Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
障害者の災害対策ワークショップ
2014年2月16日
国立障害者リハビリテーションセンター研究所
福祉機器開発部
厚生労働科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業
福祉機器の利活用と開発を促進するための社会技術基盤の創成
排泄問題ワークショップと災害時の対策
2011fy
2012fy
2013fy
排泄を支援するための技術開発を目指
し,参加型の開発ワークショップとして
スタート
開発グループに加え,排泄という観点
から社会の様々な問題を議論する井戸
端会議を...
2012fy
井戸端会議
2013fy
災害対策gr
災害時の
一般的な課題
災害時の
トイレ問題
被災地の
避難事例紹介
ADLの確認
行政の防災
マニュアル
取組み事例
災害時
シミュレーション
災害時の備え
必要なモノ
自助・公助の
取組み
インプット
アウトプッ...
災害時の障害者の課題学習
参加者へのエンパワメントの一環と
して、災害時のトイレの課題に関す
るレクチャーを実施。
インプット
参加者へのエンパワメント
〈避難所の課題〉
・プライバシーの確保
・バリアフリーでない
・トイレが使えない
・支援者...
(NHK福祉ネットワーク取材 2011年11月)
人口 死者
市全体 40,738 336
障害者 2,268 47
肢体不自由者 953人 21
大船渡市
陸前高田市
仙台市
盛岡市
Mさん 男性 45歳
家族 :母、妻、娘
障害 :脊椎損傷...
被災経験者Mさんの避難経緯と課題
福祉避難所(岩手県立福祉の里センター)
特別養護老人ホーム
デイサービスセンター
児童養護施設
ふれあいホール(定員400人)
宿泊室(洋室4室・和室6室・定員52人)
大広間(最大定員80人)
車いすトイレ・風呂完備 など
施設概要
NPO法...
災害時のシミュレーションの実施アウトプット
車いす利用者が被災した場合を想定し
たシミュレーションを実施。
発災から、自宅や避難所、仮設住宅と、
時間をおって変わっていく環境に応じた
課題や対策を抽出した。
シミュレーションのベースとなる避難経...
災害時のシミュレーション結果(Tさん)
災害時のシミュレーション結果(Sさん)
災害時のシミュレーション結果(Nさん)
災害時のシミュレーション結果(Iさん)
災害時シミュレーションのまとめ
シミュレーションの結果、発災後のライフラインの寸断、移動手段や介助者の
確保、避難所のバリアやトイレの問題などが抽出された。
車いす利用者5名のまとめ
アウトプット
1 トイレができる環境(ハード、ソフト)
2
医療・衛生用品(カテーテル・おむつ・人口
肛門など)
3 褥瘡対策・ベッドの確保
4
水・食料(尿路感染対策、低血糖症対策等
を含む)
5 ヘルパー・看護師・その他の支援者の確保
6 電気・充電機器...
災害時の備えとして、事前に取り組むべき事項について、自助、共助、公助に整理
してまとめた。「東京都震災復興マニュアル」及び、東京都の各自治会等で取り組まれ
ている事例に加え、ワークショップでの提案を加えている。
災害時の備え(自助・共助・公助の...
アウトプット シンポジウムのテーマ確認
シンポジウムの開催に向けて、テーマや質問について議論した
アウトプット シンポジウムのテーマ確認
災害対策を考えるための 3つの視点と7つの質問
個人の障害に対応
した備え
コミュニティ (人間関
係) の構築
機器とテクノロジー
で乗り切る
①移動の課題
・避難時の移動の問題や日常生活の問題はどう対...
障害者の災害対策シンポジウム
~被災地から学ぶこれからの備え~
2014年2月16日
地災地の障害者・支援者の発表
福島、岩手の障害者および支
援者から、被災障害者の避難、
避難所、個人情報開示などに
ついての課題について紹介し
ていただいた。
災害時の障害者の課題、コ
ミュニティによる支援のあり方、
備えるべき機器などについて...
会場とパネリストのQ&Aの様子
災害時の備えにつながる展示
展示品 出品者
災害用トイレ処理剤 株式会社エクセルシア
バイオトイレカー NPO法人 やさしくなろうよ
けん引式車いす補助装置 株式会社JINRIKI
簡易エアマット,防寒シート,熱中
症対策グッズ
株式会社オシザ...
災害時の備えにつながる展示
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

排泄問題ワークショップ2014 災害対策グループ

1,233 views

Published on

Published in: Design
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

排泄問題ワークショップ2014 災害対策グループ

  1. 1. 障害者の災害対策ワークショップ 2014年2月16日 国立障害者リハビリテーションセンター研究所 福祉機器開発部 厚生労働科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業 福祉機器の利活用と開発を促進するための社会技術基盤の創成
  2. 2. 排泄問題ワークショップと災害時の対策 2011fy 2012fy 2013fy 排泄を支援するための技術開発を目指 し,参加型の開発ワークショップとして スタート 開発グループに加え,排泄という観点 から社会の様々な問題を議論する井戸 端会議を開催 「トイレ情報」・「災害対策」・「交流/体 験」の3グループ (アクションプラン) が 活動を開始 国リハでは、2011年より障害者の排泄に関する課題決策を提案する 「排泄問題ワークショップ」を実施しており、2013年に「障害者の災害対 策」を含む活動グループ(アクションプラン)を立ち上げた。
  3. 3. 2012fy 井戸端会議
  4. 4. 2013fy 災害対策gr 災害時の 一般的な課題 災害時の トイレ問題 被災地の 避難事例紹介 ADLの確認 行政の防災 マニュアル 取組み事例 災害時 シミュレーション 災害時の備え 必要なモノ 自助・公助の 取組み インプット アウトプット 被災地から 学ぶ備え ワ ー ク シ ョ ッ プ 災害時 シミュレーション シンポジウム シンポジウム に向けて 3つの視点 5つの質問 2013-10-10 2013-11-24 2013-12-19 2014-1-12 2014-2-16 参加者へのエンパワメントを取り入れたプロセス ・災害時を想定し、障害者に必要な災害対策について考える ための自主的グループ活動 ・被災地の情報提供や災害対策の事例紹介など参加者への 知識などのインプット)を行いながら、災害時に必要となる自 助・共助・公助の備え(アウトプット)についてまとめた。 ・被災地の経験から学ぶシンポジウムを開催 障害者の災害対策 実施概要
  5. 5. 災害時の障害者の課題学習 参加者へのエンパワメントの一環と して、災害時のトイレの課題に関す るレクチャーを実施。 インプット 参加者へのエンパワメント 〈避難所の課題〉 ・プライバシーの確保 ・バリアフリーでない ・トイレが使えない ・支援者の確保陸前高田市の例 【レクチャーの内容】 ・災害時のトイレの実態調査結果 ・災害時の一般的な避難経路の 確認 ・東日本大震災の現地の状況、被 災経験談の紹介 ・障害のある参加者のADL(日常 生活動作)や排泄状態の確認を通 したニーズ把握
  6. 6. (NHK福祉ネットワーク取材 2011年11月) 人口 死者 市全体 40,738 336 障害者 2,268 47 肢体不自由者 953人 21 大船渡市 陸前高田市 仙台市 盛岡市 Mさん 男性 45歳 家族 :母、妻、娘 障害 :脊椎損傷 補助具 :手動車いす利用 居住地 :船渡市 勤務先 :自宅(被災当時) ヘルパー:なし ヒアリング対象者プロフィール 障害者の被災経験事例の紹介インプット 車いす利用者の被災実態と課題について知るため、東日本大震災の被 災地、大船渡市でのヒアリング調査をもとにした学習会を実施した。 津波で被災した自宅周辺 大船渡市の概要
  7. 7. 被災経験者Mさんの避難経緯と課題
  8. 8. 福祉避難所(岩手県立福祉の里センター) 特別養護老人ホーム デイサービスセンター 児童養護施設 ふれあいホール(定員400人) 宿泊室(洋室4室・和室6室・定員52人) 大広間(最大定員80人) 車いすトイレ・風呂完備 など 施設概要 NPO法人 けせん・まちの保健室(看護 師・保健師のNPO)による支援 避難者約70名 障害者15名ほどを支援 (2011年5月ごろ) 福祉避難所時の支援 福祉の里ホームページより掲載 Mさんが避難した福祉避難所の概要
  9. 9. 災害時のシミュレーションの実施アウトプット 車いす利用者が被災した場合を想定し たシミュレーションを実施。 発災から、自宅や避難所、仮設住宅と、 時間をおって変わっていく環境に応じた 課題や対策を抽出した。 シミュレーションのベースとなる避難経路 シミュレーションの実施
  10. 10. 災害時のシミュレーション結果(Tさん)
  11. 11. 災害時のシミュレーション結果(Sさん)
  12. 12. 災害時のシミュレーション結果(Nさん)
  13. 13. 災害時のシミュレーション結果(Iさん)
  14. 14. 災害時シミュレーションのまとめ シミュレーションの結果、発災後のライフラインの寸断、移動手段や介助者の 確保、避難所のバリアやトイレの問題などが抽出された。 車いす利用者5名のまとめ アウトプット
  15. 15. 1 トイレができる環境(ハード、ソフト) 2 医療・衛生用品(カテーテル・おむつ・人口 肛門など) 3 褥瘡対策・ベッドの確保 4 水・食料(尿路感染対策、低血糖症対策等 を含む) 5 ヘルパー・看護師・その他の支援者の確保 6 電気・充電機器の確保(携帯、電動車いす) 7 寒さ・暑さ対策(体温調節が困難なため) 8 連絡方法の確保(知人・家族・支援者) 9 薬 10 帰宅手段・避難経路の確保 11 自動車(車いすで移動可能) 12 避難助のバリアフリー 13 手動車いす(電動が使えない時用) 14 要支援者の支援して欲しい事柄リスト 15 笛(助けを呼ぶ) 16 簡易シャワー・風呂 17 お薬手帳 18 バリアフリーマップ・トイレマップ 19 支援者の支援可能な事柄リスト 20 要支援者のリスト・マップ 21 風呂の確保 22 エレベータの必要ない動線 23 避難路の確保(家の中) 24 着替え 25 避難先・方法の把握 26 救援物資の事前取り決め 27 情報機器 28 知的障害者の個室 29 ガソリン 30 簡易スロープ 31 リフト・補助具 32 ヘッドライト 車いす利用者が被災した場合に必要となるモノのリストを抽出した。その結果、避難 所などでのトイレ環境、医療品、褥瘡対策、ヘルパーなどの手助け、感染症対策につ ながる飲料水の確保、電気の確保などがあげられた。 災害時に必要なものリストづくりアウトプット 参加者11名 (車いす利用者5名) 災害時に必要なものリスト
  16. 16. 災害時の備えとして、事前に取り組むべき事項について、自助、共助、公助に整理 してまとめた。「東京都震災復興マニュアル」及び、東京都の各自治会等で取り組まれ ている事例に加え、ワークショップでの提案を加えている。 災害時の備え(自助・共助・公助の取組み)アウトプット ワークショッ プでの意見 「京都震災復 興マニュアル 及び各自治 会等で取組ま れている事例 災害時の備え((自助・共助・公助の取組み)
  17. 17. アウトプット シンポジウムのテーマ確認 シンポジウムの開催に向けて、テーマや質問について議論した
  18. 18. アウトプット シンポジウムのテーマ確認 災害対策を考えるための 3つの視点と7つの質問 個人の障害に対応 した備え コミュニティ (人間関 係) の構築 機器とテクノロジー で乗り切る ①移動の課題 ・避難時の移動の問題や日常生活の問題はどう対処したの か? ②トイレの問題 ・避難先などでのトイレの問題はどうしたのか? ③ヘルパーの問題 ・支援者、ヘルパーはどのように確保したのか? ④コミュニティについて ・被災した時に助けられたコミュニティ(地縁・障害者支援)は 何か? ⑤モノ・物資・備えについて ・あって良かったもの、無くて困ったものは何か? ・支援物資は行き渡ったか? ⑥情報の問題 ・フェイスブック、ツイッター、公共Wi‐Fiなどの有効性はどう だったか? ⑦共助・公助について ・行政への要望はあるか? ・ボランティアセンターは機能したか? 3つの視点 7つの質問 障害者の災害対策を考える ため、3つの視点から検討す ることとした
  19. 19. 障害者の災害対策シンポジウム ~被災地から学ぶこれからの備え~ 2014年2月16日
  20. 20. 地災地の障害者・支援者の発表 福島、岩手の障害者および支 援者から、被災障害者の避難、 避難所、個人情報開示などに ついての課題について紹介し ていただいた。 災害時の障害者の課題、コ ミュニティによる支援のあり方、 備えるべき機器などについて、 答えながら、これからの災害 対策についてのディスカッショ ンを行った。 パネルディスカッション ゲスト講演とパネルディスカッションの実施 アウトプット 障害者の災害対策シンポジウム
  21. 21. 会場とパネリストのQ&Aの様子
  22. 22. 災害時の備えにつながる展示 展示品 出品者 災害用トイレ処理剤 株式会社エクセルシア バイオトイレカー NPO法人 やさしくなろうよ けん引式車いす補助装置 株式会社JINRIKI 簡易エアマット,防寒シート,熱中 症対策グッズ 株式会社オシザワ 住宅での家具転倒防止対策 有限会社地域住環境研究所 災害時用携帯トイレ ワーク・ワークス株式会社 着脱しやすいUDジャケット 国際ユニヴァーサルデザイン協議 会 衣のUD プロジェクト 「障害者の災害対策ワークショップ」であげられた障害 者に必要な備えに関する意見を参考に、募集した機器 やアイディアを展示
  23. 23. 災害時の備えにつながる展示

×