Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

みんなが働きたい場所で働ける「リモート開発チーム」を目指してやっていること - Cybozu Days 2017 大阪

3,695 views

Published on

2017/12/6 Cybozu Days 2017 大阪 のセッション「みんなが働きたい場所で働けるリモート開発チームを目指してやっていること」の発表資料です

Published in: Lifestyle
  • Be the first to comment

みんなが働きたい場所で働ける「リモート開発チーム」を目指してやっていること - Cybozu Days 2017 大阪

  1. 1. みんなが働きたい場所で働ける リモート開発チームを目指して やっていること 2017/12/6 Cybozu Days 2017 大阪 大阪開発部 部長 岡田 勇樹
  2. 2. 自己紹介 ▌岡田 勇樹 @y_okady ▌大阪出身、大阪在住 ▌2007年 新卒でサイボウズ入社 ▌2014年 大阪にUターン ▌Webアプリケーションエンジニアからマネージャーへ • サイボウズOfficeやkintoneの開発 • 人材マネジメント 2
  3. 3. アジェンダ 1. リモート開発って必要ですか? 2. サイボウズが会社として取り組んでいること 3. 私がリモート開発者として現場で取り組んできたこと • チームメンバーの一員として • マネージャーとして 4. おわりに 3
  4. 4. リモート開発って必要ですか? 4
  5. 5. リモート開発とは? ▌メンバーの一部が離れた場所(別拠点、在宅)で開発するこ と ▌ありがちな問題点 • チームの作業効率低下 • 情報漏洩リスクの増大 • 心身への悪影響 • マネジメントの難易度上昇 5
  6. 6. 逃げられない 6https://cybozushiki.cybozu.co.jp/articles/m001089.html
  7. 7. いろんな理由で逃げられない ▌災害への対応 • どんな時でも業務を止めるわけにはいかない • オフィスをSPOF(単一障害点)にしてはいけない ▌人材の確保 • 少子高齢化で労働人口は減り続ける • UターンやIターン、在宅勤務を必要とする人は必ずいる ▌QoL(Quality of Life)の向上 • 満員電車で疲弊しなくて済む • 自分が一番集中できる場所で仕事ができる 7
  8. 8. サイボウズが会社として取り組んでいること 8
  9. 9. 働きたい場所で働ける環境づくり ▌地元の大阪に開発拠点を作った人(私) ▌地元の福岡に営業拠点を作った人 ▌岡山の自宅でリモートワークする営業(週1出社) ▌京都の自宅でリモートワークするエンジニア(週2出社) ▌新潟で複業でNPO法人を運営するサイボウズ式メンバー ▌数年後に地元の広島に移住すると宣言した開発マネージャー 9
  10. 10. 企業理念 • 優れたチームワークには多様な個性の協働が必要 • 多様な働き方を認め合えるチームを目指したい 10 チームワークあふれる「社会」を創る チームワークあふれる「会社」を創る
  11. 11. 2010年 → 2017年 0回/月 3~4回/月 32人 60人0/7チーム 5/11チーム 国内リモート開発チーム数(2名以上) 国内エンジニア数(開発本部) 一人当たり在宅勤務回数(kintoneチーム) 11
  12. 12. 開発チーム構成 大阪東京 愛媛 ×10 ×5 ×4 ×3 ×3 ×2 ×7 ×9 ×9 ×3 ×3 ×3 ×1 ×1 ×1 ×2 ×3 ×2 ×2 ×4 ×2 ×10 ×3 ×2 12
  13. 13. 13
  14. 14. 14
  15. 15. リモート開発に欠かせないもの 15 ツール 制度 風土 ツール 制度 風土 ワークスタイル変革の3要件
  16. 16. 導入期(2010-2011) リモートデスクトップ ツール 制度在宅勤務 働き方選択 3分類 外部アクセス 風土
  17. 17. リモートデスクトップ ツール 制度在宅勤務 ウルトラワーク 市場価値による評価 外部アクセス kintone 働き方選択 3分類 9分類 多様性 振り返り KAIZEN自立 働き方への関心 風土 成長期 前半(2012-2013)
  18. 18. リモートデスクトップ テレビ会議システム 情報システム部 ツール 制度 風土在宅勤務 ウルトラワーク 多様性 振り返り KAIZEN自立市場価値による評価 外部アクセス kintone 働き方への関心 働き方選択 9分類 リモートチーム 東京⇔大阪 在宅中心の働き方 成長期 後半(2014-2015)
  19. 19. リモートデスクトップ テレビ会議システム 情報システム部 ツール 制度在宅勤務 ウルトラワーク 多様性 振り返り KAIZEN自立市場価値による評価 外部アクセス kintone在宅勤務用PC VDI 働き方への関心 リモートチーム 東京⇔大阪⇔愛媛 在宅中心の働き方 働き方選択 9分類 分類なし 風土 成熟期(2016-)
  20. 20. 一方で現場は ▌2014/7 大阪開発拠点開設時のチーム構成 20 ×16 ×2東京 大阪 ×18東京
  21. 21. 一方で現場は ▌2014/7 大阪開発拠点開設時のチーム構成 ▌マジョリティ は マイノリティ にあまり興味がない ▌より良いリモート開発のためにはマイノリティの頑張りが必要 21 ×16 ×2東京 大阪 ×18東京
  22. 22. 私がリモート開発者として現場で取り組んできたこと 22
  23. 23. チームメンバーの一員として 23
  24. 24. マジョリティの効率を落とさない ▌「リモート開発は効率が悪い」と思われたら負け ▌マイノリティは自分たちの効率を落としてでも、マジョリティ に問題ないと思ってもらうことが大事 ▌諦めるところは諦める • テレビ会議で声が聞き取りづらいこともある • 盛り上がってる空気感が伝わらないこともある • 必要なさそうなところは諦める 24
  25. 25. 最低限の協力を求める ▌会議10分前にテレビ会議のセッティングをお願いする • 会議参加者全員に10分待ってもらうよりマシ ▌リモート開発用のツールを自分たちで探して使ってもらう • Skype、FaceTime、Googleハングアウト • ヘッドセット、マイク、スピーカー 25
  26. 26. 26
  27. 27. 27
  28. 28. マイノリティの気持ちを体験してもらう ▌大阪に出張してもらう ▌在宅勤務してもらう ▌リモート開発の辛さは体験しないとわからない • 普段の自分たちが周りからどう見えてるかを知ってもらう • 諦めていることを知ってもらう 28
  29. 29. 必要以上にアピールする ▌ことあるごとに大阪の存在感を示す • テレビ会議で大きな声で喋る • 社内ハッカソンで「大阪弁変換ツール」を開発する • 出張者に「東京帰ったら “大阪ええとこやった” って周りに 伝えてな」と言って全力でおもてなしする ▌自宅に目を引く家具を置く • テレビ会議でいじってもらえる 29
  30. 30. マネージャーとして 30
  31. 31. 自分自身の考え方を変える ▌マイクロマネジメントをやめる • 家でも会社でも、サボる人はサボるしちゃんとやる人はちゃんとやる • 監視しようとしても無理なので諦める • メンバー一人ひとりを信じる • パフォーマンスを発揮できる最高の環境を提供することに注力する ▌評価のやり方を変える • 勤務態度や時間での評価は不可能 • 短い期間での評価は難しい • 長い期間(半年〜1年)の成果や貢献度で評価する 31
  32. 32. リモート開発を当たり前にする ▌大阪で週3在宅勤務のエンジニアを採用 ▌既存のチームをリモート開発チームに変える • リモート開発経験者に異動してもらう • ひとつずつリモート開発チームを増やしていく ▌リモート開発できるチームを増やす • 移住しやすい • 採用しやすい 32
  33. 33. リアルコミュニケーションを促進する ▌物理的な距離より心理的な距離が大事 ▌物理的に離れていても仕事はできる ▌意識的に顔を合わせるようにする • 基本在宅であっても週1~2回は出社する • コミュニケーションのためにお互い出張する • 対面のやり取りで心理的な距離を縮めよう 33
  34. 34. 働ける場所を増やす 34 2018年 西日本開発部設立
  35. 35. おわりに 35
  36. 36. みんなが働きたい場所で働ける「リモート開発チーム」 ▌会社全体でワークスタイル変革の3要件を育てる • ツール、制度、風土 • 時間をかけて少しずつ積み上げていこう ▌現場での取り組みがチームを変える • 働きたい場所で働ける喜びを力に変えよう • お互い思いやりを大切に 36
  37. 37. Uターンや在宅勤務の申し出は壁を超えるチャンス ▌今なら世論の後押しもある • 働き方改革 • 長時間労働削減 ▌みんなゼロからのスタート ▌「うちにはそんなの無理」ではなく、真摯に向き合おう 37
  38. 38. みんなが働きたい場所で働ける世の中を、 みんなで作っていきましょう! 38

×