Webページで学ぶJavaScript2013 第1回

487 views
416 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
487
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Webページで学ぶJavaScript2013 第1回

  1. 1. Webページで学ぶ JavaScript 2013 第1回 tyage@KMC 5/21
  2. 2. 本来なら ここにイカした挨拶の言葉が入る
  3. 3. 記念すべき第1回目です
  4. 4. 前回来てない人は どれくらいいるんです?
  5. 5. さっそく始めてみましょう (前回来た人は復習になりますね)
  6. 6. ここから先は第0回の スライドを参照するのじゃ
  7. 7. まだ時間あるよね?
  8. 8. ほんとうはJavaScriptの歴史とか話したかったんですが 新しい呪文を習得しましょう
  9. 9. 第0回では、 数値・文字列・配列・変数 を習得
  10. 10. 次にやること ● 複数行実行しよう ● 文を分けよう ● 制御構文 ○ if ○ switch ○ for ○ while
  11. 11. 次にやること ● 複数行実行しよう ● 文を分けよう ● 制御構文 ○ if ○ switch ○ for ○ while
  12. 12. 複数行実行しよう コンソールで複数行入力する場合には Shift + Enterを使います ni = 1 + 1 san = ni + 1 => 3 最後の行が出力されます
  13. 13. 複数行実行しよう console.log を使えば出力することができます ni = 1 + 1 console.log(ni) san = ni + 1 => 2 3
  14. 14. 次にやること ● 複数行実行しよう ● 文を分けよう ● 制御構文 ○ if ○ switch ○ for ○ while
  15. 15. 文を分けよう 各文の末尾に ; を入れましょう ni = 1 + 1 console.log(ni) san = ni + 1 => SyntaxError: Unexpected identifier ni = 1 + 1; console.log(ni); san = ni + 1; => 2 3
  16. 16. 文を分けよう 改行する場合にも ; を入れましょう。 (問題が発生する場合があります。) ni = 1 + 1; console.log(ni); san = ni + 1; => 2 3
  17. 17. 次にやること ● 複数行実行しよう ● 文を分けよう ● 制御構文 ○ if ○ switch ○ for ○ while
  18. 18. ifを使おう
  19. 19. その前に
  20. 20. 真偽値を使おう
  21. 21. 真偽値を使おう JavaScriptには真偽値というものがあります。 true(真)とfalse(偽)の2つのことをまとめて真偽値 と読んでいます。 confirm("ニンゲンヤメマスカ?"); => true isPeople = false; => false
  22. 22. 比較文 比較文は真偽値を返します 551 == 551 => true 551 == 550 => false 33 > 4 => true 33 < 4 => false 3*4 >= 12 => true "バナナ" == "おやつ" => false (===というのもありますが、またあとで)
  23. 23. and と or and(かつ) false && false => false true && false => false true && true => true or(または) false || false => false true || false => true true || true => true
  24. 24. ! ! を使うと真偽値を反転できます !(33 < 4) => true "バナナ" != "おやつ" => true
  25. 25. これを念頭に本題に戻ります
  26. 26. ifを使おう if: もし〜なら if (true) {"今日は給料日よ!";} => "今日は給料日よ!" if (false) {"今日は給料日よ!";} =>
  27. 27. ifを使おう gogoichi = "ある時"; if (gogoichi == "ある時") { console.log("551が" + gogoichi + "〜?"); console.log("ワハハハハ('∀`)"); } => 551がある時〜? ワハハハハ('∀`)
  28. 28. ifを使おう else を使えばない時の文を実行できる gogoichi = "ない時"; if (gogoichi == "ある時") { "ワハハハハ('∀`)"; } else { "..."; } => "..."
  29. 29. ifを使おう 条件文いろいろ if (gogoichi == "めっちゃある") { // 略 } else if (gogoichi == "ある") { } else if (gogoichi == "少しある") { } else { }
  30. 30. switchを使おう switch (gogoichi) { case "めっちゃある": console.log("幸せの絶頂"); case "ある": console.log("幸せ"); break; case "少しある": console.log("平和"); break; default: console.log("死にたい"); break; }
  31. 31. switchを使おう you = prompt("あなたは誰ですか?"); switch (you) { case "タコ": case "サンマ": console.log("魚介なのですね"); break; case "きゅうり": console.log("野菜なのですね"); break; default: console.log("何者だ!"); break; }

×