SlideShare a Scribd company logo
エンジニアのための勉強会 #2
Public Cloud - AWSの基礎 -
• パブリッククラウドと言いつつAWS
• 多種多様なサービスがありベースを知るのに良い。他を検討してもAWSと比較になる
• 2018年時点でシェア5割
•https://japan.zdnet.com/article/35140599/
• クラウドの利用が世の中当たり前
• クラウド・バイ・デフォルト原則
•https://pfs.nifcloud.com/navi/beginner/cloud_by_default.htm
• 手を動かす > 座学
はじめに
• オンプレミス
• 通称オンプレ。自分たちで物理的なサーバを持つこと
• パブリッククラウド
• 色んな人で物理的なサーバリソースを共有する。
• プライベートクラウド
• ある企業とか専用のクラウド環境。
• リージョンとAZ
• リージョンは地理的に離れたAZ(≒データセンター)の集まり
よく使われる用語
代表的なパブリッククラウド
IaaSとかPaaSとか
出典:https://www.cloud-ace.jp/column/detail01/
AWSはどれ?
• IaaS
• EC2 など
• PaaS
• Lambda / Elastic Beanstalk など
• SaaS
• S3 / CloudWatch / SES など
全レイヤーのサービスを提供
※分け方は考え方によって諸説あるので参考程度に
AWSの責任共有モデル
出典:https://aws.amazon.com/jp/compliance/shared-responsibility-model/
クラウドのメリットと呼ばれていること
• スピード感
• サーバを数分で建てられる。オンプレなら数ヶ月
• サーバリソースの変更が容易。一時的な負荷増加にも対応
• 低コスト
• サーバを使っている分だけ課金
• サーバのハードウェア保守費やデータセンターの費用が不要に
• マネージドサービスを使えば人件費も削減できる
• インフラのコード化
• CLIからも操作できるため、コードでインフラが作れる
• Webサーバを建ててみる
• AWSマネジメントコンソールからEC2でサーバを建てる
• SSHでログインしてWEBサーバ化する
• データベースを建ててみる
• コンソールからRDSでデータベースを作る
• EC2からアクセスしてみる
• 環境構築を自動化してみる
• Could Formationで自動化する
ハンズオン内容
• EC2
• 仮想サーバを建てるAWSの代表的なサービス
• スペックの変更や冗長化も用意に実現可能
• RDS
• データベースのマネージド型サービス
• サーバOSのメンテナンス不要でデータベース機能を利用
• Cloud Formation
• 環境構築を自動化を実現する
AWSサービスの補足
ハンズオン補足
出典:https://photo-tea.com/p/aws-ec2-to-rds-connection/
RDS(マネージドサービス)の補足
• DBMSの機能のみ利用
• サーバを用意せずにDBの機能が利用できる。OSのパッチ当ても不要
• 冗長構成や自動バックアップが容易に実現
• OSへのログインは不可。細かい設定はできない
DBMS
サーバにインストール
OS
DBMS
EC2にインストール RDS利用
クラウドは本当に安いのか
• 低コスト化への過度な期待
• クラウドにしたけどそんなに安くならない、むしろ高くなったということも
• ペットから家畜へ
• ペット:サーバ一つ一つを大切に監視。なんとか落ちないようにする
• 家畜 :調子が悪いサーバは落とす。使い捨てで、新しいものを立ち上げる
• サーバが壊れないように → 壊れることを前提とした設計
• クラウドに適したやり方へ
• システム設計、統制、運用なども変えていかないと真のメリットは享受できない
• AWS 認定クラウドプラクティショナー
• 基礎的な知識
• AWS 認定ソリューションアーキテクト アソシエイト
• AWSの各サービスを使って、どう設計するのが良いか
• ある程度インフラの知識も必要
興味がある人は
Fin

More Related Content

What's hot

10分で押さえる AWS re:Invent 2014 新サービス・アップデート
10分で押さえる AWS re:Invent 2014 新サービス・アップデート10分で押さえる AWS re:Invent 2014 新サービス・アップデート
10分で押さえる AWS re:Invent 2014 新サービス・アップデート
真吾 吉田
 
Drupal haneda20171110
Drupal haneda20171110Drupal haneda20171110
Drupal haneda20171110
Yasushi Osonoi
 
Cloud on the BEACH2014 CDP道場乱取り稽古お題
Cloud on the BEACH2014 CDP道場乱取り稽古お題Cloud on the BEACH2014 CDP道場乱取り稽古お題
Cloud on the BEACH2014 CDP道場乱取り稽古お題Koichiro Nishijima
 
VYATTA USERS MEETING Spring 2014
VYATTA USERS MEETING Spring 2014VYATTA USERS MEETING Spring 2014
VYATTA USERS MEETING Spring 2014Hiroyasu Suzuki
 
2014.07.05 Drupal PaaS でASWを活用する(Kyoko Ohtagaki)
2014.07.05 Drupal PaaS でASWを活用する(Kyoko Ohtagaki)2014.07.05 Drupal PaaS でASWを活用する(Kyoko Ohtagaki)
2014.07.05 Drupal PaaS でASWを活用する(Kyoko Ohtagaki)
Kyoko Ohtagaki
 
JAWS-UG Santo 2014-07-05 Drupal on PaaS Cloud
JAWS-UG Santo 2014-07-05 Drupal on PaaS CloudJAWS-UG Santo 2014-07-05 Drupal on PaaS Cloud
JAWS-UG Santo 2014-07-05 Drupal on PaaS Cloud
ANNAI_LLC
 
CfnClusterを使って10分強でHPC環境を構築する
CfnClusterを使って10分強でHPC環境を構築するCfnClusterを使って10分強でHPC環境を構築する
CfnClusterを使って10分強でHPC環境を構築する
Daisuke Nagao
 
K8s meetup containerized_cloud_foundry
K8s meetup containerized_cloud_foundryK8s meetup containerized_cloud_foundry
K8s meetup containerized_cloud_foundry
JUNICHI YOSHISE
 
ベンチャーCTO、AWSエバンジェリストを経て考える、クラウド時代に向き合うエンジニア像のこれから
ベンチャーCTO、AWSエバンジェリストを経て考える、クラウド時代に向き合うエンジニア像のこれからベンチャーCTO、AWSエバンジェリストを経て考える、クラウド時代に向き合うエンジニア像のこれから
ベンチャーCTO、AWSエバンジェリストを経て考える、クラウド時代に向き合うエンジニア像のこれから
Yasuhiro Horiuchi
 
EC2に対するcloudwatchのアクション設定がポリシーで使えないときの代替策
EC2に対するcloudwatchのアクション設定がポリシーで使えないときの代替策EC2に対するcloudwatchのアクション設定がポリシーで使えないときの代替策
EC2に対するcloudwatchのアクション設定がポリシーで使えないときの代替策
Daisuke Nagao
 
RDS(MySQL)の利用と注意点
RDS(MySQL)の利用と注意点RDS(MySQL)の利用と注意点
RDS(MySQL)の利用と注意点Hiroyasu Suzuki
 
Jupiter notebookをawsに構築しよう
Jupiter notebookをawsに構築しようJupiter notebookをawsに構築しよう
Jupiter notebookをawsに構築しよう
Mugen Fujii
 
JAWS-UG HPC #0 LT資料
JAWS-UG HPC #0 LT資料JAWS-UG HPC #0 LT資料
JAWS-UG HPC #0 LT資料
Daisuke Nagao
 
Zabbix+group replication
Zabbix+group replicationZabbix+group replication
Zabbix+group replication
bri nger
 
インフラ・サーバ技術の Days of Future Past
インフラ・サーバ技術の Days of Future Pastインフラ・サーバ技術の Days of Future Past
インフラ・サーバ技術の Days of Future Past
Shohei Kobayashi
 
AIやマイクロサービスを活用したDynamoDB節約術
AIやマイクロサービスを活用したDynamoDB節約術AIやマイクロサービスを活用したDynamoDB節約術
AIやマイクロサービスを活用したDynamoDB節約術
gree_tech
 
Cloud
CloudCloud
Cloud
suno88
 

What's hot (20)

10分で押さえる AWS re:Invent 2014 新サービス・アップデート
10分で押さえる AWS re:Invent 2014 新サービス・アップデート10分で押さえる AWS re:Invent 2014 新サービス・アップデート
10分で押さえる AWS re:Invent 2014 新サービス・アップデート
 
Drupal haneda20171110
Drupal haneda20171110Drupal haneda20171110
Drupal haneda20171110
 
Cloud on the BEACH2014 CDP道場乱取り稽古お題
Cloud on the BEACH2014 CDP道場乱取り稽古お題Cloud on the BEACH2014 CDP道場乱取り稽古お題
Cloud on the BEACH2014 CDP道場乱取り稽古お題
 
Vyatta AWS
Vyatta AWSVyatta AWS
Vyatta AWS
 
VYATTA USERS MEETING Spring 2014
VYATTA USERS MEETING Spring 2014VYATTA USERS MEETING Spring 2014
VYATTA USERS MEETING Spring 2014
 
2014.07.05 Drupal PaaS でASWを活用する(Kyoko Ohtagaki)
2014.07.05 Drupal PaaS でASWを活用する(Kyoko Ohtagaki)2014.07.05 Drupal PaaS でASWを活用する(Kyoko Ohtagaki)
2014.07.05 Drupal PaaS でASWを活用する(Kyoko Ohtagaki)
 
JAWS-UG Santo 2014-07-05 Drupal on PaaS Cloud
JAWS-UG Santo 2014-07-05 Drupal on PaaS CloudJAWS-UG Santo 2014-07-05 Drupal on PaaS Cloud
JAWS-UG Santo 2014-07-05 Drupal on PaaS Cloud
 
CfnClusterを使って10分強でHPC環境を構築する
CfnClusterを使って10分強でHPC環境を構築するCfnClusterを使って10分強でHPC環境を構築する
CfnClusterを使って10分強でHPC環境を構築する
 
説明資料
説明資料説明資料
説明資料
 
Hcmtg 1407
Hcmtg 1407Hcmtg 1407
Hcmtg 1407
 
K8s meetup containerized_cloud_foundry
K8s meetup containerized_cloud_foundryK8s meetup containerized_cloud_foundry
K8s meetup containerized_cloud_foundry
 
ベンチャーCTO、AWSエバンジェリストを経て考える、クラウド時代に向き合うエンジニア像のこれから
ベンチャーCTO、AWSエバンジェリストを経て考える、クラウド時代に向き合うエンジニア像のこれからベンチャーCTO、AWSエバンジェリストを経て考える、クラウド時代に向き合うエンジニア像のこれから
ベンチャーCTO、AWSエバンジェリストを経て考える、クラウド時代に向き合うエンジニア像のこれから
 
EC2に対するcloudwatchのアクション設定がポリシーで使えないときの代替策
EC2に対するcloudwatchのアクション設定がポリシーで使えないときの代替策EC2に対するcloudwatchのアクション設定がポリシーで使えないときの代替策
EC2に対するcloudwatchのアクション設定がポリシーで使えないときの代替策
 
RDS(MySQL)の利用と注意点
RDS(MySQL)の利用と注意点RDS(MySQL)の利用と注意点
RDS(MySQL)の利用と注意点
 
Jupiter notebookをawsに構築しよう
Jupiter notebookをawsに構築しようJupiter notebookをawsに構築しよう
Jupiter notebookをawsに構築しよう
 
JAWS-UG HPC #0 LT資料
JAWS-UG HPC #0 LT資料JAWS-UG HPC #0 LT資料
JAWS-UG HPC #0 LT資料
 
Zabbix+group replication
Zabbix+group replicationZabbix+group replication
Zabbix+group replication
 
インフラ・サーバ技術の Days of Future Past
インフラ・サーバ技術の Days of Future Pastインフラ・サーバ技術の Days of Future Past
インフラ・サーバ技術の Days of Future Past
 
AIやマイクロサービスを活用したDynamoDB節約術
AIやマイクロサービスを活用したDynamoDB節約術AIやマイクロサービスを活用したDynamoDB節約術
AIやマイクロサービスを活用したDynamoDB節約術
 
Cloud
CloudCloud
Cloud
 

Similar to エンジニアのための勉強会 #2 『Public Cloud - AWSの基礎 -』

Cloudってどんなもの?
Cloudってどんなもの?Cloudってどんなもの?
Cloudってどんなもの?
Kazuto Kusama
 
クラウドデザインパターンから始めるクラウドの利点と弱点の理解~提案から設計・開発・保守に活かす!~
クラウドデザインパターンから始めるクラウドの利点と弱点の理解~提案から設計・開発・保守に活かす!~クラウドデザインパターンから始めるクラウドの利点と弱点の理解~提案から設計・開発・保守に活かす!~
クラウドデザインパターンから始めるクラウドの利点と弱点の理解~提案から設計・開発・保守に活かす!~
貴志 上坂
 
CloudFoundryをつかってみよう
CloudFoundryをつかってみようCloudFoundryをつかってみよう
CloudFoundryをつかってみよう
Kazuto Kusama
 
[Cloud Native Journey ]HCCJP(ハイブリッドクラウド研究会) 第5回勉強会
[Cloud Native Journey ]HCCJP(ハイブリッドクラウド研究会) 第5回勉強会[Cloud Native Journey ]HCCJP(ハイブリッドクラウド研究会) 第5回勉強会
[Cloud Native Journey ]HCCJP(ハイブリッドクラウド研究会) 第5回勉強会
忠弘 安田
 
Open stack reference architecture v1 2
Open stack reference architecture v1 2Open stack reference architecture v1 2
Open stack reference architecture v1 2Dell TechCenter Japan
 
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしようこれからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
真吾 吉田
 
ownCloud2015年まとめ
ownCloud2015年まとめownCloud2015年まとめ
ownCloud2015年まとめ
Tetsurou Yano
 
ownCloud2015年まとめ
ownCloud2015年まとめownCloud2015年まとめ
ownCloud2015年まとめ
Tetsurou Yano
 
実践!AWSクラウドデザインパターン
実践!AWSクラウドデザインパターン実践!AWSクラウドデザインパターン
実践!AWSクラウドデザインパターンHiroyasu Suzuki
 
ひしめき合うOpen PaaSを徹底解剖! PaaSの今と未来
ひしめき合うOpen PaaSを徹底解剖! PaaSの今と未来ひしめき合うOpen PaaSを徹底解剖! PaaSの今と未来
ひしめき合うOpen PaaSを徹底解剖! PaaSの今と未来
Kazuto Kusama
 
Cloudianを利用したプラットフォームソリューション (Cloudian Summit 2012)
Cloudianを利用したプラットフォームソリューション (Cloudian Summit 2012)Cloudianを利用したプラットフォームソリューション (Cloudian Summit 2012)
Cloudianを利用したプラットフォームソリューション (Cloudian Summit 2012)
CLOUDIAN KK
 
[CWT2017]Infrastructure as Codeを活用したF.O.Xのクラウドビッグデータ環境の変化
[CWT2017]Infrastructure as Codeを活用したF.O.Xのクラウドビッグデータ環境の変化[CWT2017]Infrastructure as Codeを活用したF.O.Xのクラウドビッグデータ環境の変化
[CWT2017]Infrastructure as Codeを活用したF.O.Xのクラウドビッグデータ環境の変化
Takahiro Moteki
 
Whats new Apache CloudStack
Whats new Apache CloudStackWhats new Apache CloudStack
Whats new Apache CloudStackKimihiko Kitase
 
OpenStackプロジェクトの全体像~詳細編~
OpenStackプロジェクトの全体像~詳細編~OpenStackプロジェクトの全体像~詳細編~
OpenStackプロジェクトの全体像~詳細編~
Masanori Itoh
 
Cloudian FlexStore at cloudian seminar 2014
Cloudian FlexStore at cloudian seminar 2014Cloudian FlexStore at cloudian seminar 2014
Cloudian FlexStore at cloudian seminar 2014
CLOUDIAN KK
 
Cloud Native Hadoop #cwt2016
Cloud Native Hadoop #cwt2016Cloud Native Hadoop #cwt2016
Cloud Native Hadoop #cwt2016
Cloudera Japan
 
AWS re:Invent2017で見た AWSの強さとは
AWS re:Invent2017で見た AWSの強さとは AWS re:Invent2017で見た AWSの強さとは
AWS re:Invent2017で見た AWSの強さとは
NTT Communications Technology Development
 
クラウドサービスの基本的な事
クラウドサービスの基本的な事クラウドサービスの基本的な事
クラウドサービスの基本的な事Mitsuaki Kida
 
Awsのインフラをデザインパターン駆使して設計構築
Awsのインフラをデザインパターン駆使して設計構築Awsのインフラをデザインパターン駆使して設計構築
Awsのインフラをデザインパターン駆使して設計構築
Monstar Lab Inc.
 
Oracle Cloud Platform:サービス概要と活用ケースのご紹介
Oracle Cloud Platform:サービス概要と活用ケースのご紹介Oracle Cloud Platform:サービス概要と活用ケースのご紹介
Oracle Cloud Platform:サービス概要と活用ケースのご紹介
オラクルエンジニア通信
 

Similar to エンジニアのための勉強会 #2 『Public Cloud - AWSの基礎 -』 (20)

Cloudってどんなもの?
Cloudってどんなもの?Cloudってどんなもの?
Cloudってどんなもの?
 
クラウドデザインパターンから始めるクラウドの利点と弱点の理解~提案から設計・開発・保守に活かす!~
クラウドデザインパターンから始めるクラウドの利点と弱点の理解~提案から設計・開発・保守に活かす!~クラウドデザインパターンから始めるクラウドの利点と弱点の理解~提案から設計・開発・保守に活かす!~
クラウドデザインパターンから始めるクラウドの利点と弱点の理解~提案から設計・開発・保守に活かす!~
 
CloudFoundryをつかってみよう
CloudFoundryをつかってみようCloudFoundryをつかってみよう
CloudFoundryをつかってみよう
 
[Cloud Native Journey ]HCCJP(ハイブリッドクラウド研究会) 第5回勉強会
[Cloud Native Journey ]HCCJP(ハイブリッドクラウド研究会) 第5回勉強会[Cloud Native Journey ]HCCJP(ハイブリッドクラウド研究会) 第5回勉強会
[Cloud Native Journey ]HCCJP(ハイブリッドクラウド研究会) 第5回勉強会
 
Open stack reference architecture v1 2
Open stack reference architecture v1 2Open stack reference architecture v1 2
Open stack reference architecture v1 2
 
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしようこれからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
 
ownCloud2015年まとめ
ownCloud2015年まとめownCloud2015年まとめ
ownCloud2015年まとめ
 
ownCloud2015年まとめ
ownCloud2015年まとめownCloud2015年まとめ
ownCloud2015年まとめ
 
実践!AWSクラウドデザインパターン
実践!AWSクラウドデザインパターン実践!AWSクラウドデザインパターン
実践!AWSクラウドデザインパターン
 
ひしめき合うOpen PaaSを徹底解剖! PaaSの今と未来
ひしめき合うOpen PaaSを徹底解剖! PaaSの今と未来ひしめき合うOpen PaaSを徹底解剖! PaaSの今と未来
ひしめき合うOpen PaaSを徹底解剖! PaaSの今と未来
 
Cloudianを利用したプラットフォームソリューション (Cloudian Summit 2012)
Cloudianを利用したプラットフォームソリューション (Cloudian Summit 2012)Cloudianを利用したプラットフォームソリューション (Cloudian Summit 2012)
Cloudianを利用したプラットフォームソリューション (Cloudian Summit 2012)
 
[CWT2017]Infrastructure as Codeを活用したF.O.Xのクラウドビッグデータ環境の変化
[CWT2017]Infrastructure as Codeを活用したF.O.Xのクラウドビッグデータ環境の変化[CWT2017]Infrastructure as Codeを活用したF.O.Xのクラウドビッグデータ環境の変化
[CWT2017]Infrastructure as Codeを活用したF.O.Xのクラウドビッグデータ環境の変化
 
Whats new Apache CloudStack
Whats new Apache CloudStackWhats new Apache CloudStack
Whats new Apache CloudStack
 
OpenStackプロジェクトの全体像~詳細編~
OpenStackプロジェクトの全体像~詳細編~OpenStackプロジェクトの全体像~詳細編~
OpenStackプロジェクトの全体像~詳細編~
 
Cloudian FlexStore at cloudian seminar 2014
Cloudian FlexStore at cloudian seminar 2014Cloudian FlexStore at cloudian seminar 2014
Cloudian FlexStore at cloudian seminar 2014
 
Cloud Native Hadoop #cwt2016
Cloud Native Hadoop #cwt2016Cloud Native Hadoop #cwt2016
Cloud Native Hadoop #cwt2016
 
AWS re:Invent2017で見た AWSの強さとは
AWS re:Invent2017で見た AWSの強さとは AWS re:Invent2017で見た AWSの強さとは
AWS re:Invent2017で見た AWSの強さとは
 
クラウドサービスの基本的な事
クラウドサービスの基本的な事クラウドサービスの基本的な事
クラウドサービスの基本的な事
 
Awsのインフラをデザインパターン駆使して設計構築
Awsのインフラをデザインパターン駆使して設計構築Awsのインフラをデザインパターン駆使して設計構築
Awsのインフラをデザインパターン駆使して設計構築
 
Oracle Cloud Platform:サービス概要と活用ケースのご紹介
Oracle Cloud Platform:サービス概要と活用ケースのご紹介Oracle Cloud Platform:サービス概要と活用ケースのご紹介
Oracle Cloud Platform:サービス概要と活用ケースのご紹介
 

Recently uploaded

Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language ModelsGenerating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
harmonylab
 
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMMハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
osamut
 
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
嶋 是一 (Yoshikazu SHIMA)
 
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
Toru Tamaki
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
sugiuralab
 
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobodyロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
azuma satoshi
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
Yuki Miyazaki
 
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
Osaka University
 
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライドHumanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
tazaki1
 

Recently uploaded (9)

Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language ModelsGenerating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
 
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMMハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
 
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
 
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
 
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobodyロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
 
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
 
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライドHumanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
 

エンジニアのための勉強会 #2 『Public Cloud - AWSの基礎 -』