Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Webサーバ勉強会

1,504 views

Published on

Published in: Technology, Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Webサーバ勉強会

  1. 1. netmark.jp all rights reserved webサーバ勉強会 馬場 俊彰 toshiaki@netmark.jp 2010年11月2日火曜日
  2. 2. netmark.jp all rights reserved 自己紹介  馬場 俊彰(ばば としあき) @toshiak_netmark  株式会社ハートビーツ 技術統括責任者(CTO)  現職:  インフラエンジニア 前職:  Webシステム開発(Java) 前々職: インフラエンジニア  得意分野 − Webシステムのアーキテクチャ全般 − Webシステムのインフラ全般の構築・設定・チューニングなど (ハードウェア、ネットワーク、OS、ミドルウェア) − インターネットサービスに関わる技術要素全般  hbstudy主催 - インフラエンジニア向け勉強会 2010年11月2日火曜日
  3. 3. netmark.jp all rights reserved hbstudy  宣伝です  インフラの濃い方々特有の面白さがありますよ http://heartbeats.jp/hbstudy/ @hbstudy 2010年11月2日火曜日
  4. 4. netmark.jp all rights reserved 77-81:いろいろ 2010年11月2日火曜日
  5. 5. netmark.jp all rights reserved 77 Include conf.d/*.conf 78 User apache 79 Group apache 80 ServerAdmin root@localhost 81 UseCanonicalName Off 2010年11月2日火曜日
  6. 6. netmark.jp all rights reserved 77 Include conf.d/*.conf  別の設定ファイルを読み込む  ワイルドカードを使える  fnmatch()でマッチングする  ワイルドカード使うと、アルファベット順に読む  ディレクトリを指定すると、再帰的にファイルを探索 ※バックアップファイルなども読んでしまい、  トラブルになりやすいので非推奨  絶対パス or ServerRootからの相対パスが使える http://httpd.apache.org/docs/2.2/en/mod/core.html#include 2010年11月2日火曜日
  7. 7. netmark.jp all rights reserved 78 User apache 79 Group apache  apacheを稼働させるユーザ/グループを指定する  名前(User apache) or ID(User #999)で指定  ※rootを指定するのはsecurity的に危ないので   極めてからにすること  VirtualHostディレクティブでは使えない  VirtualHostディレクティブでは   SuexecUserGroupを使うノデス http://httpd.apache.org/docs/2.2/en/mod/mpm_common.html#user http://httpd.apache.org/docs/2.2/en/mod/mpm_common.html#group 2010年11月2日火曜日
  8. 8. netmark.jp all rights reserved 80 ServerAdmin root@localhost  エラーメッセージに表示する 「サーバ管理者の連絡先」を指定  URLかメールアドレスを指定可能  URLっぽくない場合、エラー画面では   mailto:をつけてリンクにしてくれる  URLにするなら別のサーバでホストしているURLにしようね  うっかりすると・・・・   エラー → 連絡したい → 連絡先のURLがエラー →・・・ http://httpd.apache.org/docs/2.2/en/mod/core.html#serveradmin 2010年11月2日火曜日
  9. 9. netmark.jp all rights reserved 81 UseCanonicalName Off  Configures how the server determines its own name and port (On¦Off¦DNS)  自己参照URLの決定のために利用   →URLの最後の / 有無のリダイレクトの挙動に影響  SERVER_NAME、SERVER_PORT変数の設定値に影響  On: ServerNameディレクティブで指定されたものを利用  Off(default): クライアントから渡された値を利用  DNS: DNS逆引きして決定  IPベースバーチャルホスト    + Hostヘッダを渡してくれないクライアント用 http://httpd.apache.org/docs/2.2/en/mod/core.html#usecanonicalname 2010年11月2日火曜日
  10. 10. netmark.jp all rights reserved 81 UseCanonicalName Off つづき  たとえば・・・  外部から http://global/somedir/ にアクセスできる  apacheは192.168.0.1:8080で待ち受け  <VirtualHost _default_:*>  ServerName backend:8080 このとき、 http://global/somedir にアクセスがきた場合の リダイレクト先  On: http://backend:8080/somedir/  Off: http://global/somedir/  DNS: 192.168.0.1を逆引きして決める 2010年11月2日火曜日
  11. 11. netmark.jp all rights reserved おまけ UseCanonicalPhysicalPort  Configures how the server determines its own name and port・・・イッショジャン  ポート番号の探索順の操作をします http://httpd.apache.org/docs/2.2/en/mod/core.html#usecanonicalphysicalport UseCanonicalName On • Port provided in Servername • Physical port • Default port UseCanonicalName Off | DNS • Parsed port from Host: header • Physical port • Port provided in Servername • Default port With UseCanonicalPhysicalPort Off, the physical ports are removed from the ordering. 2010年11月2日火曜日
  12. 12. netmark.jp all rights reserved おしまい 2010年11月2日火曜日

×