Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

見込客を集めるWebサイトの作り方

4,856 views

Published on

2012/7/3に行われた小規模経営者、個人事業主のためのWebマーケティング勉強会で発表した資料です。
「集客できるWebサイト」を作るための考え方を説明しています。

  • Be the first to comment

見込客を集めるWebサイトの作り方

  1. 1. 見込客を集めるWebサイトの作り方小規模経営者、個人事業主のための Webマーケティング勉強会 2012 7/3
  2. 2. プロフィール佐藤 健(Takeshi Sato) サービスデザインエンジニア。2012年3月まで、ネットイヤーグループ株式会社のR&D部門であるアドバンストソフトウェアラボにおいて、インターネットサービスの企画立案、開発を担当。新規事業の立ち上げから、プロダクトサービスの設計開発まで全般的に行う。AIIT人間中心設計(Human Centered Design)修了。私は「Web制作会社」でも「ビジネスコンサルタント」でもありません。皆さんと同じ、インターネットを使ったビジネスを創りたい人間の1人です。
  3. 3. "Webサイト"は、なぜ必要なのか?ビジネス上の目的としては、「見込客、新規客からの 問い合わせ、依頼が欲しいから。」というのが当たり前。
  4. 4. 見込客の集客方法はさまざま。 1. DMやチラシ、テレアポ 2. 知り合い、同業者経由の紹介 3. 既存顧客からの口コミ 4. 店舗やオフィスの立地そのもの 5. インターネット他社媒体を使う 6. セミナー、勉強会で会う 7. 自社ホームページ(Webサイト) など、いろいろあります。
  5. 5. サイトで集客するにはどうすれば?残念ながら、単純にWordPressでWebサイトだけ作っても、見込客は集客できません。よくある課題は、「Webサイトは作ったけど、 Web経由での問い合わせがない,依頼がない これといった成果が出ていない。」・「サイトを作る=見込客の集客」ではない。
  6. 6. なぜ、成果が出ないのか?よく言われるのは、 「SEOをやってない」から。 「TwitterやFacebookをやっていない」から。では、 「SEO、TwitterやFacebookをやれば集客できる?」そうとも限らない。”集客できるWebサイト”と”集客できないWebサイト”は何が違うのか? 成果の本質はどこにあるのか?
  7. 7. 成果のポイントは「導線」にあるサイトを作る段階で、集客導線を考えているかどうか?導線とは「設計者が意図した利用者に動いて欲しい 流れ。人が自然に動く経路。」のこと。 ・ビジネスやWebにおける導線は目には見えない。  導線があると”認識をしないと”見えづらいもの。 ・わかりやすいのは、コンビニや店舗の導線。 「どうやって入店して、      どういうルートでレジに行くか?」
  8. 8. "導線"のイメージは、”すごろく”・すごろくに必要な3つのもの(プレイヤー、盤面、サイコロ)・すごろくの盤面には、必ず”スタート"と"ゴール"がある。 ⇒「人の流れ」「どこからどこにいくのか」を表現。・すごろくは1つ1つのマス目が集まって、全体を構成。 ⇒1つ1つのマス目でイベントが発生している。・プレイヤーは、あなたのビジネスの見込客。・サイコロはない。次のマスに進むかどうかはあくまで  ユーザーの意志。マスにかかれている内容次第。
  9. 9. きずなホーム http://www.kizuki-style.com/
  10. 10. 見込客が動く導線
  11. 11. 見込客が動く導線
  12. 12. 見込客が動く導線
  13. 13. 見込客が動く導線
  14. 14. 私たちが考えなければいけないこと・すごろくのプレイヤー(=見込客)は誰なんだろう?・マスの中身にどういうことを書くか?・「1歩前に進んでもらう(見込客に行動してもらう)に  は、どうすればいいか」を頭において考える。・見込客が動くかどうかは、あなたのすごろくが見込客 にとって、自然な流れになっているか? 興味があるか? ・「集客できるWebサイト」にするには、これが必要!
  15. 15. Web業界の状況1. ホームページ制作業者の多くは、「Webサイトを作ること」が 主業務。  ⇒サイトのコンテンツ設計、きれいなデザイン、   CMSの導入、サーバやドメインの準備など。2. 一般的に「導線設計」は、”戦略立案フェーズ”であり、”制作 フェーズ”とはまったく分野が違う。3. 「集客システムとしてのWebサイト」を作る場合、より重要な のは”制作"よりも”戦略立案"にある。4. ”戦略立案”は、制作料金に含まれていない場合が多い。5. ”戦略レベル”からやると数百〜数千万の予算が必要。
  16. 16. まとめ1. 見込客が集客できるwebサイトを作るためには、Webサイト を作る前の”導線設計”がキモ。2. Webサイト、SEO、TwitterやFacebookは、導線を作るための 1つのパーツに過ぎない。3. 導線は、インターネットに限らず、オンラインオフラインどちら でも使える。4. Web制作に予算があまりかけられないのであれば、すごろく 作り(導線設計)は事業主自らが行う必要がある。5. 「見込客を集客するためのしかけ」である見込客獲得導線を つくり、実現するためにWebサイトを使う。

×