Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

LIGでのDocker活用

1,425 views

Published on

LIGの自社案件でのDocker事例を簡単に紹介したスライドです。AWSのECSでDockerを使ってサーバ構築してます。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

LIGでのDocker活用

  1. 1. LIGでのDocker活用
  2. 2. @frontainer CTO Web Creative Group Leader Frone-End Team Leader Front-End Engineer 林 優一 株式会社LIG - CTO (兼 Web制作グループ長) AngularJS Japan User Group フロントエンド開発・フロントエンドエンジニア育成を担当し デザイン分野からサーバーサイド分野まで幅広く対応。 AngularJSのコミュニティに所属し、ng-mtgやDevelopers Summitで スピーカーを務める。得意言語はJavaScript。 2015年6月にフロントエンドチームリーダー兼務のままCTO就任。 自社開発チームのエンジニアとしても活動。3月にng-japan登壇予定。
  3. 3. 最近共著で本が出ました 本にある通り専門分野はフロントエンドです
  4. 4. 今日のテーマはDocker
  5. 5. LIGでDockerを使っているところ
  6. 6. https://poole-job.jp DockerをProductionで使うのはこれから
  7. 7. Dockerを導入した理由
  8. 8. 1. マイクロサービス化 小さなサービスを複数立ち上げ
 同じ設定はある程度使いまわしたい
  9. 9. 2. ローカル開発環境の統一と整備 フロントエンドエンジニアでも簡単に環境を作りたい
 なるべく本番と同じ環境で動かしたい
  10. 10. 3. なんか良さそう AWSもGCPもどんどんサポートしてるし、
 単純に面白そう & やってみたかった
  11. 11. ローカル開発環境で活用
  12. 12. Route53 ELB ECS EC2 RDS CloudWatchLogs CodeDeploy DockerHub
  13. 13. 導入してみた結果と印象
  14. 14. 1. 環境構築が早い 新規メンバー加入時の環境整備が早くなった
 DockerToolboxインストールしてコマンド叩けばOK
  15. 15. 2. 変更に強い サーバー環境の変化に強く、他エンジニアへの影響が少ない
 DB構造の変更やテストデータの共有がしやすくなった
  16. 16. 3. パフォーマンスは低下しなかった Dockerが挟まる分遅くなったりするのを懸念したが
 特に問題があるようでは今のところなさそう
  17. 17. Concurrency Level:      500 Time taken for tests:   119.262 seconds Complete requests:      10000 Failed requests:        0 Total transferred:      87856040 bytes HTML transferred:       86090000 bytes Requests per second:    83.85 [#/sec] (mean) Time per request:       5963.123 [ms] (mean) Time per request:       11.926 [ms] (mean, across all concurrent requests) Transfer rate:          719.40 [Kbytes/sec] received $ ab -n 10000 -c 500 https://poole-job.jp/ EC2 t2.micro * 2
  18. 18. 4. ログが困った ログをどこにどう置くべきか悩んだ
 DockerはCloudWatchLogsに対応したが、ECSではまだ → fluentdコンテナを立ててそこからCloudWatchLogsへ
  19. 19. 5. DockerImage置き場に悩んだ DockerImageをどこにどう置くべきか悩んだ
 結局DockerHub + Githubを使うというお金で解決 → AWSのContainerRegistryは東京リージョンまだ
  20. 20. 6. 内部処理が見えにくい メリットでありデメリット
 結局ちょいちょいDockerfileを見にいくことが
  21. 21. まだ課題はあるものの
 導入して良かったと思える状態
  22. 22. T h a n k y o u @frontainer

×