Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

一生、エンジニアであり続けるために必要なこと「負けてからのエンジニアライフ」

2,177 views

Published on

ATND
http://atnd.org/events/47239

Togetter
http://togetter.com/li/628218

はてブ
http://b.hatena.ne.jp/entry/togetter.com/li/628218

主催:株式会社メンバーズ
協力:株式会社トレタ
   ミイル株式会社
   株式会社co-meeting

Published in: Career
  • Be the first to comment

一生、エンジニアであり続けるために必要なこと「負けてからのエンジニアライフ」

  1. 1. 一生、エンジニアであり続けるために必要なこと 負けてからのエンジニアライフ 株式会社co-meeting 吉田 雄哉
  2. 2. これから話す人
  3. 3. 取締役 CTO 吉田 雄哉 TW: @yuya_lush FB, github: yuyalush
  4. 4. http://www.co-meeting.com
  5. 5. パブリック クラウド えばんじぇりすと 吉田 パクえ http://fb.com/pakuepakue
  6. 6. このお話の発端
  7. 7. エンジニアType 1割のトッププログラマーになれなかった僕が、 生き残るためにやってきた「空間設計力」の鍛え方 http://engineer.typemag.jp/article/ pakue-yoshida
  8. 8. では、本編
  9. 9. 幾つかの問い
  10. 10. 質問 何を目的に、 仕事をしていますか?
  11. 11. 目的 とは 1. 実現しようとしてめざす事柄。
 行動のねらい。めあて。 2. 倫理学で、理性ないし意志が、
 行為に先だって行為を規定し、
 方向づけるもの。
  12. 12. 質問 何を理由に、 エンジニアを続けていますか?
  13. 13. 理由 1. なぜそうなったかという筋道。 また,なぜそうするかという
 根拠。わけ。事情。 2. 言いわけ。口実。
  14. 14. 思い出してみて下さい 働き始めた時、 どんな気持ちでしたか?
  15. 15. 思い出してみて下さい あなたがコンピューターに 初めて触れたとき、 どんな思いになりましたか?
  16. 16. 最近の状況
  17. 17. 「IT人材白書2013」より 1) ユーザー企業に確実に広がる
 ITサービス利用 2) 環境変化に対応したIT人材の
 需要の高まり 3) グローバルIT人材の過不足と
 求められる能力
  18. 18. つまり 今も昔も人材不足 つまり、高齢化
  19. 19. 人口と専門性の関係 ソフトウェア 人口比 プラットフォーム インフラ 専門性
  20. 20. クラウド でカバーする 人口 専門性 PaaS インフラ IaaS プラット フォーム SaaS ソフトウェア
  21. 21. つまり 今も昔も人手不足 つまり、省力化
  22. 22. この人の話
  23. 23. 職歴 1. 2. 3. 4. 5. 受託開発企業 : 2年間 製造業の情シス : 4年間 ベンダーの情シス : 3年間 ベンダーでSaaS : 1年間 起業しサービス提供 : 3年間
  24. 24. 特徴 1. 各職場を辞めるときは
 若手を育成してから。 2. コミュニティ活動は意外と
 性に合ってない気がする 3. 辞めた理由は基本路線を
 突き詰めたいという思いから
  25. 25. 起業に至った背景 1. 信頼できる仲間が見つかった 2. アドバイザーが見つかった 3. 家族の合意を得られた
  26. 26. co-meetingの目的 Happy Work! Happy Life! ! 人生において大きな時間を占める「仕事をしてい る時間」。co-meetingは、世界中の「仕事をし ている」人に向けて、仕事時間を充実させ、人生 を豊かにするWebサービスを提供していきます
  27. 27. 私の場合 そもそもITは好きだけど、
 手段だと思ってます 目的は昔から、ITを使って
 より多くの人が楽しいと
 思える状況を作りたい
  28. 28. 手段はより多くの人に 影響が出来る方法がベスト 故に「パクえ」という道を選んだつもりです。
  29. 29. 負けてからのエンジニアライフ
  30. 30. あなたに厳しいことを
 言ってくれる先輩はいますか? あなたが率直に言える後輩はいますか? 先輩とか後輩とかを超越した仲間はいますか? 人に上手に頼ってみては?
  31. 31. 人を育てる、
 自分が育つ方法の一つは「師弟関係」 師匠 弟子
  32. 32. 人を育てる、
 自分が育つ方法の一つは「師弟関係」 師匠 ちょいとズラす 弟子
  33. 33. 人に喜んで貰える作戦 1. やりたがらないこと 2. やれないこと つまり、隙間狙い!
  34. 34. やりがいとは? 自分で選択して、覚悟したこと から生まれると思います
  35. 35. まとめ
  36. 36. 「負けてから」とは、 最初に思ってたことと違う状況 でも、 自分と向き合うチャンスでは?
  37. 37. 実践してみましょう 1. あなたの価値は、
 あなたが定義することから始まります 2. 次に周りを見て何に役立てるか 3. 一人では困難でも仲間となら 4. 良い人間関係とは
 ギブアンドテイクです。
  38. 38. Fin.

×