Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Loading in …3
×
1 of 68

Javaone2012 BoF2-02 コンテナでテストをまわせ!Java EEへの自動テストの導入

11

Share

JavaOne Tokyo 2012 のセッション:コンテナでテストをまわせ!Java EEへの自動テストの導入 のスライドです。

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Javaone2012 BoF2-02 コンテナでテストをまわせ!Java EEへの自動テストの導入

  1. 1. コンテナでテストをまわせ! Java EE への自動テストの導入 小西 高之 JBoss Technical Support Engineer 1 Red Hat K.K.
  2. 2. コンテナでテストをまわせ! Twitter ハッシュタグ: #jt12_b202 小西 高之 @leather_sole 2
  3. 3. とあるプロジェクトで ... 『これからアプリケーションのテストを始める』 『はい!』 『まずはこのテストだ!』 3
  4. 4. !? 4
  5. 5. 『そんなの意味がないですよ!』 5
  6. 6. 『そうさ、意味なんかない』 6
  7. 7. 『俺たちは、 7
  8. 8. 『俺たちは、こんなテストを ... 8
  9. 9. 強いられているんだ!』 9
  10. 10. とお考えの皆さんのためのセッションです 10
  11. 11. 今日話すこと ● 自動テストの考え方 ● テストフレームワークのご紹介 ● デモ ● 実際のプロジェクトへの適用 ● まとめ 11
  12. 12. Java EE 6 Architecture Applet Container Applet Container Web Container Web Container EJB Container EJB Container Client Client JSP JSP Servlet Servlet EJB EJB JSF, CDI, JPA, JSF, CDI, JPA, CDI, JPA, JMS, CDI, JPA, JMS, JMS, JAX-RS, JMS, JAX-RS, JAX-RS, JACC, JAX-RS, JACC, JACC, JTA, ... JACC, JTA, ... JTA, ... JTA, ... Application  Application  Client Container Client Container Client Client CDI, JPA, JMS, CDI, JPA, JMS, ... ... Database Database 12
  13. 13. 自動テスト ● メリット ● リグレッションテスト ● 再現可能 ● 実行時に人手が不要 ● デメリット ● テスト作成 ● メンテナンス 13
  14. 14. 各テスト自動化の 容易 / 簡単 難易度と効果 テストの作成・メンテナンス・ 実行前処理・実行・結果確認・ 事後処理の難易度 小 効果 大 テストの明確さ、テスト対象の 変更可能性などによる自動化の 効果 14 困難 / 複雑
  15. 15. 容易 / 簡単 優先的に テストを作成 小 効果 大 自動化以外の 方法を考える 15 困難 / 複雑
  16. 16. テストの分類 ● Unit Test ● Integration Test ● System Test 16
  17. 17. Unit Test ● 個々のクラスのテスト ● JVM 内で閉じている ● 実行速度が速い ● Java EE 5 以降、容易にテストできるようになった ● コンテナの機能を補うためのオブジェクトが必要 17
  18. 18. Integration Test ● コンポーネントのテスト ● 例)秘密鍵ファイルを使って XML に署名する ● コンテナ、ネットワーク、 DB 、ファイルなどを使用 18
  19. 19. System Test ● フィーチャーのテスト ● 例)ユーザーとしてシステムにユーザー情報を登録する ● コンテナ、ネットワーク、 DB 、ファイルなどを使用 19
  20. 20. 容易 / 簡単 Unit Test 小 効果 大 20 困難 / 複雑
  21. 21. 容易 / 簡単 Integration Test 小 効果 大 21 困難 / 複雑
  22. 22. 容易 / 簡単 System Test 小 効果 大 22 困難 / 複雑
  23. 23. Integration Test の問題点 ● テスト作成が大変 ● 実行に時間がかかる ● テストコードが脆い 効果は期待できるが、テスト作成、維持にコスト がかかる 23
  24. 24. 容易 / 簡単 Integration Test 小 効果 大 24 困難 / 複雑
  25. 25. 容易 / 簡単 After 小 効果 大 25 困難 / 複雑
  26. 26. 26
  27. 27. Integration Test を自動化する力が欲しいか ... ? 27
  28. 28. Integration Test を自動化する力が欲しいか ... ? 28
  29. 29. 29
  30. 30. Integration Test Framework のご紹介 http://arquillian.org/ 30
  31. 31. https://github.com/arquillian 31
  32. 32. Arquillian の特徴 ● 複数のコンテナに対応 Web Container EJB Container Web Container EJB Container ● Java EE Containers JSP JSP Servlet Servlet EJB EJB ● Web Containers JSF, CDI, JPA, JSF, CDI, JPA, CDI, JPA, JMS, CDI, JPA, JMS, ● EJB Containers JMS, JAX-RS, JMS, JAX-RS, JAX-RS, JACC, JAX-RS, JACC, ● CDI Containers JACC, JTA, ... JACC, JTA, ... JTA, ... JTA, ... https://docs.jboss.org/author/display/ARQ/Supported+containers 32
  33. 33. Arquillian の特徴 ● JUnit/TestNG のテストケースとしてテストを作成 ● ビルドツール非依存 ● IDE の自動ビルド機能と連携 ● 拡張可能 ● ( 開発中 ) Selenium, DBUnit, Andloid ... 33
  34. 34. Arquillian 利用プロジェクトの例 ● Seam 3 ● http://seamframework.org/Seam3 ● Apache DeltaSpike ● https://cwiki.apache.org/DeltaSpike/ ● JBoss AS 7 ● http://www.jboss.org/as7 ● JBoss RHQ ● http://www.jboss.org/rhq 34
  35. 35. 例 CDI Bean のテスト 35
  36. 36. Greeter.java /** * A component for creating personal greetings. */ public class Greeter { public void greet(PrintStream to, String name) { to.println(createGreeting(name)); } public String createGreeting(String name) { return "Hello, " + name + "!"; } } 36
  37. 37. GreeterTest.java @RunWith(Arquillian.class) public class GreeterTest { @Deployment public static JavaArchive createDeployment() { return ShrinkWrap.create(JavaArchive.class) .addClass(Greeter.class) .addAsManifestResource(EmptyAsset.INSTANCE, "beans.xml"); } @Inject Greeter greeter; @Test public void should_create_greeting() { Assert.assertEquals("Hello, Earthling!", greeter.createGreeting("Earthling")); greeter.greet(System.out, "Earthling"); } } 37
  38. 38. GreeterTest.java Arquillian を指定 @RunWith(Arquillian.class) public class GreeterTest { @Deployment public static JavaArchive createDeployment() { return ShrinkWrap.create(JavaArchive.class) .addClass(Greeter.class) .addAsManifestResource(EmptyAsset.INSTANCE, "beans.xml"); } @Inject Greeter greeter; @Test public void should_create_greeting() { Assert.assertEquals("Hello, Earthling!", greeter.createGreeting("Earthling")); greeter.greet(System.out, "Earthling"); } } 38
  39. 39. GreeterTest.java @RunWith(Arquillian.class) public class GreeterTest { @Deployment public static JavaArchive createDeployment() { return ShrinkWrap.create(JavaArchive.class) .addClass(Greeter.class) .addAsManifestResource(EmptyAsset.INSTANCE, "beans.xml"); } @Inject greeter をインジェクト Greeter greeter; @Test public void should_create_greeting() { Assert.assertEquals("Hello, Earthling!", greeter.createGreeting("Earthling")); greeter.greet(System.out, "Earthling"); } } 39
  40. 40. GreeterTest.java @RunWith(Arquillian.class) public class GreeterTest { @Deployment テストアーカイブを指定 public static JavaArchive createDeployment() { return ShrinkWrap.create(JavaArchive.class) .addClass(Greeter.class) .addAsManifestResource(EmptyAsset.INSTANCE, "beans.xml"); } @Inject Greeter greeter; @Test public void should_create_greeting() { Assert.assertEquals("Hello, Earthling!", greeter.createGreeting("Earthling")); greeter.greet(System.out, "Earthling"); } } 40
  41. 41. GreeterTest.java @RunWith(Arquillian.class) public class GreeterTest { @Deployment public static JavaArchive createDeployment() { return ShrinkWrap.create(JavaArchive.class) .addClass(Greeter.class) .addAsManifestResource(EmptyAsset.INSTANCE, "beans.xml"); } @Inject Greeter greeter; @Test public void should_create_greeting() { Assert.assertEquals("Hello, Earthling!", greeter.createGreeting("Earthling")); greeter.greet(System.out, "Earthling"); } } 41
  42. 42. ファイル構成 42
  43. 43. ● デモの実行環境 ● Weld 1.1.1.Final ● embedded ● GlassFish 3.1 ● embedded ● JBoss AS 7.1.0.Final ● managed 43
  44. 44. Container management ● Embedded ● Remote ● Managed 44
  45. 45. Managed mode JUnit 45
  46. 46. Managed mode JU Arquillian class (extends BlockJUnit4ClassRunner) 46
  47. 47. Managed mode boot arquillian service JAR file 47
  48. 48. Managed mode run tests 48
  49. 49. Managed mode correct result undeploy shutdown 49
  50. 50. Managed mode JU result 50
  51. 51. DEMO 51
  52. 52. ふりかえり ● テスト実行速度について ● IDE の自動ビルドを利用 ● 最新コンテナ:起動が高速 52
  53. 53. 実プロジェクトへの適用 ● 既存のコードへの適用 ● DB 、ネットワーク ● 画面遷移 53
  54. 54. 実プロジェクトへの適用 ● 既存のコードへの適用 ● DB 、ネットワーク ● 画面遷移 ● arquillian-showcase を参照してください ● CDI, EJB, EJB(TestNG), JAX-RS, JAX-WS, JMS, JPA, JPA-Lite, JSF, OSGi, Servlet, UI(Selenium) ● https://github.com/arquillian/arquillian-showcase 54
  55. 55. 実プロジェクトへの適用 ● 既存のコードへの適用 ● DB 、ネットワーク ● 画面遷移 55
  56. 56. 『新規プロジェクトの例なんて、意味がない』 56
  57. 57. 『俺たちは、既存コードのメンテナンスを ... 57
  58. 58. 強いられているんだ!』 58
  59. 59. とお考えの皆さんのためのデモです 59
  60. 60. 既存コードへの 容易 / 簡単 自動テストの適用 優先的に テストを作成 小 効果 大 徐々に テストを追加 60 困難 / 複雑
  61. 61. DEMO ● 既存コードの例: OpenAM ● WAR ファイルを読み込んで、テストアーカイブを作成 ● テストを実行 ● コンテナ: JBoss Enterprise Application Platform 5.1.2 ● OpenAM http://forgerock.com/openam.html 61
  62. 62. DEMO 62 JU
  63. 63. まとめ 63
  64. 64. これまでの Integration Test ● テスト作成が大変 ● 実行に時間がかかる ● テストコードが脆い 効果は期待できるが、テスト作成、維持にコスト がかかる 64
  65. 65. Arquillian を利用した Integration Test ● 作成、管理、実行が容易 ● 実行が高速 ● テストコードが脆くない 65
  66. 66. 容易 / 簡単 Integration Test 小 効果 大 66 困難 / 複雑
  67. 67. コンテナでテストをまわせ! Java EE への自動テストの導入 ご清聴ありがとうございました 67
  68. 68. References ● Arquillian - JBoss Community ● レガシーコード改善ガイド http://www.jboss.org/arquillian (Michael C. Feathers 著 / ウルシステムズ株式会社 監訳 / 平澤 章、越智典子、稲葉信之、田村友彦、小堀真義 訳 / 翔泳社 刊 ) ● Shrinkwrap - JBoss Community http://www.jboss.org/shrinkwrap/ ● Growing Object-Oriented Software Guided by Tests (Steve Freeman 、 Nat Pryce 著 / Addison-Wesley 刊 ) ● Real Java Enterprise Testing http://slidesha.re/q06oXs ● Jenkins (John Ferguson Smart 著 / Sky 株式会社 玉川 竜司 訳 / オライ ● Throwing complexity over the wall: Rapid development for リージャパン 刊 ) enterprise Java http://slidesha.re/vl8Hkw ● Jenkins 実践入門 ( 佐藤聖規 ( 監修 ) 、和田貴久、河村 雅人、米沢 弘樹、山岸 啓 ● JUnit 著 / 川口 耕介 監修 / 技術評論社 刊 ) http://junit.org/ ● xUnit Test Patterns ● Git (Gerard Meszaros 著 / Addison-Wesley 刊 ) http://git-scm.com/ ● Jenkins CI http://jenkins-ci.org/http://slidesha.re/vl8Hkw ● CloudBees http://www.cloudbees.com/ ● JBoss Tools 68 http://www.jboss.org/tools

×