Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ブックオフコーポレーション株式会社「グループ中期事業計画」

9,037 views

Published on

ブックオフコーポレーション株式会社「グループ中期事業計画」

Published in: Business
  • Be the first to comment

ブックオフコーポレーション株式会社「グループ中期事業計画」

  1. 1. 0 2015年5月8日 ブックオフコーポレーション株式会社 (東証一部:3313) グループ中期事業計画
  2. 2. 1 選択と集中 2015年3月期に決断したこと ヤフーとの提携 (ネット出品による販路拡大・総合買取窓口による仕入拡大) 「HARDOFF」FC契約の解除 (独自に中古家電リユース業の展開が可能に) 「TSUTAYA」事業を譲渡 (TSUTAYA31店舗を日本出版販売㈱に譲渡)
  3. 3. 2 環境認識 リユース市場は4年連続で成長し、現在1.5兆円。将来的に2兆円 規模になる見込み。 1.5兆円 2兆円 2009 2013 2025 出典:リサイクル通信「中古ビジネスデータブック2015」 年率 4~5%
  4. 4. 3 目指す世界 「捨てない人のブックオフ」のミッション実現のため、誰でも気 軽にリユースを利用できる世界=「リユース利用率100%」 を目指す。 40% 100% 出典:平成24年度 使用済製品等のリユース促進事業研究会 報告書
  5. 5. 4 中期事業計画(大方針) リユース企業のリーディングカンパニーとして、将来的に営業利 益100億円を目指す。当面の目標は5年以内に営業利益40億円。 営業利益 40億円 営業利益 100億円 2015/3期 2020/3期 202X/3期 営業利益 11億円 2014/3期 営業利益 20億円
  6. 6. 5 中期事業計画(2つの方針) 最大の買取 ~グループの総合力で最大に~ 最大の販売 ~店舗・ネットを通じて最大の販売効率を追求~
  7. 7. 6 中期事業計画(4つのテーマ) 「BOOKOFF」の変革 ~「本のBOOKOFF」から「何でもリユースのBOOKOFF」へ~ 総合リユース店舗の拡大 ~大型化・複合化による圧倒的に強いリユース店舗の拡大~ ブックオフオンライン事業の拡大 ~中古本の品揃え最大化の実現と取扱い商材の拡張~ ハグオールの事業拡大と収益化 ~事業モデル構築から規模の拡大と収益獲得へ~ ① ② ③ ④
  8. 8. 7 「BOOKOFF」の変革 「BOOKOFF」の変革 ~「本のBOOKOFF」から「何でもリユースのBOOKOFF」へ~ 総合リユース店舗の拡大 ~大型化・複合化による圧倒的に強いリユース店舗の拡大~ ブックオフオンライン事業の拡大 ~中古本の品揃え最大化の実現と取扱い商材の拡張~ ハグオールの事業拡大と収益化 ~事業モデル構築から規模の拡大と収益獲得へ~ ① ② ③ ④
  9. 9. 8 「BOOKOFF」の変革 創りたい未来像 「BOOKOFF」に何でも売れる 「BOOKOFF」の商品がネットでも買える
  10. 10. 9 「BOOKOFF」の変革 「BOOKOFF」に何でも売れる Yahoo!JAPANとの資本・業務提携イメージムービー「リユース革命~リユースをあたりまえに!」より
  11. 11. 10 「BOOKOFF」の変革 「BOOKOFF」の商品がネットでも買える Yahoo!JAPANとの資本・業務提携イメージムービー「リユース革命~リユースをあたりまえに!」より
  12. 12. 11 総合リユース店舗の拡大 「BOOKOFF」の変革 ~「本のBOOKOFF」から「何でもリユースのBOOKOFF」へ~ 総合リユース店舗の拡大 ~大型化・複合化による圧倒的に強いリユース店舗の拡大~ ブックオフオンライン事業の拡大 ~中古本の品揃え最大化の実現と取扱い商材の拡張~ ハグオールの事業拡大と収益化 ~事業モデル構築から規模の拡大と収益獲得へ~ ① ② ③ ④
  13. 13. 12 総合リユース店舗の拡大 新規出店と既存「BOOKOFF」店舗のリパッケージにより、 BSB・BOPを5年後に約3倍の210館(FC含む)に拡げる。 現在※1 5年後 BSB 33館 BOP 38館 (BOPはFC含む) BSB 60館 BOP 150館 (BOPはFC含む) (※1)2015年4月末現在 BSB:BOOKOFF SUPER BAZAAR BOP:BOOKOFF PLUS (※2) ※2
  14. 14. 13 総合リユース店舗の拡大 BSB・BOPを積極的に出店・リパッケージすることに加え、新 規商材や「ヤフオク!」出品の導入等によりリユース店舗事業の 売上高を4割以上増やす。 2020/3期2015/3期 対15/3期比 +268億円 (+42%) 5年後の売上イメージ BSB BOP BSB BOP 「BOOKOFF」 単独 「BOOKOFF」 単独 リニューアル リプレイス 新規商材(家電) ヤフオク!出品 632億円 900億円 (※)
  15. 15. 14 ブックオフオンライン事業の拡大 「BOOKOFF」の変革 ~「本のBOOKOFF」から「何でもリユースのBOOKOFF」へ~ 総合リユース店舗の拡大 ~大型化・複合化による圧倒的に強いリユース店舗の拡大~ ブックオフオンライン事業の拡大 ~中古本の品揃え最大化の実現と取扱い商材の拡張~ ハグオールの事業拡大と収益化 ~事業モデル構築から規模の拡大と収益獲得へ~ ① ② ③ ④
  16. 16. 15 ブックオフオンライン事業の拡大 事業成長スピードを加速させて5年後に売上高100億円を目指す。 0 20 40 60 80 100 120 売上高 48億円 2015/3期 2020/3期 売上高 100億円 ブックオフオンライン事業 売上推移と目標 2倍 (億円)
  17. 17. 16 ブックオフオンライン事業の拡大 「BOOKOFF」店舗と連携して中古本の品揃え最大化の実現と 「ヤフオク!」との連携による販売効率向上を行う。 中古本 最大級の品揃え (現状の4~5倍水準) お客様からの 買取増 BOOKOFF店舗 との在庫連携 お客様
  18. 18. 17 ブックオフオンライン事業の拡大 中古本の品揃えを起点に新たな商材への拡張にもチャレンジする ことで持続可能な成長を目指す。 0 20 40 60 80 100 120 2015/3期 2020/3期2017/3期 取扱商材の拡張 サイト利用機会向上と新規売上獲得 中古本品揃え最大化 ヤフオク!連携による販売効率増 売上高 100億円 (億円) 新たな商材拡張への チャレンジ 中古本・ソフト を中心とした 売上の伸張
  19. 19. 18 ハグオールの事業拡大と収益化 「BOOKOFF」の変革 ~「本のBOOKOFF」から「何でもリユースのBOOKOFF」へ~ 総合リユース店舗の拡大 ~大型化・複合化による圧倒的に強いリユース店舗の拡大~ ブックオフオンライン事業の拡大 ~中古本の品揃え最大化の実現と取扱い商材の拡張~ ハグオールの事業拡大と収益化 ~事業モデル構築から規模の拡大と収益獲得へ~ ① ② ③ ④
  20. 20. 19 ハグオールの事業拡大と収益化 店舗に限定せずあらゆるチャネルで買取り、最適なチャネルで販 売するリユースビジネス「ハグオール」を2013年4月に立ち上げ。 買取 販売 チャネルの最適化 商品の付加価値化 宅配 訪問 買取受付店 BtoB あらゆるチャネルで買う【ALL BUY】 最高値での販売 WEB グループ店舗 BtoB 海外
  21. 21. 20 ハグオールの事業拡大と収益化 15/3期 17/3期14/3期 16/3期 18/3期 19/3期 売上 買取 事業拡大 黒字転換→収益の柱に 事業モデル構築に注力 計画通り順調な立ち上がり 5000坪倉庫へ 移転
  22. 22. 21 グループの将来イメージ
  23. 23. 22 5年後のセグメント別売上高内訳イメージ セグメント 2015/3期 2020/3期 増加額 リユース店舗事業 632億円 900億円 +268億円 ブックオフオンライン事業 48億円 100億円 +52億円 ハグオール事業 4億円 80億円 +76億円 パッケージメディア事業・ その他 58億円 20億円 △38億円 合計 743億円 1,100億円 +357億円
  24. 24. 23 お客様の「リユース体験」はどう変わる? ~最大の買取~ お店 ご自宅 お客様が「売りたい時に」「売りたい場所で」売れるように 「買取」の選択肢を最大に どこで売る? 宅配買取 (宅本便) 宅配買取 総合買取 受付窓口 出張買取 店頭受付→ハグオールで査定 ご来店 訪問買取
  25. 25. 24 お客様の「リユース体験」はどう変わる? ~最大の販売~ お店 ネット 出品 お取り寄せ 多様なお客様のライフスタイルに合わせ、グループの店舗網・ ネットを連携し、品揃えとお客様の利便性を最大に どこで買う?

×