Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

SoftLayer勉強会札幌編 - パクえ的SoftLayerの注目ポイントとクラウド最新動向

1,450 views

Published on

SoftLayer勉強会 札幌編での発表資料です。

元々のタイトルは「他と何が違うのか」なのですが、殆ど話しておらず、最近の動向についてのお話とSoftLayerの特徴の中で私が注目しているところをお話しました。てへぺろ。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

SoftLayer勉強会札幌編 - パクえ的SoftLayerの注目ポイントとクラウド最新動向

  1. 1. 株式会社co-meeting 吉田 雄哉 SoftLayerは他のクラウドと 何が違うのか 最新動向を添えて
  2. 2. Public  Cloud   Evangelist 吉⽥田  パクえ http://fb.com/pakuepakue
  3. 3. ・ベンダーに捕らわれない立場! ・”クラウド”全域をカバー 利用者向け クラウドの啓蒙活動
  講演、セミナー、執筆 etc ベンダー向け マーケティング支援 商品企画、記事広告 総合的なアドバイス イベントの企画、司会、登壇 企業向け “クラウド” アドバイザー
 自社活用の企画から新規事業開発支援まで “クラウド” 社員教育
 新入社員・営業・技術への指導/アドバイス 自社主催イベントへの協力 その他 CompTIA Mobility+ Subject Matter Expert 学生向けセミナーや地域活性化へのお手伝い 放送大学 非常勤講師 パクえのお仕事
  4. 4. 執筆実績 (全て共著) IaaSシステム構築/管理ガイド ニフティクラウド 第2版 (翔泳社 2013年) ニフティクラウド IaaSによる システム構築/活用入門 (翔泳社 2012年) クラウドセキュリティ クラウド活用のためのリスクマネージメント入門 (翔泳社 2014年) 100人のプロが選んだ ソフトウェア開発の名著 君のために選んだ1冊 (翔泳社 2012年)
  5. 5. クラウドを活用できる人材足りてますか? 営業から技術まで 「私は”クラウド”を知ってます」と 言える人材の育成をお手伝いします CompTIA グローバルにベンダーニュートラルな 資格認定を提供する非営利組織 co-meeting社はCompTIAの オフィシャル 教育パートナーです
  6. 6. 最近の動向
  7. 7. 最近の動向 グーグルは2014年1月∼3月の3カ月間で 23億4500万ドルをDCなどの 不動産や設備に投資 米IBMは12億ドル(約1250億円)を投じて、 日米や中国など世界15カ所にデータセンターを新設 米マイクロソフトは23日、日本では同社初となる データセンターを開くと発表した。 投資額は100億円を超えるとみられる。
  8. 8. 国内の利用動向は? 国内におけるクラウドサービスの利用状況 クラウドサービスを利用している企業の割合は 平成23年末の21.6%から28.2%に上昇 まだ、たった3割です (出典)総務省「平成24年通信利用動向調査」
  9. 9. どうしてクラウド使うの? 「資産、保守体制を社内に持つ必要がないから」42.6% 「初期導入コストが安価」36.4% 「既存システムよりコストが安い」30.8% (出典)総務省「平成24年通信利用動向調査」 コスト系の話しが多め
  10. 10. どうしてクラウド使わないの? クラウドサービスを利用していない企業 「必要がない」41.7% 「セキュリティ面の不安」34.4% そもそもよく解ってない
  11. 11. ということで 世界的には投資が進んでいる 国内では使えている人が とても少ない
  12. 12. 日米の利用動向から見えてくるもの 開発に関連する部分での活用 本業を前に進める分野
  13. 13. 躍進を続ける クラウド
  14. 14. 体力勝負の分野 大型投資による規模拡大 グローバルでのカバー : 少数大量な利用者
  15. 15. 主戦場の変化 ライフサイクル / ワークフローのフルカバー 利用場面の拡大 : 多数少量な利用者
  16. 16. インフラ プラット フォーム ソフトウェア End User >> プラットフォーム化 ライフサイクル ワークフローをカバー
  17. 17. だから ライフサイクル DevOps ワークフロー ポータビリティー
  18. 18. ポータビリティー
  19. 19. パクえ的SoftLayerの特徴
  20. 20. ・トラフィック課金を気にせず、データセンタ間で
  バックアップなどできる ・プライベート回線なので、安定した品質が
  担保されやすい ・負荷分散をDC間で組むのがやりやすい
  21. 21. http://blog.softlayer.com/tag/backbone
  22. 22. SoftLayerで選択できる「サーバー」には、 大きく分けると以下の3パターンがあります。  1.仮想環境: いわゆるパブリッククラウド    (CloudLayer Public Cloud)  2.仮想専有: いわゆるプライベートクラウド。    ただしデータセンターはSoftLayer内。   (Cloud Layer Private Cloud、Private Clouds)  3.物理専有: いわゆるホスティング ! 「SoftLayerの歩き方 サーバー編」より抜粋
  23. 23. FIN

×