Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

KanJava 201804 Career 思い込みから逃れた先には、可能性がある

148 views

Published on

2018/04/13(金)に開催した関西Javaエンジニアの会(関ジャバ) '18 4月度イベントでのスライドです。

・思い込みから逃れた先には、可能性がある - キャリア、コミュニティ、おまけにお金
好きなことをやろう、やりたくないことはやらなくていい、まさにその通り!でも、本当に(体に拒否反応が出るくらい)やりたくないのかな?食わず嫌い的なことはない?好きなこと、本当に(寝食忘れるくらい)好きなのかな?慣れていて楽だから的なことはない?

たいていのことは失敗しても死なない低リスク、勧められたら1回全力でやってみるのもいいんじゃないかな(優先度つけて、タイムボックス決めて、で。なんかアジャイル!)。そしたらめっちゃ楽しいかも!楽しくないかも。やってみればわかる。そうやって自分をこねくりまわしてみれば(ティンカリング)、一度選択肢を持った上で自分が選んだことになる。1つしかない選択肢は選んだとは言わない。

今ほんとに好きなことがある人には、僕の話は余計だと思う。でも考えてみると、そうじゃないなあというほとんどの人には、この話を聞いてみてほしいな。

私はこんな人。ソフトウェアエンジニア。関ジャバ会長。JVMが大好き。共著単著含め3冊の技術書を出版。JJUG CCCで5回はスピーカー。Java Day Tokyo基調講演でショートスピーカー。Devoxx USで15分の英語セッション実施。趣味は海外カンファレンス参加(JavaOne/Devoxx/Jfokus)。こう書くとすごそうだけど、普通のソフトウェアエンジニアです。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

KanJava 201804 Career 思い込みから逃れた先には、可能性がある

  1. 1. 思い込みから逃れた先には、 可能性がある 関西Javaエンジニアの会 ポノス株式会社 阪田 浩一 @jyukutyo #kanjava
  2. 2. Disclaimer 一部生々しい描写がありましたが、 本資料アップロード時に 削除しました。
  3. 3. 会長だけど“じゅくちょー” • ソフトウェアエンジニア • 関ジャバ会長(JUGリーダ) • JVMが大好き • ポノス株式会社 – スマホゲーム開発
  4. 4. 今日伝えたいこと 自分が動けば、 エンジニア人生は もっと楽しめる!
  5. 5. 無意識にはめた 自分への枠を 取ろう!
  6. 6. スペック • 39歳 • 日本生まれ日本育ち – 関西から出たことなし • 妻、子ども3人 • 住宅ローンがあと26年
  7. 7. エンジニア歴15年 9 6 客先常駐 自社サービス
  8. 8. ディスアドバンテージ?? • 24歳で初プログラミング – 常駐会社の新卒研修で • 文系卒 – 文学部哲学科 • 最初の1年COBOL
  9. 9. 始まりは 客先常駐
  10. 10. 元請け(プライム) 2次請け 3次請け(名刺ありません的な) 所属会社 <- ココ! 多重派遣
  11. 11. 客先常駐 それはまさに…
  12. 12. 容疑者は プロジェクト全員
  13. 13. 身体疲弊、リリース延期、本番障害… 特定の“誰か/何か” が悪いんじゃない
  14. 14. でもどうにもできない
  15. 15. 力が欲しかった
  16. 16. このままでは毎回 プロジェクトは失敗し 自分は酷使される
  17. 17. しかし所詮1,2年目
  18. 18. 学ぶための 下地もできていない
  19. 19. まずは資格を取りまくった • 基本情報技術者 -> ソフトウェア開発技術者 • UMTP L1 • OCUP インターメディエイト • Oracle Master Silver 9i • IBM DB2 Fundamentals • SJC-P 1.4 -> 5.0 • SJC-WC 1.4 • SJC-BC 1.3 • MCSD .NETトラック • LPIC Level 1
  20. 20. 最高記録 5週間連続で 別々の資格に合格
  21. 21. 技術記事書いた • Stack Asterisk – 今はない@IT的なWebサイト • JAVA PRESS Vol.42 – Hibernate利用の手引き – 2005年 • Eclipse パーフェクトマニュアル – Vol.1? Vol.2? – 何を書いただろう…?
  22. 22. 執筆!?
  23. 23. COBOL -> Javaへ転職 執筆者がいる 会社を選んだ
  24. 24. 書くと決まってから 調べまくった
  25. 25. これは プロジェクトで 自分の身を 守ることにもなる!
  26. 26. ネゴシエーションの 材料という意味で
  27. 27. 技術書を読みまくる (年8万の出費)
  28. 28. 人生を変えた 一冊
  29. 29. DIとSpringに のめり込む
  30. 30. 2006年 共著 1章分 2007年 共著 2章分 2010年 単著 500p 韓国で 翻訳
  31. 31. 今思えば ほんとたいしたこと 書けてない…
  32. 32. ロッド・ジョンソン氏にも会う
  33. 33. プロジェクトでは フレームワークや アーキテクチャ選定へ
  34. 34. よいポジション よい待遇で入れば プロジェクトの悲しみを 減らせる!
  35. 35. 理不尽を防げるから
  36. 36. プロジェクトマネジメント 開発プロセス ファシリテーション なども書籍を読み漁る
  37. 37. けれど
  38. 38. 所詮は 2次請け以下の 客先常駐
  39. 39. 身近なところは 変えられても それ以上は…
  40. 40. どのプロジェクトにも まともな エンジニア/マネージャが 少なかった
  41. 41. このまま 自分のエンジニア人生を 捧げるの…?
  42. 42. このころ Web系企業が 浸透
  43. 43. “すでにやっている”会社に 入ろう
  44. 44. XPベースのアジャイル開発 をしている 事業会社へ転職
  45. 45. 職歴 1 8 5.5 0.5 客先常駐COBOL 客先常駐Java Webサービス スマホゲーム
  46. 46. アジャイルチームの リーダーに
  47. 47. すべてはサービスのために • 企画者と話し • ビジネス要件と技術要件を合わせて バックログを整備し • 週間のイテレーションを回し • ビルドプロセスを改善し • 障害対応とパフォチューをする
  48. 48. いわゆる エンジニアリング マネージャ的な??
  49. 49. 主体的に仕事をやれる 幸せ
  50. 50. 何も迷うことはない はずだった
  51. 51. 考えもしない方向へ 人生が進む
  52. 52. この頃 関ジャバ6年目
  53. 53. Java Day Tokyo 2015
  54. 54. 関ジャバ、 つまりコミュニティから 自分の世界が 広がってしまった
  55. 55. いろんな人から 話を聞いていた JavaOneへ
  56. 56. JavaOne San Francisco 2015 Photo by Yuichi Sakuraba
  57. 57. 衝撃を受ける
  58. 58. めちゃくちゃ エンジニアを楽しんでいる 世界中の人たち
  59. 59. 当たり前のように 英語でスピーカーをする 日本人たち
  60. 60. 関ジャバ発起人の1人も Photo by Yuichi Sakuraba
  61. 61. “めっちゃ 楽しげやん…!”
  62. 62. 僕もそうなりたい
  63. 63. DevoxxUS 2017で 15分の英語セッション
  64. 64. セッションが採択されてから 猛烈に英語習得
  65. 65. 通勤時、発音CDを 口ずさみ、 NHK語学のストリーミングを 聴きまくる
  66. 66. 有給取って 1週間 フィリピンの 語学学校へ
  67. 67. 海外エンジニアと 交流して さらに自分を高めたい
  68. 68. 自分を取り巻く状況が 勝手にいい方向へ 転がっていく
  69. 69. JOnsen Photo by Yuichi Sakuraba
  70. 70. 今年2018年は 5/17(月)
  71. 71. 2015年から すでに5回 海外カンファレンスへ
  72. 72. 海外エンジニアに 知り合いができてきた
  73. 73. エンジニア人生 というより 人生そのものが 豊かに
  74. 74. 2017年、 会社では課長に
  75. 75. マネジメント研修 なるものが控え、 課メンバーの育成も 仕事の中心に
  76. 76. そういうのが仕事でも そこまで嫌じゃない
  77. 77. でも、 関ジャバ代表として こんな普通じゃない 経験をさせてもらって
  78. 78. いわゆる 日本企業の管理職に なってしまっていいのか? 自分は
  79. 79. これから キャリアを築く 関ジャバメンバーには…
  80. 80. アイデア 経歴を公開して オファーを 待ってみよう
  81. 81. エンジニアとしての道で 家族を養える オファーなら 熟考しよう
  82. 82. エージェントの コンタクトはスルーし
  83. 83. 企業から 直接メッセージを もらったとき やりとりを始める
  84. 84. 半年以上 気長に気楽に やってみた
  85. 85. エンジニアに 戻った
  86. 86. エンジニアとしての 自分の力量には 自信がない
  87. 87. ただ、 こんな経験してる人も 日本にまだ少ない
  88. 88. “日本の普通” じゃないキャリアを 歩んでみよう
  89. 89. まとめ
  90. 90. 今の自分の “少しだけ外”にあることを (かなり後悔しながら) なんとかこなす
  91. 91. 背伸びして ギリギリできるかな? をやってみる
  92. 92. 背伸び = 今の自分の外、 だけどすぐ横にあること
  93. 93. 失敗しても 実は失うものなんてない
  94. 94. 精一杯準備して 失敗したなら それはしょうがない
  95. 95. そうやって “少し外”を 繰り返していく
  96. 96. そうすれば いつの間にか “選択肢が増える”
  97. 97. それがあなたのキャリア
  98. 98. 今日伝えたいこと 自分が動けば、 エンジニア人生は もっと楽しめる!
  99. 99. 無意識にはめた 自分への枠を 取ろう!

×