Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

みんな使っているCMSのDrupalってどこがいいの?

4,890 views

Published on

ホワイトハウス、GE、ベライゾン、テスラ、ツイッターなど、欧米では企業向けCMSのデファクトスタンダードになりつつあるDrupalが、日本においても広まり始めています。このプレゼン資料はDrupalのことをまだよく知らないマーケティング部門やIT部門担当者へ向けて、Drupalとはそもそも何ができるのか?何が良いのか?また、各企業でどのように活用されているのかなど、現在のDrupalの全体像をまとめたものです。

欧米では商用CMSからDrupalへの乗り換えが急増しており、デジタル体験の統合プラットフォームとして、ウェブサイトだけでなく、ECや会員ポータル、ネイティブアプリのバックエンドとしても利用されています。Drupalのコンセプト、アーキテクチャや機能についても触れています。ぜひご覧ください!

Published in: Software

みんな使っているCMSのDrupalってどこがいいの?

  1. 1. ホワイトハウス、GE、ベライゾン、テスラ、ツイッターまで みんな使っているCMSのDrupalって どこがいいの? 上田 善行 @yoshiyukiueda シーアイアンドティー・パシフィック株式会社
  2. 2. ● 上田 善行(うえだ よしゆき) ○ CI&T APAC & JAPANでビジネス開発担当 ○ メール ueda@ciandt.com ● シーアイアンドティーについて ○ デジタルに関するコンサルとITサービス ○ 日本/北米/欧州/中国/南米で事業展開 ○ 1995年設立・連結従業員数1700名 自己紹介
  3. 3. CI&Tのデジタルソリューション アジャイル UXデザイン 価値駆動型開発
  4. 4. CI&Tグローバルと日本のお客様
  5. 5. 2014年は日本のDrupal元年
  6. 6. 本セッションの概要 ● Drupalは企業向けソリューションである ● Drupalで何ができるか?おおまかに知る ● Drupalに乗り換え急増中の理由を知る
  7. 7. Drupalってそもそも何?
  8. 8. 進化するCMS 元々はBBSのオー プンソースとして 2001年に発表 CMSを中心に多用 途で使える開発フ レームワーク マーケティングや ECのための統合 プラットフォーム 現在
  9. 9. 現在のDrupal ● デジタル体験の統合管理 ○ ウェブサイト ○ 会員ポータル ○ EC ○ ネイティブアプリ ● マーケティング管理 ● パーソナライゼーション ● 機能拡張モジュール ● API・モバイルファースト
  10. 10. エンタープライズ向けである オープンソースとして唯一 ガートナーMagic Quadrant のWCMリーダーに君臨。 競合はAdobe、Sitecoreや Oracleなどである Drupal創始者ドリス・バイテルト率 いるAcquia。Drupalをクラウドで提 供する米国企業である
  11. 11. Drupalのすごいところ ウェブサイト EC 会員ポータル ネイティブアプリ 単一のプラットフォームで デジタル体験の全てを構 築、管理できること!
  12. 12. 代表的なDrupalの企業ユーザー
  13. 13. 誰がやっているのか? Drupalアソシエーション プレジデント ドリス・バイテルト ● Drupal Association(www.drupal.org) ○ オープンソースDrupalの運営母体 ○ ApacheやLinuxなどと同様、世界有数の大規 模なオープンソースである ○ CMSの開発団体としてはおそらく世界最大 世界的 な団体
  14. 14. どこで入手可能か? www.drupal.org 100%無料
  15. 15. 数千名が集うDrupalCon
  16. 16. 数百名が集うDrupalCamp 世界中で、そして日本でも開催
  17. 17. Drupal商用クラウドのAcquia Drupal創始者 創業者兼CTO ドリス・バイテルト ● Drupalの商用クラウドと関連サービスを提供 ○ AWS上の大規模なマネージドホスティング ○ 世界中の政府機関および大企業が利用 ○ 日本でも2014年にサービスイン 2013年 米国で トップ
  18. 18. パートナーエコシステム
  19. 19. Drupalに関する様々な数字 ● 2.5% ● 2,000+ ● 15,000+ ● 1,000,000+ ● 2,000,000+ ● 0
  20. 20. Drupalに関する様々な数字 ● 2.5% 世界中のWebサイトの50に1つがDrupal ● 2,000+ Drupal 8 コア開発者数 ● 15,000+ 機能拡張モジュールの提供数 ● 1,000,000+ Drupalコミュニティ登録者数 ● 2,000,000+ Drupal.orgユニークユーザー数 ● 0 オープンソースだから無料!
  21. 21. Drupalの方向性 Web体験管理 “Web Experience Management” 顧客体験管理 “Customer Experience Management” デジタル体験管理 “Digital Experience Management”
  22. 22. Drupalの野心 デジタル体験管理 “Digital Experience Management” 名実ともに企業向けCMSの デファクトスタンダートと なり、市場を独占すること LINUX の様に
  23. 23. Drupalは企業向け ソリューションである Drupalは進化するオープンソースCMSである 単一プラットフォームでECやポータルなどの全て のデジタル体験を構築、管理できる 世界中の著名企業が利用している
  24. 24. Drupalで何ができるか?
  25. 25. 外部連携 Drupalのアーキテクチャ全体像 Drupal コア Drupal 機能拡張 モジュール Drupal APIs 多言語・マルチサイト対応 クラウド
  26. 26. アーキテクチャの特徴 ● コアはシンプルで強固 ● 機能拡張モジュールや APIによる外部連携で CMSだけでなくあらゆる サービスが開発可能 ● フルカスタマイズ可能
  27. 27. 機能拡張モジュールとは? ● 企業や個人が自由に無償で 開発できる ● 一般公開されてるもの: Drupalの機能拡張やサード パーティとの連携 ● 一般公開されないもの:各企 業特有の機能やカスタマイ ズなど
  28. 28. 主要サードパーティモジュール CI&T開発中。もうすぐリリース!
  29. 29. ディストリビューションとは? Drupal コア Drupal 機能拡張 モジュール Drupal APIs 多言語・マルチサイト対応 各企業固有の設定や拡張機能をパッケージング DISTRIBUTIONとして、無限に無償で配布可能
  30. 30. パブリックなDISTRO(ディストリビューションの略) Eコマース ニュースサイト向け 政府行政機関向け(米) 政府行政機関向け(豪)
  31. 31. マルチサイトとは? ● ソースコードの一元化 ● 共通機能は共通利用 ● 各サイト独自のデザイン、 機能、データ管理
  32. 32. 従来の企業とCMS 本社 欧州担当 北米担当 アジア担当 日本担当 サイト 開発 サイト 開発 サイト 開発 サイト 開発 北米市場 欧州市場 欧州市場 日本市場 ガイド ライン
  33. 33. Drupalをフル活用する企業X 本社 欧州担当 北米担当 アジア担当 日本担当 DISTRO 開発 サイト ローカ ライズ サイト ローカ ライズ サイト ローカ ライズ サイト ローカ ライズ 北米市場 欧州市場 欧州市場 日本市場
  34. 34. Drupalをフル活用する企業Y 本社 欧州担当 アジア担当 日本担当 多言語 サイト 開発 北米担当 北米市場 欧州市場 欧州市場 日本市場 多言語 サイト 運用
  35. 35. Drupalの重要なコンセプト ● Drupalのコンセプトは機能拡張が自由自在にできるこ とであり、企業利用においてはコアだけで使うことは ほぼない ● 標準技術(PHP/HTML5)で実装されているため、開 発の内製化は可能。但し、他のツールと同様に慣れ が必要 ● CI&Tはエンタープライズ向けに予め機能拡張した標 準DISTROを2つ用意している
  36. 36. CI&T Drupal for Brand 基本機能以外は 拡張モジュール との組合せ C I&T D ISTR O
  37. 37. CI&T Drupal for EC Drupal Commerceモジュールのカスタマイズ C I&T D ISTR O
  38. 38. Drupalで何ができるか? おおまかに知る 機能拡張モジュールとAPIで自由自在にカスタマ イズ可能である ディストリビューション、マルチサイト、多言語対 応など企業ユースに適している ガバナンス強化、アジリティ向上、ブランド体験価 値の統合を実現できる
  39. 39. Drupaになぜ乗り換えるのか? 6つの理由
  40. 40. ホワイトハウス オープンガバメントと最高峰のセキュリティ ウェブ サイト
  41. 41. GE B2Bビジネス向けDISTROとMarketo連携 ウェブ サイト マーケティング 自動化
  42. 42. ベライゾン DrupalでパーソナライズWebを実現 ウェブ サイト ポータル
  43. 43. テスラモーターズ 全てのデジタル体験をDrupalで提供 ウェブ サイト ウォッチ フォン ポータル
  44. 44. ツイッター Drupalで大規模な開発者ポータルを開発 ポータル
  45. 45. 製品 サイト コマース 会員 ポータル サポートサ イト モバイル アプリ キャン ペーン サイト 1. Drupalはデジタル統合環境 単一のデジタル基盤でITを シンプルに、強固に、深化させる コーポ レート サイト
  46. 46. 2. 高度な拡張性 デジタル体験で差別化す る企業、独自の戦略を具 現化する企業に好まれて いる オープンソースで作り込む戦略
  47. 47. 3. 機能はほぼ全てAPI化 Drupal APIアーキテクチャ Drupalは拡張可能なAPIと モジュールで構成される 企業向けで外部連携は必須
  48. 48. 4. ハイセキュリティ ● 巨大なソフトウェア企業 と同様に、セキュリティ チームによる24時間 365日の対応がなされ ている ● 高度なセキュリティを必 要とする政府機関が導 入し、更にセキュリティ 強度が高まるフィード バックループ 高度なセキュリティを必要とする 政府機関が導入
  49. 49. 5. ハイパフォーマンス ● 標準技術の採用 ● ハイパフォーマンスを必 要とするサイトが導入 し、更にパフォーマンス が高まるフィードバック ループ 一般的なDrupalインフラ構成
  50. 50. 6. オープンソース CMSの枠を超えた開発フレームワークである
  51. 51. Drupalに乗り換え急増中の 理由を知る Drupalはデジタルの統合環境であり、差別化さ れた戦略を実行するエンジンである セキュリティとパフォーマンスがスゴすぎる CMSの枠を超えたオープンな開発フレームワー クであり、開発者が大好きである
  52. 52. まとめ Drupalは企業向けソリューションである Drupalで何ができるか?おおまかに知る Drupalに乗り換え急増中の理由
  53. 53. お知らせ 因みに私の名前は Drupaliconです 公式ロゴです!
  54. 54. 最新事例:次世代EC http://vimeo.com/112790271 C I&T事 例
  55. 55. 資料ダウンロードはこちら slideshare yoshiyukiueda 検索
  56. 56. その他資料ダウンロード slideshare monbetsu 検索
  57. 57. CI&T Drupal Solution 弊社までお問合せください www.ciandt.com
  58. 58. ありがとうございました Drupal is a registered trademark of Dries Buytaert

×