SlideShare a Scribd company logo
最近の PowerShell について
SCUGJ (wSCUGJ) 勉強会 #27 / 2022-01-22
Kazuki Takai - Windows Server & Cloud User Group Japan
本日お話しすること
• PowerShell 7.2 と近辺で実装された機能について
お話しします
• 割と細かいです
• 最近の PowerShell について何となく知っていた
だければと思います
PowerShell Community Dashboard
PowerShell 7.2 Released
• 7.2 GA – 2021-11-09 JST
• 7.2.1 – 2021-12-15 JST
• 7.3.0-preview.1 – 2021-12-17 JST
• Long Term Support (LTS) Release
• 3年間のサポート
• 偶数マイナーバージョンは LTS として3年間サポート
• 奇数マイナーバージョンは1年間サポート
• .NET 6 ベース
サポートライフサイクルと OS 要件
• PowerShell のサポート ライフサイクル
PowerShell がサポートする OS の条件
• サポート対象となる条件
1. EoS になっていない OS バージョンである
2. OS のバージョンが、暫定リリース等ではない
3. 少なくとも1年以上サポートされている OS バージョ
ンである
4. OS のバージョンと CPU アーキテクチャが、.NET
(.NET Core)でサポートされている
5. PowerShell Team でテスト済みの組み合わせである
PowerShell 7.2 の新機能・変更点
• Microsoft Update サポート
• Linux 用の新しいユニバーサルパッケージ
• PSReadLine 2.1 と予測 IntelliSense
• DSC モジュールを PowerShell 本体から分離
• 試験的な機能から正式な機能へ変更されたもの
• その他
Microsoft Update サポート
• Microsoft Update 経由で PowerShell の
アップデートが可能となった
• インストール時の既定値は、
有効(オプトインする)
• 設定でオプトアウト可能
• WSUS による配信も可能
• コマンドラインオプション
• USE_MU
• ENABLE_MU
Microsoft Update サポート
• 注意点
• Windows 10 RS3 (10.0.16299) 以降が必要
• 新しいビルドがリリースされてから Microsoft Update
で公開されるまで、2週間程度必要
• PowerShell としてセキュリティ更新を含んでいる場合
も、Optional の更新として配信
Linux 用の新しいユニバーサルパッケージ
• RPM と Deb パッケージが OS やバージョンに依
存せず(それぞれ)1つになった
PSReadLine 2.1 と予測 IntelliSense
• PSReadLine 2.1 を標準バンドル
• CommandPrediction API を導入
• コマンドライン補完の予測を提供
• ユーザーの履歴から予測を行い、候補を提示可能
• 既定では無効
• Set-PSReadLineOption -PredictionSource History
DSC モジュールを PowerShell 本体から分離
• PowerShell Engine から DSC の機能を分離して
個別のモジュールとして提供
• 開発サイクルを分離し、組み合わせの自由度を提供
• PSDesiredStateConfiguration
• Version 2 が PowerShell 7.0 に同梱されていたもの
• PowerShell 7.0 との互換性を確保する場合は
Version 2 系のモジュールをインストール
• Install-Module -Name
PSDesiredStateConfiguration -Repository
PSGallery -MaximumVersion 2.99
PowerShell 7.2 の新機能・変更点
• 試験的な機能から正式な機能へ変更
• PSAnsiRendering
• PSAnsiProgress
• PSImportPSDataFileSkipLimitCheck
• PSManageBreakpointsInRunspace
• PSCultureInvariantReplaceOperator
• PSNotApplyErrorActionToStderr
• PSUnixFileStat
• 試験的な機能として実装されていたが削除
• PSImplicitRemotingBatching
PowerShell 7.2 の新機能・変更点
• 新しく追加された試験的な機能
• PSNativeCommandArgumentPassing
• ネイティブ実行可能ファイルを呼び出すときの動作を変更
• 文字列を再構築するのではなく、StartProcessInfo オブジェクトの
ArgumentList プロパティを使用
• PSAnsiRenderingFileInfo
• $PSStyle.FileInfo に組み込みのメンバーを追加
• $PSStyle.FileInfo.Directory , $PSStyle.FileInfo.SymbolicLink 等
• PSLoadAssemblyFromNativeCode
• ネイティブ コードからのアセンブリの読み込みを許可
試験的な機能
• Microsoft Docs 参照
• PowerShell の
試験的機能の使用
PSNullConditionalOperators
• Null 条件付きメンバーアクセス演算子(?. / ?[])
• 変数(アクセス対象)が Null ではない場合のみ、メン
バーにアクセスし値を返す
• アクセス対象が Null の場合は、メンバーへのアクセス
は行わず $null を返す
• PowerShell 7.1 から正式な機能として利用可能
• 使うなら #Requires -Version 7.1 しましょう
• 省略せずにきちんと値のチェックをすることをお勧め
します
PSAnsiRendering
• ターミナル出力のレンダリングにおいて、ANSI エス
ケープシーケンスをサポート
• xterm 互換のターミナルで利用可能
• Windows の場合は Console Host か Windows Terminal
• macOS の場合は、OS デフォルトのターミナルアプリ
• Linux の場合は、ディストリビューション次第
PSAnsiRendering
• $PSStyle.OutputRendering で動作を指定
ANSI (default) エスケープシーケンスが有効(既定)
PlainText エスケープシーケンスを常に除外
Host
リダイレクト又はパイプライン出力で
エスケープシーケンスを除外
PSAnsiRendering
• 色の指定
• $PSStyle.Background と $PSStyle.Foreground
• 組み込みの色名、又は FromRgb() による指定
• Black, BrightBlack, White, BrightWhite, Red, BrightRed,
Magenta, BrightMagenta, Blue, BrightBlue, Cyan,
BrightCyan, Green, BrightGreen, Yellow, BrightYellow
PSAnsiRendering
• スタイルの調整
• $PSStyle.Blink : 点滅オン
• $PSStyle.Bold : 太字オン
• $PSStyle.Hidden : 非表示オン
• $PSStyle.Reverse : 逆順オン
• $PSStyle.Italic : 斜体オン
• $PSStyle.Underline : 下線オン
• $PSStyle.****Off : ****をオフ
• $PSStyle.Reset : すべてオフ
PSAnsiRendering
• 特定の書式の調整
• $PSStyle.Formatting
• FormatAccent, TableHeader, ErrorAccent, Error, Warning,
Verbose, Debug
• $PSStyle.FileInfo (試験的な機能)
• Directory, SymbolicLink, Executable, Extension
• Enable-ExperimentalFeature -Name
PSAnsiRenderingFileInfo -Scope CurrentUser
PSAnsiProgress
• プログレスバーの表示形式変更
• デフォルトは1行で出力される形式に変更
• $PSStyle.Progress で制御
• $PSStyle.Progress.View = ‘Minimal’
• $PSStyle.Progress.View = ‘Classic’ #以前の形式
PSImportPSDataFileSkipLimitCheck
• Microsoft.PowerShell.Utility.PSImportPSDataFil
eSkipLimitCheck
• Import-PowerShellDataFile の読み込み上限を無視
• -SkipLimitCheck を付与することで、制限を超えて
ロード可能
• デフォルトは500個(500 key-value pair)までロード可能
PSManageBreakpointsInRunspace
• Microsoft.PowerShell.Utility.PSManageBreakpoi
ntsInRunspace
• Debug-Runspace 及び Debug-Job で BreakAll パラ
メーターを使用可能
• *-PSBreakpoint コマンドレットで Runspace パラ
メーターを使用可能
PSCultureInvariantReplaceOperator
• -replace 演算子の暗黙的な文字列変換時
• 言語設定(Culture)に依存した変換が行われていた問
題を修正(Culture に依存しない変換が行われる)
• [string] への明示的なキャストと同じ挙動となる
• 例
• フランス語言語環境において
1.2 –replace “,” が “12” にならなくなる
PSNotApplyErrorActionToStderr
• ネイティブコマンドが標準エラー出力に何か出力
した際、$Error に書き込まれなくなった
• その結果、$ErrorActionPreference の影響もうけない
PSUnixFileStat
• Unix の stat API のデータを含めることで、Unix
に似たファイルの一覧を提供(macOS & Linux)
PSImplicitRemotingBatching (削除)
• リモートセッション上のモジュールをインポート
して、あたかもローカルコマンドのようにリモー
トコマンドを実行する場合
• パイプラインのすべてのコマンドがリモート処理
プロキシコマンドである場合、パイプライン全体
をリモートで実行して、最終結果のみを転送
• PowerShell 7.2 で削除済み
PowerShell 7.2 の新機能・変更点
• その他の破壊的な変更
• スクリプト コマンドレットからの全ての出力に対して -
PipelineVariable が設定されるように改善
• ConvertTo-Json が -Depth の値を超えた場合、警告を出力
• 今までは暗黙的にデータロストしていた
• -Directory スイッチのエイリアス D を削除
• システムのロックダウンが構成されている場合、
NoLanguage 及び RestrictedLanguage モードで New-
Object を禁止(無効化)
• 実行ポリシーバイパス構成の前に AppLocker 拒否構成を適用
• FileSystemInfo.Target を CodeProperty から
FileSystemInfo.LinkTarget を指す AliasProperty に変更
Demo
PowerShell Crescendo
• ネイティブコマンドに対する PowerShell ラッ
パーを生成
• Install-Module Microsoft.PowerShell.Crescendo
• Export-CrescendoModule -ConfigurationFile
<config>.json -ModuleName <OutputModule>.psm1
SecretManagement
• 対応するキーストアの増加(モジュール増加)
> Find-Module SecretManagement* | ft Name
Name
----
SecretManagement.KeePass
SecretManagement.JustinGrote.CredMan
SecretManagement.Hashicorp.Vault.KV
SecretManagement.LastPass
SecretManagement.BitWarden
SecretManagement.1Password
SecretManagement.CyberArk
SecretManagement.KeyChain
Name
----
SecretManagement.Chromium
SecretManagement.Keybase
SecretManagement.PleasantPasswordServer
SecretManagement.Keeper
SecretManagement.DevolutionsHub
SecretManagementArgumentCompleter
SecretManagement.DevolutionsServer
余談:Windows PS5.1 と PS7
• 結構違う
• $env:PSModulePath
• 対応モジュール
• PSRemoting (Transport Protocol)
• 慣れていない場合は、使い分けた方が良い
• 基本的に、モジュールが公式にサポートする方を使う
まとめ
• PowerShell 7.2 は細かい改善・変更が多い
• うまく併用しつつ、バグがあればフィードバックを
• モジュールの互換性に関する問題含め
参考資料
• PowerShell GitHub
• PowerShell Developer Blog
• Microsoft Docs – PowerShell
• PowerShell Open Source Community
Dashboard

More Related Content

What's hot

Grafana LokiではじめるKubernetesロギングハンズオン(NTT Tech Conference #4 ハンズオン資料)
Grafana LokiではじめるKubernetesロギングハンズオン(NTT Tech Conference #4 ハンズオン資料)Grafana LokiではじめるKubernetesロギングハンズオン(NTT Tech Conference #4 ハンズオン資料)
Grafana LokiではじめるKubernetesロギングハンズオン(NTT Tech Conference #4 ハンズオン資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
WPFの画面をWebブラウザのように拡大・縮小に追従させる方法(オートスクロールバー付き)
WPFの画面をWebブラウザのように拡大・縮小に追従させる方法(オートスクロールバー付き)WPFの画面をWebブラウザのように拡大・縮小に追従させる方法(オートスクロールバー付き)
WPFの画面をWebブラウザのように拡大・縮小に追従させる方法(オートスクロールバー付き)
Study Group by SciencePark Corp.
 
マネージドPostgreSQLの実現に向けたPostgreSQL機能向上(PostgreSQL Conference Japan 2023 発表資料)
マネージドPostgreSQLの実現に向けたPostgreSQL機能向上(PostgreSQL Conference Japan 2023 発表資料)マネージドPostgreSQLの実現に向けたPostgreSQL機能向上(PostgreSQL Conference Japan 2023 発表資料)
マネージドPostgreSQLの実現に向けたPostgreSQL機能向上(PostgreSQL Conference Japan 2023 発表資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
コンテナ未経験新人が学ぶコンテナ技術入門
コンテナ未経験新人が学ぶコンテナ技術入門コンテナ未経験新人が学ぶコンテナ技術入門
コンテナ未経験新人が学ぶコンテナ技術入門
Kohei Tokunaga
 
大規模ソーシャルゲームを支える技術~PHP+MySQLを使った高負荷対策~
大規模ソーシャルゲームを支える技術~PHP+MySQLを使った高負荷対策~大規模ソーシャルゲームを支える技術~PHP+MySQLを使った高負荷対策~
大規模ソーシャルゲームを支える技術~PHP+MySQLを使った高負荷対策~
infinite_loop
 
Docker Compose 徹底解説
Docker Compose 徹底解説Docker Compose 徹底解説
Docker Compose 徹底解説
Masahito Zembutsu
 
NEDIA_SNIA_CXL_講演資料.pdf
NEDIA_SNIA_CXL_講演資料.pdfNEDIA_SNIA_CXL_講演資料.pdf
NEDIA_SNIA_CXL_講演資料.pdf
Yasunori Goto
 
OCIランタイムの筆頭「runc」を俯瞰する
OCIランタイムの筆頭「runc」を俯瞰するOCIランタイムの筆頭「runc」を俯瞰する
OCIランタイムの筆頭「runc」を俯瞰する
Kohei Tokunaga
 
#logstudy 01 rsyslog入門
#logstudy 01 rsyslog入門#logstudy 01 rsyslog入門
#logstudy 01 rsyslog入門
Takashi Takizawa
 
【BS2】.NET 6 最新アップデート
【BS2】.NET 6 最新アップデート【BS2】.NET 6 最新アップデート
【BS2】.NET 6 最新アップデート
日本マイクロソフト株式会社
 
Dockerからcontainerdへの移行
Dockerからcontainerdへの移行Dockerからcontainerdへの移行
Dockerからcontainerdへの移行
Akihiro Suda
 
DockerとPodmanの比較
DockerとPodmanの比較DockerとPodmanの比較
DockerとPodmanの比較
Akihiro Suda
 
今話題のいろいろなコンテナランタイムを比較してみた
今話題のいろいろなコンテナランタイムを比較してみた今話題のいろいろなコンテナランタイムを比較してみた
今話題のいろいろなコンテナランタイムを比較してみた
Kohei Tokunaga
 
Getting Started GraalVM / GraalVM超入門 #jjug_ccc #ccc_c2
Getting Started GraalVM / GraalVM超入門 #jjug_ccc #ccc_c2Getting Started GraalVM / GraalVM超入門 #jjug_ccc #ccc_c2
Getting Started GraalVM / GraalVM超入門 #jjug_ccc #ccc_c2
tamtam180
 
perfを使ったPostgreSQLの解析(前編)
perfを使ったPostgreSQLの解析(前編)perfを使ったPostgreSQLの解析(前編)
perfを使ったPostgreSQLの解析(前編)
NTT DATA OSS Professional Services
 
9/14にリリースされたばかりの新LTS版Java 17、ここ3年間のJavaの変化を知ろう!(Open Source Conference 2021 O...
9/14にリリースされたばかりの新LTS版Java 17、ここ3年間のJavaの変化を知ろう!(Open Source Conference 2021 O...9/14にリリースされたばかりの新LTS版Java 17、ここ3年間のJavaの変化を知ろう!(Open Source Conference 2021 O...
9/14にリリースされたばかりの新LTS版Java 17、ここ3年間のJavaの変化を知ろう!(Open Source Conference 2021 O...
NTT DATA Technology & Innovation
 
Linux の hugepage の開発動向
Linux の hugepage の開発動向Linux の hugepage の開発動向
Linux の hugepage の開発動向
Naoya Horiguchi
 
OSS活動のやりがいとそれから得たもの - PostgreSQLコミュニティにて -
OSS活動のやりがいとそれから得たもの - PostgreSQLコミュニティにて -OSS活動のやりがいとそれから得たもの - PostgreSQLコミュニティにて -
OSS活動のやりがいとそれから得たもの - PostgreSQLコミュニティにて -
Masahiko Sawada
 
macOSの仮想化技術について ~Virtualization-rs Rust bindings for virtualization.framework ~
macOSの仮想化技術について ~Virtualization-rs Rust bindings for virtualization.framework ~macOSの仮想化技術について ~Virtualization-rs Rust bindings for virtualization.framework ~
macOSの仮想化技術について ~Virtualization-rs Rust bindings for virtualization.framework ~
NTT Communications Technology Development
 
Fibre Channel 基礎講座
Fibre Channel 基礎講座Fibre Channel 基礎講座
Fibre Channel 基礎講座
Brocade
 

What's hot (20)

Grafana LokiではじめるKubernetesロギングハンズオン(NTT Tech Conference #4 ハンズオン資料)
Grafana LokiではじめるKubernetesロギングハンズオン(NTT Tech Conference #4 ハンズオン資料)Grafana LokiではじめるKubernetesロギングハンズオン(NTT Tech Conference #4 ハンズオン資料)
Grafana LokiではじめるKubernetesロギングハンズオン(NTT Tech Conference #4 ハンズオン資料)
 
WPFの画面をWebブラウザのように拡大・縮小に追従させる方法(オートスクロールバー付き)
WPFの画面をWebブラウザのように拡大・縮小に追従させる方法(オートスクロールバー付き)WPFの画面をWebブラウザのように拡大・縮小に追従させる方法(オートスクロールバー付き)
WPFの画面をWebブラウザのように拡大・縮小に追従させる方法(オートスクロールバー付き)
 
マネージドPostgreSQLの実現に向けたPostgreSQL機能向上(PostgreSQL Conference Japan 2023 発表資料)
マネージドPostgreSQLの実現に向けたPostgreSQL機能向上(PostgreSQL Conference Japan 2023 発表資料)マネージドPostgreSQLの実現に向けたPostgreSQL機能向上(PostgreSQL Conference Japan 2023 発表資料)
マネージドPostgreSQLの実現に向けたPostgreSQL機能向上(PostgreSQL Conference Japan 2023 発表資料)
 
コンテナ未経験新人が学ぶコンテナ技術入門
コンテナ未経験新人が学ぶコンテナ技術入門コンテナ未経験新人が学ぶコンテナ技術入門
コンテナ未経験新人が学ぶコンテナ技術入門
 
大規模ソーシャルゲームを支える技術~PHP+MySQLを使った高負荷対策~
大規模ソーシャルゲームを支える技術~PHP+MySQLを使った高負荷対策~大規模ソーシャルゲームを支える技術~PHP+MySQLを使った高負荷対策~
大規模ソーシャルゲームを支える技術~PHP+MySQLを使った高負荷対策~
 
Docker Compose 徹底解説
Docker Compose 徹底解説Docker Compose 徹底解説
Docker Compose 徹底解説
 
NEDIA_SNIA_CXL_講演資料.pdf
NEDIA_SNIA_CXL_講演資料.pdfNEDIA_SNIA_CXL_講演資料.pdf
NEDIA_SNIA_CXL_講演資料.pdf
 
OCIランタイムの筆頭「runc」を俯瞰する
OCIランタイムの筆頭「runc」を俯瞰するOCIランタイムの筆頭「runc」を俯瞰する
OCIランタイムの筆頭「runc」を俯瞰する
 
#logstudy 01 rsyslog入門
#logstudy 01 rsyslog入門#logstudy 01 rsyslog入門
#logstudy 01 rsyslog入門
 
【BS2】.NET 6 最新アップデート
【BS2】.NET 6 最新アップデート【BS2】.NET 6 最新アップデート
【BS2】.NET 6 最新アップデート
 
Dockerからcontainerdへの移行
Dockerからcontainerdへの移行Dockerからcontainerdへの移行
Dockerからcontainerdへの移行
 
DockerとPodmanの比較
DockerとPodmanの比較DockerとPodmanの比較
DockerとPodmanの比較
 
今話題のいろいろなコンテナランタイムを比較してみた
今話題のいろいろなコンテナランタイムを比較してみた今話題のいろいろなコンテナランタイムを比較してみた
今話題のいろいろなコンテナランタイムを比較してみた
 
Getting Started GraalVM / GraalVM超入門 #jjug_ccc #ccc_c2
Getting Started GraalVM / GraalVM超入門 #jjug_ccc #ccc_c2Getting Started GraalVM / GraalVM超入門 #jjug_ccc #ccc_c2
Getting Started GraalVM / GraalVM超入門 #jjug_ccc #ccc_c2
 
perfを使ったPostgreSQLの解析(前編)
perfを使ったPostgreSQLの解析(前編)perfを使ったPostgreSQLの解析(前編)
perfを使ったPostgreSQLの解析(前編)
 
9/14にリリースされたばかりの新LTS版Java 17、ここ3年間のJavaの変化を知ろう!(Open Source Conference 2021 O...
9/14にリリースされたばかりの新LTS版Java 17、ここ3年間のJavaの変化を知ろう!(Open Source Conference 2021 O...9/14にリリースされたばかりの新LTS版Java 17、ここ3年間のJavaの変化を知ろう!(Open Source Conference 2021 O...
9/14にリリースされたばかりの新LTS版Java 17、ここ3年間のJavaの変化を知ろう!(Open Source Conference 2021 O...
 
Linux の hugepage の開発動向
Linux の hugepage の開発動向Linux の hugepage の開発動向
Linux の hugepage の開発動向
 
OSS活動のやりがいとそれから得たもの - PostgreSQLコミュニティにて -
OSS活動のやりがいとそれから得たもの - PostgreSQLコミュニティにて -OSS活動のやりがいとそれから得たもの - PostgreSQLコミュニティにて -
OSS活動のやりがいとそれから得たもの - PostgreSQLコミュニティにて -
 
macOSの仮想化技術について ~Virtualization-rs Rust bindings for virtualization.framework ~
macOSの仮想化技術について ~Virtualization-rs Rust bindings for virtualization.framework ~macOSの仮想化技術について ~Virtualization-rs Rust bindings for virtualization.framework ~
macOSの仮想化技術について ~Virtualization-rs Rust bindings for virtualization.framework ~
 
Fibre Channel 基礎講座
Fibre Channel 基礎講座Fibre Channel 基礎講座
Fibre Channel 基礎講座
 

Similar to 最近の PowerShell について

Past and Future of PowerShell
Past and Future of PowerShellPast and Future of PowerShell
Past and Future of PowerShell
Kazuki Takai
 
マニアックツール紹介、マネジメントのKnife-Zero(Chef)とテストスイートInSpec
マニアックツール紹介、マネジメントのKnife-Zero(Chef)とテストスイートInSpecマニアックツール紹介、マネジメントのKnife-Zero(Chef)とテストスイートInSpec
マニアックツール紹介、マネジメントのKnife-Zero(Chef)とテストスイートInSpec
Yukihiko SAWANOBORI
 
C# 7.2 with .NET Core 2.1
C# 7.2 with .NET Core 2.1C# 7.2 with .NET Core 2.1
C# 7.2 with .NET Core 2.1
信之 岩永
 
C# 8.0 非同期ストリーム
C# 8.0 非同期ストリームC# 8.0 非同期ストリーム
C# 8.0 非同期ストリーム
信之 岩永
 
Startup JavaScript
Startup JavaScriptStartup JavaScript
Startup JavaScript
Akinari Tsugo
 
CPANの依存モジュールをもう少し正しく検出したい
CPANの依存モジュールをもう少し正しく検出したいCPANの依存モジュールをもう少し正しく検出したい
CPANの依存モジュールをもう少し正しく検出したい
charsbar
 
サーバー知識不要!のゲームサーバー "Azure PlayFab" で長期運営タイトルを作ろう
サーバー知識不要!のゲームサーバー "Azure PlayFab" で長期運営タイトルを作ろうサーバー知識不要!のゲームサーバー "Azure PlayFab" で長期運営タイトルを作ろう
サーバー知識不要!のゲームサーバー "Azure PlayFab" で長期運営タイトルを作ろう
Daisuke Masubuchi
 
What is an Ansible?
What is an Ansible?What is an Ansible?
What is an Ansible?
Shunsaku Kudo
 
PostgreSQL 9.2 新機能 - OSC 2012 Kansai@Kyoto
PostgreSQL 9.2 新機能 - OSC 2012 Kansai@KyotoPostgreSQL 9.2 新機能 - OSC 2012 Kansai@Kyoto
PostgreSQL 9.2 新機能 - OSC 2012 Kansai@Kyoto
Shigeru Hanada
 
Azure PlayFab トレーニング資料
Azure PlayFab トレーニング資料Azure PlayFab トレーニング資料
Azure PlayFab トレーニング資料
Daisuke Masubuchi
 
【Unity道場スペシャル 2018京都】最新機能オーバービュー ~2018から2019~
【Unity道場スペシャル 2018京都】最新機能オーバービュー ~2018から2019~【Unity道場スペシャル 2018京都】最新機能オーバービュー ~2018から2019~
【Unity道場スペシャル 2018京都】最新機能オーバービュー ~2018から2019~
Unity Technologies Japan K.K.
 
Recap: PowerShell Core
Recap: PowerShell CoreRecap: PowerShell Core
Recap: PowerShell Core
Kazuki Takai
 
PostgreSQL10徹底解説
PostgreSQL10徹底解説PostgreSQL10徹底解説
PostgreSQL10徹底解説
Masahiko Sawada
 
Windows PowerShell 2.0 の基礎知識
Windows PowerShell 2.0 の基礎知識Windows PowerShell 2.0 の基礎知識
Windows PowerShell 2.0 の基礎知識
shigeya
 
Windows Server 2016 で実現しちゃう HCI (Hyper Converged Infrastructure)
Windows Server 2016 で実現しちゃう HCI (Hyper Converged Infrastructure)Windows Server 2016 で実現しちゃう HCI (Hyper Converged Infrastructure)
Windows Server 2016 で実現しちゃう HCI (Hyper Converged Infrastructure)
Miho Yamamoto
 
ロボットシステムのつくりかた 〜Robot Operating Systemというアプローチ〜
ロボットシステムのつくりかた 〜Robot Operating Systemというアプローチ〜ロボットシステムのつくりかた 〜Robot Operating Systemというアプローチ〜
ロボットシステムのつくりかた 〜Robot Operating Systemというアプローチ〜
Hideki Takase
 
ゆるふわLinux-HA 〜PostgreSQL編〜
ゆるふわLinux-HA 〜PostgreSQL編〜ゆるふわLinux-HA 〜PostgreSQL編〜
ゆるふわLinux-HA 〜PostgreSQL編〜
Taro Matsuzawa
 
Play jjug2012spring
Play jjug2012springPlay jjug2012spring
Play jjug2012spring
Takafumi Ikeda
 
LAMMPS クラウド活用勉強会説明資料(Rescale編) 2017/01/24
LAMMPS クラウド活用勉強会説明資料(Rescale編) 2017/01/24LAMMPS クラウド活用勉強会説明資料(Rescale編) 2017/01/24
LAMMPS クラウド活用勉強会説明資料(Rescale編) 2017/01/24
Rescale Japan株式会社
 

Similar to 最近の PowerShell について (20)

Past and Future of PowerShell
Past and Future of PowerShellPast and Future of PowerShell
Past and Future of PowerShell
 
マニアックツール紹介、マネジメントのKnife-Zero(Chef)とテストスイートInSpec
マニアックツール紹介、マネジメントのKnife-Zero(Chef)とテストスイートInSpecマニアックツール紹介、マネジメントのKnife-Zero(Chef)とテストスイートInSpec
マニアックツール紹介、マネジメントのKnife-Zero(Chef)とテストスイートInSpec
 
C# 7.2 with .NET Core 2.1
C# 7.2 with .NET Core 2.1C# 7.2 with .NET Core 2.1
C# 7.2 with .NET Core 2.1
 
C# 8.0 非同期ストリーム
C# 8.0 非同期ストリームC# 8.0 非同期ストリーム
C# 8.0 非同期ストリーム
 
Startup JavaScript
Startup JavaScriptStartup JavaScript
Startup JavaScript
 
Fluentd casual
Fluentd casualFluentd casual
Fluentd casual
 
CPANの依存モジュールをもう少し正しく検出したい
CPANの依存モジュールをもう少し正しく検出したいCPANの依存モジュールをもう少し正しく検出したい
CPANの依存モジュールをもう少し正しく検出したい
 
サーバー知識不要!のゲームサーバー "Azure PlayFab" で長期運営タイトルを作ろう
サーバー知識不要!のゲームサーバー "Azure PlayFab" で長期運営タイトルを作ろうサーバー知識不要!のゲームサーバー "Azure PlayFab" で長期運営タイトルを作ろう
サーバー知識不要!のゲームサーバー "Azure PlayFab" で長期運営タイトルを作ろう
 
What is an Ansible?
What is an Ansible?What is an Ansible?
What is an Ansible?
 
PostgreSQL 9.2 新機能 - OSC 2012 Kansai@Kyoto
PostgreSQL 9.2 新機能 - OSC 2012 Kansai@KyotoPostgreSQL 9.2 新機能 - OSC 2012 Kansai@Kyoto
PostgreSQL 9.2 新機能 - OSC 2012 Kansai@Kyoto
 
Azure PlayFab トレーニング資料
Azure PlayFab トレーニング資料Azure PlayFab トレーニング資料
Azure PlayFab トレーニング資料
 
【Unity道場スペシャル 2018京都】最新機能オーバービュー ~2018から2019~
【Unity道場スペシャル 2018京都】最新機能オーバービュー ~2018から2019~【Unity道場スペシャル 2018京都】最新機能オーバービュー ~2018から2019~
【Unity道場スペシャル 2018京都】最新機能オーバービュー ~2018から2019~
 
Recap: PowerShell Core
Recap: PowerShell CoreRecap: PowerShell Core
Recap: PowerShell Core
 
PostgreSQL10徹底解説
PostgreSQL10徹底解説PostgreSQL10徹底解説
PostgreSQL10徹底解説
 
Windows PowerShell 2.0 の基礎知識
Windows PowerShell 2.0 の基礎知識Windows PowerShell 2.0 の基礎知識
Windows PowerShell 2.0 の基礎知識
 
Windows Server 2016 で実現しちゃう HCI (Hyper Converged Infrastructure)
Windows Server 2016 で実現しちゃう HCI (Hyper Converged Infrastructure)Windows Server 2016 で実現しちゃう HCI (Hyper Converged Infrastructure)
Windows Server 2016 で実現しちゃう HCI (Hyper Converged Infrastructure)
 
ロボットシステムのつくりかた 〜Robot Operating Systemというアプローチ〜
ロボットシステムのつくりかた 〜Robot Operating Systemというアプローチ〜ロボットシステムのつくりかた 〜Robot Operating Systemというアプローチ〜
ロボットシステムのつくりかた 〜Robot Operating Systemというアプローチ〜
 
ゆるふわLinux-HA 〜PostgreSQL編〜
ゆるふわLinux-HA 〜PostgreSQL編〜ゆるふわLinux-HA 〜PostgreSQL編〜
ゆるふわLinux-HA 〜PostgreSQL編〜
 
Play jjug2012spring
Play jjug2012springPlay jjug2012spring
Play jjug2012spring
 
LAMMPS クラウド活用勉強会説明資料(Rescale編) 2017/01/24
LAMMPS クラウド活用勉強会説明資料(Rescale編) 2017/01/24LAMMPS クラウド活用勉強会説明資料(Rescale編) 2017/01/24
LAMMPS クラウド活用勉強会説明資料(Rescale編) 2017/01/24
 

More from Kazuki Takai

Azure Arc Automanage Machine Configuration による構成の管理と適用
Azure Arc Automanage Machine Configuration による構成の管理と適用Azure Arc Automanage Machine Configuration による構成の管理と適用
Azure Arc Automanage Machine Configuration による構成の管理と適用
Kazuki Takai
 
Azure Arc Jumpstart - Azure ArcBox を使った Azure Arc 対応 SQL MI 学習環境の構築
Azure Arc Jumpstart - Azure ArcBox を使った Azure Arc 対応 SQL MI 学習環境の構築Azure Arc Jumpstart - Azure ArcBox を使った Azure Arc 対応 SQL MI 学習環境の構築
Azure Arc Jumpstart - Azure ArcBox を使った Azure Arc 対応 SQL MI 学習環境の構築
Kazuki Takai
 
Azure Arc Jumpstart Update - HCIBox Edition
Azure Arc Jumpstart Update - HCIBox EditionAzure Arc Jumpstart Update - HCIBox Edition
Azure Arc Jumpstart Update - HCIBox Edition
Kazuki Takai
 
ArcBox のおさらいと最新情報
ArcBox のおさらいと最新情報ArcBox のおさらいと最新情報
ArcBox のおさらいと最新情報
Kazuki Takai
 
Arc 対応サーバーへの SSH アクセス
Arc 対応サーバーへの SSH アクセスArc 対応サーバーへの SSH アクセス
Arc 対応サーバーへの SSH アクセス
Kazuki Takai
 
Insight into Azure Active Directory #02 - Azure AD B2B Collaboration New Feat...
Insight into Azure Active Directory #02 - Azure AD B2B Collaboration New Feat...Insight into Azure Active Directory #02 - Azure AD B2B Collaboration New Feat...
Insight into Azure Active Directory #02 - Azure AD B2B Collaboration New Feat...
Kazuki Takai
 
Insight into Azure Active Directory - Azure AD Custom Role & Scope
Insight into Azure Active Directory - Azure AD Custom Role & ScopeInsight into Azure Active Directory - Azure AD Custom Role & Scope
Insight into Azure Active Directory - Azure AD Custom Role & Scope
Kazuki Takai
 
Windows Server 2022 Datacenter Azure Edition Overview
Windows Server 2022 Datacenter Azure Edition OverviewWindows Server 2022 Datacenter Azure Edition Overview
Windows Server 2022 Datacenter Azure Edition Overview
Kazuki Takai
 
Azure Arc 概要
Azure Arc 概要Azure Arc 概要
Azure Arc 概要
Kazuki Takai
 
Introducing Windows Terminal
Introducing Windows TerminalIntroducing Windows Terminal
Introducing Windows Terminal
Kazuki Takai
 
Recap: Windows Server 2019 Failover Clustering
Recap: Windows Server 2019 Failover ClusteringRecap: Windows Server 2019 Failover Clustering
Recap: Windows Server 2019 Failover Clustering
Kazuki Takai
 
使ってみよう PowerShell
使ってみよう PowerShell使ってみよう PowerShell
使ってみよう PowerShell
Kazuki Takai
 
5分で分かる Windows Server 2019 HCI 超概要
5分で分かる Windows Server 2019 HCI 超概要5分で分かる Windows Server 2019 HCI 超概要
5分で分かる Windows Server 2019 HCI 超概要
Kazuki Takai
 
Application Platform としての Windows Server 2019
Application Platform としての Windows Server 2019Application Platform としての Windows Server 2019
Application Platform としての Windows Server 2019
Kazuki Takai
 
Windows Server 2019 で Container を使ってみる
Windows Server 2019 で Container を使ってみるWindows Server 2019 で Container を使ってみる
Windows Server 2019 で Container を使ってみる
Kazuki Takai
 
Getting started with Windows Containers
Getting started with Windows ContainersGetting started with Windows Containers
Getting started with Windows Containers
Kazuki Takai
 
Windows とコンテナの話
Windows とコンテナの話Windows とコンテナの話
Windows とコンテナの話
Kazuki Takai
 
DSC 再入門
DSC 再入門DSC 再入門
DSC 再入門
Kazuki Takai
 
Azure Stack の使い道 - 2017年11月版 -
Azure Stack の使い道 - 2017年11月版 -Azure Stack の使い道 - 2017年11月版 -
Azure Stack の使い道 - 2017年11月版 -
Kazuki Takai
 
最近の PowerShell のお話
最近の PowerShell のお話最近の PowerShell のお話
最近の PowerShell のお話
Kazuki Takai
 

More from Kazuki Takai (20)

Azure Arc Automanage Machine Configuration による構成の管理と適用
Azure Arc Automanage Machine Configuration による構成の管理と適用Azure Arc Automanage Machine Configuration による構成の管理と適用
Azure Arc Automanage Machine Configuration による構成の管理と適用
 
Azure Arc Jumpstart - Azure ArcBox を使った Azure Arc 対応 SQL MI 学習環境の構築
Azure Arc Jumpstart - Azure ArcBox を使った Azure Arc 対応 SQL MI 学習環境の構築Azure Arc Jumpstart - Azure ArcBox を使った Azure Arc 対応 SQL MI 学習環境の構築
Azure Arc Jumpstart - Azure ArcBox を使った Azure Arc 対応 SQL MI 学習環境の構築
 
Azure Arc Jumpstart Update - HCIBox Edition
Azure Arc Jumpstart Update - HCIBox EditionAzure Arc Jumpstart Update - HCIBox Edition
Azure Arc Jumpstart Update - HCIBox Edition
 
ArcBox のおさらいと最新情報
ArcBox のおさらいと最新情報ArcBox のおさらいと最新情報
ArcBox のおさらいと最新情報
 
Arc 対応サーバーへの SSH アクセス
Arc 対応サーバーへの SSH アクセスArc 対応サーバーへの SSH アクセス
Arc 対応サーバーへの SSH アクセス
 
Insight into Azure Active Directory #02 - Azure AD B2B Collaboration New Feat...
Insight into Azure Active Directory #02 - Azure AD B2B Collaboration New Feat...Insight into Azure Active Directory #02 - Azure AD B2B Collaboration New Feat...
Insight into Azure Active Directory #02 - Azure AD B2B Collaboration New Feat...
 
Insight into Azure Active Directory - Azure AD Custom Role & Scope
Insight into Azure Active Directory - Azure AD Custom Role & ScopeInsight into Azure Active Directory - Azure AD Custom Role & Scope
Insight into Azure Active Directory - Azure AD Custom Role & Scope
 
Windows Server 2022 Datacenter Azure Edition Overview
Windows Server 2022 Datacenter Azure Edition OverviewWindows Server 2022 Datacenter Azure Edition Overview
Windows Server 2022 Datacenter Azure Edition Overview
 
Azure Arc 概要
Azure Arc 概要Azure Arc 概要
Azure Arc 概要
 
Introducing Windows Terminal
Introducing Windows TerminalIntroducing Windows Terminal
Introducing Windows Terminal
 
Recap: Windows Server 2019 Failover Clustering
Recap: Windows Server 2019 Failover ClusteringRecap: Windows Server 2019 Failover Clustering
Recap: Windows Server 2019 Failover Clustering
 
使ってみよう PowerShell
使ってみよう PowerShell使ってみよう PowerShell
使ってみよう PowerShell
 
5分で分かる Windows Server 2019 HCI 超概要
5分で分かる Windows Server 2019 HCI 超概要5分で分かる Windows Server 2019 HCI 超概要
5分で分かる Windows Server 2019 HCI 超概要
 
Application Platform としての Windows Server 2019
Application Platform としての Windows Server 2019Application Platform としての Windows Server 2019
Application Platform としての Windows Server 2019
 
Windows Server 2019 で Container を使ってみる
Windows Server 2019 で Container を使ってみるWindows Server 2019 で Container を使ってみる
Windows Server 2019 で Container を使ってみる
 
Getting started with Windows Containers
Getting started with Windows ContainersGetting started with Windows Containers
Getting started with Windows Containers
 
Windows とコンテナの話
Windows とコンテナの話Windows とコンテナの話
Windows とコンテナの話
 
DSC 再入門
DSC 再入門DSC 再入門
DSC 再入門
 
Azure Stack の使い道 - 2017年11月版 -
Azure Stack の使い道 - 2017年11月版 -Azure Stack の使い道 - 2017年11月版 -
Azure Stack の使い道 - 2017年11月版 -
 
最近の PowerShell のお話
最近の PowerShell のお話最近の PowerShell のお話
最近の PowerShell のお話
 

Recently uploaded

【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
Sony - Neural Network Libraries
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
shogotaguchi
 
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
iPride Co., Ltd.
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Natsutani Minoru
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
TsuyoshiSaito7
 
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
Takuya Minagawa
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
たけおか しょうぞう
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo Lab
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
Toru Tamaki
 
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
TsuyoshiSaito7
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
Hironori Washizaki
 

Recently uploaded (14)

【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
 
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
 
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
 
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
 
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
 

最近の PowerShell について