Successfully reported this slideshow.

systemdでよく使うサブコマンド

0

Share

Upcoming SlideShare
Hello, systemd
Hello, systemd
Loading in …3
×
1 of 8
1 of 8

systemdでよく使うサブコマンド

0

Share

Download to read offline

Description

[第136回関西Debian勉強会 + Linux Kernel 勉強会 LT大会](https://debianjp.connpass.com/event/90376/)での発表資料です。

Transcript

  1. 1. systemdでよく使うサブコマン ド Kazuhiro NISHIYAMA 第136回関西Debian勉強会 + Linux Kernel 勉強会 LT大会 2018/06/24 Powered by Rabbit 2.2.1
  2. 2. self.introduce One of Ruby committers Twitter, GitHub: @znz 1/7
  3. 3. 基本コマンド systemctl start Unit名 systemctl stop Unit名 systemctl restart Unit名 systemctl status Unit名 2/7
  4. 4. たまに使うコマンド systemctl enable Unit名 systemctl disable Unit名 Debian 系に慣れているとパッケージインストールで 即有効担っていることが多いので忘れがち 3/7
  5. 5. 一覧コマンド systemctl list-units systemctl list-timers 4/7
  6. 6. systemd の設定ファイルの場所 /lib, /usr/lib 以下: パッケージが使う (例: /lib/ systemd/system, /usr/lib/tmpfiles.d) 普通はいじらない /etc 以下: 変更するファイル (例: /etc/systemd/ system, /etc/tmpfiles.d) 同名ファイルで完全に上書き Unit名.d/なんとか.conf で追加変更 /run 以下: 動的に生成されるファイル (例: /run/ systemd/system, /run/tmpfiles.d) init.d 以下から自動生成されるファイルがあった覚えが あるけど最近のだと見当たらなかった 5/7
  7. 7. 設定変更 systemctl edit Unit名 /etc/systemd/system/Unit名.d/override.conf を編集 edit サブコマンドを使わずに管理しやすい名前のファイ ル名にしても良い systemctl daemon-reload systemctl restart Unit名の前に設定ファイルの変更を反 映させる必要あり 忘れていてもメッセージが出るので気づける 6/7
  8. 8. systemctl cat $ systemctl cat php7.0-fpm.service # /lib/systemd/system/php7.0-fpm.service [Unit] Description=The PHP 7.0 FastCGI Process Manager After=network.target [Service] Type=notify PIDFile=/run/php/php7.0-fpm.pid ExecStartPre=/usr/lib/php/php7.0-fpm-checkconf ExecStart=/usr/sbin/php-fpm7.0 --nodaemonize --fpm-config /etc/php/7.0/fpm/php-fpm.conf ExecReload=/usr/lib/php/php7.0-fpm-checkconf ExecReload=/bin/kill -USR2 $MAINPID [Install] WantedBy=multi-user.target # /etc/systemd/system/php7.0-fpm.service.d/override.conf [Unit] After=nslcd.service 上書きも含めて設定確認例 LDAP のユーザーを使って権限分離する設定をしている 都合で nslcd を待ってから起動する必要があった 7/7Powered by Rabbit 2.2.1

Description

[第136回関西Debian勉強会 + Linux Kernel 勉強会 LT大会](https://debianjp.connpass.com/event/90376/)での発表資料です。

Transcript

  1. 1. systemdでよく使うサブコマン ド Kazuhiro NISHIYAMA 第136回関西Debian勉強会 + Linux Kernel 勉強会 LT大会 2018/06/24 Powered by Rabbit 2.2.1
  2. 2. self.introduce One of Ruby committers Twitter, GitHub: @znz 1/7
  3. 3. 基本コマンド systemctl start Unit名 systemctl stop Unit名 systemctl restart Unit名 systemctl status Unit名 2/7
  4. 4. たまに使うコマンド systemctl enable Unit名 systemctl disable Unit名 Debian 系に慣れているとパッケージインストールで 即有効担っていることが多いので忘れがち 3/7
  5. 5. 一覧コマンド systemctl list-units systemctl list-timers 4/7
  6. 6. systemd の設定ファイルの場所 /lib, /usr/lib 以下: パッケージが使う (例: /lib/ systemd/system, /usr/lib/tmpfiles.d) 普通はいじらない /etc 以下: 変更するファイル (例: /etc/systemd/ system, /etc/tmpfiles.d) 同名ファイルで完全に上書き Unit名.d/なんとか.conf で追加変更 /run 以下: 動的に生成されるファイル (例: /run/ systemd/system, /run/tmpfiles.d) init.d 以下から自動生成されるファイルがあった覚えが あるけど最近のだと見当たらなかった 5/7
  7. 7. 設定変更 systemctl edit Unit名 /etc/systemd/system/Unit名.d/override.conf を編集 edit サブコマンドを使わずに管理しやすい名前のファイ ル名にしても良い systemctl daemon-reload systemctl restart Unit名の前に設定ファイルの変更を反 映させる必要あり 忘れていてもメッセージが出るので気づける 6/7
  8. 8. systemctl cat $ systemctl cat php7.0-fpm.service # /lib/systemd/system/php7.0-fpm.service [Unit] Description=The PHP 7.0 FastCGI Process Manager After=network.target [Service] Type=notify PIDFile=/run/php/php7.0-fpm.pid ExecStartPre=/usr/lib/php/php7.0-fpm-checkconf ExecStart=/usr/sbin/php-fpm7.0 --nodaemonize --fpm-config /etc/php/7.0/fpm/php-fpm.conf ExecReload=/usr/lib/php/php7.0-fpm-checkconf ExecReload=/bin/kill -USR2 $MAINPID [Install] WantedBy=multi-user.target # /etc/systemd/system/php7.0-fpm.service.d/override.conf [Unit] After=nslcd.service 上書きも含めて設定確認例 LDAP のユーザーを使って権限分離する設定をしている 都合で nslcd を待ってから起動する必要があった 7/7Powered by Rabbit 2.2.1

More Related Content

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

×