Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
ロボット競技で伝える ものづくりの面白さ   Q 長 @ 長野 OB
もくじ <ul><li>自己紹介 </li></ul><ul><li>ロボコンと私 </li></ul><ul><li>ロボカップの紹介 </li></ul><ul><li>次世代育成のススメ </li></ul>
自己紹介 <ul><li>Q 長 @ 長野 OB </li></ul><ul><ul><li>1 年次に級長だったから </li></ul></ul><ul><ul><li>おかげさまで 5 年間級長 </li></ul></ul><ul><u...
ロボコンと私 ~出会い~ <ul><li>2001年のある秋の夜 </li></ul><ul><ul><li>NHKの策略によりロボコンの放送を見る </li></ul></ul><ul><ul><li>高専進学決定 </li></ul></u...
ロボコンと私 ~成長期~ <ul><li>2004年 ~マーズラッシュ~ </li></ul><ul><ul><li>Aチーム「舞々」 ピットメンバー </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>メッセンジャーボール3号 設計...
ロボコンと私 ~混乱期~ <ul><li>2006年 ~ふるさと自慢特急便~ </li></ul><ul><ul><li>航空ロボット制作部長  </li></ul></ul><ul><ul><li>Bチーム「トワニツラヌケソノココロ」 リーダ...
ロボコンと私 ~引退??~ <ul><li>2007年 ~風林火山 ロボット騎馬戦~ </li></ul><ul><ul><li>ロボコンプロジェクト低学年チーム 補佐要員 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>1年生の...
ロボコンと私 ~卒業後~ <ul><li>高専ロボコン観戦  </li></ul><ul><ul><li>関東信越地区・東海北陸地区・近畿地区・全国  </li></ul></ul><ul><li>大学ロボコン観戦  </li></ul><ul...
ロボコンと私 ~ロボカップへ~ <ul><li>ロボカップジャパンオープン2008沼津 </li></ul><ul><ul><li>長野高専ロボカップチームが出場決定  </li></ul></ul><ul><ul><li>後輩の応援をしつつ観...
ロボカップとは <ul><li>「ロボットによるサッカーの実現」をテーマに  </li></ul><ul><li>ロボット工学や人工知能の研究を推進する </li></ul><ul><li>国際プロジェクト  </li></ul><ul><ul...
ロボカップジュニアとは <ul><li>ロボットの設計製作を通じて子供達の好奇心  </li></ul><ul><li>や探究心を引き出し、次世代の技術の担い手 </li></ul><ul><li>を育成するプロジェクト  </li></ul>...
沼津市とものづくり <ul><li>2007 年 技能五輪国際大会開催 </li></ul><ul><li>2008 年 ロボカップジャパンオープン開催 </li></ul><ul><li>2010 年 沼津ものづくり体験館「スキルパ」開設 <...
私の野望 <ul><li>ロボット競技をメジャーな存在にしたい!! </li></ul><ul><ul><li>自己紹介で「ロボコンやってました!」  </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>おじさん「テレビでやってるあれ...
というわけで <ul><li>競技人口を増やそう  </li></ul><ul><ul><li>クラスに1人はロボット競技に参加する子を </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>沼津市内小学校25校×6学年×4クラス=60...
なぜロボット競技? <ul><li>ロボットとは総合技術である  </li></ul><ul><ul><li>メカ・ハード・ソフト・デザインが揃って成立する  </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>足りない分野は他の分野...
ロボット競技がメジャーになると <ul><li>ロボットがおもちゃになる  </li></ul><ul><ul><li>ロボットを使った新しい遊びが発明される  </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>ロボットは友達  <...
そして20XX年 <ul><li>巷に溢れるロボット少年  </li></ul><ul><ul><li>母の日にメイドロボを作ってプレゼント  </li></ul></ul><ul><ul><li>ロボットと一緒にはじめてのおつかい  </li...
わくわくを広げてみませんか? <ul><li>わくわくを作って広める  </li></ul><ul><ul><li>ニコニコ技術部  </li></ul></ul><ul><ul><li>Make Tokyo Meeting </li></ul...
謝辞 <ul><li>沼津市役所 商工振興課の皆様  </li></ul><ul><li>沼津高専 電子制御工学科 川上先生      川上研究室 学生スタッフの皆様 </li></ul><ul><li>ロボカップジュニア沼津ノード スタッフの...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Kosenconf numazu Free Session5

1,315 views

Published on

高専カンファレンスin沼津 Free Session5
ロボット競技で伝える ものづくりの面白さ

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Kosenconf numazu Free Session5

  1. 1. ロボット競技で伝える ものづくりの面白さ Q 長 @ 長野 OB
  2. 2. もくじ <ul><li>自己紹介 </li></ul><ul><li>ロボコンと私 </li></ul><ul><li>ロボカップの紹介 </li></ul><ul><li>次世代育成のススメ </li></ul>
  3. 3. 自己紹介 <ul><li>Q 長 @ 長野 OB </li></ul><ul><ul><li>1 年次に級長だったから </li></ul></ul><ul><ul><li>おかげさまで 5 年間級長 </li></ul></ul><ul><ul><li>Twitter : q_cho </li></ul></ul><ul><ul><li>趣味:各種ロボット競技会観戦 </li></ul></ul><ul><li>2003 年長野高専入学 </li></ul><ul><ul><li>電子制御工学科 </li></ul></ul><ul><ul><li>志望動機“ロボコンやりたい” </li></ul></ul><ul><li>現在は近所の機械メーカーに勤務中 </li></ul><ul><ul><li>旋盤作ってます </li></ul></ul>
  4. 4. ロボコンと私 ~出会い~ <ul><li>2001年のある秋の夜 </li></ul><ul><ul><li>NHKの策略によりロボコンの放送を見る </li></ul></ul><ul><ul><li>高専進学決定 </li></ul></ul><ul><li>2003年 ~鼎~ </li></ul><ul><ul><li>周囲の反対を押し切り航空ロボット制作部入部 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>1年生は各種雑用 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>工作機械と出会う </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>Bチーム「のぼるくん」 ピットメンバー </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>1年生対抗じゃんけん大会で勝利 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>他校のロボットに衝撃を受ける </li></ul></ul></ul>
  5. 5. ロボコンと私 ~成長期~ <ul><li>2004年 ~マーズラッシュ~ </li></ul><ul><ul><li>Aチーム「舞々」 ピットメンバー </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>メッセンジャーボール3号 設計・制御担当 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>交流ロボコン初参加 </li></ul></ul><ul><ul><li>1年生を中心にロボカップチームが始動 </li></ul></ul><ul><li>2005年 ~大運動会~ </li></ul><ul><ul><li>航空ロボット制作部副部長 </li></ul></ul><ul><ul><li>Bチーム「ススムくんとノボルくん」 操縦者 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>自動ロボット「ノボルくん」 設計担当 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>地区大会ベスト8 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>ノボルくんは壁を登れませんでした… </li></ul></ul></ul></ul>
  6. 6. ロボコンと私 ~混乱期~ <ul><li>2006年 ~ふるさと自慢特急便~ </li></ul><ul><ul><li>航空ロボット制作部長 </li></ul></ul><ul><ul><li>Bチーム「トワニツラヌケソノココロ」 リーダー </li></ul></ul><ul><ul><li>手動ロボット設計担当 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>納期遅延 (初テストランが 9 月末) スケジューリングミス </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>重量オーバー (制限 20 ㎏に対し 24 ㎏) 設計ミス・ 確認不足 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>発送前日に徹夜で肉抜き  削減量 700g </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>会場でも肉抜き 車検合格は一番最後 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>初戦敗退(失格) 罰退3回 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>部員流出(主に中堅) </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>交流ロボコンin長野 実行委員長 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>沼津高専・旭川高専が初参加 </li></ul></ul></ul>
  7. 7. ロボコンと私 ~引退??~ <ul><li>2007年 ~風林火山 ロボット騎馬戦~ </li></ul><ul><ul><li>ロボコンプロジェクト低学年チーム 補佐要員 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>1年生の指導、部品加工など各種雑務 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>仮想敵ロボット参謀担当 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>低学年チーム侵略作戦 実行犯 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>仮想敵ロボットから正規ロボットに昇格 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>チーム崩壊の危機 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>説得成功?(離脱者0) </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>Bチーム「竜驤虎視」 地区大会準優勝 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>全国大会出場決定(12年ぶり2回目) </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>全国大会ベスト8 </li></ul></ul>
  8. 8. ロボコンと私 ~卒業後~ <ul><li>高専ロボコン観戦 </li></ul><ul><ul><li>関東信越地区・東海北陸地区・近畿地区・全国 </li></ul></ul><ul><li>大学ロボコン観戦 </li></ul><ul><ul><li>席が取りにくいです </li></ul></ul><ul><li>ABUロボコン観戦 </li></ul><ul><ul><li>次の日本開催はいつだろう? </li></ul></ul><ul><li>レスキューロボットコンテスト観戦 </li></ul><ul><li>かわさきロボット競技大会観戦 </li></ul><ul><li>つやまロボットコンテスト観戦 </li></ul>
  9. 9. ロボコンと私 ~ロボカップへ~ <ul><li>ロボカップジャパンオープン2008沼津 </li></ul><ul><ul><li>長野高専ロボカップチームが出場決定 </li></ul></ul><ul><ul><li>後輩の応援をしつつ観戦 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>チビッコがいるぞ!? </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>もしかして:俺にもできる? </li></ul></ul></ul><ul><li>沼津のチームの親御さんにコンタクト </li></ul><ul><ul><li>お手伝いの申し込み(Blog経由) </li></ul></ul><ul><ul><li>2009年沼津ノード大会で審判デビュー </li></ul></ul><ul><ul><li>11月より沼津ノード運営委員を拝命 </li></ul></ul>
  10. 10. ロボカップとは <ul><li>「ロボットによるサッカーの実現」をテーマに </li></ul><ul><li>ロボット工学や人工知能の研究を推進する </li></ul><ul><li>国際プロジェクト </li></ul><ul><ul><li>目標: 2050年までにヒューマノイドロボットが人間のワールドカップサッカー優勝チームに勝利する  </li></ul></ul><ul><li>サッカー実機リーグ </li></ul><ul><ul><li>マイクロ・小型・中型・標準プラットフォーム・ヒューマノイド </li></ul></ul><ul><li>サッカーシミュレーションリーグ </li></ul><ul><li>レスキューリーグ(実機・シミュレーション) </li></ul><ul><li>@HOMEリーグ </li></ul>
  11. 11. ロボカップジュニアとは <ul><li>ロボットの設計製作を通じて子供達の好奇心 </li></ul><ul><li>や探究心を引き出し、次世代の技術の担い手 </li></ul><ul><li>を育成するプロジェクト </li></ul><ul><ul><li>技術や科学は、わくわくする心から発展します </li></ul></ul><ul><ul><li>大切なのは「勝ち負け」ではなく、活動や経験から 「いかに多くのことを学んだか」ということである </li></ul></ul><ul><li>サッカーチャレンジ </li></ul><ul><li>レスキューチャレンジ </li></ul><ul><li>ダンスチャレンジ </li></ul>
  12. 12. 沼津市とものづくり <ul><li>2007 年 技能五輪国際大会開催 </li></ul><ul><li>2008 年 ロボカップジャパンオープン開催 </li></ul><ul><li>2010 年 沼津ものづくり体験館「スキルパ」開設 </li></ul><ul><ul><li>1 階:ものづくり企業・ものづくり事業の展示 </li></ul></ul><ul><ul><li>2 階:ものづくり体験工作フロア </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>ものづくり関連団体へ無料貸し出し(定員 20 名) </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>3 階:ロボカップフロア </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>サッカーコート( Ver.A 2 面・ Ver.B 1 面・レスキュー) </li></ul></ul></ul><ul><li>行政レベルでものづくりに力を入れている </li></ul><ul><ul><li>この環境を活用しない手はない </li></ul></ul>
  13. 13. 私の野望 <ul><li>ロボット競技をメジャーな存在にしたい!! </li></ul><ul><ul><li>自己紹介で「ロボコンやってました!」 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>おじさん「テレビでやってるあれか」 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>テレビで見た参加者のイメージとほぼ同じ by上司 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>若者「もしかして:オタク?」 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>ロボット研究会って変な奴多かったし by同期 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>アニメから入ってもいいじゃないか </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><li>テレビの中の人・限られた人というイメージがある </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>テレビ放送の効果は大きい </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>でも競技人口が少ない </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>高専に行かないとできないと思われてる? </li></ul></ul></ul>
  14. 14. というわけで <ul><li>競技人口を増やそう </li></ul><ul><ul><li>クラスに1人はロボット競技に参加する子を </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>沼津市内小学校25校×6学年×4クラス=600人 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>沼津ノード大会延べ参加人数 100人くらい </li></ul></ul></ul><ul><li>鉄は熱いうちに打て </li></ul><ul><ul><li>子供の頃は何をやっても楽しい </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>楽しみながら技術を学べる </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>理系少年に夢を </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>宇宙飛行士? </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>研究者? </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>プロ ロボコニスト? </li></ul></ul></ul>
  15. 15. なぜロボット競技? <ul><li>ロボットとは総合技術である </li></ul><ul><ul><li>メカ・ハード・ソフト・デザインが揃って成立する </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>足りない分野は他の分野で補える </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>広く浅くのなんでも屋さんになれる? </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>キットを使えば美味しいとこだけつまみ食いできる </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>ミニ四駆に開発環境が付いてくるようなもん </li></ul></ul></ul><ul><li>競技会形式による動機付け </li></ul><ul><ul><li>勝利は最も明確な目標 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>君も世界大会に行こう!(ロボカップの場合) </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>初心者でも試合ができる間口の広さ </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>相手がいるとサッカーをしているように見える </li></ul></ul></ul>
  16. 16. ロボット競技がメジャーになると <ul><li>ロボットがおもちゃになる </li></ul><ul><ul><li>ロボットを使った新しい遊びが発明される </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>ロボットは友達 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>世界を変えるアイデアが出るかも? </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>遊びから生まれるイノベーション </li></ul></ul></ul><ul><li>ロボットがお茶の間に進出 </li></ul><ul><ul><li>家族みんなでロボット開発 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>家庭用ロボットのニーズが発掘される? </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>パソコン・ケータイの次はロボットだ </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>ディジタルネイティブの次はロボットネイティブ? </li></ul></ul></ul>
  17. 17. そして20XX年 <ul><li>巷に溢れるロボット少年 </li></ul><ul><ul><li>母の日にメイドロボを作ってプレゼント </li></ul></ul><ul><ul><li>ロボットと一緒にはじめてのおつかい </li></ul></ul><ul><li>実物大ガンダムが歩き出す </li></ul><ul><ul><li>ロボットへの憧れがガンダムを歩かせる </li></ul></ul><ul><li>ヒューマノイドロボットが人間のワールドカップサッカー優勝チームに勝利する </li></ul><ul><ul><li>これは2050年までの期限付き </li></ul></ul><ul><li>2010年当時最先端の研究が搭載され実用化 </li></ul>
  18. 18. わくわくを広げてみませんか? <ul><li>わくわくを作って広める </li></ul><ul><ul><li>ニコニコ技術部 </li></ul></ul><ul><ul><li>Make Tokyo Meeting </li></ul></ul><ul><ul><li>各種ロボット競技会 </li></ul></ul><ul><li>わくわくを語って広める </li></ul><ul><ul><li>地域の工作教室 </li></ul></ul><ul><ul><li>高専カンファレンス </li></ul></ul><ul><li>技術や科学は、わくわくする心から発展します </li></ul><ul><ul><li>わくわくを世の中に広めてみましょう! </li></ul></ul><ul><ul><li>高専にはわくわくさせる力があります! </li></ul></ul>
  19. 19. 謝辞 <ul><li>沼津市役所 商工振興課の皆様 </li></ul><ul><li>沼津高専 電子制御工学科 川上先生      川上研究室 学生スタッフの皆様 </li></ul><ul><li>ロボカップジュニア沼津ノード スタッフの皆様 </li></ul><ul><li>高専カンファレンスin沼津 スタッフの皆様 </li></ul><ul><li>ご静聴ありがとうございました </li></ul>

×