【エイズ孤児】

781 views

Published on

第五回勉強会ワークショップ議事録
【エイズ孤児】

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
781
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

【エイズ孤児】

  1. 1. 【エイズ孤児】 エイズ孤児】 孤児 ファシリテーター: ファシリテーター:水谷 さやか 具体的な政策提言ではなく、エイズ孤児をとりまく問題認識に焦点をあててディス カッションをした結果、大きく分けて5つの問題が挙がった。 1)問題の複雑さ: 多セクターにまたがる問題であり、包括的な支援策が必要である。どの側面を優先 させるか判断が難しい。 例)エイズの予防と伝統とのぶつかりが生じた場合など 2)ジェンダー: エイズの被害により、女性が社会的弱者になるリスクが高い。女性の雇用対策が必 要。 例)未成年が生活手段のために売春をせざるを得なくなる、また、父親が先に亡く なった場合、母親が職を得ることが難しく、結果として子どもにしわ寄せが生じる。 3)責任の所在: 誰が孤児たちが成年になるまでのサポートを支援するのか?親戚、コミュニティ、 政府がどのようなバランスで支援するのが最も最適か?また、孤児を抱える家族親 戚、コミュニティを対象とした支援も重要となる。 4)社会的インパクト: エイズ孤児の子どもたちが成年になった際に、もたらされる社会への影響は計り知 れない。例えば、適切な保護や教育を受けずに育った子どもたちが社会に出たとき に、社会の一員として適応できるのか?また、エイズ孤児が子供全体の5人に1人と いう問題の量的スケールの大きさを考慮すると、社会の背負う負担の大きさは計り 知れない。 5)リソース(資源の活用):
  2. 2. 限られたリソースをどのように活用すれば、最も効果的に上記の課題に対処するこ とができるだろうか?各セクターにまたがった包括的対策が必要とされるだけに、 既存の行政組織の枠を超えた効果的なリソース配分と連携がカギになる。 追加: 2-10 歳の子供を含むあるザンビアの家族の例 父親がAIDSで亡なり農村で生活していた家族が都市へ移住する。そこで子供達 にたいしてどの分野を重視するか? 1−教育を受けさせるーことは長期的にみた場合生活上に利益がある。が、学費な どどう対処できるか。 2−食べていく為に働くー幼年労働には危険が伴うが明日を生きて行く為に食料費 が必要である。また少女などは売春へはしる。後にこれらの少女が 1 人になったと きにどのような保養政策をとるべきか? この様な孤児への対処はどのようにとられるべきか?一体誰が責任をとるのか? → 例:ケニアでは NGO や宗教などのミッショナリーが援助する孤児院が多く実 在するが、増え続ける孤児への費用などの問題を多く抱える。多くの場合孤児達は 最低初等教育までを受けさせてもらえるが孤児によっては高等教育レベルまで受 けさせてもらえる(先進国からのスポンサーによって変わるが)。しかし、この子 供達は孤児院での住み良い生活に慣れてしまいまた他のスポンサーに頼るなどど んどん依存状態が拡大しなかなか社会へでて働こうとしない。これは今ケニアの NGO やミッショナリーの間で大きな問題となっている。 → 親戚が面倒をみるー負担が多すぎる。 → 国—予算はどうするのか? → 孤児が20 30代に達したときどのように社会はどのような対策をとるの か?

×