Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Beyond JUnit3

1,076 views

Published on

会社の勉強会で使用した、JUnit4とTestNGについての資料です。
ソースコードはhttp://www.mediafire.com/file/2kp9zjx6lzn/Enkai.zipにあります。

Published in: Technology, News & Politics
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Beyond JUnit3

  1. 1. Kronos Engineer Conference 2008 Summer 1
  2. 2. Java isEnterpriseLanguage. 2
  3. 3. Beyond JUnit3 3
  4. 4. 今日のまとめ 4
  5. 5. JUnit3は古くなってしまった 5
  6. 6. 新しいF/Wに変えていこう 6
  7. 7. 開発効率が上がるから 7
  8. 8. それはTestNGか JUnit4だよ 8
  9. 9. ご清聴ありがとうございました(マテ 9
  10. 10. JUnit3の弱点 10
  11. 11. 1.ステートフルでない 11
  12. 12. BeginningTest.java 12
  13. 13. 2.テストメソッドごとにインスタンスを作る 13
  14. 14. 3.メソッド名が固定 14
  15. 15. JUnit3Sample.java 15
  16. 16. 4.例外テストが複雑 16
  17. 17. JUnit3Exception.java 17
  18. 18. 5.引数が渡せない 18
  19. 19. JUnit3Sample.java 19
  20. 20. 6.新たな技術を用 いていない 20
  21. 21. e.g. アノテーション 21
  22. 22. 7.貧弱な前後処理 22
  23. 23. JUnit3Sample.java 23
  24. 24. これらを乗り越え たのがTestNG 24
  25. 25. TestNGからインスパイアされたのがJUnit4 25
  26. 26. そういう図式です 26
  27. 27. 実際にはこんなに 違います 27
  28. 28. Michael Minella - Michael Minella<http://www.michaelminella.com/blog/2.html> 28
  29. 29. ただし、TestNGは 29
  30. 30. JUnitの拡張と 連携できます 30
  31. 31. 既存のJUnitテストを 31
  32. 32. コンバートする機能もあります 32
  33. 33. JUnit4 33
  34. 34. JUnit4Sample.java 34
  35. 35. アノテーション 35
  36. 36. • @Test• @Before/@After• @BeforeClass/@AfterClass 36
  37. 37. 例外テスト 37
  38. 38. TestNG 38
  39. 39. TestNGSample.java 39
  40. 40. • @BeforeMethod/@AfterMethod• @BeforeClass/@AfterClass• @BeforeTest/@AfterTest• @BeoferSuite/@AfterSuite 40
  41. 41. 設定ファイルtestng.xml 41
  42. 42. テストプログラムと実行方法を分離する 42
  43. 43. データ駆動テスト 43
  44. 44. @DataProvider 44
  45. 45. DataProviderSample .java 45
  46. 46. JUnitでは、コンストラクタのみ 46
  47. 47. ParameterSample .java 47
  48. 48. マルチスレッド テスト 48
  49. 49. MultiThreadSample .java 49
  50. 50. テストのグループ化 50
  51. 51. テスト間の依存関係を設定可 51
  52. 52. GroupSample.java 52
  53. 53. 終わりに 53
  54. 54. 技術の進歩は 54
  55. 55. 効率をよくする 55
  56. 56. プロジェクトに 合わせて 56
  57. 57. 使うプロダクトを 考えましょう 57

×