Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
地域から未来が始まる。地域と東京を繋げる家	     『BADO!	  未来ラウンジ』	    BADO株式会社 代表取締役 須子 善彦	          2011.9.18	           www.bado.tv	  
社会イノベーションとは?:従来のイノベーションが主に技術の革新的進歩によるものなのに対して、社会イノベーションとは、人と人とのコミュニケーションなど社会の仕組みのちょっとした変化で、大きく社会全体が進歩・発展することと、私達は考えています。ワク...
家
場のチカラ	•  個々人の志と行動が、共感を生み、横につな   がり大きな力になる	  •  そのための「場」が不足しています。。。	  
未来ラウンジ	•  未来の社会づくりに関心のある	   –  多様な立場、世代、スキルの人々が、気軽に集    まれる場	   –  世界から、日本各地から「旅人」(若者、起業家含    め)が行き来する	  •  家でもなく職場でもない「第三...
空間イメージ	  全国展開時の基本イメージ。「フラット平和」さんの場合は、部屋数が足りないため、  プラスで1部屋お借りして実現することも視野に入れています。	                   リビングスペース シェアハウススペース    ...
利用イメージ	•  オープンスペースを中心に、様々な人が出会い、交流し、対   話し、食を共にし、新しいアクションが生まれる場を創造	   –  食事イベントなどで、地域に開かれた場	 –  世代を超えて、様々な人が対話する場	•  個人のクリ...
リビング・ゲスト用スペース	•  国内外からの旅人や起業家の来日・上京時   の宿の提供	   –  カウチサーフィング	   –  旅の大学BADO!が展開するサービスとのシナ    ジー	  •  起業を準備している個人・学生間のネット  ...
入居者イメージ	•  若手起業家・社会起業家が入居	   –  未来の日本や世界を考え、今大切にしなければならない    もの、取り組まなければ行けない課題に取り組む起業家	 –  まちづくり、場作り、教育、芸術振興、食育、地域活性、難    ...
私達は約束します	•  5年後までに、日本中に。そして、世界数カ所に「未   来ラウンジ」(本提案によるハウス)をつくります	    –  (BADO株式会社の事業	  BADO!プロジェクト www.bado.tv	       の一環として...
なぜ東京に?	  なぜ地域か?旅人か?	「若者、バカ者、よそもの」のチカラ
「若者、バカ者、よそもの」のチカラ	•  地方・東京に関わらず、地域はワクワク変化したい	  •  しかし、変わりたくない力も大きい	  •  そこで触媒として活躍するのが、「若者、バカ者、よ   そもの」外からの旅人のチカラ	   –  今現...
先行実績	•  須子は、根津にて2008年よりシェアス   ペースを、横浜にて2009年よりシェアハ   ウスを運営(現在は双方とも終了)	    –  失敗も含めた経験を活かす	  •  後述するNPO	  home’s	  viは、2004...
須子 善彦とは?	•  旅人、起業家、大学教員	        –  ITと場づくり技術を用いて、人と地域を元気にする仕事をしています	        –  ワークショップファシリテータとして、対話の場づくりを行う	        –  日本に...
参考: (特)場とつながりラボ home’s	  viとは?	   •  (特)場とつながりラボ home’s	  vi	     •  h?p://homes-­‐vi.com/	     •  主に京都のまちづくりを行っているNPO。まちづ...
その他の情報
•  想定家賃:	     –  9万円/室(光熱費込)	     –  サポーター:	  1口月5千円	     –  宿泊:	  学生・起業家	  500円.	  一般1000円〜	  •  改装	     –  基本大がかりな改装なし	 ...
補足資料:	  BADO!とは?
BADO!の目的: チェンジメーカーを1人でも多く。	 核戦争・紛争	  環境破壊	  飢餓・貧困	  教育・福祉	  公衆衛生	 チェンジメーカー:	     時代や環境のせいにせず、世界を自分事ととらえ、ポジティブに変えてい	     ける...
チェンジメーカーを旅人から	  BADO!	             旅はチェンジメーカーを生む。	                  旅	        行動	            発見	•  行動したら面白い!     •  世界中・日本...
チェンジメーカー育成大学BADO!	            www.bado.tv	  	世界がキャンパス・先生	  世界の人に動画インタビュー	  30人が送り出し済み毎年、数名を奨学生としてコスト支援	  旅先からもカンパを募集できる	  ...
【アプローチ】	  旅の発見を共有→裾野が広がる。	         チェンジ            社会変革者。社会の仕組みを変える、                         よくする行動を起こす、実践者たち。         メーカ...
バドラーになると?	•    世界に広がるNGO/NPOネットワークにより現地の人をご紹介	  •    世界一周・日本一周経験者、元バックパッカーによる旅コンサル	•    旅の資金集め(出資・カンパ) / 旅しながら稼げる(取材依頼)!	 ...
Key	  Design	  of	  BADO!	従来型メディア	                       共感→行動メディア	                    TV                    WEB	         ...
バドラー(旅人)をみんなで支える	                         •  一人の旅人に対して、	           カンパ出          資者	 インタ ビュー	            スポン              ...
イーココロ!大学の位置づけ	    バドラーの未来をサポート	    感じる	            行動	    BADO!	                   社会起業	                   NGO勤務	         ...
BADO!旅人(バドラー)になるには?	     • バドリン                                    • 旅コン               • カンパ       クス!	                 バド...
BADO!って何!?	「空気を読んで変われない日本」から「世界に尊敬されるイノベーション日本」へ
BADO!って何!?	勇気づけたい、地域に眠る若者の才能を日本を、世界を変える 「バカ者」達を世界には様々な幸せの形がある    日本を変えるのは、前例や常識に囚われずに、飛び抜けたア    イデアと実行力で社会を創造する人材。そのような人材を...
BADO!って何!?	社会問題の先進国 「ニッポン」ソーシャルイノベーションの最先端和の文化「ニッポン」競争資本主義 → 共創の社会へ
2011年。国内地域と世界を繋げます	•  世界を旅して国内へ。国内から世界へ	     –  第一弾は宮城県亘理町「ふらっとーほく」lプロジェクト	     –  東京に、日本各地の入り口やHUBとなるような場、家を作る	     –  数年...
BADO! 未来ラウンジ
BADO! 未来ラウンジ
BADO! 未来ラウンジ
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

BADO! 未来ラウンジ

5,507 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

BADO! 未来ラウンジ

  1. 1. 地域から未来が始まる。地域と東京を繋げる家   『BADO!  未来ラウンジ』   BADO株式会社 代表取締役 須子 善彦 2011.9.18   www.bado.tv  
  2. 2. 社会イノベーションとは?:従来のイノベーションが主に技術の革新的進歩によるものなのに対して、社会イノベーションとは、人と人とのコミュニケーションなど社会の仕組みのちょっとした変化で、大きく社会全体が進歩・発展することと、私達は考えています。ワクワクした未来の社会を作る大きなキッカケです。
  3. 3.
  4. 4. 場のチカラ •  個々人の志と行動が、共感を生み、横につな がり大きな力になる  •  そのための「場」が不足しています。。。  
  5. 5. 未来ラウンジ •  未来の社会づくりに関心のある   –  多様な立場、世代、スキルの人々が、気軽に集 まれる場   –  世界から、日本各地から「旅人」(若者、起業家含 め)が行き来する  •  家でもなく職場でもない「第三の世界」  •  食住と公共空間が混じり合う空間  •  住む人(シェアハウス)、働く人(シェアオフィス)、立ち寄る人 (カフェ、シェアスペース)  •  世代を超えて半学半教の教え合い・学び合い(レクチャー)、 チャンスの共有が行われる
  6. 6. 空間イメージ 全国展開時の基本イメージ。「フラット平和」さんの場合は、部屋数が足りないため、 プラスで1部屋お借りして実現することも視野に入れています。 リビングスペース シェアハウススペース 仮眠スペース SOHOスペース (1部屋〜) (1部屋〜) ゲスト用寝室(1部屋) オープンスペース お風呂 Visitor用作業スペース キッチン コミュニケーション スペース 出入口
  7. 7. 利用イメージ •  オープンスペースを中心に、様々な人が出会い、交流し、対 話し、食を共にし、新しいアクションが生まれる場を創造   –  食事イベントなどで、地域に開かれた場 –  世代を超えて、様々な人が対話する場 •  個人のクリエータや起業家が気軽に集まり作業をしたり、語 らいをするなど、社会のHUBになるような場  •  日本中、世界中の「未来ラウンジ」メンバーとの相互交流 •  信頼あるメンバーから紹介で訪れたメンバーは2回目以降は メンバーとして気軽に訪れることが出来る場 –  須子自身の過去2回のシェアハウス・シェアスペース運営経験、なら びに、後述するNPO  home’s  viの2004年からのシェアハウス・シェアオ フィス運営ノウハウに基づく運営(防犯・トラブル防止)
  8. 8. リビング・ゲスト用スペース •  国内外からの旅人や起業家の来日・上京時 の宿の提供   –  カウチサーフィング   –  旅の大学BADO!が展開するサービスとのシナ ジー  •  起業を準備している個人・学生間のネット ワーキング・コンサルティングの場  
  9. 9. 入居者イメージ •  若手起業家・社会起業家が入居   –  未来の日本や世界を考え、今大切にしなければならない もの、取り組まなければ行けない課題に取り組む起業家 –  まちづくり、場作り、教育、芸術振興、食育、地域活性、難 病支援など   •  共通の課題として、ワクワクする未来を多くの人と共に描き、対話 や場作り、コミュニティ作りを通して、多種多様な人と歩んでいくこ とが重要   –  須子が参加する社会起業家育成プログラム「ソーシャル ベンチャースタートアップマーケット」の起業家を想定   •   h?p://startups.eEc.or.jp/   –  入居者同士が定期ミーティングで互いの進捗共有やコラ ボレーション戦略を作る。メンターも参画する。
  10. 10. 私達は約束します •  5年後までに、日本中に。そして、世界数カ所に「未 来ラウンジ」(本提案によるハウス)をつくります   –  (BADO株式会社の事業  BADO!プロジェクト www.bado.tv   の一環として) •  日本は社会問題の先進国。問題も多いけど、その分、解決策や未来の 社会づくりのヒントも、最も持っています。  •  特にその最先端は地方の地域です。  •  「未来ラウンジ」は地域を元気にする人達の、地域の中心になります。そ して、その人達が、各地域の「未来ラウンジ」を行き来することで、地域を さらに元気にするキーワード「若者、バカ者、よそもの」の交流を促進しま す。東京はそのHUB(中心)です。
  11. 11. なぜ東京に?  なぜ地域か?旅人か? 「若者、バカ者、よそもの」のチカラ
  12. 12. 「若者、バカ者、よそもの」のチカラ •  地方・東京に関わらず、地域はワクワク変化したい  •  しかし、変わりたくない力も大きい  •  そこで触媒として活躍するのが、「若者、バカ者、よ そもの」外からの旅人のチカラ   –  今現在、多くの若者が「よそもの」として地域からの社会イ ノベーション(ワクワクした未来の社会づくり)に挑戦して いる。BADO!もそれらの若者を応援している    例)  ETIC  チャレンジコミュニティ プロジェクト     h?p://www.challenge-­‐community.jp/  •  東京の「未来ラウンジ」は地域で活躍する若者旅人 が上京時にあつまるHUBとなる
  13. 13. 先行実績 •  須子は、根津にて2008年よりシェアス ペースを、横浜にて2009年よりシェアハ ウスを運営(現在は双方とも終了)   –  失敗も含めた経験を活かす  •  後述するNPO  home’s  viは、2004年から 京都の町屋を借り、2階はシェアハウス、 1階はシェアスペースとして世代を超え て述べ1000人以上が出入りするコミュ ニティをつくってきた   –  その仕組は、東京・神奈川・名古屋・島根に スケールアウト。前述の須子も取組もその 一部   –  今日のシェアハウスブームの源流の一つで ある  
  14. 14. 須子 善彦とは? •  旅人、起業家、大学教員   –  ITと場づくり技術を用いて、人と地域を元気にする仕事をしています   –  ワークショップファシリテータとして、対話の場づくりを行う   –  日本にSNSを持ち込んだ人のひとり   –  SNSベンチャー株式会社Beat  CommunicaEon創業メンバー   –  京都のまちづくりNPO  home’s  vi  技術アドバイザー   –  BADO株式会社 代表取締役、創業者  •  プロフィールWEB:  h?p://www.scommunity.net  •  Facebook:  h?p://www.facebook.com/scommunity  •  Twi?er:  h?p://twi?er.com/scommunity  •  Mixi:  h?p://mixi.jp/show_profile.pl?id=176   BADO株式会社について 主事業: BADO!プロジェクト http://www.bado.tv/ 旅を通して若者をチェンジメーカー、社会起業家として育成する教 育機関。若者が世界中の素敵な人や真実を日本に伝えることを 通し、また、若者旅人と日本の支援者の間での対話を通し、旅人 自身はもちろん日本の人をチェンジメーカーに変える
  15. 15. 参考: (特)場とつながりラボ home’s  viとは? •  (特)場とつながりラボ home’s  vi   •  h?p://homes-­‐vi.com/   •  主に京都のまちづくりを行っているNPO。まちづくりの要素 の一つは人。 対立や不信を対話(ダイアローグ) を用いて 乗り越え、人が活き活きと活躍できる環境・場を創る活動を 通して、人や地域を元気にするNPO   須子はこの団体のIT部門をサポートする外部パートナー     •  2004年から京町屋の2階をシェアハウス、1階をコミュニティ スペースとして解放し、延べ1000以上が出入りするコミュニ ティづくりを行ってきた。現在は、京都市や京都府、総務省 からの委託事業を受ける。主な活動は、「京都市未来まち づくり100人委員会」
  16. 16. その他の情報
  17. 17. •  想定家賃:   –  9万円/室(光熱費込)   –  サポーター:  1口月5千円   –  宿泊:  学生・起業家  500円.  一般1000円〜  •  改装   –  基本大がかりな改装なし    
  18. 18. 補足資料:  BADO!とは?
  19. 19. BADO!の目的: チェンジメーカーを1人でも多く。 核戦争・紛争 環境破壊 飢餓・貧困 教育・福祉 公衆衛生 チェンジメーカー:   時代や環境のせいにせず、世界を自分事ととらえ、ポジティブに変えてい   ける人  
  20. 20. チェンジメーカーを旅人から  BADO! 旅はチェンジメーカーを生む。 旅 行動 発見 •  行動したら面白い! •  世界中・日本中に面白い人たくさん •  脱東京・脱日常   •  やりたいこと! 必要とされる場所!  
  21. 21. チェンジメーカー育成大学BADO!   www.bado.tv   世界がキャンパス・先生  世界の人に動画インタビュー  30人が送り出し済み毎年、数名を奨学生としてコスト支援  旅先からもカンパを募集できる    
  22. 22. 【アプローチ】  旅の発見を共有→裾野が広がる。 チェンジ 社会変革者。社会の仕組みを変える、 よくする行動を起こす、実践者たち。 メーカー ス テ ー 旅する   チェンジメーカーを取材したり、世界発 見の旅に出ることで、取り組むべき課題 ジ ア 学生 を発見。自らもチェンジメーカーになる。 ッ 刺 プ 視聴者   激 旅する学生の目を通して、世界に触れ、 自らも旅する学生になったり、チェンジ (ユーザー) メーカーとなる。 人への
 チェン 旅先
 インタ ジメー の動画 ビュー カー
  23. 23. バドラーになると? •  世界に広がるNGO/NPOネットワークにより現地の人をご紹介  •  世界一周・日本一周経験者、元バックパッカーによる旅コンサル •  旅の資金集め(出資・カンパ) / 旅しながら稼げる(取材依頼)!   •  旅の途中でも、自分の発見へのフィードバックが得られる  •  旅の記録のPR(DVD化・本出版)をBADO!がお手伝い!  •  伝える=寄付につながる=世界を元気にできる •  旅が終了した後も、先輩・後輩・同期、の縦横のネットワークに参 加できる
  24. 24. Key  Design  of  BADO! 従来型メディア 共感→行動メディア TV WEB 双方向 今日みた現実は、   一方向 つらかった!   ふーん。でも、   関係ないし、何も 心が揺れ動いた! 出来ないし・・・   私と同じ歳の人間の   親近感=共感 人がこんなことやってて、   こんなこと感じているんだ YouTubeだけではお茶の間メディア   「+  α」 が必要!!  旅費のカンパ提供 コメント アドバイス 人の紹介 編集サポート 共感と行動を生み出すメディアに!
  25. 25. バドラー(旅人)をみんなで支える •  一人の旅人に対して、   カンパ出 資者 インタ ビュー スポン 数人のコアサポータ   サー のプロ バド ラー •  旅のコンサル   ではなく  映像の 仲間を プロ 紹介 人生のコンサル   動画にコ メント •  自分を知る   自分の伝え方を知る  •  実はサポーターも共に学ぶチーム  
  26. 26. イーココロ!大学の位置づけ バドラーの未来をサポート 感じる 行動 BADO! 社会起業 NGO勤務 政治家 ジャーナリスト チェンジメーカー
  27. 27. BADO!旅人(バドラー)になるには? • バドリン • 旅コン • カンパ クス! バドラー サル 支援 募集 準備 講座 認定講座 計画 • ユーザ • 旅の計 者集め • スポン 登録 画 サー •  報告会 BADO!で 出発 いよい よ! 旅 発信 帰国 •  パー 支援者 ティー
  28. 28. BADO!って何!? 「空気を読んで変われない日本」から「世界に尊敬されるイノベーション日本」へ
  29. 29. BADO!って何!? 勇気づけたい、地域に眠る若者の才能を日本を、世界を変える 「バカ者」達を世界には様々な幸せの形がある 日本を変えるのは、前例や常識に囚われずに、飛び抜けたア イデアと実行力で社会を創造する人材。そのような人材を「バ カ者」と呼んでいます。「バカ者」は日本のムラ社会の中では、 出る杭として叩かれてつぶされてしまうことが多い。そのような 彼らに、世界に存在する人間の様々な幸せに形を見せること で応援する
  30. 30. BADO!って何!? 社会問題の先進国 「ニッポン」ソーシャルイノベーションの最先端和の文化「ニッポン」競争資本主義 → 共創の社会へ
  31. 31. 2011年。国内地域と世界を繋げます •  世界を旅して国内へ。国内から世界へ   –  第一弾は宮城県亘理町「ふらっとーほく」lプロジェクト   –  東京に、日本各地の入り口やHUBとなるような場、家を作る   –  数年以内に日本各地のまちづくりパートナーと共に横展開  •  海外の若者にも日本の地域の取り組み=次世代の社会づくりの 現場を伝える  

×