Power of Open and Beyondオープンネスの先にあるもの     Creative Commons Japan     http://creativecommons.jpDominick Chen@dominickchen
自己紹介• NPO法人クリエイティブ・コモンズ・ジャパン理事 2004~ • ライセンス&ドキュメンテーションの翻訳/移植 • 企業、教育機関のライセンス採用コンサルティング • シンポジウム、ワークショップ、ソフトウェア開発• 株式会社ディヴ...
Index / 目次• Free / Open Culture Now  フリー / オープンカルチャーの現在• Creation ∞ Learning  創造 ∞ 学習• Culture ∞ Society  文化 ∞ 社会
Free / Open Culture Nowフリー / オープンカルチャーの現在
Open x•   Open Licensing•   Open Source•   Open Content•   OpenCourseWare•   Open Educational Resources•   Open Access•   ...
Free->Open->Creative•   Free Software [FSF] 1980∼    •   ソフトウェアの自由利用 (Free= 自由     無料 )•   Open Source [OSI] 1990∼    •   ...
基本           ユーティリティ          サーバーソフト             ソフトウェア         ソフトウェア             ウェアソフトウェア                        ソフトウェ...
“Evolution”「進化」
Mind Map Of Linux - Version 2 , BY: All About Linux, http://linuxhelp.blogspot.com
A successful Git branching model BY: Vincent Driessen, http://nvie.com/archives/323
Evolution from Wikipedia, the free encyclopedia, CC:BY-SA Credit URL: http://bit.ly/z8PTQq, Article URL: http://en.wikiped...
History Flow , BY: IBM, Collaborative User Experience Research Group, 2003, http://www.research.ibm.com/visual/projects/hi...
進化への反動: SOPA / PIPA / RWA
StopOnlinePiracyAct / Protect IP ActSOPA and PIPA : What SOPA and PIPA are at face value and what they could end up enabli...
Research Works ActResearch Works Act From Wikipedia, the free encyclopedia, CC:BY-SA Credit URL: http://bit.ly/AgPpdQ Arti...
Wikipedia (EN), accessed 2012/01/17
Google.com(EN), accessed 2012/01/17
CCライセンスは、自分の作品を他の人が自由に利用できるように設定するためのツール。
米国における著作権保護期間の延長 (作者が35歳時に作品を制作し、70歳まで生きる前提)                          「権利者>社会」                      15 Copyright term.svg,...
ソフトウェアが解析する                                                                        ためのメタデータ ①                             ...
①メタデータ公開された作品に関する情報。検索エンジン等のソフトウェア解析のため。
①メタデータ公開された作品に関する情報。検索エンジン等のソフトウェア解析のため。
①メタデータ公開された作品に関する情報。検索エンジン等のソフトウェア解析のため。<a rel="license" href="http://creativecommons.org/licenses/by/3.0/"><img alt="クリエイ...
②コモンズ証許可されている作品の利用方法と、従うべき条件の簡単な説明。
③リーガルコード各国の著作権法に照らし合わせて翻訳されたライセンスの法的な記述
Image from The Power Of Open BY Creative Commons, CC:BY http://thepowerofopen.org/
Free License  年末                               フリーライセンス数                        全ライセンス数                          フリーライセンス比...
ライセンスバージョン                                                                 リリース時期                                1.0      ...
これまでの幾つかの重要なCCライセンス採用事例
xCC:表示ライセンス
xYouTube 動画エディタ, http://www.youtube.com/editor
CC:表示‒継承ライセンスWikipedia, the free encyclopedia, CC:BY-SA: http://www.wikipedia.org/
Wikipedia++プロジェクト名                                           URL                   内容                      適用される          ...
全CCライセンスが選択可能
全CCライセンスが選択可能
全CCライセンスが選択可能
東日本大震災以降
OLIVE, http://www.olive-for.us/
Safecast, http://blog.safecast.org/ja/
Pachube, https://pachube.com/
未来へのキオク, Google Japan, http://www.miraikioku.com/
Tohoku Earthquake and Tsunami Rebuilding, Architecture For Humanity, http://architectureforhumanity.org/programs/tohoku-ea...
Fablab Japan, http://fablabjapan.org/
CC x dublab = INTO INFINITY     http://intoinfinity.org
AudioVisualMixer for INTOINFINITY   Produced by Creative Commons Japan & APPLIYA STUDIO, Developed by Kensuke SEMBO & Ages...
INTO INFINTYプロジェクトに収録された音源をリミックスできるiPhone/iPadアプリ  http://itunes.apple.com/jp/app/audiovisual-mixer-for-into/id338225050?m...
Infinity LoopsSoundCloudを活用したリミックス・コミュニティ・プロジェクト             http://infinityloops.cc
Infinity LoopsSoundCloudを活用したリミックス・コミュニティ・プロジェクト             http://infinityloops.cc
Creation ∞ Learning創造 ∞ 学習
学習 ∞ 習作 ∞ 改変
自由文化ライセンスの定義• フリーカルチャーの作品が担保する自由1. 作品を利用し、上演する自由2. 作品を習作し、その情報を応用する自由3. 複製を頒布する自由4. 派生作品を頒布する自由• フリーカルチャーの作品の定義a. ソースデータの公...
OPEN EDUCATION RESOURCE•   Open Educational Resources (OER)    オープン教育資源                                       Davi•   Open...
MIT Open Course Ware, CC:BY-NC-SA http://ocw.mit.edu/index.htm
MIT Open Course Ware, CC:BY-NC-SA http://ocw.mit.edu/index.htm
MIT Open Course Ware, CC:BY-NC-SA http://ocw.mit.edu/index.htm
利用シナリオ                                                全利用数の中の割合                             個人的な知識の向上                     ...
One Laptop Per Children, http://one.laptop.org
One Laptop Per Children, http://one.laptop.org
OER Commons, http://www.oercommons.org/
Open Learning Initiative, Carnegie Mellon University, http://oli.web.cmu.edu/openlearning/
Khan Academy, http://khanacademy.com/
Khan Academy, http://khanacademy.com/
Khan Academy, http://khanacademy.com/
GamificationBadges, MozillaWiki, https://wiki.mozilla.org/Badges
GamificationBadges, MozillaWiki, https://wiki.mozilla.org/Badges
オープン教育/評価資源•   OER    •   誰でも学習できるための教材を普及・共有する•   OAR    •   学習の度合いを計測する    •   学習の度合いを評価する    •   一つの教材につき、複数の計測の仕組みが望ましい
フリーカルチャー全体•   コピーレフト=自由度の継承•   Feedback   ∞ Feedforward    •   継承してもらう側        •   次世代へ価値を伝える    •   継承する側        •   受け継い...
Culture ∞ Society文化 ∞ 社会
“Everything is a remix”全てはリミックスの産物である.
http://www.everythingisaremix.info/
過去の                                      未来の    作品a                                      作品e                              ...
過去の                               未来の  作品a                               作品e           過去の          作品x           作品a     ...
過去の                                     未来の   作品a                                     作品e                               作品...
コンテンツは成長し、作者は学習する          時間軸
Google N Gram Viewer, http://books.google.com/ngrams   文化を測量する技術の進化
Google N Gram Viewer, http://books.google.com/ngrams   文化を測量する技術の進化
文化 ∞ 経済
コンテンツ/素材の作者に利益を還元することコンテンツツリーをつくろう! - ニコニ・コモンズ, http://commons.nicovideo.jp/tree/about
コンテンツの作り手と利用者を繋げることKickstarter, http://www.kickstarter.com/ / CAMPFIRE Micro Patron Platform http://camp-fire.jp/ / READYFO...
コンテンツの作り手と利用者を繋げることKickstarter, http://www.kickstarter.com/ / CAMPFIRE Micro Patron Platform http://camp-fire.jp/ / READYFO...
コンテンツの作り手と利用者を繋げることKickstarter, http://www.kickstarter.com/ / CAMPFIRE Micro Patron Platform http://camp-fire.jp/ / READYFO...
Grow! Social Tipping Platform http://growbutton.com/                                                       コンテンツの作り手と利用者を繋...
Mozilla “Webmakers” / ウェブメイカー• 青少年、ジャーナリスト、映像作家がウェブメイカーになれるプログラムを育てる• 学習と創作の双方の観点からウェブメイカーを刺激するソフトウェアを作る• ウェブメイカーが有益なスキルを身...
参加 ∞ 実装• コピーレフト、オープンソースはエンジニア文化から始まった運動• CCライセンスは法律家、教育者、起業家そしてアーティストがコピーレフト、オープンソースを継承して開始した取り組み• コンテンツのオープンソースは様々な分野で進行し...
CCライセンス活用事例集PDFhttp://thepowerofopen.org/
Power of Open and Beyondオープンネスの先にあるもの     Creative Commons Japan     http://creativecommons.jpDominick Chen@dominickchen
Power Of Open and Beyond / オープンネスの先にあるもの
Power Of Open and Beyond / オープンネスの先にあるもの
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Power Of Open and Beyond / オープンネスの先にあるもの

1,604 views

Published on

Presentation of Creative Commons Japan at MozillaVision2012 Tokyo (2012.01.21)

Some Rights Reserved (CC:BY-NC-SA).

Published in: Design
0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,604
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
24
Actions
Shares
0
Downloads
6
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Power Of Open and Beyond / オープンネスの先にあるもの

  1. 1. Power of Open and Beyondオープンネスの先にあるもの Creative Commons Japan http://creativecommons.jpDominick Chen@dominickchen
  2. 2. 自己紹介• NPO法人クリエイティブ・コモンズ・ジャパン理事 2004~ • ライセンス&ドキュメンテーションの翻訳/移植 • 企業、教育機関のライセンス採用コンサルティング • シンポジウム、ワークショップ、ソフトウェア開発• 株式会社ディヴィデュアル 共同創業 取締役 2008~ • ウェブサービス開発/運営
  3. 3. Index / 目次• Free / Open Culture Now フリー / オープンカルチャーの現在• Creation ∞ Learning 創造 ∞ 学習• Culture ∞ Society 文化 ∞ 社会
  4. 4. Free / Open Culture Nowフリー / オープンカルチャーの現在
  5. 5. Open x• Open Licensing• Open Source• Open Content• OpenCourseWare• Open Educational Resources• Open Access• Open Data• Open Science• Open Teaching• Open Business Models• Open Policy / Government
  6. 6. Free->Open->Creative• Free Software [FSF] 1980∼ • ソフトウェアの自由利用 (Free= 自由 無料 )• Open Source [OSI] 1990∼ • ソフトウェアのオープンソース型開発の普及• Creative Commons [CC] 2000∼ • コンテンツの自由利用• 現在進行中 • コンテンツのオープンソース型創作の普及
  7. 7. 基本 ユーティリティ サーバーソフト ソフトウェア ソフトウェア ウェアソフトウェア ソフトウェア SaaS アプリケーション プログラミング PaaS ソフトウェア ソフトウェア HaaS 教育素材 学術論文 百科事典 ブログ記事 写真/画像 映像 音楽 文学作品コンテンツ コンテンツ プロダクト 建築設計図 一般書籍 デザイン 社会データ 科学データ 地図データ 作者に著作権が発生する情報の種別
  8. 8. “Evolution”「進化」
  9. 9. Mind Map Of Linux - Version 2 , BY: All About Linux, http://linuxhelp.blogspot.com
  10. 10. A successful Git branching model BY: Vincent Driessen, http://nvie.com/archives/323
  11. 11. Evolution from Wikipedia, the free encyclopedia, CC:BY-SA Credit URL: http://bit.ly/z8PTQq, Article URL: http://en.wikipedia.org/wiki/Evolution
  12. 12. History Flow , BY: IBM, Collaborative User Experience Research Group, 2003, http://www.research.ibm.com/visual/projects/history_flow/
  13. 13. 進化への反動: SOPA / PIPA / RWA
  14. 14. StopOnlinePiracyAct / Protect IP ActSOPA and PIPA : What SOPA and PIPA are at face value and what they could end up enabling CC:BY-NC-SA, BY: Khan Academy, http://www.khanacademy.org/video/sopa-and-pipa
  15. 15. Research Works ActResearch Works Act From Wikipedia, the free encyclopedia, CC:BY-SA Credit URL: http://bit.ly/AgPpdQ Article URL: http://en.wikipedia.org/wiki/Research_Works_Act
  16. 16. Wikipedia (EN), accessed 2012/01/17
  17. 17. Google.com(EN), accessed 2012/01/17
  18. 18. CCライセンスは、自分の作品を他の人が自由に利用できるように設定するためのツール。
  19. 19. 米国における著作権保護期間の延長 (作者が35歳時に作品を制作し、70歳まで生きる前提) 「権利者>社会」 15 Copyright term.svg, BY: Vectorization: Clorox (diskussion),Original image: Tom Bell. URL: http://en.wikipedia.org/wiki/File:Copyright_term.svg CC:BY-SA 3.0 unported
  20. 20. ソフトウェアが解析する ためのメタデータ ① 自由度+守るべき条件 ② が誰にでも理解できる 形で書かれた証書  ③ 法律家が解釈するための 法律用語文書Image BY Creative Commons, CC:BY http://creativecommons.org/licenses/
  21. 21. ①メタデータ公開された作品に関する情報。検索エンジン等のソフトウェア解析のため。
  22. 22. ①メタデータ公開された作品に関する情報。検索エンジン等のソフトウェア解析のため。
  23. 23. ①メタデータ公開された作品に関する情報。検索エンジン等のソフトウェア解析のため。<a rel="license" href="http://creativecommons.org/licenses/by/3.0/"><img alt="クリエイティブ・コモンズ・ライセンス" style="border-width:0"src="http://i.creativecommons.org/l/by/3.0/88x31.png" /></a><br /><span xmlns:dct="http://purl.org/dc/terms/" property="dct:title">Title</span>by <a xmlns:cc="http://creativecommons.org/ns#" href="http://credit.org/author/1"property="cc:attributionName" rel="cc:attributionURL">Author</a> is licensedunder a <a rel="license" href="http://creativecommons.org/licenses/by/3.0/">Creative Commons 表示 3.0 非移植 License</a>.<br /><a xmlns:dct="http://purl.org/dc/terms/" href="http://work.com/work/1"rel="dct:source">work.com</a>にある作品に基づいている。<br />このライセンスで許諾される範囲を超えた利用の可能性については以下のアドレスもご覧下さい。 <a xmlns:cc="http://creativecommons.org/ns#" href="http://license.org/plus/1"rel="cc:morePermissions">http://license.org/plus/1</a>
  24. 24. ②コモンズ証許可されている作品の利用方法と、従うべき条件の簡単な説明。
  25. 25. ③リーガルコード各国の著作権法に照らし合わせて翻訳されたライセンスの法的な記述
  26. 26. Image from The Power Of Open BY Creative Commons, CC:BY http://thepowerofopen.org/
  27. 27. Free License 年末 フリーライセンス数 全ライセンス数 フリーライセンス比率 2003 208,939 943,292 22.15% 2004 1,011,650 4,541,586 22.28% 2005 4,369,938 15,822,408 27.62% 2006 12,284,600 50,794,048 24.19% 2007 40,020,147 137,564,807 29.09% 2008 68,459,952 214,970,426 31.85% 2009 136,938,501 336,771,549 40.66% 2010 160,064,676 407,679,266 39.26%Translated from Notes on CC adoption metrics from The Power of Open BY Mike Linksvayer, VP Creative Commons, CC:BY http://labs.creativecommons.org/2011/06/27/powerofopen-metrics/
  28. 28. ライセンスバージョン リリース時期 1.0 2002.12.16 2.0 2004.5.25 2.5 2005.6 3.0 2007.2.23 4.0 2012 (予定)引退したライセンス 引退した日時 引退理由サンプリング+ 2011-09-12 他のどのCCライセンスとも互換性がないため + 需要/使用例が少ないため非営利サンプリング+ 2011-09-12 需要/使用例が少ないためパブリックドメイン寄贈と証書 2010-10-11 アメリカ合衆国特有の理由:二つの非常に異 なる利用方法を混合したため。現在はCC0パ ブリックドメイン寄贈とパブリックドメイン マークという二つの異なるツールとして提供開発途上国ライセンス 2007-06-04 世界中での非営利目的での作品の共有を認め なかったため+需要/使用例が少ないためサンプリング 2007-06-04 非営利目的での作品の共有を認めなかったた め+需要/使用例が少ないためCC: 改変禁止 2004-05-25 需要/使用例が少ないためCC: 改変禁止–非営利 2004-05-25 需要/使用例が少ないためCC: 非営利 2004-05-25 需要/使用例が少ないためCC: 非営利–継承 2004-05-25 需要/使用例が少ないためCC: 継承 2004-05-25 需要/使用例が少ないためTranslated from License Versions BY Creative Commons, CC:BY, http://wiki.creativecommons.org/License_Versions + Retired Legal Tools BYCreative Commons, CC:BY, http://creativecommons.org/retiredlicenses
  29. 29. これまでの幾つかの重要なCCライセンス採用事例
  30. 30. xCC:表示ライセンス
  31. 31. xYouTube 動画エディタ, http://www.youtube.com/editor
  32. 32. CC:表示‒継承ライセンスWikipedia, the free encyclopedia, CC:BY-SA: http://www.wikipedia.org/
  33. 33. Wikipedia++プロジェクト名 URL 内容 適用される ライセンス CC:表示‒継承 Wikipedia / ウィキペディア http://wikipedia.org 誰でも参加できる百科事典 (もしくはGFDL) Wikimedia Commons / ウィキメディ 誰でも参加できるメディア(画像、動 CC:表示‒継承 http://commons.wikimedia.org ア・コモンズ 画、音源)のアーカイブ (もしくはGFDL) パブリックドメインの書籍/文章のアー CC:表示‒継承 Wikisource / ウィキソース http://wikisource.org カイブ (もしくはGFDL) CC:表示‒継承 Wiktionary / ウィクショナリー http://wiktionary.org 誰でも参加できる辞書 (もしくはGFDL) CC:表示‒継承 Wikiquote / ウィキクォート http://wikiquote.org 誰でも参加できる発言引用アーカイブ (もしくはGFDL) CC:表示‒継承 Wikibooks / ウィキブックス http://wikibooks.org 誰でも参加できる書籍のアーカイブ (もしくはGFDL) 誰でも参加できる生命種の系統アーカイ CC:表示‒継承 Wikispecies / ウィキスピーシー http://species.wikimedia.org ブ (もしくはGFDL) Wikinews / ウィキニュース http://wikinews.org 誰でも参加できるニュース・サイト CC:表示 CC:表示‒継承 Wikiversity / ウィキバーシティ http://wikiversity.org/ 誰でも参加できる学習教材アーカイブ (もしくはGFDL)
  34. 34. 全CCライセンスが選択可能
  35. 35. 全CCライセンスが選択可能
  36. 36. 全CCライセンスが選択可能
  37. 37. 東日本大震災以降
  38. 38. OLIVE, http://www.olive-for.us/
  39. 39. Safecast, http://blog.safecast.org/ja/
  40. 40. Pachube, https://pachube.com/
  41. 41. 未来へのキオク, Google Japan, http://www.miraikioku.com/
  42. 42. Tohoku Earthquake and Tsunami Rebuilding, Architecture For Humanity, http://architectureforhumanity.org/programs/tohoku-earthquake-and-tsunami-rebuilding
  43. 43. Fablab Japan, http://fablabjapan.org/
  44. 44. CC x dublab = INTO INFINITY http://intoinfinity.org
  45. 45. AudioVisualMixer for INTOINFINITY Produced by Creative Commons Japan & APPLIYA STUDIO, Developed by Kensuke SEMBO & Ages5&Up Some Rights Reserved, Creative Commons x DublabINTO INFINTYプロジェクトに収録された音源をリミックスできるiPhone/iPadアプリ http://itunes.apple.com/jp/app/audiovisual-mixer-for-into/id338225050?mt=8
  46. 46. INTO INFINTYプロジェクトに収録された音源をリミックスできるiPhone/iPadアプリ http://itunes.apple.com/jp/app/audiovisual-mixer-for-into/id338225050?mt=8
  47. 47. Infinity LoopsSoundCloudを活用したリミックス・コミュニティ・プロジェクト http://infinityloops.cc
  48. 48. Infinity LoopsSoundCloudを活用したリミックス・コミュニティ・プロジェクト http://infinityloops.cc
  49. 49. Creation ∞ Learning創造 ∞ 学習
  50. 50. 学習 ∞ 習作 ∞ 改変
  51. 51. 自由文化ライセンスの定義• フリーカルチャーの作品が担保する自由1. 作品を利用し、上演する自由2. 作品を習作し、その情報を応用する自由3. 複製を頒布する自由4. 派生作品を頒布する自由• フリーカルチャーの作品の定義a. ソースデータの公開b. 自由なファイル形式の使用c. 技術的な制限の禁止d. 追加の制限やその他の制約の禁止 http://freedomdefined.org/Definition
  52. 52. OPEN EDUCATION RESOURCE• Open Educational Resources (OER) オープン教育資源 Davi• Open Assessment Resources (OAR) d Wi ley オープン教育評価資源
  53. 53. MIT Open Course Ware, CC:BY-NC-SA http://ocw.mit.edu/index.htm
  54. 54. MIT Open Course Ware, CC:BY-NC-SA http://ocw.mit.edu/index.htm
  55. 55. MIT Open Course Ware, CC:BY-NC-SA http://ocw.mit.edu/index.htm
  56. 56. 利用シナリオ 全利用数の中の割合 個人的な知識の向上 31% 新しい指導方法の学習 23% 教育従事者 OCW教材を自身の講義に組み込むため 20% 自分の学生のための参照文献を探すため 15% 所属する学科や学校のためのカリキュラムを作るため 8% 個人的な知識の向上 46% 学生 現在履修している講義内容を補完するため 34% 学習プランを作るため 16% 自分の専門領域以外について知るため 40% 自分の専門領域の基礎的な概念を学ぶため 18% 将来の就学を準備するため 18% 独学者 自分の専門領域の最新動向を知るため 17% 仕事に関連するプロジェクトやタスクを完了するため 4%MIT Open Course Ware, CC:BY-NC-SA http://ocw.mit.edu/index.htm
  57. 57. One Laptop Per Children, http://one.laptop.org
  58. 58. One Laptop Per Children, http://one.laptop.org
  59. 59. OER Commons, http://www.oercommons.org/
  60. 60. Open Learning Initiative, Carnegie Mellon University, http://oli.web.cmu.edu/openlearning/
  61. 61. Khan Academy, http://khanacademy.com/
  62. 62. Khan Academy, http://khanacademy.com/
  63. 63. Khan Academy, http://khanacademy.com/
  64. 64. GamificationBadges, MozillaWiki, https://wiki.mozilla.org/Badges
  65. 65. GamificationBadges, MozillaWiki, https://wiki.mozilla.org/Badges
  66. 66. オープン教育/評価資源• OER • 誰でも学習できるための教材を普及・共有する• OAR • 学習の度合いを計測する • 学習の度合いを評価する • 一つの教材につき、複数の計測の仕組みが望ましい
  67. 67. フリーカルチャー全体• コピーレフト=自由度の継承• Feedback ∞ Feedforward • 継承してもらう側 • 次世代へ価値を伝える • 継承する側 • 受け継いだ価値を再構築する
  68. 68. Culture ∞ Society文化 ∞ 社会
  69. 69. “Everything is a remix”全てはリミックスの産物である.
  70. 70. http://www.everythingisaremix.info/
  71. 71. 過去の 未来の 作品a 作品e 作品x の一部 過去の 作品a の一部 作品x 未来の 過去の 過去の 作品 X の一部 作品b 作品f 作品b の一部 過去の 作品c の一部 作品x 過去の の一部 未来の 作品c 作品g 過去 現在 未来作品は違う作品の素材を継承して作られ、更に違うの作品の素材となる。
  72. 72. 過去の 未来の 作品a 作品e 過去の 作品x 作品a の一部 の一部 作品x過去の 過去の 作品 X の一部 未来の 作品b作品b の一部 作品f 過去の 作品c 作品x の一部 の一部 過去の 未来の 作品c 作品g 過去 現在 未来強過ぎる著作権は作品間の継承を、過去と未来の両方の方向で阻害してしまう。
  73. 73. 過去の 未来の 作品a 作品e 作品x の一部 過去の 作品a の一部 作品x 未来の 過去の 過去の 作品 X の一部 作品b 作品f 作品b の一部 過去の 作品c の一部 作品x 過去の の一部 未来の 作品c 作品g 過去 現在 未来フリーソフト/オープンソース/CCライセンスはこの障壁を除いて本来の均衡を取り戻す
  74. 74. コンテンツは成長し、作者は学習する 時間軸
  75. 75. Google N Gram Viewer, http://books.google.com/ngrams 文化を測量する技術の進化
  76. 76. Google N Gram Viewer, http://books.google.com/ngrams 文化を測量する技術の進化
  77. 77. 文化 ∞ 経済
  78. 78. コンテンツ/素材の作者に利益を還元することコンテンツツリーをつくろう! - ニコニ・コモンズ, http://commons.nicovideo.jp/tree/about
  79. 79. コンテンツの作り手と利用者を繋げることKickstarter, http://www.kickstarter.com/ / CAMPFIRE Micro Patron Platform http://camp-fire.jp/ / READYFOR? http://readyfor.jp/
  80. 80. コンテンツの作り手と利用者を繋げることKickstarter, http://www.kickstarter.com/ / CAMPFIRE Micro Patron Platform http://camp-fire.jp/ / READYFOR? http://readyfor.jp/
  81. 81. コンテンツの作り手と利用者を繋げることKickstarter, http://www.kickstarter.com/ / CAMPFIRE Micro Patron Platform http://camp-fire.jp/ / READYFOR? http://readyfor.jp/
  82. 82. Grow! Social Tipping Platform http://growbutton.com/ コンテンツの作り手と利用者を繋げることFlattr social micropayments, http://flattr.com/
  83. 83. Mozilla “Webmakers” / ウェブメイカー• 青少年、ジャーナリスト、映像作家がウェブメイカーになれるプログラムを育てる• 学習と創作の双方の観点からウェブメイカーを刺激するソフトウェアを作る• ウェブメイカーが有益なスキルを身につける助けとなるバッジやカリキュラムを作る• ウェブメイカーたちを巻き込むウェブサイトやイベントを作る https://wiki.mozilla.org/Webmakers/2012plans
  84. 84. 参加 ∞ 実装• コピーレフト、オープンソースはエンジニア文化から始まった運動• CCライセンスは法律家、教育者、起業家そしてアーティストがコピーレフト、オープンソースを継承して開始した取り組み• コンテンツのオープンソースは様々な分野で進行している• アーティスト、クリエイターもコード ∞ ルールを書く時代• 創造と学習の連鎖の中で個々人の深いつながりが生まれ、新しい経済を生み出す
  85. 85. CCライセンス活用事例集PDFhttp://thepowerofopen.org/
  86. 86. Power of Open and Beyondオープンネスの先にあるもの Creative Commons Japan http://creativecommons.jpDominick Chen@dominickchen

×