので、普通の準備で十分  自分の経験や学歴を元に、何ができてどのように組織に貢献できる のかを明確に売り込むこと(ただしあまりこだわりすぎるのは×)  将来国連に残り昇進する意思  同僚や上司との人間関係の築き方、問題が起きた際の対処  赴任先での安全確保  ストレス対策
  8. 8. JPO応募から派遣まで  国際機関人事センターのJPO担 当との連絡はこまめに  希望国、希望機関に行けるとは 限らないので、第2、第3の選択 肢を用意しておくこと  既に配属希望先に知り合いがい る場合は情報収集を行うこと(特 に代表と予算)  JPOに合格してから派遣まで通 常半年から一年かかるので、そ の間の所属先を確保しておくと精 神上良い  最近は現地事務所代表と電話イ ンタビューを行うケースが多い
  9. 9. JPOから引き続き勤務するためには  最初の半年の印象が肝心。業務があってもなくても、積極的 に仕事を作り出す態度を売り込むこと  できれば内部スタッフ対象の研修ワークショップなどを一度 開催して、積極性と専門性をアピールすること(その後のス タッフの態度が違ってくる)  担当の事業予算状況は常に把握しておくこと:国連は意外に 予算管理ができない人が多い(上司も含め)ので、確実に予 算消化・管理出来る人は重宝される  積極的に必要と思うプロジェクトを立ち上げて予算を取る態 度を見せること  一旦予算がついたら、自分の業務内容を増やし、続投せざ るを得ない状況を作ること
  10. 10. JPOから引き続き勤務するためには  ユニセフは代表の裁量次第でfund raisingの可能性が広が るので、勤務地を決める際は代表の評判を事前に調べてお くと良い(但しその後異動になったりするので絶対ではない)。  協力的な代表はポストを新規に作ってくれたりする  地域会議などでネットワークを広げること:空席広告をかける 前段階で声をかけてもらえたりする  地域アドバイザーなどから何かコメント依頼があった場合は、 迅速かつ丁寧に回答すること  早期から自分は国連に残る意思を見せること:JPO期間中 から空席広告に応募し続けること  最後に:国連に残る意思がある人はほぼなんらかの形(コン サルタント契約、短期契約)で残っていることが多い

×