• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
加速させるテスト 減速させるテスト
 

加速させるテスト 減速させるテスト

on

  • 1,137 views

 

Statistics

Views

Total Views
1,137
Views on SlideShare
1,134
Embed Views
3

Actions

Likes
3
Downloads
0
Comments
0

2 Embeds 3

https://twimg0-a.akamaihd.net 2
https://twitter.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Apple Keynote

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n

加速させるテスト 減速させるテスト 加速させるテスト 減速させるテスト Presentation Transcript

  • うさぎ組 in わんくま名古屋 2012.04.14
  • Self Introduction名前:きょん(kyon_mm)Blog : うさぎ組Target : 開発環境改善Groovy、テスト、自動化、アジャイル、品質保証24歳うさみみ系男子SCMBootCamp, Nagoya.Testing, StartupGroovy
  • 開発を加速させるテスト開発を減速させるテスト
  • 出来るだけプロセスに依存しないテストの話
  • 開発を加速させるテスト
  • 加速価値に適合したテスト設計の不味さを指摘するテストテスト実装を読む人に最適なテスト気軽に実行できるテスト
  • 価値に適合する価値とは顧客における価値。全ての機能が一通り動くこと、セキュリティにつよいこと、スケールしやすいこと、今後の改修でも同じスピードで開発できること、とにかく早くリリースできること、ユーザビリティが新しいこと、、、
  • 価値に適合するハッピーパスを考えるテストレベルをわける優先順位をつける品質特性を考えるアクターを考える
  • 加速価値に適合したテスト設計の不味さを指摘するテストテスト実装を読む人に最適なテスト気軽に実行できるテスト
  • 設計の不味さを指摘するアーキテクチャ設計、外部設計、内部設計が対象。デプロイ環境、通信手段、ユーザーインターフェース、外部API、モデリング、原則、コード規約、複雑度、極端なパフォーマンス遅延、、
  • 設計の不味さを指摘するフロー図を使ってシュミレートしてみるペルソナを想定するドッグフーディング実際に詳細にしたり、変更したりする静的解析、パフォーマンス計測(最悪のものだけをさける)
  • 加速価値に適合したテスト設計の不味さを指摘するテストテスト実装を読む人に最適なテスト気軽に実行できるテスト
  • 読む人に最適テスト実装したもの(テスト手順、テストコード)を読む人。顧客、マネージャー、開発者、テストエンジニア、デザイナー、別モジュールの開発者、、、
  • 読む人に最適普段使うツールで足りる欲しいフォーマットになる実現したい事と記述が近い
  • 加速価値に適合したテスト設計の不味さを指摘するテストテスト実装を読む人に最適なテスト気軽に実行できるテスト
  • 気軽に実行できるフィードバックがほしいサイクルテスト実行者、テストタイプ、テストレベル、CIのJOB単位
  • 気軽に実行できる操作性(ワンクリック)透明性(成否/エラー内容)独立性(依存リソース)
  • 開発を減速させるテスト
  • 減速価値から外れたテスト時間のかかるテスト変更の多いテスト保守性の低いテスト
  • 価値から外れる価値とは顧客における価値。全ての機能が一通り動くこと、セキュリティにつよいこと、スケールしやすいこと、今後の改修でも同じスピードで開発できること、とにかく早くリリースできること、ユーザビリティが新しいこと、、、
  • 価値から外れる優先度を無視したテスト優先度ではなく重要度によるテスト多すぎるテスト、少なすぎるテスト
  • 減速価値から外れたテスト時間のかかるテスト変更の多いテスト保守性の低いテスト
  • 時間がかかるテストデータの作成、テスト環境の構築、テスト対象のセットアップ、テスト実行時間音声を使う、映像を使う、特殊なハードウェア、複雑なRDB、ネットワーク状態、プロトコル間、マシン時刻、、、
  • 時間がかかる自動化が難しい仮想化レイヤーがないテスト実施を考えないテスト実装
  • 減速価値から外れたテスト時間のかかるテスト変更の多いテスト保守性の低いテスト
  • 変更が多い特定のテストケースの変更頻度が高いUI、Betaなアプリとの連携、顧客と現状の振る舞いについて合意がとれていない機能
  • 変更が多いUXへの影響度が大きい要素未決定な機能
  • 減速価値から外れたテスト時間のかかるテスト変更の多いテスト保守性の低いテスト
  • 保守性が低いある仕様変更に対してテストケースを変更する工数が大きい、どれを変更していいかわからない構造化されていない、一覧性が低い、トレーサビリティがとれていない、、、
  • 保守性が低いテスト設計が不足しているテストの改善が不足している(リファクタリング変更頻度の高いテストに対して無防備
  • まとめ加速させるテスト、減速させるテストのカテゴライズは「やるべき」「やらないべき」というわけではありません。あくまで開発速度を加速させるか、減速させるかです。(やるべき、やらないべきという軸だと違う結果になるここまで書かなかったけど、「最も加速させるテスト」は「自動化されたユニットテスト」です。
  • ご清聴ありがとうぴょん◆