2014年度版 クラウドを利用する人が意識すべきこと

1,585 views

Published on

2004/5/16 クラウドExpoのニフティクラウドブースにてお話した資料です。
口頭でお話した内容を補足的にコメント追加してあるバージョンになります。

Published in: Business

2014年度版 クラウドを利用する人が意識すべきこと

  1. 1. 株式会社co-meeting 吉田 雄哉 2014年度版 クラウドを利用する人が意識すべきこと 補足追加バージョン
  2. 2. このプレゼンの位置づけ この資料は、さる2014/5/16に行われたクラウドExpoのニフティクラウドブース にて行われたオープンセミナーでの講演時にお話した内容をベースに、 時間の関係上、割愛したものを入れて再編集したものです。
  3. 3. 吉⽥田  パクえ パブリック   クラウド   えばんじぇりすと http://fb.com/pakuepakue
  4. 4. http://www.co-meeting.com
  5. 5. 昨今の状況
  6. 6. 飛び交うニュース グーグルは2014年1月∼3月の3カ月間で 23億4500万ドルをDCなどの 不動産や設備に投資 米IBMは12億ドル(約1250億円)を投じて、 日米や中国など世界15カ所にデータセンターを新設 米マイクロソフトは23日、日本では同社初となる データセンターを開くと発表した。 投資額は100億円を超えるとみられる。 (出典)各種ニュースサイトより
  7. 7. 国内利用状況は? 国内におけるクラウドサービスの利用状況 クラウドサービスを利用している企業の割合は 平成23年末の21.6%から28.2%に上昇 まだ、たった3割です http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h25/html/nc244110.html (出典)総務省「平成24年通信利用動向調査」
  8. 8. どうしてクラウド使うの? 「資産、保守体制を社内に持つ必要がないから」42.6% 「初期導入コストが安価」36.4% 「既存システムよりコストが安い」30.8% (出典)総務省「平成24年通信利用動向調査」 コスト系の話しが多め http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h25/html/nc244130.html
  9. 9. どうしてクラウド使わないの? クラウドサービスを利用していない企業 「必要がない」41.7% 「セキュリティ面の不安」34.4% (出典)総務省「平成24年通信利用動向調査」 正しい理解をされていない http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h25/html/nc244140.html
  10. 10. ということで・・・ 世界的には投資が進んでいる 国内では必要ないと思っている人も多い
  11. 11. どうすればクラウドを もっと使ってもらえるか
  12. 12. ユーザが利用する為には アプリ ケーション プラット フォーム インフラ IaaS 利用者 利用者 PaaS SaaS フルスタックを積み上げてサービスにする必要がある
  13. 13. アプリ ケーション プラット フォーム インフラ IaaS PaaS SaaS エンドユーザー 調整役 積み上げる行為と差を埋めることで エンドユーザーは サービスを選択しやすくなる
  14. 14. 調整役 誰がやるの?
  15. 15. 調整役 エンドユーザーのことを理解できる人 サービス を理解できる人
  16. 16. クラウド に必要な調整役 情報システム部門 SIer ITコーディネーター
  17. 17. クラウドに必要な調整役 情報システム部門 SIer ITコーディネーター 期待されてない!! こういう論調が多いのですが・・・
  18. 18. クラウドに必要な調整役 情報システム部門 SIer ITコーディネーター 必要ですって!!!!!
  19. 19. 情報システム SIER ITコーディネーター が起死回生の一撃を放つ為に
  20. 20. 全て サービス という価値観 IaaS PaaS SaaS エンドユーザー 情シス ITC SIer エンドユーザーの環境は 全て サービス になりつつある。 そのため、このように見えており 使いやすいサービスが選択されている。
  21. 21. 全て サービス という価値観 IaaS PaaS SaaS 情シス ITC SIer リードタイム ビジネスメリット この二つの価値観において、選択しやすい状況を提示できてますか?
  22. 22. IaaS PaaS SaaS エンドユーザー 調整役 これまで のやり方 クラウド も含めた価値を調整することで、 これまでのやり方も必要となる場面がある
  23. 23. クラウド ってどうすれば 使えるの? エンドユーザーにも解りやすく、クラウドなサービスを提案する例の紹介
  24. 24. ハコクラ 全22タイトル
  25. 25. 例えば、皆さんが飲食店の経営者とします。 どんな課題がありそうですか?
  26. 26. ネットで予約管理 iPadでアンケート クラウド会計 ハコクラのタイトルを見て、関係しそうなものを選んでみました
  27. 27. 例えば、営業マンの効率を上げたい。 何が必要でしょうか?
  28. 28. GPS情報連動顧客管理 オンラインファイル共有管理 営業支援SFA×グループウエア らくらくiPadアンケート iPadで電子カタログ
  29. 29. メール専用ホスティングサービス すごい掲示板 企業向けメッセンジャー 一般企業向け カンタンWeb会議
  30. 30. クラウド勤怠管理 モバイルデバイス管理 会議室・共有スペース 駐車場 予約管理 Windows端末 リモートワイプ&ロックサービス
  31. 31. 合計13箱で改善できそう! ポイントは、選んでみたというところ。課題を踏まえ、試すものが決まれば あとは試して使えそうなら使う。ダメなら検討し直す。 こういったアプローチをしてみることがクラウドらしさだと思います。
  32. 32. IaaS PaaS SaaS エンドユーザー 調整役 これまで のやり方 調整役がエンドユーザーへ提案すること。 独自のメニューを作ることなどが、 クラウドを活用したビジネスのあり方だと言えます。
  33. 33.
  34. 34. クラウドを活用できる人材足りてますか? エンドユーザー 調整役 ・ビジネスの側面 ・クラウドへの理解 上記2つを踏まえ、エンドユーザーへ価値を届けられる 人材が今年最も必要な人物像と私は考えています。
  35. 35. 例: 例えばみんな気になる「セキュリティ」については、 SPREADが取組みを行っております。
  36. 36. 有識者 学習 コンテンツ イベント サポーター エンドユーザー SPREADが行っているモデルは このようは図になります。 エンドユーザーをサポーターという面を 作ることで支援しようとしています。
  37. 37. CompTIA ! ベンダーニュートラルな クラウドの認定資格 CompTIAは資格認定を通じて、 「クラウドを知っている人」の育成に 取組みをしています。
  38. 38. 人 にアプローチする! 資格 コミュ ニティ 学習 コンテンツ イベント 多角的にアプローチ クラウドへの理解 これらの活動を通じて、支える人の 面 を作ることが、クラウド利用促進 のベースになると考えています。
  39. 39. クラウドのメリットを 感じられていない人へ みんなで届けましょう まだまだ市場の伸び代はあります。 クラウドを使える人をエンジニア以外 にも育てるのが今年最も重要な取組み と考えております。
  40. 40. FIN

×