Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

basic operation about git

372 views

Published on

introduction of sourceTree
basic operation of git

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

basic operation about git

  1. 1. •sourceTreeのインストール •git • リモートリポジトリ作成 • ローカルリポジトリ作成 • add, commit, push
  2. 2. SourceTreeのインストール • https://www.sourcetreeapp.com/ よりダウンロード クリックしてDL
  3. 3. • ダウンロードされたファイルを実行してインストール クリックしてインストール開始
  4. 4. • セットアップウィザードが開始
  5. 5. • インストール先を選択
  6. 6. • インストールの準備完了
  7. 7. • セットアップ終了
  8. 8. Source Treeの初期設定 • 最初に起動するとこんな感じ • 「ライセンスに同意してね」とのこと
  9. 9. • gitなどのインストールがはじまる • グローバル設定ファイルを作るかどうか尋ねられる
  10. 10. • アカウントの有無を尋ねられる • SSHキーの設定について尋ねられる
  11. 11. 以上で初期設定おわり
  12. 12. Source Treeを起動 • 最初に起動するとこんな感じ
  13. 13. 初期設定 • gitにおけるユーザー名とメールアドレスを登録 • ツール → オプション
  14. 14. • ユーザー名とメールアドレスを設定 • これらがコミット時に個人を識別するユーザー名になる ユーザー名 メールアドレス を入力
  15. 15. • 入力例 example@example.co.jp user_name
  16. 16. はじめてのclone • 「新規/クローンを作成する」をクリック クリック
  17. 17. • リポジトリをクローンしてみましょう
  18. 18. リポジトリURL を入力 • リポジトリのURLを入力
  19. 19. • ローカルでの保存先を設定 保存先のパスを入力 ここを押せば GUI操作可能 https://github.com/user_name/repository.git repository repository
  20. 20. • 一通り設定ができたのでクローンしましょう クリック https://github.com/user_name/repository.git repository repository
  21. 21. • クローン成功!
  22. 22. ここをクリックすると、 コミット履歴が見れます
  23. 23. • 上に行くほど最近のコミット example@example.co.jp>
  24. 24. GitBucketからcloneするときの注意点 • cloneするときにはリポジトリのURLを入力 • このとき ○ HTTP clone URLをコピー × ブラウザのURLをコピー こっちだとダメ (Basic認証とGitの認証が衝突) githubならOK ここをコピー (ボタンをクリックすれば クリップボードに保存される) https://github.com/user_name/repository.git
  25. 25. 新規リポジトリをつくってみよう • リモートリポジトリの作成 • ローカルリポジトリの作成
  26. 26. • ログイン ユーザー名とパスワードを入力して Sign in 26 リモートリポジトリを作成
  27. 27. • ログイン後 ユーザページに移動 27 リモートリポジトリを作成
  28. 28. • リポジトリ作成 (1/3) New Repository ボタンをクリック 28 リモートリポジトリを作成
  29. 29. • リポジトリ作成 (2/3) リポジトリ名、公開・非公開設定を入力 Create repositoryボタンをクリック 29 リモートリポジトリを作成
  30. 30. • リポジトリ作成 (3/3) リモートリポジトリ完成! 30 リモートリポジトリを作成
  31. 31. ローカルリポジトリを作成 クリック
  32. 32. クリック
  33. 33. この例では ¥C:¥git¥git-zemi • データの保存先を決める
  34. 34. • 空のローカルリポジトリができました
  35. 35. 作成したローカルリポジトリとリモートリポジトリを 紐づけましょう
  36. 36. リモートリポジトリを登録 • リポジトリ->リポジトリ設定をクリック
  37. 37. クリック
  38. 38. • デフォルトリモートにチェックを入れ、 先ほど作成したリポジトリURLを入力 https://github.com/user_name/repository.git チェック
  39. 39. • リモートの登録できました https://github.com/user_name/repository.git
  40. 40. 準備完了! では、commit・pushしてみましょう
  41. 41. • ファイル追加 • ファイル「README.md」を作成 • README.mdとは • そのリポジトリのトップページに表示される説明用ファイル • 書き方は、マークダウン方式に従う
  42. 42. • README.mdに適当に何か書いて保存 • 【注意】日本語を使う場合、UTF-8エンコーディングして保存 • 文字化けします • メモ帳ではなく、Sublimeなどのエディタを使いましょう
  43. 43. • git add クリックして更新
  44. 44. • 何やら画面が変わりました
  45. 45. こちらが ステージングエリア こちらが ワーキングツリー
  46. 46. • ワーキングエリアにあるREADME.mdをクリックして選択 (addしたいものを選択)
  47. 47. • 画面上部の「追加ボタン」をクリック クリック README.mdの左側のところにチェック入れてもOK
  48. 48. • ステージングエリアにREADME.mdが追加されました!
  49. 49. • README.mdをcommitする準備が整ったのでcommitします
  50. 50. • 画面上部の「コミットボタン」をクリック クリック
  51. 51. • メッセージを書きましょう(日本語でも英語でも可) クリックして commit
  52. 52. • コミット成功!
  53. 53. • 今のcommitを確認してみましょう クリック
  54. 54. • 先程のcommitが確認できますね!
  55. 55. それでは、 リモート(GitBucket)に今のcommitをpushしましょう
  56. 56. git push • 画面上部の「プッシュボタン」をクリック クリック
  57. 57. • pushしたい対象ブランチをチェック チェック クリック
  58. 58. • pushがはじまりました
  59. 59. • 認証を通してください ...GitBucketのアカウントです
  60. 60. • リモートのmasterというブランチに ローカルのmasterブランチがpushされました

×