教育ガラパゴスは必要ですか?
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
944
On Slideshare
907
From Embeds
37
Number of Embeds
2

Actions

Shares
Downloads
3
Comments
0
Likes
1

Embeds 37

http://blog.cognitom.com 36
http://www.usptomonokai.jp 1

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. プ会26@都内「日本の教育の情報化の行方を見つめて」教育ガラパゴスは必要ですか? —教育とITの『今』が近づくということ— (社)オープンビジネスソフトウェア協会 河村 奨 (同会長・CogniTom Academic Design代表) kawamura@cognitom.com
  • 2. 河村(個人) って誰?システム デザイン執筆活動 教育活動
  • 3. 河村(個人) って誰?システム デザイン 15人でつくる「足し算コンピュータ」 コンピュータの仕組み 二進数の読み方 論理ゲートの種類 十進数 二進数 挙手 0 000 1 001 A B執筆活動 教育活動 2 010 3 011 論理 (よみかた) ルール 4 100 AND A,Bの二人とも手を挙げたら、 (アンド) 手を挙げる 5 101 A,Bの片方だけ手を挙げたら、 XOR 6 110 (エクスオア) 手を挙げる OR A,Bの一人でも手を挙げたら、 7 111 (オア) 手を挙げる 二進数の足し算 スイッチで作る論理ゲート 十進数 二進数 0+0=0 00 + 00 = 000 A 0+1=1 00 + 01 = 001 AND 1+0=1 01 + 00 = 001 B 1+1=2 01 + 01 = 010 2+0=2 10 + 00 = 010 2+1=3 10 + 01 = 011 XOR 2+2=4 10 + 10 = 100 A B 2+3=5 10 + 11 = 101 3+0=3 11 + 00 = 011 3+1=4 11 + 01 = 100 OR 3+2=5 11 + 10 = 101 A B 3+3=6 11 + 11 = 110
  • 4. 中学教育 (世田谷区立富士中学校)1. キーボード入力・Wordでレポート作成2. コンピュータの仕組み ̶15人でつくる足し算コンピュータ̶3. PowerPointでクイズ番組制作4. 学校独自の「ウィキペディア」を作る大学院大学 美術大学 雇用能力開発機構
  • 5. 「コンピュータ」15人でつくる「足し算コンピュータ」 コンピュータの仕組み 15人でつくる「足し算コンピュータ」 配置図 コンピュータの仕組み二進数の読み方 論理ゲートの種類 十進数の世界 数X 数Y 十進数 二進数 挙手 0 000 1 001 A B 2 010 3 011 ①列目 論理 ルール A B C D (よみかた) 4 100 AND A,Bの二人とも手を挙げたら、 (アンド) 手を挙げる 5 101 A,Bの片方だけ手を挙げたら、 XOR 6 110 (エクスオア) 手を挙げる ②列目 E F G H A,Bの一人でも手を挙げたら、 二進数の世界 OR AND XOR AND XOR 7 111 (オア) 手を挙げる二進数の足し算 スイッチで作る論理ゲート ③列目 I J K L 十進数 二進数 AND XOR 0+0=0 00 + 00 = 000 AND 0+1=1 00 + 01 = 001 A B 1+0=1 01 + 00 = 001 ④列目 1+1=2 01 + 01 = 010 M N O 2+0=2 10 + 00 = 010 OR XOR 2+1=3 10 + 01 = 011 A B 2+2=4 10 + 10 = 100 2+3=5 10 + 11 = 101 十進数の世界 3+0=3 11 + 00 = 011 3+1=4 3+2=5 11 + 01 = 100 11 + 10 = 101 OR A 答え B 3+3=6 11 + 11 = 110
  • 6. 「プレゼンテーション」スライドの構成例①クイズの場合 アンケートの場合最初のスライドで何についてのクイズを出 最初のスライドで何についてのアンケートすか、関連する情報(文章・イラスト・写 を出すか、関連する情報(文章・イラスト・真...etc.)を呈示します。 写真...etc.)を呈示します。次のスライドで、問題文+選択肢の一覧を 次のスライドで、問題文+選択肢の一覧を見せます。 見せます。最後のスライドで、正解と理由(種明かし) 最後のスライドで、自分が選んだ選択肢をを説明しましょう。 教えてあげましょう。 東京都 問題 No.99 問題 No.99 東京都の市区町村の数はいくつ? みんなの最寄り駅はどこ? ① 23 ① 池ノ上 ② 35 ② 下北沢 ③ 47 ③ 池尻大橋 ④ 56 ④ 駒場東大前 ⑤ 62 ⑤ その他 正解! ⑤ 62 私は ⑤ その他 23区・26市・5町・8村 代々木上原です! (村のほとんどは島にあります)
  • 7. •A案「教育 ITの最新 教育・企 事情と、 業双方の 企業ITの ます。キ 最新事情 を見なが 最新事 情」 ーワード ら、汎用 SlideSh : NetCom システム are mons, M の教育現 oodle, S 場への展 ugarCR 開を探り M, Sales •B案「今あ force, U stream, る技 術でここ の未来― まで出来 」 る!―オー 授業(Mo プンソー odle)、教 スが見せ OpenSIS 科書(Me る 教育 , diaWiki) NetCom 、マーク mons) シート (queXF)•C案「教育 、情報管 理(Suga ガラパゴ rC RM,いうこと スは必要 ―」 ですか? ―教育とガラパゴ ITの『今 ス→少 ないユー 』が 近づくと環がいか ザと開発 にして生 者→低択の本当 まれるか 品質化 → の意味。 。今社会 IT常識と で使われ の乖離、 ている技 という悪 術を、教 循 育で使う という選
  • 8. 教育ガラパゴスは必要ですか? —教育とITの『今』が近づくということ—アジェンダ 業界常識 は本当?1. 教育は社会の先を行く(べき)?2. プログラマは流行に敏感 問題提起 というよ りは お話のタ ネとして3. 「今あるもの」を教育で使う
  • 9. C M JOBSAとは ̶オープンビジネスソフトウェア協会̶
  • 10. C M 何をする団体?一般社団法人オープンビジネスソフトウェア協会 • オープンソースプログラムの ビジネス分野での普及が目的 • 現在のところ主に公官庁とお仕事。 • 中小企業が協力して開発・受注
  • 11. C M 誰が参加している?一般社団法人オープンビジネスソフトウェア協会 • 中小企業や個人 • プログラマ、デザイナ、サーバ技術 者、コンサルタントなどの専門家
  • 12. C M もともとは...一般社団法人オープンビジネスソフトウェア協会 • SugarCRMの開発者と ユーザのコミュニティ • 勉強会を開催する中で 有志が集結
  • 13. C M 最近の事例一般社団法人オープンビジネスソフトウェア協会 • 経済産業省 アイディア ボックス • 内閣府 行政刷新会議 shiwake.go.jp • 経済産業省 オープンガ バメントラボ ...他
  • 14. 教育は社会の先を行く(べき)? 教育ガラパゴスは必要ですか? —教育とITの『今』が近づくということ—
  • 15. 教育の情報化って? 「日本の教育の情報化の行方を見つめて」• 電子教科書、電子教材• 学習端末 (専用端末? PC? iPad?)•LMS、CBT•校務システム
  • 16. 教育が先か、社会が先か• ITに関して、最先端過ぎるものには合 意(デファクト)がない。• 社会が必要とする人材を育てるのか、 もっと違う理想像?
  • 17. 教育は社会を予見できる?• 合意形成の過程は五里霧中 デファクト争い、法施行...etc. →IPv6ほか、HD DVDとBlu-ray• 発展途上国と先進国• 最先端を目指すなら、社会にとってのデ ファクトにする努力と責任能力が必要
  • 18. 現状把握と実現力• 新しいものを生み出す前に、現状認識 (まずは、最先端にどっぷりつかる)• 学校だけで閉じていては、デファクトを 作れない 電子教材の新しいスタンダードを作るなら、それは、社会でも受け入れ られるものであるべき。また、それを企業に働きかけるべき。
  • 19. 「グローバル化」• 世界 vs ●● • 日本の教育→日本視点のIT • 世界の教育→世界視点のIT• 企業 vs ●● • 人材交流・常識の固定化を避ける• 政府 vs ●● • 合意形成(デファクト)を誘導するために教育を使う
  • 20. タイムラグ未就学 義務教育 高等教育 社会へ • 教育から実地につくまでのタイムラグ • 技術が教育現場に入るまでのタイムラグ
  • 21. 学校のITは遅れていない• クラウド、シンクラインアント...なんて 言っているのはごく一部• 平均的な事業所と同等か、 実は進んでいる(設備に関して) 最先端ITからは、大きく遅れている
  • 22. 「先生」は社会の「見本」• 先生方がITアレルギーだと社会も...• 教育ITで試されるのは、常に先生の側理想❶学校は学生がITを学ぶ場所ではなく、先生がITを使いこなす劇場
  • 23. プログラマは流行に敏感 教育ガラパゴスは必要ですか? —教育とITの『今』が近づくということ—
  • 24. 一番進んでいるIT環境は?1.一番ユーザの多いところ• 国内・世界ともに、教育現場 最大市場• 常に、ビジネスの現場が最大ユーザ層2.個人プログラマが活躍できるところ 統計局
  • 25. 最先端 人気がある• 今なら... • Web • iOS • Android OS • Mac OS X
  • 26. WEBじゃダメですか• 専用フォーマットを作る前に 再考を。• 「市場規模がある程度あれば 良い」? →要トップシェア理想❷なるべく、既存の標準規格を教育に
  • 27. SCORMの例• SCORM (Sharable Content Object Reference Model) • 複雑すぎる規格 • 認証取得の面倒 • 一般教員が規格を理解するのは困難 一定の成果をあげているが、盛り上がりが...
  • 28. 「今あるもの」を教育で使う 教育ガラパゴスは必要ですか? —教育とITの『今』が近づくということ—
  • 29. 悪循環を断ち切るために• 新しいことをやろうとして、失敗してま せんか...?• 既存の技術を使いこなすところからス タート
  • 30. 既存技術に目を光らせる• 電子教材→WEB (HTML)• 校務システム→OSS (NetCommons, SugarCRM, ...etc)• 全ての電子システムは、似通って来てい るという事実 (枯れてきている)
  • 31. Lotus OpenSIS SugarCRM
  • 32. 複雑すぎてはダメ• 作り込み過ぎは悪• 「制服に身体を合わせる」方が ハッピーなことも• 試行錯誤 → オープンソース!
  • 33. 理想状態は?• 社会の最先端に、教育現場が肉薄する = 教育とITの「今」のシンクロ• 双方のITが近ければ、互いに正しい評 価が可能 IT技術の世代交代スピードは鈍化している。 教育現場はキャッチアップしやすくなったはず。
  • 34. 標準の推進 教育メソッド...etc学校 企業 先端ITの吸収 人材...etc 人材と技術の交流が不可欠
  • 35. 大規模開発に走る前に...素朴な誤解をほどきます
  • 36. 素朴な誤解❶「システムは一括導入した方が安い」• 実際には逆 →規模が大きいほど級数的にコスト高• 一括導入→無競争→発展の停止• →社会との乖離一原因• 車輪の再発明じゃないの? →オープンソースがひとつの解答に。
  • 37. 素朴な誤解❷「異なるシステムが混在すると、互換性が...」 • システムの統一とデータ規格の統一は別 で考えるべき。 • APIの整備 → ベンダーからの搾取を防ぐ
  • 38. 素朴な誤解❸「大きなシステムほど優秀な開発者が作る」• 大きなシステムを作る 使いに 間違い のは、人ではなく、 組織 くい がない 組織(仕組み)。• 補完するものとして、 ひと 使いや すい 間違い がある オープンソース
  • 39. 理想❶学校は学生がITを学ぶ場所ではなく、先生がITを使いこなす劇場理想❷なるべく、既存の標準規格を教育に理想❸なるべく、オープンソースを教育に
  • 40. ITに関し て問い教育ガラパゴスは必要ですか? (教育は社会の先を行くべきですか?)
  • 41. Thank you!