SlideShare a Scribd company logo
オーム社開発部が
を使う3つの理由
1. 原稿をバージョン管理したい
3. 組んで初めて得られる知見もフィードバックしたい
TEXなら、校了まで原稿をテキストファイルで持てる
TEXなら、組版後の大胆なスタイル変更にも耐えられる
2. 制作の早い時点から最終的な見た目を意識したい
TEXなら、仮スタイルをあてたPDFを自動生成しながら執筆や
編集ができる
「でも、出版社指定の TEX スタイルで執筆
するのはちょっと……」
ご安心ください
オーム社開発部では、筆者独自のTEX原稿はもちろん、
さまざまな形式(XML、HTML、Wiki、独自タグテキ
ストなど)で書かれた原稿をそのまま使い、その原稿を
バージョン管理しながら自動的にpLATEXを介してPDF
を生成する仕組みを用意いたします。
詳細と連絡先は、隣の説明または
お配りした資料をご覧ください
おもな
オーム社開発部における TEX の利用
森田尚・鹿野桂一郎・高尾智絵(オーム社 開発部)
hmorita@ohmsha.co.jp, kshikano@ohmsha.co.jp, ctakao@ohmsha.co.jp
http://www.ohmsha.co.jp/
2010-10-23
概要
当編集部で企画編集し、TEX(LATEX)を利用して組版された出版物をご紹介します(展示物参照)。TEX 導入以前
は、組み直しが大変なので、内容上・レイアウト上の試行錯誤が十分にできないという問題がありました。TEX を導
入した結果、原稿が組版された状態で何度も書き直せるようになり、著者の実力を発揮してもらいやすくなりました。
ワークフロー
現在では、執筆から編集制作までを次のようなワークフローで行っています。
1. 原稿一式をサーバ上のバージョン管理システムに登録しておく
2. 著者や関係者が、メーリングリストなどで議論をしつつ、原稿を編集する
3. 原稿が更新されるとサーバがそれを検知して、自動的に組版し、所定の場所に PDF をアップロードする(XML
形式や Wiki 記法で記述された原稿は、前処理スクリプトが TEX に変換する)
4. 著者陣は PDF をプレビューして原稿をさらに編集する(2 へ戻って繰り返す)
著者の
TEX 原稿
XML,
XHTML
その他
TEX PDF
xml2tex,
IdeoType
プリ
プロセッサ
platex +
dvipdfmx
利用している主な技術
• pLATEX2e、DVIPDFMx、jsbook.cls(12.5Q オプションを追加)、その他マクロパッケージ多数
• xml2tex.scm、IdeoType(プリプロセッサ)
• その他:Subversion、Git、Darcs(バージョン管理)、Trac(プロジェクト管理)、Hudson(自動ビルド)、
Debian GNU/Linux(開発・運用全般のプラットフォーム)、Adobe Acrobat(PDF/X-1a への変換)
制作基盤は過半がオープンソースソフトウェアで構成されています。開発者・メンテナの方々に感謝します。
今後
今後も引き続き、本文記述・スタイル定義・ビルド環境整備などさまざまな面で、TEX を利用する際のベストプラ
クティスを模索し、学んでいきたいと考えています。

More Related Content

Viewers also liked

Re viewのリアルタイムプレギュー機能をつくってみたよ
Re viewのリアルタイムプレギュー機能をつくってみたよRe viewのリアルタイムプレギュー機能をつくってみたよ
Re viewのリアルタイムプレギュー機能をつくってみたよ
Toshihiro Yagi
 
ReVIEW & CI - ChefでCI環境構築
ReVIEW & CI - ChefでCI環境構築ReVIEW & CI - ChefでCI環境構築
ReVIEW & CI - ChefでCI環境構築
Masahiro Wakame
 
~knitr+pandocではじめる~『R MarkdownでReproducible Research』
~knitr+pandocではじめる~『R MarkdownでReproducible Research』~knitr+pandocではじめる~『R MarkdownでReproducible Research』
~knitr+pandocではじめる~『R MarkdownでReproducible Research』
Nagi Teramo
 
TeX vs Wordの不毛な争い
TeX vs Wordの不毛な争いTeX vs Wordの不毛な争い
TeX vs Wordの不毛な争い
Hidetsugu Tamura
 
書籍制作でReVIEWを使う実践ワークフロー
書籍制作でReVIEWを使う実践ワークフロー書籍制作でReVIEWを使う実践ワークフロー
書籍制作でReVIEWを使う実践ワークフロー
Masahiro Hidaka
 
ReVIEWを用いたPDFとEPUBへの変換について
ReVIEWを用いたPDFとEPUBへの変換についてReVIEWを用いたPDFとEPUBへの変換について
ReVIEWを用いたPDFとEPUBへの変換について
masayoshi takahashi
 
脚注をめぐる冒険
脚注をめぐる冒険脚注をめぐる冒険
脚注をめぐる冒険
Keiichiro Shikano
 
TeX原稿からEPUBを作りたい
TeX原稿からEPUBを作りたいTeX原稿からEPUBを作りたい
TeX原稿からEPUBを作りたい
Keiichiro Shikano
 
Sphinxで社内勉強会(Git)の
資料を作ってみた
Sphinxで社内勉強会(Git)の
資料を作ってみたSphinxで社内勉強会(Git)の
資料を作ってみた
Sphinxで社内勉強会(Git)の
資料を作ってみた
Taku SHIMIZU
 
SIerでもSphinxを使いたい!総括
SIerでもSphinxを使いたい!総括SIerでもSphinxを使いたい!総括
SIerでもSphinxを使いたい!総括
kk_Ataka
 
Markdownもはじめよう
MarkdownもはじめようMarkdownもはじめよう
Markdownもはじめよう
masayoshi takahashi
 
ドキュメントシステムはこれを使え2015年版
ドキュメントシステムはこれを使え2015年版ドキュメントシステムはこれを使え2015年版
ドキュメントシステムはこれを使え2015年版
Keiichiro Shikano
 

Viewers also liked (12)

Re viewのリアルタイムプレギュー機能をつくってみたよ
Re viewのリアルタイムプレギュー機能をつくってみたよRe viewのリアルタイムプレギュー機能をつくってみたよ
Re viewのリアルタイムプレギュー機能をつくってみたよ
 
ReVIEW & CI - ChefでCI環境構築
ReVIEW & CI - ChefでCI環境構築ReVIEW & CI - ChefでCI環境構築
ReVIEW & CI - ChefでCI環境構築
 
~knitr+pandocではじめる~『R MarkdownでReproducible Research』
~knitr+pandocではじめる~『R MarkdownでReproducible Research』~knitr+pandocではじめる~『R MarkdownでReproducible Research』
~knitr+pandocではじめる~『R MarkdownでReproducible Research』
 
TeX vs Wordの不毛な争い
TeX vs Wordの不毛な争いTeX vs Wordの不毛な争い
TeX vs Wordの不毛な争い
 
書籍制作でReVIEWを使う実践ワークフロー
書籍制作でReVIEWを使う実践ワークフロー書籍制作でReVIEWを使う実践ワークフロー
書籍制作でReVIEWを使う実践ワークフロー
 
ReVIEWを用いたPDFとEPUBへの変換について
ReVIEWを用いたPDFとEPUBへの変換についてReVIEWを用いたPDFとEPUBへの変換について
ReVIEWを用いたPDFとEPUBへの変換について
 
脚注をめぐる冒険
脚注をめぐる冒険脚注をめぐる冒険
脚注をめぐる冒険
 
TeX原稿からEPUBを作りたい
TeX原稿からEPUBを作りたいTeX原稿からEPUBを作りたい
TeX原稿からEPUBを作りたい
 
Sphinxで社内勉強会(Git)の
資料を作ってみた
Sphinxで社内勉強会(Git)の
資料を作ってみたSphinxで社内勉強会(Git)の
資料を作ってみた
Sphinxで社内勉強会(Git)の
資料を作ってみた
 
SIerでもSphinxを使いたい!総括
SIerでもSphinxを使いたい!総括SIerでもSphinxを使いたい!総括
SIerでもSphinxを使いたい!総括
 
Markdownもはじめよう
MarkdownもはじめようMarkdownもはじめよう
Markdownもはじめよう
 
ドキュメントシステムはこれを使え2015年版
ドキュメントシステムはこれを使え2015年版ドキュメントシステムはこれを使え2015年版
ドキュメントシステムはこれを使え2015年版
 

Similar to オーム社開発部がTeXを使う3つのおもな理由

フォントのファイルフォーマット
フォントのファイルフォーマットフォントのファイルフォーマット
フォントのファイルフォーマット
Gifig Mania
 
eZ Publish勉強会2013年3月「eZ Publishの構築を簡単に!」
eZ Publish勉強会2013年3月「eZ Publishの構築を簡単に!」eZ Publish勉強会2013年3月「eZ Publishの構築を簡単に!」
eZ Publish勉強会2013年3月「eZ Publishの構築を簡単に!」
ericsagnes
 
TOPPERS TECS WG 2016
TOPPERS TECS WG 2016TOPPERS TECS WG 2016
TOPPERS TECS WG 2016
Hiroshi Oyama
 
Eclipse xtext 紹介
Eclipse xtext 紹介Eclipse xtext 紹介
Eclipse xtext 紹介
Akira Tanaka
 
XPages の最新機能を、XPages Extension Library Japan の日本語サンプルで試そう!
XPages の最新機能を、XPages Extension Library Japan の日本語サンプルで試そう!XPages の最新機能を、XPages Extension Library Japan の日本語サンプルで試そう!
XPages の最新機能を、XPages Extension Library Japan の日本語サンプルで試そう!
Hiroaki Komine
 
ドキュメントの継続的改善―Sphinxを使いながら
ドキュメントの継続的改善―Sphinxを使いながらドキュメントの継続的改善―Sphinxを使いながら
ドキュメントの継続的改善―Sphinxを使いながら
soishino
 
HTML初心者向け勉強会
HTML初心者向け勉強会HTML初心者向け勉強会
HTML初心者向け勉強会
SakiKomuro
 
テクてく Lotus 技術者夜会 03/16 Lotus Notes/Domino Upgrade Pack とは
テクてく Lotus 技術者夜会 03/16 Lotus Notes/Domino Upgrade Pack とはテクてく Lotus 技術者夜会 03/16 Lotus Notes/Domino Upgrade Pack とは
テクてく Lotus 技術者夜会 03/16 Lotus Notes/Domino Upgrade Pack とは
Hiroaki Komine
 
Sphinx ではじめるドキュメント生活 2013 #sphinxconjp
Sphinx ではじめるドキュメント生活 2013 #sphinxconjpSphinx ではじめるドキュメント生活 2013 #sphinxconjp
Sphinx ではじめるドキュメント生活 2013 #sphinxconjp
Takeshi Komiya
 
7/7 WordBench kobe dreamweaver seminar
7/7 WordBench kobe dreamweaver seminar7/7 WordBench kobe dreamweaver seminar
7/7 WordBench kobe dreamweaver seminar
Atushi Sugiyama
 
JUS関西 Sphinxワークショップ@関西 Sphinx紹介
JUS関西 Sphinxワークショップ@関西 Sphinx紹介JUS関西 Sphinxワークショップ@関西 Sphinx紹介
JUS関西 Sphinxワークショップ@関西 Sphinx紹介
Takayuki Shimizukawa
 
SAS University Editionにおける日本語を含むファイルの取り扱い
SAS University Editionにおける日本語を含むファイルの取り扱いSAS University Editionにおける日本語を含むファイルの取り扱い
SAS University Editionにおける日本語を含むファイルの取り扱い
SAS Institute Japan
 
達人出版会のご紹介(技術編)
達人出版会のご紹介(技術編)達人出版会のご紹介(技術編)
達人出版会のご紹介(技術編)
masayoshi takahashi
 
eZ Publishのextension開発チュートリアル
eZ Publishのextension開発チュートリアルeZ Publishのextension開発チュートリアル
eZ Publishのextension開発チュートリアル
株式会社ミツエーリンクス
 
はじめてのASP.NET MVC5
はじめてのASP.NET MVC5はじめてのASP.NET MVC5
はじめてのASP.NET MVC5
Tomo Mizoe
 
KEONとPEAKが無くてもFirefox OS開発出来る
KEONとPEAKが無くてもFirefox OS開発出来るKEONとPEAKが無くてもFirefox OS開発出来る
KEONとPEAKが無くてもFirefox OS開発出来る
android sola
 
Keynoteのファイル構造と送信の問題点
Keynoteのファイル構造と送信の問題点Keynoteのファイル構造と送信の問題点
Keynoteのファイル構造と送信の問題点
Hyotan Shoji
 
OpeLa: セルフホストなOSと言語処理系を作るプロジェクト
OpeLa: セルフホストなOSと言語処理系を作るプロジェクトOpeLa: セルフホストなOSと言語処理系を作るプロジェクト
OpeLa: セルフホストなOSと言語処理系を作るプロジェクト
uchan_nos
 

Similar to オーム社開発部がTeXを使う3つのおもな理由 (20)

フォントのファイルフォーマット
フォントのファイルフォーマットフォントのファイルフォーマット
フォントのファイルフォーマット
 
eZ Publish勉強会2013年3月「eZ Publishの構築を簡単に!」
eZ Publish勉強会2013年3月「eZ Publishの構築を簡単に!」eZ Publish勉強会2013年3月「eZ Publishの構築を簡単に!」
eZ Publish勉強会2013年3月「eZ Publishの構築を簡単に!」
 
TOPPERS TECS WG 2016
TOPPERS TECS WG 2016TOPPERS TECS WG 2016
TOPPERS TECS WG 2016
 
Eclipse xtext 紹介
Eclipse xtext 紹介Eclipse xtext 紹介
Eclipse xtext 紹介
 
XPages の最新機能を、XPages Extension Library Japan の日本語サンプルで試そう!
XPages の最新機能を、XPages Extension Library Japan の日本語サンプルで試そう!XPages の最新機能を、XPages Extension Library Japan の日本語サンプルで試そう!
XPages の最新機能を、XPages Extension Library Japan の日本語サンプルで試そう!
 
ドキュメントの継続的改善―Sphinxを使いながら
ドキュメントの継続的改善―Sphinxを使いながらドキュメントの継続的改善―Sphinxを使いながら
ドキュメントの継続的改善―Sphinxを使いながら
 
Notes DB Euc
Notes DB EucNotes DB Euc
Notes DB Euc
 
HTML初心者向け勉強会
HTML初心者向け勉強会HTML初心者向け勉強会
HTML初心者向け勉強会
 
テクてく Lotus 技術者夜会 03/16 Lotus Notes/Domino Upgrade Pack とは
テクてく Lotus 技術者夜会 03/16 Lotus Notes/Domino Upgrade Pack とはテクてく Lotus 技術者夜会 03/16 Lotus Notes/Domino Upgrade Pack とは
テクてく Lotus 技術者夜会 03/16 Lotus Notes/Domino Upgrade Pack とは
 
Sphinxはじめの一歩
Sphinxはじめの一歩Sphinxはじめの一歩
Sphinxはじめの一歩
 
Sphinx ではじめるドキュメント生活 2013 #sphinxconjp
Sphinx ではじめるドキュメント生活 2013 #sphinxconjpSphinx ではじめるドキュメント生活 2013 #sphinxconjp
Sphinx ではじめるドキュメント生活 2013 #sphinxconjp
 
7/7 WordBench kobe dreamweaver seminar
7/7 WordBench kobe dreamweaver seminar7/7 WordBench kobe dreamweaver seminar
7/7 WordBench kobe dreamweaver seminar
 
JUS関西 Sphinxワークショップ@関西 Sphinx紹介
JUS関西 Sphinxワークショップ@関西 Sphinx紹介JUS関西 Sphinxワークショップ@関西 Sphinx紹介
JUS関西 Sphinxワークショップ@関西 Sphinx紹介
 
SAS University Editionにおける日本語を含むファイルの取り扱い
SAS University Editionにおける日本語を含むファイルの取り扱いSAS University Editionにおける日本語を含むファイルの取り扱い
SAS University Editionにおける日本語を含むファイルの取り扱い
 
達人出版会のご紹介(技術編)
達人出版会のご紹介(技術編)達人出版会のご紹介(技術編)
達人出版会のご紹介(技術編)
 
eZ Publishのextension開発チュートリアル
eZ Publishのextension開発チュートリアルeZ Publishのextension開発チュートリアル
eZ Publishのextension開発チュートリアル
 
はじめてのASP.NET MVC5
はじめてのASP.NET MVC5はじめてのASP.NET MVC5
はじめてのASP.NET MVC5
 
KEONとPEAKが無くてもFirefox OS開発出来る
KEONとPEAKが無くてもFirefox OS開発出来るKEONとPEAKが無くてもFirefox OS開発出来る
KEONとPEAKが無くてもFirefox OS開発出来る
 
Keynoteのファイル構造と送信の問題点
Keynoteのファイル構造と送信の問題点Keynoteのファイル構造と送信の問題点
Keynoteのファイル構造と送信の問題点
 
OpeLa: セルフホストなOSと言語処理系を作るプロジェクト
OpeLa: セルフホストなOSと言語処理系を作るプロジェクトOpeLa: セルフホストなOSと言語処理系を作るプロジェクト
OpeLa: セルフホストなOSと言語処理系を作るプロジェクト
 

More from Keiichiro Shikano

技術を本にして売る、という仕事
技術を本にして売る、という仕事技術を本にして売る、という仕事
技術を本にして売る、という仕事
Keiichiro Shikano
 
表とリスト(List Driven Table in LaTeX )
表とリスト(List Driven Table in LaTeX )表とリスト(List Driven Table in LaTeX )
表とリスト(List Driven Table in LaTeX )
Keiichiro Shikano
 
KindleでMathMLの現実
KindleでMathMLの現実KindleでMathMLの現実
KindleでMathMLの現実
Keiichiro Shikano
 
2018年でもEPSをTeXで使う
2018年でもEPSをTeXで使う2018年でもEPSをTeXで使う
2018年でもEPSをTeXで使う
Keiichiro Shikano
 
TeXの気持ちを理解するために知っておくと役立つかもしれないこと
TeXの気持ちを理解するために知っておくと役立つかもしれないことTeXの気持ちを理解するために知っておくと役立つかもしれないこと
TeXの気持ちを理解するために知っておくと役立つかもしれないこと
Keiichiro Shikano
 
Sphinxで売り物の書籍を作ってみた
Sphinxで売り物の書籍を作ってみたSphinxで売り物の書籍を作ってみた
Sphinxで売り物の書籍を作ってみた
Keiichiro Shikano
 
TeXは軽量マークアップの夢を見るか
TeXは軽量マークアップの夢を見るかTeXは軽量マークアップの夢を見るか
TeXは軽量マークアップの夢を見るか
Keiichiro Shikano
 
イテレーティブでインクリメンタルな技術書の作り方
イテレーティブでインクリメンタルな技術書の作り方イテレーティブでインクリメンタルな技術書の作り方
イテレーティブでインクリメンタルな技術書の作り方
Keiichiro Shikano
 
Gaucheで本を作る
Gaucheで本を作るGaucheで本を作る
Gaucheで本を作る
Keiichiro Shikano
 
『新装版リファクタリング ―既存のコードを安全に改善する―』 のここがすごい
『新装版リファクタリング ―既存のコードを安全に改善する―』 のここがすごい『新装版リファクタリング ―既存のコードを安全に改善する―』 のここがすごい
『新装版リファクタリング ―既存のコードを安全に改善する―』 のここがすごい
Keiichiro Shikano
 
TUG 2014 参加体験記
TUG 2014 参加体験記TUG 2014 参加体験記
TUG 2014 参加体験記
Keiichiro Shikano
 
xml2tex at TUG 2014
xml2tex at TUG 2014xml2tex at TUG 2014
xml2tex at TUG 2014
Keiichiro Shikano
 
Index makes your book perfect
Index makes your book perfectIndex makes your book perfect
Index makes your book perfect
Keiichiro Shikano
 
Texuser 2012-lt
Texuser 2012-lt Texuser 2012-lt
Texuser 2012-lt
Keiichiro Shikano
 
多値で簡単パーサーコンビネーター
多値で簡単パーサーコンビネーター多値で簡単パーサーコンビネーター
多値で簡単パーサーコンビネーター
Keiichiro Shikano
 

More from Keiichiro Shikano (17)

技術を本にして売る、という仕事
技術を本にして売る、という仕事技術を本にして売る、という仕事
技術を本にして売る、という仕事
 
表とリスト(List Driven Table in LaTeX )
表とリスト(List Driven Table in LaTeX )表とリスト(List Driven Table in LaTeX )
表とリスト(List Driven Table in LaTeX )
 
KindleでMathMLの現実
KindleでMathMLの現実KindleでMathMLの現実
KindleでMathMLの現実
 
2018年でもEPSをTeXで使う
2018年でもEPSをTeXで使う2018年でもEPSをTeXで使う
2018年でもEPSをTeXで使う
 
TeXの気持ちを理解するために知っておくと役立つかもしれないこと
TeXの気持ちを理解するために知っておくと役立つかもしれないことTeXの気持ちを理解するために知っておくと役立つかもしれないこと
TeXの気持ちを理解するために知っておくと役立つかもしれないこと
 
Sphinxで売り物の書籍を作ってみた
Sphinxで売り物の書籍を作ってみたSphinxで売り物の書籍を作ってみた
Sphinxで売り物の書籍を作ってみた
 
TeXは軽量マークアップの夢を見るか
TeXは軽量マークアップの夢を見るかTeXは軽量マークアップの夢を見るか
TeXは軽量マークアップの夢を見るか
 
イテレーティブでインクリメンタルな技術書の作り方
イテレーティブでインクリメンタルな技術書の作り方イテレーティブでインクリメンタルな技術書の作り方
イテレーティブでインクリメンタルな技術書の作り方
 
Gaucheで本を作る
Gaucheで本を作るGaucheで本を作る
Gaucheで本を作る
 
『新装版リファクタリング ―既存のコードを安全に改善する―』 のここがすごい
『新装版リファクタリング ―既存のコードを安全に改善する―』 のここがすごい『新装版リファクタリング ―既存のコードを安全に改善する―』 のここがすごい
『新装版リファクタリング ―既存のコードを安全に改善する―』 のここがすごい
 
TUG 2014 参加体験記
TUG 2014 参加体験記TUG 2014 参加体験記
TUG 2014 参加体験記
 
xml2tex at TUG 2014
xml2tex at TUG 2014xml2tex at TUG 2014
xml2tex at TUG 2014
 
Csspage1 2014-06-22
Csspage1 2014-06-22Csspage1 2014-06-22
Csspage1 2014-06-22
 
Index makes your book perfect
Index makes your book perfectIndex makes your book perfect
Index makes your book perfect
 
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
 
Texuser 2012-lt
Texuser 2012-lt Texuser 2012-lt
Texuser 2012-lt
 
多値で簡単パーサーコンビネーター
多値で簡単パーサーコンビネーター多値で簡単パーサーコンビネーター
多値で簡単パーサーコンビネーター
 

Recently uploaded

"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
たけおか しょうぞう
 
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
Toru Tamaki
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Natsutani Minoru
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
Sony - Neural Network Libraries
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
CRI Japan, Inc.
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
chisatotakane
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
Ayachika Kitazaki
 
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
Sony - Neural Network Libraries
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo Lab
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
Toru Tamaki
 
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
ARISE analytics
 

Recently uploaded (14)

"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
 
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
 
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
 
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
 
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
 
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
 

オーム社開発部がTeXを使う3つのおもな理由

  • 1. オーム社開発部が を使う3つの理由 1. 原稿をバージョン管理したい 3. 組んで初めて得られる知見もフィードバックしたい TEXなら、校了まで原稿をテキストファイルで持てる TEXなら、組版後の大胆なスタイル変更にも耐えられる 2. 制作の早い時点から最終的な見た目を意識したい TEXなら、仮スタイルをあてたPDFを自動生成しながら執筆や 編集ができる 「でも、出版社指定の TEX スタイルで執筆 するのはちょっと……」 ご安心ください オーム社開発部では、筆者独自のTEX原稿はもちろん、 さまざまな形式(XML、HTML、Wiki、独自タグテキ ストなど)で書かれた原稿をそのまま使い、その原稿を バージョン管理しながら自動的にpLATEXを介してPDF を生成する仕組みを用意いたします。 詳細と連絡先は、隣の説明または お配りした資料をご覧ください おもな
  • 2. オーム社開発部における TEX の利用 森田尚・鹿野桂一郎・高尾智絵(オーム社 開発部) hmorita@ohmsha.co.jp, kshikano@ohmsha.co.jp, ctakao@ohmsha.co.jp http://www.ohmsha.co.jp/ 2010-10-23 概要 当編集部で企画編集し、TEX(LATEX)を利用して組版された出版物をご紹介します(展示物参照)。TEX 導入以前 は、組み直しが大変なので、内容上・レイアウト上の試行錯誤が十分にできないという問題がありました。TEX を導 入した結果、原稿が組版された状態で何度も書き直せるようになり、著者の実力を発揮してもらいやすくなりました。 ワークフロー 現在では、執筆から編集制作までを次のようなワークフローで行っています。 1. 原稿一式をサーバ上のバージョン管理システムに登録しておく 2. 著者や関係者が、メーリングリストなどで議論をしつつ、原稿を編集する 3. 原稿が更新されるとサーバがそれを検知して、自動的に組版し、所定の場所に PDF をアップロードする(XML 形式や Wiki 記法で記述された原稿は、前処理スクリプトが TEX に変換する) 4. 著者陣は PDF をプレビューして原稿をさらに編集する(2 へ戻って繰り返す) 著者の TEX 原稿 XML, XHTML その他 TEX PDF xml2tex, IdeoType プリ プロセッサ platex + dvipdfmx 利用している主な技術 • pLATEX2e、DVIPDFMx、jsbook.cls(12.5Q オプションを追加)、その他マクロパッケージ多数 • xml2tex.scm、IdeoType(プリプロセッサ) • その他:Subversion、Git、Darcs(バージョン管理)、Trac(プロジェクト管理)、Hudson(自動ビルド)、 Debian GNU/Linux(開発・運用全般のプラットフォーム)、Adobe Acrobat(PDF/X-1a への変換) 制作基盤は過半がオープンソースソフトウェアで構成されています。開発者・メンテナの方々に感謝します。 今後 今後も引き続き、本文記述・スタイル定義・ビルド環境整備などさまざまな面で、TEX を利用する際のベストプラ クティスを模索し、学んでいきたいと考えています。