Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

手順書の話 Ver.0.3.0

169 views

Published on

2017/12/12 ssmjp はたのさん祭り

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

手順書の話 Ver.0.3.0

  1. 1. 手順書の話 2017.12.12 ssmjp @togakushi Ver. 0.3.0
  2. 2. 諸注意 ● SIerの中で働く人の話です – ほとんどオンプレの環境 – 強制されるエクセル方眼紙 – 人材はピンキリ ● 個人の見解です
  3. 3. 【要件】手順書に求められるコト
  4. 4. 誰が必要としているのか ● えらい人? ● 作業する人? イマイチ
  5. 5. えらい人には承認してもらおう ● しくじった時にえらい人を巻き込める
  6. 6. ゴール ● やりたいことが達成できる? ● 誰でもできる? イマイチ
  7. 7. 【定義】手順書とは
  8. 8. 仕事の捉え方 ● 9月のささみでお話したヤツ – INPUT – PROCESS – OUTPUT https://www.slideshare.net/tohakushi/ssmjp-80144980
  9. 9. 基本形 INPUT 入力 情報/データ PROCESS 処理 やり方 OUTPUT 出力 成果物 仕事は必ずこの形に分解できる
  10. 10. 手順書も分解 ● INPUT(目的) – 何がしたいのか – どうなって欲しいのか ● OUTPUT(結果) – どうなのか – どうなったのか ● PROCESS(手段) – 何をするのか
  11. 11. (例)サーバを再起動する ● INPUT(目的) – 再起動したい! ● 対象サーバを間違えていないかホスト名を確認したい! ● 再起動するために特権が欲しい! ● OUTPUT(結果) – サーバが再起動する
  12. 12. (例)サーバを再起動する ● PROCESS(手段) – 再起動するコマンド ● shutdown -r now ● reboot ● systemctl reboot – 物理的な手段 ● 電源ボタン ● 電源ケーブル
  13. 13. 積み重ね
  14. 14. 手順書とは ● PROCESSの部分を並べたもの
  15. 15. 【実装】手順書の作り方
  16. 16. PROCESSの練り込み ● 並べるPROCESSはどこまで細かくするのか ● プログラムに似ている – 人を処理する – エラー(例外)は全部止まればいい ● エスカレーション ● 確認した後自己修復して再実行
  17. 17. PROCESSの粒度 ● 依存関係 – 事前処理 – 事後処理 – (排他処理)
  18. 18. 5W1H ● チェック項目として利用 ● すべて明確であるか
  19. 19. モノ(サーバ)目線 いつ(When) 止めていないとダメなサービスは止まってる? 動いていないとダメなサービスは動いてる? バックアップ取ってある? その他、条件は満たせてる? どこで(Where) 対象のサーバは? カレントディレクトリは? だれが(Who) 管理者権限?一般ユーザ権限? 指定ユーザ?sudo使う? なにを(What) 何がしたいの? ファイルの削除?編集? サーバの再起動? デーモンの再起動? なぜ(Why) 目的は? やることには必ず理由があるよね? どのように(How) 実際に実行するコマンドは? このコマンドは、、、 、、、実行できる?/実行する?
  20. 20. ヒト目線 いつ(When) サービス提供中でもできる作業? メンテナンスモードにした? 作業開始連絡とかいらない? どこで(Where) データセンタのコンソールの前でやる作業?入館申請大丈夫? SSHでリモート接続?どこからでも繋がるの? だれが(Who) 誰が作業するの? 作業者のレベルにあった内容の手順書になってる? なにを(What) 目的は明確?複雑になっていないか? あれもこれもまとめてやろうとしてないか? なぜ(Why) 目的は明確?「これ」を実行したら何が起こる?結果は? やる理由は?やってもいいよね? どのように(How) 準備できてる? この手順書は、、、 、、、使用する?
  21. 21. 確認 ● 今、行った手順は正しく実行できたのか ● 次の手順に進む準備はできているのか
  22. 22. (余談)確認 ● 今、行った手順は正しく実行できたのか – INPUTとOUTPUTがハッキリしている – 期待するOUTPUTは実行前に明白である – テストが書けるんじゃね? ● 普段は手順の中で目視確認
  23. 23. 良い手順書 ● INPUTが明確 ● OUTPUTが明確 ● 考えることが少ない – 事前に考えてある – 読み替えが発生しない
  24. 24. 理想形 なんかエラー出たー 異常時に手を止めれる
  25. 25. 悪い手順書 ● 不明確、不正確 ● 考えることが多い – 読み替え – 順序の入れ替え ● 準備不足
  26. 26. gdgd 今、何やってんだっけー? これやっていいんだっけー? 何やってるのかわからなくなる
  27. 27. 【性能測定】時間見積もり
  28. 28. (自称)カップラーメン見積もり ● 熱湯3分 – カップラーメンが出来上がるまでの時間じゃない ● カップラーメンを調達する時間 ● 包装を解く時間 ● お湯を沸かす時間 ● 箸やフォークを準備する時間 – お湯を入れてからの時間見積もり – 見えない工数の見落とし
  29. 29. 作業時間見積もり ● PROCESSを実行する時間だけを見積もってたら 足りなくなる ● 準備に意外と時間が取られる ● 足らないよりは余るほうがマシ – 余り過ぎると怒られるけど
  30. 30. 【リファクタリング】最適化
  31. 31. 手順書の最適化 ● まとめれる部分はないか? – リブートは最後の1回で済ませられないか ● 順番を入れ替えるとどうなるか? – 何度も同じ確認をしなくて済むようにならないか ● 同じことを何度もやってないか? – まとめれるのではないか
  32. 32. ほどほどに ● 作業時間に余裕があるなら、最適化より間違えにく い手順を優先する
  33. 33. 【デバッグ】トラブル
  34. 34. じこはおこるさ ● 危機管理 ● 事故は想定外じゃない ● 失敗からはキチンと学ぼう
  35. 35. じこはおこるさ ● YouTubeで検索 – 英語の歌詞を読もう – 日本語訳はけっこうヒドいところがある
  36. 36. こんな歌 ● イライラすると事故がおきる ● ちょうしのってやってるとバチがあたる ● よそ見してるその時に事故はおきるものさ ● 思いつきでやるときっと失敗するよ ● 自信過剰だと集中力なんてたいがい散漫になっ ちゃうからね ● 事故だ、事故だ忘れてると事故はおこるさ
  37. 37. まとめ ● 異常発生時は止まれるように ● 過剰に作りこんでもコスト高になるのでほどほどに ● 御守みたいなもん
  38. 38. end

×