Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Mozilla Hubsが拓く新世代WebVRのススメ #HubsScrum

640 views

Published on

Mozilla Hubsが拓く新世代WebVRのススメ
2020/5/13 XR Tech Nagoyaにて講演
日本で初めての大規模なHubs特集ミートアップの概要編

https://vrm-nagoya.connpass.com/event/175544/

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Mozilla Hubsが拓く新世代WebVRのススメ #HubsScrum

  1. 1. Mozilla Hubsが拓く 新世代WebVRのススメ GREE VR Studio Laboratory Director 白井暁彦 Akihiko SHIRAI (@o_ob)
  2. 2. 白井暁彦: VRエンタテインメントシステムの研究者 書籍「白井博士の未来のゲームデザイン~エンタテイメントシステムの科学~」(2013)より ▶ 2018年6月より現職 GREE VR Studio Lab, Director
  3. 3. Twitter @VRStudioLab YouTubeチャンネル j.mp/VRSYT
  4. 4. ACM SIGGRAPH ASIA 2018 TOKYO “Real-Time Live!” 【リアルタイム・ライヴ!!】 東京国際フォーラム1500席の前で たった7分間ライブデモを行う SIGGRAPH内でも難度高いデモセッション
  5. 5. Global Bidirectional Remote Haptic Live Entertainment by Virtual Beings
  6. 6. [Recommend] LATENCY: 10ms or less DOWNLOAD: 50 Mbps or higher UPLOAD: 50 Mbps or higher PACKET LOSS: 0% [Minimum] LATENCY: around 20ms DOWNLOAD: around 10Mbps UPLOAD: around 20Mbps PACKET LOSS 0% Ref. [YouTube recommend] 3840 x 2160p(4K)@60 fps Video Bitrate: 20 - 50Mbps Distance from Brisbane to Tokyo 7,154 km = 20.95 fps By ideal optic speed (round trip) Remote VTuber live by Virtual Cast
  7. 7. Mozilla Hubsが拓く新世代WebVRのススメ Hubsとは 何ができるの?Hubsを使うとうれしい人/そうでない人 TIPS - オブジェクト操作編 Hubsを構成する技術 Spoke Hubsの弱点・可能性 今後と告知
  8. 8. Hubsとは Mozilla Mixed Reality Groupによって開発 https://mixedreality.mozilla.org/ 2017年9月24日ごろFirst Commit。Robert Long, Dominick D’Anielloが中心。
  9. 9. @MozillaHubs Hubsとは さらにメンバーに追加 元AltSpaceVRのCofunder&Director of Engineering Greg Cofodorが参加。 ※AltSpaceはMicrosoftに2017年10月4日に買収された。 > Tightening the screws, or throwing something out to build anew. 現在は24名で開発。 @mozillareality@AltspaceVR
  10. 10. Hubsを構成する技術 Three.js, Networked-Aframe JanusVR, WebRTC, React.js, Node.js Hubs, Hubs-Cloud, Hubs-Ops (AWS, Digital Ocean,) Reticulum, Docusaulus ライセンスはMPL2。 商用ライセンスも提供(詳細)。 アートワークはCCで提供されている
  11. 11. IEEEVR2020での躍進 世界最大のVR関連国際会議。2019年は大阪、2020年は3月22~26日に米国 アトランタで開催予定だった。もともとCO2排出削減セッションだった「VRinVR」が Hubs+Twitchでの発表を予定していたが、Covid19の爆発的拡大により、物理開催が 困難に。主催だったジョージア工科大学Blair MacIntyre先生らとスポンサーであった Mozilla, AWSらの手によってポスター、デモ、基調講演含め全体が完全VR開催となっ た。登壇者からのみ$450の参加費で一般聴講無料1500人超え登録。
  12. 12. IEEEVR2020での躍進 Avatar Driven VR Society Trends in Japan Hubsでの発表 デモやPosterも なかなか 素晴らしい発表 がありました。 Webinarと違って 発表者間で自由に 交流できるのは 非常に大きい!
  13. 13. 世界のVR関係カンファレンスはどんな状況? Real Time Conference (RTC) 4月6〜7日:Zoomで実施/ 6月8-9日は完全バーチャル開催 Laval Virtual 2020 (フランス) 4月22~24日 VirBELAで開催 11,200名の参加を記録 EuroGraphics2020 (スウェーデン) 5月25~29日 動画+Zoom開催 ACM SIGGRAPH2020 7月 20,000~30,000人規模 バーチャル開催を目標に検討中
  14. 14. Hubsを使うと嬉しい人 ・WebVRサービスを提供したい ・ネットワーク型のコラボVRサービスを提供したい ・無料で提供したい ・Remoやspatial.chatを有料で持ちたくない人 ・独自ドメインで提供したい ・インフラ構築も自分で管理したい ・URLで導入、非インストール ・マルチデバイス ・強力なメディアプレイヤー ・シーンエディタもブラウザ
  15. 15. Hubs Hack
  16. 16. (現状) Hubsを使ってもうれしくない人 ・すでにネットワークコラボなマルチデバイスVRを構築している人 ・高品質なアバターがないと生きていけない人 ・テレビ会議の代わりにしたい人 →学会やコミケには向いているが ・スクリプトを組みたい人 ただし…クライアント側のソースコードもありますので ・アバターにIKやVRMを実装することも可能かも? ・GLBアニメーション ・スクリプトシステム
  17. 17. TIPS - オブジェクト操作編 デスクトップはTABでサブメニュー → pin/un-pinで固定、拡大縮小も可能。 物体を「ホールドした状態」(マウスボタン押込)+矢印/WASDで水平移動できる とりあえず画面へのドロップ or Ctrl+Vしてみる。 ・URL →プレビュー画像の貼り付け+URLへのリンク ・PDF → 自動でPDFリーダー。 ・MPEG → 動画プレイヤー ・HubsのURL→ポータル ・動画同期再生 ・デスクトップ共有や Webカメラも ・チャットコマンド ・Ctrl+Enterで画像化
  18. 18. Spoke 完全にWebブラウザで動作するHubs専用シーンエディタ。Unityスタイル。
  19. 19. Spoke: 基本Elements モデル:GLBモデル コライダー:Box, Ground Plane ライト:Ambient, Directional, Hemisphere, Spot, Point ナビゲーション:Spawn Point, Way Point テクスチャ:静止画像, Video (ムービーテクスチャ) その他:Trigger Volume, Link, パーティクル, 水, 音源,
  20. 20. Spoke Rock Kit, Architecture Kit レゴブロック感覚で岩/建築物を作れる。マテリアルもプルダウンで選択。
  21. 21. 外部検索エンジンの利用 Sketchfab, Google Poly, Bing Images キーワード検索で利用可能なモデルや画像をインポートできる。ライツも表記。 Tenor GIFs 同様にキーワードでGIFを探してくる。日本語検索OK。
  22. 22. 動画: Bing Videos YouTube他、Hubsで直接取り込んで再生できる動画を検索できる。 ライセンスに関しては不明ですが、上映会イベントにはいいかも。
  23. 23. Performance Checker
  24. 24. Video mediaは非常にパワフル 高機能なCDNとメディアプレイヤーが内蔵されている ・MPEGはSpokeにおいてURLで指定(サイズ制限あり) ・他のクラウド等においても再生できる ・YouTubeはURLだけで再生できる ・YouTube Live Streamは現状バグあり(本当は動くはず)。 どうやってこんなことができているのか? 興味がある人はReticulumについて調べてみるといいかもしれない (HubsのためにMozillaが開発したPhoenix frameworkでできたサーバー) CDN利用についての知見も研究中 興味がある人は一緒に研究しましょう。
  25. 25. Spoke “Link” Hacks https://hubs.mozilla.com/nHbMxtv/trigger-volume-test-1
  26. 26. Hubsの弱点・可能性 【弱点】 ・まだまだ開発途上、バグもたくさんある ・アバターにIKがない 髪も服もない ・スクリプティングがない 物理だけ ・知っておくべき技術群多すぎる ・多人数同時25名ぐらい(推奨) ・AWSはお安くない(調査中) Mozillaは賢い… ・WebVRならではのコンテンツ保護が必要 【可能性】 ・広範なハードウェアで動く ・URLだけで導線をつくれる ・無料…! ・急速に機能が増えている ・商用利用できる ・オープンソースであるため文句も可能性も
  27. 27. 独自ドメイン運用 NetworkVRのWordpress化…!
  28. 28. 独自ドメイン運用 Hubs-Cloud, Hubs-Ops-AWS 非常に複雑…でもライセンス込み。 米国東部(バージニア北部)のc4.largeでホス トした場合の価格 $ 0.20 /時間。 ※月間$144(以上)で商用利用可能
  29. 29. 独自ドメイン運用 + 日本語化 VR Studio Labにて実験中。そのうちノウハウを共有したいと思います…! UIに加えてドキュメントも翻訳進行中。
  30. 30. Hubsの思想…
  31. 31. 告知 #VRSionUp7「Mozilla Hubs Study」(仮) 完全オンラインイベントで、プロアマ混ざって知見を共有します。 近日中のオンラインハッカソンを予定しております! 長めのLT形式でHubsシーン内でプレゼンする想定です 【芸術】アバター/ワールドコンテスト 【技術】カスタムクライアントに挑戦 【事例】独自ドメイン展開事例,実験....などなど GREE VR Studio LabのTwitter @VRStudioLab にて告知予定!DMください! 視聴・購読は http://j.mp/VRSYT
  32. 32. Hubs Scrum 【ブラウザでVR】 ブラウザで動くソーシャルVR『Mozilla Hubs』の 体験会および多接続時の負荷テスト XR TECH NAGOYA

×